よくA型は几帳面だとかO型は大ざっぱだとか言いますよね。

私は今生物の授業で遺伝をやっているのですが
先生が「血液型は赤血球からでている糖によって違う」とおっしゃっていました。

赤血球からでている糖によって性格が違うということは
果たしてあり得るのでしょうか?
それともこれは迷信なのでしょうか?

ちなみに私自身はA型ですごく几帳面なので
肯定派が70%ぐらい占めています。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

私もrx78さんの意見に同じです。



血液型と性格の調査に関しては、何度調査しても信頼の置けるデータで、確かに相関関係があると言う統計結果は出ていません。

また、日本では厳密な意味で血液型と性格の調査を行うことは難しいと思われます。
と言うのも、日本において血液型と性格の関係は、あまねく人口に膾炙しており、chemistryさんが仰る通りA型は几帳面、O型は大雑把と見る人がほとんどだからです。幼少のころから周りの人に「やっぱりA型だから几帳面だねぇ」と言われて育つと、元から几帳面かどうかに拘らず、自分で几帳面に行動することを求め、また思い込むようになるかもしれません。仮に調査を行って、A型の人が「自分は几帳面である」と有意な割合で答えたとしても、本当に血液型からくるものなのか、血液型以外の遺伝からくるものなのか(これも根拠のないことかもしれません念のため)、後天的に身に付けたものなのか、自分が誤解しているのか判断がつきません。殊に自分に肯定的なことを言われているとそうでしょう。

日本の社会ではあるときまで例えば「AB型、B型は採用しない」といった企業があったと耳にします(今でもあるのかもしれませんが)。いくら統計的に否定されていると言ったところで、血液型と性格は関係あると思う人が大半である社会は簡単に覆せそうにありません。

情報の選択と言う意味で、chemistryさんの判断基準のひとつになれば幸いです。

私は専門家ではございませんので、間違い等ございましたらどなたか訂正してください。
    • good
    • 0

血液型と性格の相関はよく分りませんが


血液型物質(赤血球から出ている糖鎖)は血液脳関門を越えず、
脳神経細胞にはまず作用しません。
性格というのは大脳新皮質の働きなので、
少なくとも血液型物質が性格と関係してるということはありえません。
従って「血液型」が「血液型物質」だけを決めるものなら、血液型は性格との相関がないといえます。
ところで「性格」というのは、ある刺激に対してどのような反応をどのような頻度・強度で示すかってことですよね?
なら、「あなたはどんな性格ですか?」っていう質問で得られた統計データに有為性があるとは思えません。
動物実験でやるような実験(バトルロワイヤルみたいな)環境で客観的に得られたデータから分析するのが科学的に正しい方法だと思います。
    • good
    • 0

あくまで個人的な意見で申し訳ないのですが、


他のみなさん同様、血液型と性格との関連性はないと思います。
自分のこういうところは父親に、こういうところは母親に似てるっていう感じで親の性格を受け継いでる(?)ことってありませんか?
血液型は、遺伝されるA,B,Oの3種類の因子によって決まると習いました。と、いうことは自分自身の血液型は両親からの遺伝によるものですよね?
仮に親が二人ともA型で神経質だとします。そしてその子供はO型で神経質になるとします。(あくまで例えです。)こういう場合は赤血球からでている糖によって決まるとはどうも考えられません。血液型とは関係の無い、別の遺伝子によって性格が決まると考えるのが自然だとは思いますが、血液型と性格の関連性、いつか立証されたらおもしろいですよね。
ちなみに僕の両親は二人ともA型、僕はO型で、兄と弟はA型です。両親はA型というよりむしろO型の方が近いと思うし、兄はけっこうずぼらで、弟は唯一A型と思われる性格な人です。
    • good
    • 0

赤血球から出ている糖で性格が決まるというのは考えにくいとおもいます。

でも、逆に考えてみてください。どうして同じ人間から違う糖が出てくるのか。その辺に答えがあるかもしれません。私が聞いたことあるのは、A型は大昔狩人だったので、神経質で寡黙な性格、B型は農耕民族だったので、おおらかだと聞いたことあります。
    • good
    • 0

AstroiaさんのNo.11の回答についてです。


この質問がそもそも「赤血球からでている糖によって性格が違うということは
果たしてあり得るのでしょうか? 」という事でしたから、社会学とか動物行動学とかはあまり関係無い話だったかもしれないですね。
>質問された部分については全くその通りです。
>そういう意図で回答いたしました。
という事でしたら、納得しました。

>他の多くの統計データを覆す根拠が乏しすぎます。
他の多くの統計データってのは血液型と性格は関係無いという事を表す統計データなんでしょうか?
    • good
    • 0

AB型のnag3と申します。


何故だか日常生活でもネット上でもすぐAB型だと見破られてしまいます。
っで、私の主張では、血液型の違いは性格と言うよりむしろ行動の違いに現れるのだと思います。
たとえばの話、人類の歴史で一番長い狩猟採取時代を考えた場合、食べカスなんかをきちんと離れた場所に捨てていれば、夜間猛獣等に襲われる確立も減りますし、ねずみやハエなどと言った病原菌を媒介するものと接触する可能性も減ると思います。
この行動を几帳面と捉えた場合、几帳面で掃除好きなA型と他人の目には映るのだと思います。
さて我が日本においてこの行動を考えた場合、どう言った事が考えられるでしょう。
まず日本にはその様な猛獣はいませんから、他の血液型の人に比べて有利な点は特に無いと思います。
次に病気ですが、清潔を好むので病原性の病気にはかかりにくいのではないでしょうか。そして、その事が遠因となって当然免疫力自体は弱くなって行くと考えます。
ですので文明が発達する以前の日本においては必ずしも生存に有利な血液型では無かったかも知れません。
逆に猛獣がうろつき回り、死亡率の高い病原菌を保有するねずみやハエの多い特に密林の様な地域にあっては生存に有利であったことでしょう。
そう考えると古代日本ではやはりO型、B型が地域に合った血液型だったのだと思います。
気候や経緯度の違う地域において血液型の分布に差異が見られるのはこの様な事も一因となっているのだと思います。
あまりにも猛獣等が多く、いちいち自衛の事ばかり考えていては何も出来ない様な地域ではむしろB型の方が適していたのではないでしょうか。
ですので、性格には関係無いが、人間としての原始的な行動には関連性があると言うのが私の考えです。
まぁ、単なる素人考えなので、不合理な点などございましたらご容赦下さい。
    • good
    • 0

nobor3さんのご質問に対して回答いたします。



>この事が本当だとすれば、血液型による性格の違いはあるって事じゃないですか?
>生物学的には血液型によって性格が左右される要素は無いけど、社会学的見地から見れば、周りの人の扱いによって後天的に性格が変わる事があるという事をあなたは言ってますね。違いますか?

質問された部分については全くその通りです。そういう意図で回答いたしました。
血液型と性格についての関係を一度も見聞したことがない集団に対して調査した場合の結果と、日本のように一般的に知れ渡っている集団で調査した場合の結果には激しい乖離があると思います。質問されたchemistryさんの内容に忠実に回答すれば(赤血球からでている糖によって性格が違うということは果たしてあり得るのでしょうか? )私の回答は「ありえないと思われる」という回答です。
もちろん全ての人が「周りからそう言われているから」という理由のみで、自分の性格を判断しているとは思いません。

企業での採用の例を出したのは、頭ごなしに血液型と性格を関係付ける風潮は避けるべきだと考えているからです。あまり伝聞に頼った判断は好ましくありませんが、その企業は書類審査で血液型を考慮していたとのことです。

また、私がrx78さんに同じですと回答したのは、同じように竹内氏の理論展開には納得できない点が多いからです。rx78さんが仰ってるように、他の多くの統計データを覆す根拠が乏しすぎます。「トンデモ本の世界」に載っています。

本来議論は苦手なので、nobor3さんの疑問に対して誤解のない説明をできたかどうか不安ですが・・・。納得できない節がありましたら補足をお願いします。
    • good
    • 0

ちょっと個人的意見を。



個人的な意見としては、
「性格は他人が決めるもの」だと思っています(反論あるとおもいますが)。
理由として、まず、個人で「自分はこれこれこういう性格だ」と思ったとしても、
基準が何であるかがはっきりしていないこと。
それから性格は、その人の行動・言動に表れることが多く、
行動・言動を起こしている本人は「自分はこういう性格だ」
と思いながら行動してはいないから、と私は考えています。

具体的に説明すると、
例えば「几帳面」という性格の一面として、「部屋を片付ける」
という行動があったとします。
片付けている本人にとっては、「自分が几帳面だから」という理由で
部屋を片付けたりはしないと思います。
結果的に「片付けた」ことが「几帳面という性格」で「評価」されている
のではないでしょうか?
もちろん「評価」されるわけですから、自分ではなく他人(第三者)の「評価」に
なると思います。

No.6で「特命リサーチ」の紹介をしましたが、これも半信半疑で見ていました。
こんな話もあります、程度でとどめておくのがいいと思います(説明不足でした)。

>rx78さん、Astroiaさん
詳しい意見をありがとうございます。
人間って物事に「法則性」とか「理由」を見つけたがる動物だと思いませんか?
性格に関しても血液型・星座などいろいろありますし。

長くなりました。失礼します。
    • good
    • 0

No.5の回答者nobor3です。


rx78さん、Astroiaさんの意見に一言言わせてください。
まずrx78さん、
>例えば厚さ5mの鉄板を人間が通り抜けたり、・・・
>コップの水が突然空中に飛びだしてピカチュウの形を・・・
論理のすり替えのように思えます。
>・・・確率的にありえないとしています)血液型に関しても同じでしょう。
どう同じなんでしょう?
まず、仮説を立てて、それを検証するのが科学だと僕は思っていました。
ドーキンスにせよ竹内久美子にせよ仮説を立てているわけでしょう?
過去にも突飛な仮説が、その後の検証によって、現在では常識となっているものも多いのではないかと思います。
現段階で学会で認められていないからと言って、「間違いだらけ」と決め付ける姿勢こそ、「非科学的」だと思いますよ。

次にAstroiaさん
>幼少のころから周りの人に「やっぱりA型だから几帳面だねぇ」と言われて
>育つと、元から几帳面かどうかに拘らず、自分で几帳面に行動することを求
>め、また思い込むようになるかもしれません。
この事が本当だとすれば、血液型による性格の違いはあるって事じゃないですか?
生物学的には血液型によって性格が左右される要素は無いけど、社会学的見地から見れば、周りの人の扱いによって後天的に性格が変わる事があるという事をあなたは言ってますね。違いますか?
    • good
    • 0

竹内久美子に関して若干の意見を述べますと、この人物の著作はと学会でトンデモ本として紹介されているように、間違いだらけで科学的根拠はまったくありません。


タネ本にしているドーキンスの考えを理解している形跡はまったくありません。
そもそも現代の遺伝学を統計データや解析も行なわずに、可能性だけで演繹するという基本的姿勢そものが、完全に科学の領域から逸脱しています。
特命リサーチにしてもそうですが、現実に相関がないものを、可能性としては影響をあたえる可能性がありうるなどと論じることの意味がりかいできません。(バラエティー番組やエッセイストを相手にそうした議論をすること自体無意味ですが)

純粋に理論上の可能性を言えば、例えば厚さ5mの鉄板を人間が通り抜けたり、
コップの水が突然空中に飛びだしてピカチュウの形を保ちながら沸騰するといった現象も起こりうるわけです(量子力学はこれを原理的に可能、確率的にありえないとしています)血液型に関しても同じでしょう。
なお、UFOの存在を検証している科学者や、霊魂の実在を検証している科学者同様に、当然血液型と性格の相関を調べている学者もいます。しかし彼らはそれを「信じているから検証している」わけではないはずです。(そういう人物もいるにはいるかも知れませんが)いずれにせよ、相関は発見されていません。
まあ、いずれも検証されたり、発見された方が面白いのは確かなんですが・・・。

それと、血液型ベースの性格分類はその分類パターンの有効性が不明です。
性格分類といった、恣意性の高い分類は、有効性や統計データなどが伴わなければあまり意味はないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液型と性格の因果関係

血液型と性格に因果関係ってあると思いますか?
よく「血液型が何型だから性格がこうなんだ」と言う人がいますが、私は根拠などないと思います。

どこかの大学の心理学の教授がその因果関係を徹底的に調べたけど、関係は見られなかったと読んだことがあります。
また、医学的にも血液型の違いが性格を決める要素になるということはないという話を聞いたことがあります。

また、血液型で性格が決まるなら職場や学校の自分の周囲の人の血液型がすべてあてられるかというと、そんなワケありません。
同じ血液型の人を集めてみても、まったく性格の違う人が集まります。

飲み会の席などで、遊び半分で血液型で性格がどうのこうの、という次元の話であればいいのですが、真剣に何型の人とは結婚できないとか言ってる人を見ると理解できません。(特に女性に多い気がしますが・・・)

みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

血液型で性格は決まりません。
ある人が広めた全くのデタラメです。血液型と性格の研究でも否定的な結果しか出なかった。証明もされていません。人間は一人一人性格は違います。人の性格は生活環境・経験・人との付き合い方・両親からの遺伝で作られています。血液型は4種類だが世界中の人の性格を4種類に分けるなんてどう考えても不可能ですし、同じ血液型なら皆同じ性格なんて絶対ありえませんね。血液型は4種類と言いましたが詳しく細かく分けるとABO式の他に「Rh・MNS・P・Lewis等他多く」の血液型が存在する。
http://www.hokkaido.bc.jrc.or.jp/laboratory/bloodgrp.htm
http://www.pref.shizuoka.jp/kenhuku/kf-05/yakujikikaku/kenketsu04.htm
という事は同じABO式の血液型でも全く同じ血液型ではないわけです。そしてABO式は多くの血液型の種類の一部。むしろ全く同じ血液型の人を探すのは困難ですね。

何故ABO式だけ性格診断に用いられてるのかは一般的に知られているのと4種類しかなく覚えやすいからだと思います。ABO式が4種類じゃなく沢山の種類があったり一般的に知られていなかったら血液型性格診断なんてなかったと思います。

そして血液型性格診断が流行っているのは日本と韓国中国だけです。血液型性格診断を始めたのは日本です。日本はABO式血液型が極端に偏っていない、また日本人は自分の血液型を知っています。アメリカ人は自分の血液型知らないらしいです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2072079

http://www.andrew.ac.jp/sociology/teachers/harada/students/2ss1181.html
を見ればわかりますが日本・韓国・中国はABO式血液型が極端な偏りがなくその他の国は偏りが見られる傾向があります。当然、A型とO型が多くB型とAB型が極端に少ないと性格診断をやってもA型とO型ばかりで性格診断がしにくくなります。自分の血液型知らなければ性格診断なんて出来ませんね。日本・韓国・中国は性格診断をするのには都合の良い環境なのでしょう。

血液型性格診断は特定の血液型に対する偏見や差別も起こしているので良い事ではありませんし血液型性格診断による学校でのいじめも起きているようです。

ちなみに血液型のテレビ番組や本は何の根拠も無いヤラセ、嘘だと思っておりますし、差別やいじめなんて絶対に許しません。

血液型で差別
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hiroshin/blood_type/blood_type.html

一日も早く差別やいじめの原因となる血液型性格診断がなくなればいいですね。

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~nakanisi/ketsueki/

血液型で性格は決まりません。
ある人が広めた全くのデタラメです。血液型と性格の研究でも否定的な結果しか出なかった。証明もされていません。人間は一人一人性格は違います。人の性格は生活環境・経験・人との付き合い方・両親からの遺伝で作られています。血液型は4種類だが世界中の人の性格を4種類に分けるなんてどう考えても不可能ですし、同じ血液型なら皆同じ性格なんて絶対ありえませんね。血液型は4種類と言いましたが詳しく細かく分けるとABO式の他に「Rh・MNS・P・Lewis等他多く」の血液型が存在する...続きを読む

Qヒツジ赤血球

試験でヒツジのグルタルアルデヒド固定赤血球を使用したいのですが、市販品として入手できるものでしょうか?
可能ならメーカーをお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

SIGMAの製品にそれらしいものがあります。
Red blood cells from sheep, dry powder (glutaraldehyde treated)
http://www.sigmaaldrich.com/catalog/search/ProductDetail/SIGMA/R3378

PubMed やHighWire を使って、材料の名前(この場合は "sheep red blood cell")で文献検索をすると、Procedure のところに入手先が記載されている文献が見つかると思います。入手先や調製方法は同じ用途に使用している文献に従うとよいと思います。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=PubMed
http://highwire.stanford.edu/

Q血液型で血の色って関係あるんですか?血液型って何なんですか?

血液型で血の色って関係あるんですか?
血液型が違うとそれぞれどう違うんですか?
血液型って何なんですか?

Aベストアンサー

静脈血と動脈血は酸素濃度が違うので明らかに色が違います。(どす黒い、鮮やかな赤)
後は、ヘマトクリット値の関与もあるかもしれません。

ABO式血液型は、赤血球表面についている糖鎖の違いです。
自己と非自己を見極める免疫の一種です。
(A型の血はB型に輸血できないなど・・・)

Q赤血球

赤血球内でATPを産生することはできるのですか??

Aベストアンサー

blackdragonさんは勘違いかと思います。

赤血球はミトコンドリアを持ちません。ですから好気呼吸は出来ません。しかし,解糖でATP合成は可能です。

参考URL:http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/hematology/node24.html

Q成分献血に血液型は関係あるのか

近々,初めての成分献血をしてみたいなと考えています.
ところが私の住んでいる地域の血液のストックを見ると,
私の血液型は十分足りているようでした.
(逆に私の血液型以外は不足していました)

十分足りているなら行く必要もないのかな?と思ってしまうのですが,
成分献血の場合,血液型は関係あるんだろうか?
と,ふと疑問に思いました.

そこで
1.成分献血に血液型は関係あるのか.
2.十分足りている血液型を献血しに行って意味はあるのか.
この2点について回答をお願いします.

Aベストアンサー

そうとも言えず

血漿に関しては、血液型由来の抗原が存在する。

つまり、血液型A型の人の血漿とB型の人の血漿は同じモノでは無い

基本的に献血は各都道府県内で自給するのが建前になっているが、
実際には地域によってバラツキがあり不足する都道府県では近隣の都道府県からの支援を受けている。

貴方の住む地域では充足しているのかも知れないが、近隣の都道府県では不足しているかも知れない

とくに成分献血に関しては、献血の条件が厳しいので常時不足気味と聞いている

献血に無意味と言うことはないので、是非よろしく

Q赤血球の核

ヒトの(?)赤血球から核がなくなることにはどんな意味がありますか?
赤血球は核がないほうがいいですか?

Aベストアンサー

私自身の考えなので、何とも自信はないですが。

赤血球の脱核の最大の利点は、赤血球の直径よりも細い毛細血管を通り抜ける際、核がないことによって中央部で折り畳まれるように変形し、スルリと通り抜けられる事にあると思います。
次に、核がないことにより、円盤状の細胞の両面中央部が均質に凹み、物質交換の場の表面積をさらに大きくできる点が挙げられます。
これらの事は核が存在する状態では、実際の形状と比較すると、やはり機能的に制限されると思われます。

また、それ以上の増殖・分化を必要とせず、また自身で蛋白を産生する必要性が無いという点だけでも、核の必要性は無くなってきます。
進化の過程で、無くなるべくして無くなった…というところでしょうか?

Q血液型と性格が無関係だという説の根拠は?

血液型と性格の相関関係を面白く取り上げたテレビ番組が批判されています。そのために根拠なく子供がいじめられたりしているそうです。大変イヤな話だとは思います。一方で、血液型と性格は無関係なのに!という論調で批判がされていますが、これは証明されているのでしょうか?
血液型と性格の関連性を示した研究成果がないということに過ぎないのでしょうか?
近頃は心理テストと血液型の相関関係を調べるような研究成果も出てきているようなので、気になります。
教えてください。

Aベストアンサー

ごく少数ではありますが,
特定の行動傾向と特定の血液型の相関を示すデータは存在します。
しかし,それは血液型と性格の関連性を積極的に裏づけるほど
強力なものではないというのが大方の評価です。
また血液型性格判断の知識が普及するにつれて
「予言の自己充足」として関連性が生じつつあるとの報告もありますが,
これは生理学的レベルでの関連性とは別問題です。

そして,ここが大事なのですが,
「関係がない」と「関係があるとは言えない」は
学問的には同義ではありません。
血液型性格判断に批判的な研究者が主張しているのは
「現在までのデータでは関係があるとまでは言えない」ということであって,
「関係がない」ことが証明されたわけではありません。

それ以前に,
そもそも性格とは複数回の観察を通じて行為者の内部に想定される構成概念であって,
それを実体の如く扱うこと自体が間違いの元という議論もあります。
詳しくは下記のサイトへどうぞ。

ABOFANへの手紙
http://www.obihiro.ac.jp/~psychology/abofan.html

ごく少数ではありますが,
特定の行動傾向と特定の血液型の相関を示すデータは存在します。
しかし,それは血液型と性格の関連性を積極的に裏づけるほど
強力なものではないというのが大方の評価です。
また血液型性格判断の知識が普及するにつれて
「予言の自己充足」として関連性が生じつつあるとの報告もありますが,
これは生理学的レベルでの関連性とは別問題です。

そして,ここが大事なのですが,
「関係がない」と「関係があるとは言えない」は
学問的には同義ではありません。
血液型性格判...続きを読む

Q赤血球について

赤血球はどの臓器で、どのような仕組みで脱核されるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

homepage3.nifty.com/dr0910/1manabi/103sbh/1031sbh1.htm

>赤血球は骨髄で幼弱な赤血球から分化成熟して末梢血中に出て行く直前に、脱核

http://osinbun.cool.ne.jp/news/y2001/01-6.html

>通常はマクロファージが赤血球の細胞核を食べては分解し、次々に「脱核」を促す。しかし、酵素の一つをもたないものは細胞核を分解できず、すぐ満腹に。「脱核」が滞り、赤血球が成熟できない
――。

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/genetic/Research/%8D%C5%8B%DF%82%CC%8C%A4%8B%86.html

>核は赤血球分化の最終段階でその前駆細胞から排出され、マクロファージによって貪食,処理される。

Q血液型と性格の関係

血液型と性格って関係は全くない、って言いますよね。

でも正直人の性格を見て血液型って当てられますよね、実際問題。

A型は多いから当たる確率が高いのでしょうが、B型もO型も90パーセントくらいの確率で、当たります。
2、3年一緒にいると100パーセント当たります。
AB型はよく分かりません。
どの血液型にも見えるし、どの血液型にも見えない気がします。
何年一緒にいてもよく分かりません。

もちろん、1年ぐらいその人と仲良くしていて、その人の性格を把握しないと分かりませんし、本性を隠してる人や、頭のいい人なんかはよく分かりませんが。

やっぱり血液型と性格って関係してると思いませんか?

