JS.ミルの、見解を現代社会の状況に照らしてみて、JSミルの見解は、どのように評価されるべきであろうか。ということを詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 この2つの論文にヒントがあるような気がします。



http://www.lex.ritsumei.ac.jp/96-1/nakatani.htm
http://www-lib.icu.ac.jp/publication/lecture/7-2 …
 また、自由国民社の「世界の古典名著・総解説」には、「寛容の原理は、今日の状況においても最重要なものであることは言うまでもない。しかし、我々の20世紀の世界はミルの生きた19世紀の世界とは異なった状況にある。」云々と詳しく書かれていますので、こちらを読まれてもいいかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代社会の矛盾について

現代では、資本主義の矛盾がいっきに噴出し、原発、戦争、環境悪化などでいつ地球が終わりを迎えてもおかしくない状態と思います。

なんでもかんでも金儲け優先で弱者切捨てあたりまえ、弱いやつは死んでくれ、一部のエリートが大多数の凡人を支配して自分たちのみ甘い汁すっていいんだと考えてる非道な人々がかなりいて、またそのとおりになりつつあることに慄然とします。

人民を見下して、教育を変えさせたという点で、昭和60年ごろになんとか教育関係のトップについた某作家がゆとり教育をうちだしたが、本音は「大金使って、全員に均等に教えるのは無駄。選ばれた選民のみがまともな教育を受け、考える力を養えばよい。あとは、唯々諾々と働く人間で良い」という主旨のとんでもない差別発言してることを最近知りました。もちろん、時の政府も彼をその地位につければそういう結論を出すことを百も承知でつけたので、同罪ですが。

彼の作家仲間の遠藤周作の作品は私も好きで真摯にキリスト教を扱ったものから、ユーモア小説、狐狸庵ものと幅広く、本もたくさん持ってます。彼と遠藤氏は「第三の新人」と呼ばれスタート時は同じだったようです。しかし、彼がその後某官庁長官になったとき、遠藤氏から「お前が、○○庁長官になって、俺たちにどんな得があるんだ」と揶揄されたそうですから、古い友達といえどだんだん考え方に開きが出てきたようです。

彼の奥さんも作家ですが、むしろエッセイが売れてます。最近は震災などの備えは個人がやるべき、国にたよるのはとんでもない甘えだという主旨のことをあちこちに書いてます。福島原発の被害で避難してる人たちの前で「あなたたちは、アフリカの後進国に比べたらまだ恵まれてるんだから、国に頼らず、全て自分でやりなさい」と同じこと言えますかね?「救援物資も弁当も配るな」と。

ご自分は何ら不自由ない家庭で育ち、名声と有り余る富を持ちながら、上から目線で偉そうに、しょぼい家に住む貧乏人になにを云っても説得力ないと思いますが。

ご両人とも本業のほうではあまり売れないが、思想的に現政権に合ってるので、いろんな組織の会長やら委員やらを仰せつかってるようで、そちらの方で売れない鬱憤を晴らしてるのかもという説もあります。

「資本主義と作家にどう関係あるんだ」といわれそうですが、広い視野で見れば今の格差社会は資本主義の本質が露呈した結果で、「労働者が死のうが路頭に迷おうが知ったことじゃない、俺たちさえ金儲けできりゃ地球が滅亡しようが何がどうなろうが関係ない」という連中が現在の世界を牛耳っていてそういう輩の走狗となって、一部の人の支持を得てる点で大いに関係してると思います。

某作家が先鞭をつけた「愚民化教育」のつけか、最近の新人社員は与えられたことはできるが、自分の判断を要する仕事はからきし駄目とのこと。正しく、彼らの望むロボット人間量産でシメシメとほくそ笑んでいるでしょうね。

で、質問です。

(1) こんな利己主義のまかりとおる資本主義社会をどう考えますか。
(2)今の権力者が狙う、愚民化政策=一部のエリートが大多数の凡人(彼らの云うところの)を支配するため、教育を変えつつある現状について
(3) (2)の推進に協力する作家等について

現代では、資本主義の矛盾がいっきに噴出し、原発、戦争、環境悪化などでいつ地球が終わりを迎えてもおかしくない状態と思います。

なんでもかんでも金儲け優先で弱者切捨てあたりまえ、弱いやつは死んでくれ、一部のエリートが大多数の凡人を支配して自分たちのみ甘い汁すっていいんだと考えてる非道な人々がかなりいて、またそのとおりになりつつあることに慄然とします。

人民を見下して、教育を変えさせたという点で、昭和60年ごろになんとか教育関係のトップについた某作家がゆとり教育をうちだしたが、...続きを読む

Aベストアンサー

(1) こんな利己主義のまかりとおる資本主義社会をどう考えますか。
      ↑
資本主義は行き詰まるでしょうね。
時間の問題だと思います。
日本は、資本主義という名の社会主義国だと
言われています。
欧米の真似をするのではなく、日本に合った独自の道を
進んで欲しいものです。


(2)今の権力者が狙う、愚民化政策=一部のエリートが大多数の凡人
(彼らの云うところの)を支配するため、教育を変えつつある現状について
      ↑
これが意図されたものかは解りませんが、そういう形に
なっています。
子供達や学生もそうです。
勉強できる子とそうでない子の差が極端になっています。

戦争好きの米国ですが、米国はプアホワイト、不法移民、
黒人などの底辺層が軍隊を支えているため、戦争が出来るのです。
そんな層が少ない日本では、戦争は難しいのではないか、
だから、という可能性を指摘する保守系識者もおります。


(3) (2)の推進に協力する作家等について
     ↑
三浦朱門氏のことですね。
石原慎太郎もそうですが、ああいうエリート的な人は
下々に冷たいです。
しかし、ともすれば悪平等になり、甘えを当然としがちな
母性社会日本にとっては、ああいう作家も必要だと
思います。

(1) こんな利己主義のまかりとおる資本主義社会をどう考えますか。
      ↑
資本主義は行き詰まるでしょうね。
時間の問題だと思います。
日本は、資本主義という名の社会主義国だと
言われています。
欧米の真似をするのではなく、日本に合った独自の道を
進んで欲しいものです。


(2)今の権力者が狙う、愚民化政策=一部のエリートが大多数の凡人
(彼らの云うところの)を支配するため、教育を変えつつある現状について
      ↑
これが意図されたものかは解りませんが、そういう形に
なっていま...続きを読む

Q現代社会になったが故に起きる事故

昨日、日本が安全な国でなくなったかどうかの質問をさせていただきましたが、今度は、犯罪に限らず、近代化に伴って発生するようになった危険性に関して質問させていただきます。

まず、車社会による交通事故があげられると思います。
そして、私は先ほどの質問のお礼欄に書いてちょっと勘違いだったかなと思ったのですが、例えば近代化の伴い原子力発電所ができ、そこで事故が起きたことによって安全が脅かされるということがあると思いました。

そして最近ならエレベーターに挟まれて死ぬ、子供がシュレッダーに指を入れて怪我をする・・・。

想像力が乏しくてこのくらいしか浮かびません。
現代社会(といったら日本だけでなく外国でも起こりえますが)で起こりえる事故というのの例がありましたが、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

電車事故
飛行機事故
農薬被害
工場廃液による害
ビルの崩壊(平屋の時代には無かった)
テロ
停電
原油流出よる海洋汚染

Q現代社会は暇人が多いのではないでしょうか?

今の時代、若者が大変だの何だの色々言われていますが、昔に比べて暇人が増えているのではないでしょうか?と思って質問しました。
貧しくて日夜必死に働いている人も中には居るでしょうが、今の世の中、食べる物も住む場所もふんだんにあり、多くの人は何だかんだ言って余裕のある暮らしをしています。
ゲームや観光などの産業の規模が大きくなっていますが、こういう商売はそもそもが時間に余裕のある人向けのものですし、更に言ってしまえば暇つぶし産業です。

周りには忙しいと言う人は多いですが、それは予定を埋めるために活動しているだけであって、必ずしもないといけないものではない場合が多いです。運動なんか正にそうですよね。
サラリーマンでも芸能人でも、本当に忙しいのは売れているとか必要とされている状態であって、殆どの人にとって自分もそうありたいと思うものですが、実際に必要とされたり売れているような人は少ないので、それ以外の大半の人は暇で(仕事もルーチンばかりで)、贅沢しなければお金にも困っていない状態にあるのではないかと思います。

あなた暇でしょ?と言われたら否定したり怒り出す人もいますが、私は暇人が多いことは別に悪いことだとは思っておらず、文明社会が成熟した証ではないかと考えております。

今の時代、若者が大変だの何だの色々言われていますが、昔に比べて暇人が増えているのではないでしょうか?と思って質問しました。
貧しくて日夜必死に働いている人も中には居るでしょうが、今の世の中、食べる物も住む場所もふんだんにあり、多くの人は何だかんだ言って余裕のある暮らしをしています。
ゲームや観光などの産業の規模が大きくなっていますが、こういう商売はそもそもが時間に余裕のある人向けのものですし、更に言ってしまえば暇つぶし産業です。

周りには忙しいと言う人は多いですが、それは予...続きを読む

Aベストアンサー

>現代社会は暇人が多いのではないでしょうか?

