マルシェル新規登録で5000円分当たる

細かい霧雨が降っていますがレーダー(Xバンド含む)や、ひまわりの画像では何も
確認できません。
これら霧雨のような雨雲を見れるレーダーはやはりないのですか?

A 回答 (1件)

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月?火星

招来、月または火星に住めるようになるとするとどちらの可能性が高いとおもわれますか?

Aベストアンサー

距離的に月でしょうね。
月の中には溶岩ドームと言われる空洞が多く存在するらしいですし、その中ですと有害な放射線からも守られるので
可能性としては月の方が高いと思われます。
火星に於いては今までは中心部まで冷えて固まってしまったと言われて居ましたが、最新ではどうもそうでは無い様ですので
月と同じ様な溶岩ドームを利用するとしても火山活動が活きていれば安全とも言えませんし。
それに火星へ行くにも低費用で高速移動の出来る宇宙船が必用でしょう。

Qなぜ紫外線量が赤道直下のインドネシアより北南にあるハワイ、グアム、オーストラリアの方が高い値になるの

なぜ紫外線量が赤道直下のインドネシアより北南にあるハワイ、グアム、オーストラリアの方が高い値になるのですか?

Aベストアンサー

年間の紫外線の量は、
1.太陽からの近さ
2.気象条件
この2つに条件によって異なります。
1.太陽からの近さ。紫外線が大気を通過する距離が短い
 ゆえに、赤道直下の方が紫外線が強い。
2.1年中晴れている、1年中曇ってる。
   1年中晴れている方が紫外線が強い。
   (曇っていても紫外線はある)

気象庁の発表によると、
 月別の紫外線量が多いのは、沖縄。
        弱いのは、北海道となっています。

例えば、1日単位、時間単位で比べてしまうと
天気の影響を受けるので、天気の良い方が紫外線が強いと言う事になるのでは?

Qこの記事なんですが

https://jp.sputniknews.com/science/201706043713870/

みなさん的には信用するべき内容だと思いますか?
普通に考えてもこの頃には地球なんてすでになくなってるとは思いますが、
生きている間にはないと思っていますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

3000億年後ですか。

ビッグバンで宇宙が誕生したのが 137億年前、地球誕生は46億年前ですから、まあ、考える必要のないぐらい先の話ですね。

Qv1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

v1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

Aベストアンサー

大きさとか密度では無く、絶対質量が重要。
直径1650万倍でもスカスカならブラックホールにならない。

太陽系位の直径が有れば、空気の密度でブラックホールになる。

半径=2gM/C² のところが事象の地平線になる。
g:万有引力定数
M:質量
C:光速度

Q静止衛星と低い軌道の人工衛星の打ち上げ

静止衛星の打ち上げは,高度150km程度というような低い軌道の人工衛星を打ち上げるのに比べて,衛星の重さが同じなら何倍くらいのロケットの燃料(推進剤?)が必要になるのですか?

Aベストアンサー

燃料の比較は判りませんが、同じロケットでの衛星質量の差ならわかります。

H2Aの場合、低軌道 15,000kg 静止軌道 6.000kg

https://ja.wikipedia.org/wiki/H-IIA%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

Q気象レーダー

気象レーダーの件でお尋ねいたします。
最近ネットで気象レーダを見ているのですが、どうも和歌山県の白浜付近~山の方にかけて
細かな雨雲が点在しています。ほぼ毎日です。
全国的に晴れている期間でもそのエリアだけレーダー反応が出ています。
これはどういう現象でしょーか?

Aベストアンサー

気象レーダーは、発射された電波が雨などに当たって反射する強さで雨の有無や強弱を観測する。
そのため、地表の構造物や海面の波しぶきなどに電波が反射して、
それを誤って降水ととらえる現象が起きることがあるようです。

例えば
4月30日未明から朝にかけ、山陰沖で実際には雨が降っていないのに激しい雨が降っているような表示がされた。
これは、日本海西部の大気の下層に湿った空気が流入したことなどにより、
本来は直進するはずの電波が曲がって進み、波しぶきをとらえたとみられる。

Q土星の輪の内側は、何もない空間だそうですが、地球も似たような状態ではないのですか?

「土星の輪の内側、何も無い広大な空間 探査機カッシーニ」というタイトルのニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000033-jij_afp-sctch

記事中「NASAの研究者らは、これまでに土星の輪の間で宇宙塵(じん)すら見つかっていないことに驚いているという。」という一文があります。
タイトルから推測するに、「土星の輪の間で」というのは「土星の輪の内側で」という事だと思います。
けれども「宇宙塵(じん)すら見つかっていない」というのはつまり、土星の引力につかまって全部引き寄せられてしまったからと考えるのが普通のようにも思えます。
地球の周囲もゴミがいっぱいあるという話を聞きますが、たぶん地球も、地球の引力につかまって全部引き寄せられてしまった空間があると思います。
NASAの研究者らが驚いているというのは結局、土星の引力が思ったより強かったということなんでしょうか?

Aベストアンサー

土星本体とその輪の両方の引力が影響すれば、その中の空間には何も残らないでしょうね。
土星の引力が引き寄せる前に輪がフィルターの役目をするのかな。電気掃除機みたいに。

地球も、月がもっとしっかりすれば(笑)宇宙ゴミなんてなくなるかもしれない。

Q地下鉄中津駅って存在価値あるんですか?

地下鉄中津駅って存在価値あるんですか?

Aベストアンサー

存在価値ありますよ。
利用者の数は、多い方です。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/library/ct/kotsutyousa/20161108_subway_nt.pdf

もう一つ中津駅は、需給調整で半数の列車が折り返します。
この駅の折り返し線がないと、無駄に千里中央まで列車を走らせる事になります。

Q電波暗室でラジオの電源を入れるとザーという音は消えますか

ラジオを放送局がない周波数に合わせると
ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。
そこで質問ですが、電波暗室では、こういったノイズも聞こえなくなるのでしょうか。

Aベストアンサー

>ラジオを放送局がない周波数に合わせると
>ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
>これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。

それは、おそらく一部であり、ほとんどのものは「地上の電気機器などから出るノイズ」および「ラジオの中で発生する雑音」に由来すると思います。

なので、電波暗室でも聞こえます。「ラジオの中で発生する雑音」に由来するノイズがあるからです。
下手な回路設計では、あちこちで「局部発振」します。電子回路の中には熱雑音が発生します。電源からは「ハムノイズ」が乗ります。
「静かな、ノイズのないアンプ」を作るのは、オーディオマニアの夢ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング