断熱材についてお聞きします。
私の契約している住宅メーカの断熱材は、カタログには壁:発泡ウレタン55mm、
床:スタイロエース55mmの断熱処理を行うと書いてありますが、実際に住宅メーカからきた仕様書には壁:吹き付け硬質ウレタンフォーム55mm、床:押出法ポリスチレンフォーム3種55mmと書いてありました。これはメーカのカタログと同じ意味なのでしょうか?それともカタログとは異なる事なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

umechinさんのお答えの通り、問題ありません。


繰り返しになりますが、先ずは床断熱材。「スタイロエース」は商品名です。「押出法ポリスチレンフォーム」が一般名称と言えますが、普段私は「押出成形ポリスチレンボード」と表記しています。つまり、工場で押出し成形した55mmのスチロール板状断熱材です。
壁断熱材の「発泡ウレタン」と「吹き付け硬質ウレタンフォーム」は同じ意味でしょう。ただ、吹付でフォームなんて、何かおかしな気がしますが。現場で材料を発泡させて、ガンで壁一面に吹付ける工法です。umechinさんのお答えの通り、工場製品で無い分、施工厚さの管理が大切です。ちなみにこれも私の表記を参考に答えますと、「現場発泡ウレタン吹付」となります。
仕様書の表記は、公庫基準の表記に合わせてあるのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私の勉強不足でした。また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/01 22:14

参考までに、商品名スタイロエースを製造している「ダウ加工」のURLは下記のとおりです。


取扱商品の中に「スタイロエース」があり、仕様に「押出法ポリスチレンフォーム」とうたわれています。

質問の回答ではありませんが、現場でウレタンを吹き付けて発泡させる方法だと、断熱材を切って貼り付ける方法よりも、隙間なく確実に断熱できるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.dowkakoh.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/01 22:15

hirattiさんへ、


スタイロエースは商品名で、例で言えば「味の素」です。正式名は、L-グルタミン酸ナトリウムですが、中華だと「うま味調味料」かな。
発泡ウレタンは形状を表わす一般呼称で、発泡スチロールと同じで空気を混入させて固形化したウレタンです。あとの2つのフォームも発泡と同じ意味ですよね。呼称は、メーカーによって、あるいは工事業者が通称で使う言葉によって色々です。だから、発泡ウレタンとウレタンフォームは同じと考えます。スタイロエースは商品名なので、その商品のカタログに原材料とか材質でポリスチレンフォームと書いてあれば、同じものです。
吹き付けとか、押出法はまだ固形化していない製品をどの様にして固めたかです。吹き付けは、現場で壁に直接でしょう。押出法は、良く分かりませんが工場製でしょうか。
問題は、実際に55m/mあるかどうかですか。特に、現場施工の場合ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。スタイロエースの事は非常にわかりやすかったです!
またなにかありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/01 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材に付いて

現在自家労力で住宅建設を予定しており、断熱材を調べています
北海道に住んでいるため断熱材に重点を置き、暖房経費の軽減を目指しています。
そこで現在、人工衛星に張ってある断熱材に注目しています。
ただサーマルブランケットは価格が高いため、現在市販されている、スペースブランケットや
非常用に使うアルミシート等が格安なため、10枚~20枚位重ねて張ってみようかと考えています。
価格的にも坪単価2000円くらいと思います。
使用した方、、または御意見などお願いします。

Aベストアンサー

4回目の投稿失礼します。

断熱材の選定には、下記の「ウッドファイバー」も候補に入れてはいかがでしょうか?

http://www.kinoseni.com/commodity/tokucho.html

ドイツで開発され、北海道の間伐材を使って北海道で生産されています。
性能だけではく、エコであること、そして、木製であることから、構造材や板材と同じcelluloseで出来ており同質性があるので、100年後にもよい性能を維持するのではないかと思っています。

実際には100年間におよぶ性能維持を立証したわけでありませんので、リスクはありますが、前向きに検討していただければと思います。

地域に誇れる素晴らしい家ができると良いですね。

Q手抜き工事か心配です。マンション床断熱材について。

2年前に買った新築マンションですが、
冬に和室に布団を敷いていたら畳が結露して
接していたマットレスがびっしょりぬれてカビが生えました。
床断熱材がきちんと入っていないのでしょうか。
静岡県の温暖な地域なのでマンションの普通の生活で
こんなに床が冷えるのは考えられません。
どうしたら正しい施工だったか調べられるでしょうか。
施工会社に満足できるように断熱材を入れてもらえるものでしょうか。

Aベストアンサー

一般的にRCマンションに床断熱材は入りません。むしろ、畳が断熱材の役目も持っているはずなのですが。下の階の方が暖房も入れずに生活されているのでしょうか?