そのとおりですね。
人間の知恵と社会の進化が効率の良い生産性を諸産業にもたらして、昔のように朝から夜までせっせと働かなくても食べていけるようになったということが大きいです。
また、
レジャーすらも産業になって、それでお金が生み出され、国民全員がお互いにレジャーを享受できる体制が整ってきました。
ヨーロpっパの先進国は週休4日制、夏休みは2ヶ月間休みとか。

いずれ、産業、勤労は機械が自動でやってくれ、人間は労働から開放されて、みんな毎日が日曜日になるのではないかとも言われています。

>私は暇人が多いことは別に悪いことだとは思っておらず、文明社会が成熟した証ではないかと考えております。

その通りだと思います。

Q現代の大金持ちが社会貢献事業をやらない理由

昔の大金持ちは、事業で成功したら学校を創設したり美術館やらコンサートホールを建設し、「○○学園」、「○○美術館」「○○ホール」など自分の名前を冠した施設を作ったり、社会貢献活動を目的とした財団を設立していたように思います。

でも、現代の大金持ちはそういったことをあまりやっていないように思いますが、それはなぜでしょうか。こういった金持ちは、昔の金持ちと比べても資産額は遜色ないものだと思いますが。

Aベストアンサー

バブルとその崩壊を見てきたからかもしれませんね。庶民が将来が不安でお金を使うのを控えるのと同じで、お金持ちもお金があっても先がどうなるかわからない・・・という漠然とした不安があって「名を残す」より財テクや、いかに税金から逃れるか(例の、海外のタックスヘイブンとやらです)に走ってしまうのかもしれませんね。時代、なのかも知れません。松下幸之助氏のような、経営が苦しくなっても社員のクビを切らないなど、哲学を持った尊敬される経営者も同様に少なくなったように思います。利益追求と株主の顔色をうかがうばかり・・・ですかね。

Q現代社会のの光の部分と闇の部分を対照的に示す例

現代社会のの光の部分と闇の部分を対照的に示す、具体例があれば教えてください。
日本において進歩が見られた分野と、退廃が見られた部分を示す点でしっくりくる実例があるでしょうか?

また、かつては反社会的で悪とみなされた行為が,今では正常なことのように受け入れられているどんな事例がでしょうか?

どんな些細な点でも参考にしたいので教えてください。

Aベストアンサー

広範囲な回答が予想されますが、とりあえず私は経済面について書いてみます。

最近。。。というかバブル崩壊から約20年もの間ずっと庶民レベルでは不況感が覆っていますが、大企業の収益と役員の収入だけはグングン伸びています。

高度成長期およびその後の10年ぐらいまでは、企業経営者は自分のところはもちろん世の中全体の進歩と繁栄を望んでいたような感じがします。たとえば松下幸之助なんかは従業員の利益の確保は当然のことながら、日本の産業界にプラスになることをふまえて日本ビクターを海外に持って行かせずに傘下に入れたりもしています。

ところが、バブル後は「景気が悪いのは構造改革が足りないからだ」という風潮がはびこりました。「改革」といえば聞こえは良いですが、要するに市場の構造を大資本に都合の良いように作り変えることです(例:リストラの正当化など)。

もちろん、高度成長期にも「儲けさえすればいいのだ」と思っていた経営者もたくさんいたのでしょうけど、それは口に出すのは憚られていました。しかし、構造改革とやらが認知されてからは「儲けてどこが悪い!(世の中のことなんか、知らん)」という身も蓋もない物言いが罷り通っているように思います。

大企業の収支と役員報酬だけは進捗しましたが、それは世の中全体の経済状態を無視した結果です。これが経済面における「(ごく一部にとっての)光と(一般ピープルにとっての)闇」の有様かと思ったりします。

広範囲な回答が予想されますが、とりあえず私は経済面について書いてみます。

最近。。。というかバブル崩壊から約20年もの間ずっと庶民レベルでは不況感が覆っていますが、大企業の収益と役員の収入だけはグングン伸びています。

高度成長期およびその後の10年ぐらいまでは、企業経営者は自分のところはもちろん世の中全体の進歩と繁栄を望んでいたような感じがします。たとえば松下幸之助なんかは従業員の利益の確保は当然のことながら、日本の産業界にプラスになることをふまえて日本ビクターを海外に持って...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報