Aベストアンサー

相関性はありますが、ベーシックな気質の問題であって多様性を許容するし、また確率的な問題ですので、個別に「血液型占い」すればかなり外れます。
統計的にはいえるけど、それを逆に先入観に適用すると、気分を害する人(外れている人)も出ます。
とはいえ、人間観察のするどい人は、経験的に実感しているので、否定するのも難しいものです。

血液型遺伝子は、血球表面の異物識別のためのカギになるタンパク質で、性格にじかに作用するものではありません。
ただ、そうした性格に影響するいくつかの遺伝子が、染色体上でABO血液型遺伝子の近傍にあることが明らかとなっており、血液型と大さっぱな性格づけが、高い確率で相関する可能性は指摘されています。

血液型の分布を見ると、明らかな偏りのある地域があります。
血液型を決定するのは血球表面の異物識別タンパク質=遺伝子ですから、それに偏りがあるということは、その集団の間で生殖隔離が行なわれているということです。
A型の比率の高い地域は、日本から中国・江南地方~雲南~ブータンへと続く「稲作農耕文化圏(ジャポニカ米)+常緑照葉樹林帯+温帯モンスーン地域」で、B型の比率の高いのは、韓国北部から中国北部~モンゴル・チベット・インド北部~中東という「遊牧文化圏」です。
一般にA型に言われる「協調性」や「几帳面」は、土地に定着し、年間を通じたスケジュールと地域での共同作業といった、稲作農耕文化の性格を代表し、B型について言われる「ゴーイング・マイウェイ」や「飽きっぽい」は、雨を追って移動する遊牧文化の性格を代表していると言えます。
(ちなみにO型は、アフリカから南アジア~南太平洋の狩猟採集文化圏=人類の原型であり、「情緒的」や「親分肌」といった生理的に核の部分が強く出ていると言えます)

もっとも、いくら「同じ染色体の近傍にある」といっても、交差という遺伝子交換メカニズムにより、長い時間交配し続けると、血液型と性格の相関性は失われていきます。
先の2つの文化圏の接する(かつあまり大きな民族移動のない)地域においてのみ、2つの母集団から持続的に、血液型と性格の遺伝子をセットで供給され、血液型占いは成立するのです。
血液型が日本と韓国でだけ騒がれ、欧米で成り立たない(あそこらは民族移動の連続だから)のも、当然です。
ちなみに、万里の長城は、中国南部の農耕民が、北部の遊牧民を防ぐ(正しくは遊牧している家畜を足止めする事で進撃を阻止する)ために築いたものであり、A型とB型の相性の悪さは、世界最大の建造物を生むほどだ、ていうオチ(^^;)

相関性はありますが、ベーシックな気質の問題であって多様性を許容するし、また確率的な問題ですので、個別に「血液型占い」すればかなり外れます。
統計的にはいえるけど、それを逆に先入観に適用すると、気分を害する人(外れている人)も出ます。
とはいえ、人間観察のするどい人は、経験的に実感しているので、否定するのも難しいものです。

血液型遺伝子は、血球表面の異物識別のためのカギになるタンパク質で、性格にじかに作用するものではありません。
ただ、そうした性格に影響するいくつかの遺伝...続きを読む

Q赤血球について

細胞分裂についての質問なんですが、
赤血球の前駆体の赤芽細胞って細胞分裂して増えますよね??そしたら、赤血球も細胞分裂する能力があってもいいような気がするのですが・・。。
って、実際に血管中で赤血球が大量発生したら大変な事になるんですがね・・・・。
なぜ、赤血球は細胞分裂しないのでしょうか??
赤血球について教えてください

Aベストアンサー

 核がないから分裂しないというのは一理あるのですが、赤血球に核がないのは哺乳類だけです。鳥類などの赤血球は核を持ちますが、分裂はしません。

 神経細胞も分裂するのはごく一部です。体には最終分化段階に達すると分裂しないものが結構あります。これらに何故という疑問をぶつけるのは酷ですよね。もちろん、分裂したら困るからっていうのは一つの解答ではあるのですが、根本的な理由ではありません。

 脱核は赤芽球が骨髄から出て網状赤血球になる段階で起こります。自分自身の細胞骨格によって、自発的に(細胞外からの刺激は受けますが)放出することから、何か重大な理由があるのかも知れませんが、鳥類の赤血球と機能的には違いが無いので、理由付けは難しいかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報