Qアルミ遮熱断熱材について

断熱材について、ここしばらく悩んでいます。

最近「アルミ遮熱断熱材」が良いとお聞きしました。

「遮熱断熱材」とのことですが、
これは単体で断熱材の代わりとなるものでしょうか。
それとも、
グラスウール等の断熱材と併用した方が良いものでしょうか。

ご自宅に使用されている方、
また専門家の方で知識のある方、
使用感についてのご意見、
またアドバイスをいただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遮熱材のHPには断熱材と比べて・・、NASAも採用・・云々の宣伝文句が載っています。
空気層もあるから断熱材の代わりになりますってのもありますが、

>これは単体で断熱材の代わりとなるものでしょうか。
>それとも、グラスウール等の断熱材と併用した方が良いものでしょうか。

併用はmustと考えた方がいいですよ。
#No.1の方のおっしゃる通りです

ちなみに、弊宅、西面や屋根面に遮熱機能を持った透湿防水シートを使いました。
効果のほどは分かりませんが、夏場の冷房エアコン使用量はご近所さん(他の工務店で建ててる同じくらいの築年数)よりも少ないようです。
まぁ、暑さに強い&節約してるだけかもしれませんが。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/dannetu-keturo/shanetuzai-01-36.htm

Q床の断熱材について

私の部屋は車庫の上にあるんですけど、床は合板の上にクッションフロアが貼ってあるだけなんです。だから車庫の天井が私の部屋の床で、冬はコタツを使っていますが、なかなか温まりません。
それで断熱材を上手に大工さんに入れてもらおうと思い義父にその旨相談したら、「入れてもそんなにかわりない。だったら絨毯を厚くしたほうがいいじゃないか」と言われました。どちらの方法が一番いいでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

絨毯より断熱材のほうがいいと思います。


車庫の天井が2階の床ということなので比較的簡単に断熱材が入れられると思います。器用な方なら大工に頼まなくても自分で入れることも可能でしょう。

スタイロフォームという薄い水色の断熱材があります。それを入れるのが簡単かと思います。ホームセンターでも手に入ります。

厚みによって価格は変わりますが910×1820で1枚数百円程度ですので8畳くらいなら1万程度で出来ると思います。(自分で入れる場合)


根太と根太の間にはめ込んで落ちないようにくぎや鋲などで留めればおしまいです。

下記は床を貼る前に断熱材を入れているところを紹介していますがイメージ的にはこんな感じなので参考にしてください。

参考URL:http://www.c-room.co.jp/kiwa/board_s.htm

Q断熱材について

新築RC造の屋根で外断熱を考えています。
よくわからないのですが。
劣化の少ない断熱材、(耐久性や耐候性等)
良いものがあれば教えて頂けませんか?
価格等目安になるものがあればありがたいです。
一般には濡れると断熱効果が減少するらしいですが、
濡れて大丈夫もしくは断熱効果が減少しにくい断熱材
があれば教えてください。

Aベストアンサー

RCの屋根ということで、
断熱と防水は一体として考えます。
防水の種類は屋上の利用の有無によって、
大きく変わります。主に3通りの利用方法があります。
1.屋上を日常的に利用する(駐車場~屋上緑化)
2.設備架台を設置するなどメンテナンス時のみ利用。
3.ほとんど利用しない。
材料としましては
アスファルト防水、塗膜防水、などいろいろです。
屋根面だけプレキャストコンクリートを採用した場合
防水の方法はコンクリートの止水性能を期待する方法も
考えられます。
防水に応じ、相性の良い断熱材もシステムとして
組み込まれていますので、
断熱だけで簡単に優劣は比較できません。
お勧めとしましては、
アスファルト5層程度防水の上に断熱材を敷き、
押さえコンクリート80mm
これが荷重面では不利ですが、きちんと施工できれば
防水性能が良く、定期診断は必要ですが、
状態がよければ60年程度の耐久性が期待できます。
ほとんど利用しない場合、
アスファルト露出工法でも、
反りのすくない硬質ウレタンフォームなどあります。
断熱材そのものよりも防水工法との相性で検討が一般的です。
緑化システムの防水もあります。自治体によっては個人宅でも
集合住宅でも緑化助成の補助金が整備されている場合があります。
平米単価も防水一体でならば記載あるサイトも多いです。
断熱と少し違いますが、熱反射塗料も最近は注目を集めています。
コンクリートの温度上昇を抑えるので、緑化よりも効果的です。
外断熱にこだわらず、内断熱にして、
断熱材を気にせずに設備をどんどん置けるようにすると、
太陽光発電など屋上利用に有利です。
屋上をどのように利用したいか、
それにあわせて最適な答えがあると良いですね。

参考URL:http://www.tajima-roof.jp/waterproof/fate/index.html

RCの屋根ということで、
断熱と防水は一体として考えます。
防水の種類は屋上の利用の有無によって、
大きく変わります。主に3通りの利用方法があります。
1.屋上を日常的に利用する(駐車場~屋上緑化)
2.設備架台を設置するなどメンテナンス時のみ利用。
3.ほとんど利用しない。
材料としましては
アスファルト防水、塗膜防水、などいろいろです。
屋根面だけプレキャストコンクリートを採用した場合
防水の方法はコンクリートの止水性能を期待する方法も
考えられます。
防水に応じ、相...続きを読む

Q床下のウレタン断熱は可否?

住宅で隙間風が床の畳の隙間から入ってきます。床板の下側からウレタンフォームを吹き付けて断熱しようと考えております。この時に断熱すると、床下との通気が遮断されますが、良く知らないことのため、不安に思って、実行して良いものかどうか悩んでいます。あとあと問題になるか、ならないかご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

底冷えがひどいんでしょう。
 畳内部で結露を起こしているかも知れませんね。
畳が濡れてしまうと、床下の冷気が室内に伝わりますので、底冷えがひどく成ります。仮にウレタンフォームを吹き付けたとしても、おそらく底冷えの改善にはつながらないでしょう。
 床下全体の温度低下を防ぐ事が大切です。
「床下 温度」と言うキーワードで検索で探してみるとヒントになると思います。

Q床の断熱材の補強をしたいのですが

近所で親戚つきあいをしてる、大工さんにお願いして建ててもらったのですが
断熱材の知識が全く無く
天井・壁の断熱材はすべて自分で仕事の合間・夜に施工しました。
ただ、仕事の都合で
床の断熱材は施工出来ず、大工さんが施工することに
それで、問題が
根太の根太の間に杉板を貼り(断熱材の落下防止)
スタイロフォーム30mmを施工 
すかすかの箇所が多数確認
30mmでは薄と言ったのですが
無視されてしまい、そのまま施工されてしまいました。
何とか、気流止めは、なんか時間を作り自分で施工。

そこで、自分で床下からスタイロフォーム50mmを貼ろうと考えているのですが
杉板 厚さ6mm(断熱材の落下防止)の下から貼ることに成り
断熱材30mmと断熱材50mmの間に6mmのスキマができてしまいます。
6mmのスキマが有っても断熱の性能が確保できるでしょうか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

自分で施工をするとは素敵なことですね。きっと満足できる素晴らしい家ができることでしょう。
さて、質問の回答ですが、6mmの隙間とは杉板のことを言っているのでしょうか?それとも別の何かでしょうか?杉板のことであれば断熱材が離れているというだけであり、空気が流入するわけでないので全く問題はありません。
気流止めはどのようにつけたのでしょうか?断熱材の室内側?それとも室外側でしょうか?
隙間がある部分に外からの冷たい空気が流入してくるようであれば断熱材の効果は確実におちてしまいます。その際、気流止めで冷たい空気が対流しないような状態になっていればそれなりの効果は期待できます。

Q断熱材を探しています

マンション住まいなのですが、冬場玄関ドアが結露酷く、
其れだけでなく、ドアに近い壁まで結露します。
玄関の照明スイッチが離れた場所に有るので、ドアの直ぐ脇に移動・設置を考えているのですが、壁の結露が問題となっております。
原因は、壁の裏側(外部)がメーターボックスになっているため、外気がストレートに壁に当たるため結露しているようです。
そこで、メーターボックスの内側に断熱材を貼ろうと考えているのですが、適当な断熱材は有りませんか。
出来れば、日曜大工用品売り場で手に入るようだと助かるのですが。

Aベストアンサー

泡のようなものの入ったスプレーがあり
それを吹きかけると泡が固まり発泡ウレタン化します。
お手軽で宜しいのでは?

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~YL1H-NKMR/buzai/uretan.html

Q樹脂の成形機に使用される断熱材の役割について

樹脂の成形機に使用される断熱材の役割について

断熱材の使用目的は熱を伝えにくくする事だと思うのですが、断熱材がないと何か問題は起きるのでしょうか?
また、最適な断熱材を選定する際、熱伝導率が小さく、圧縮強度が強い以外考慮すべきことはありますか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結晶化させるために金型の温度を上げることが目的なわけでしょ?。
成形機まで温度を上げる必要はないわけで、「断熱材」を入れることでそこに「境目」をつけるわけです。

断熱材がないと、金型の温度を上げるのに電力を浪費します。成形機の温度も上げるわけだから。
それに、必要以上に成形機の温度が上がると摺動部の潤滑油の粘度が低下するので、すぐには出なくても長期に亘ると、思わぬ故障が起きたり機械的な寿命を縮めたりします。
タイバーやプラテンにとっても良くはありません。
成形工程も安定しなくなると思われます。なにしろ小さいヒータで、成形機まで温めようとしているわけだから、外気に影響され温度が安定しません。

ずっと昔は冗談抜きで「アスベスト」を一般的に使っていました。
今は「ガラ・エポ(ガラス・エポキシ)」が主流だと思います。
まあ、将来ガラ・エポも健康被害を及ぼす材料だと言われる可能性も無きにしも非ずですが、「加工(切断や穴あけなど)がし易い」こと、「平面度、平行度が良い」こと、「安価」であること。
これくらいだと思います。
数十トン~数百トン程度の圧縮を受けるわけで、金型を取り外したときには再使用できない場合が多々あります。
手軽に加工でき、値段が安いに超したことはありません。
成形機に取り付けるのは「金型」です。
「断熱材」と言えども、成形機に金型と共に取り付ける以上、断熱材も金型の一部となります。
平行や平面が出ていないと、金型自体の平行や平面が出ていないことと同じになります。
よく、「圧縮するから少々はいいだろう」と言われる方がいますが、程度によります。
平面や平行が出ていないと、ガイドピンとガイドブッシュの「軸芯」が出ていない状態で稼働させることになる可能性があります。
ガイドピンとガイドブッシュの「偏磨耗」や、成形品のパート面のズレ、スライドコアの異常動作などの可能性が出てきます。
「熱伝導率が小さく、圧縮強度が強い」以外では、やはり「平行度、平面度」が重要になってくると思います。

結晶化させるために金型の温度を上げることが目的なわけでしょ?。
成形機まで温度を上げる必要はないわけで、「断熱材」を入れることでそこに「境目」をつけるわけです。

断熱材がないと、金型の温度を上げるのに電力を浪費します。成形機の温度も上げるわけだから。
それに、必要以上に成形機の温度が上がると摺動部の潤滑油の粘度が低下するので、すぐには出なくても長期に亘ると、思わぬ故障が起きたり機械的な寿命を縮めたりします。
タイバーやプラテンにとっても良くはありません。
成形工程も安定しなく...続きを読む

Q窓に貼る断熱材(プチプチ等)

こういったものは結露に効果があるんでしょうか?結露対策どんなことをすれば効果ありますでしょうか?

Aベストアンサー

5番です。

6番の方の「三角形の出窓」の内容は
「出窓」ですから.家の外に飛び出しているので外気との接触面積が大きくなります。
たとえば.平坦な窓の場合外気との接触面積は窓の大きさだけ。出窓の場合には.出ている横の部分の面積が増えます。増えた面積分放熱が良くなる(伝熱の式, 移動熱量=伝熱係数*面積*温度差)ので.温度が下がりやすい。温度が下がって.気温が露点以下になれば.結露する。

アルミの伝熱係数は.窓ガラスに比べて桁違いに大きいです。だから.窓ガラスよりも冷えやすい。(以下上同)

対応としては.
出窓(アルミ)に空気が直接行かなくする(例.出窓の部分にビニールを春)。ただし.換気が悪くなる。
出窓の部分の温度が低いことが原因だから.温度が上がる(注意.湿度(単位, 露点の温度, 湿球かんきゅう計のしっきゅうの読み)を上げないこと)ような細工をする(暖房費が上がる)。
断熱を強くする(例.アルミの上にパラフィン蝋を塗る。パラフィン蝋による汚れ. はがれた蝋で床が滑りやすくなり転倒-に注意。はがすときの地獄も待っています)。

と見当がつきます。温度計と湿度計で計ってみると正確な内容がわかるでしょう。

5番です。

6番の方の「三角形の出窓」の内容は
「出窓」ですから.家の外に飛び出しているので外気との接触面積が大きくなります。
たとえば.平坦な窓の場合外気との接触面積は窓の大きさだけ。出窓の場合には.出ている横の部分の面積が増えます。増えた面積分放熱が良くなる(伝熱の式, 移動熱量=伝熱係数*面積*温度差)ので.温度が下がりやすい。温度が下がって.気温が露点以下になれば.結露する。

アルミの伝熱係数は.窓ガラスに比べて桁違いに大きいです。だから.窓ガラスよりも冷えやすい。(以下上同)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報