グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

筋トレについて。
僕は腕立て、腹筋、背筋、スクワット、カーフレイズ?を続けているのですが、他にした方が良い筋トレってありますか?
できれば道具を使わなくてもできるトレーニングが知りたいです。

A 回答 (2件)

大胸筋、広背筋、大腿四頭筋を、Big3と呼びます。


身体の中で最も大きな筋肉群です。

これらを鍛える事によって見た目の印象は大きく変わりますし、初心者の内はその他の比較的小さな筋肉群にも刺激が行きます。

また、大きな筋肉群に刺激を入れる事により成長ホルモンの分泌が盛んになり、小さな筋肉群のトレーニングにも効果が出やすくなります。

このBig3から優先して鍛えるのが筋トレの鉄則ですが、おっしゃるトレーニングでは広背筋が抜け落ちています。
(「背筋」と仰っているのはうつぶせに寝て身体を反らす運動だと思いますが、これは主に脊柱起立筋をターゲットにしたトレーニングです)

恐らく「自重トレーニングで」と言う事でしょうから、チンニング(懸垂)で広背筋を鍛える事をお勧めします。

ポイントとしては以下。
・手幅は肩幅より広めで腰を反らす。
・肩甲骨を寄せる。
・全身の反動を使わない様に。
・首をバーの上まで上げるのではなく、胸をバーに近づける意識で。
・肩甲骨の動きで身体を上げ下げする事。
 特に身体を上げる時に広背筋の収縮を意識した動きで。

本来なら器具を使用したウェイトトレーニングが効果的ですが、自重に限ったトレーニングと言う事なら上記を参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
家の近くに公園があるのでそこに懸垂しに行きますね。

お礼日時:2017/05/31 01:26

筋トレはヤレバ良い物ではない。


人体の仕組みを理解しないとダメだ。

鍛えれば筋組織が断絶します。

筋肉組織は断絶したら回復に2~3日掛かる。
回復中に更に断絶すると悪化し
筋組織は育たないどころか痩せます。

では、どうすれば良いのか?

まず、1日目は腕を鍛えます。
他は休みです。

2日目は胸筋と腹筋、背筋を鍛えます。
他は休みです。

3日目は足を鍛えます。
勿論、他は休みです。

4日目は完全休養です。

5日目に腕を鍛えます。
以降同じ事を繰り返します。

筋組織を鍛え、
その後に休ませる事で筋組織のリカバリーをします。

この時に以前より筋組織が太くなります。
それがDNAに刻まれた生体の管理プログラムです。

これを理解し鍛えれば最短で筋組織と骨が太くなります。

体が変わるのは初めてから3ヶ月後です。
1ヶ月では変化は実感できないでしょう。
6ヶ月で体が固定され。
12ヶ月で変化終了です。

6ヶ月で止めると元に戻ります。
苦労が水の泡。
12ヶ月だと変化終了後なので戻りません。

ちなみに
写真は美浜の自衛隊の門の前です。(^。^)y-.。o○
「筋トレについて。 僕は腕立て、腹筋、背筋」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正直軽い気持ちで質問したんですがまさかここまで真剣に教えてくれるとは思いませんでした。
最後の写真を載せた意図は分かりませんでしたが...( ̄▽ ̄;)

お礼日時:2017/05/31 01:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレと有酸素運動に関する質問です。 ジムに通い、週に5日ほど行っているのですが、曜日ごとに部位のト

筋トレと有酸素運動に関する質問です。

ジムに通い、週に5日ほど行っているのですが、曜日ごとに部位のトレーニングを分け、そのトレーニング後にランニングマシンで10kmほど走っています。

身体はある程度絞れてきたと思うのですが、少し筋肉を付けすぎた気がします。

筋トレをせずにランニングだけをしばらく続けるとすると、やはり筋トレをしていない分、脂肪燃焼効率は落ちてしまいますよね??

Aベストアンサー

有酸素運動の前に筋トレをやると、何で脂肪の燃焼率が高いかといいますと・・・

★筋トレによって分泌が盛んになる成長ホルモンとアドレナリンの2つの成分あります。
①そして体脂肪を分解・代謝をする脂肪酸とグリセロールがあります。
            ↓
②その分解をこの筋トレでつくった2つの成分(成長ホルモン・アドレナリン)が容易にしてくれているんですよ。
            ↓
③次に有酸素運動で酸素を使って、その分解→代謝したものを、燃焼してくれます。

ですので脂肪の燃焼に筋トレが役に立っているという訳です。
ですから筋トレをせずにランニングだけをやると、今までよりは脂肪の燃焼率は低下しますね。
でもランニングだけでも炭水化物(体脂肪)を燃焼してくれてます。

そして、なな民さんは週に5日ジム通いで、トレ後に10キロマラソンみたいですね。
かなりスポーツマンの身体つきですね。筋肉も付いているみたいですし...
ですから、その身体自体が基礎代謝が大きくなっていて分解・代謝・燃焼しやすい身体自体に成長してますよ。
つまりやせやすい、太りにくい身体になっているという事ですね。

そこで筋トレをやらないと、将来確かに筋力は減りますし、脂肪の燃焼率も低下しますけど、
スポーツマンの身体です。例えばランニングだけを続けているだけであっても、
消費した炭水化物をとっていれば今の体重のキープはできますよ。
ですから食事制限(炭水化物)によって痩せる事もできます。
でも運動をしてますので体が締まっていて標準体重が最もいいですし、きれいですよ(^_-)-☆

もし筋力が低下し過ぎてしまったという事から、また筋トレをやることにすれば、また筋肉は付きますしね。
そこは臨機応変に対応してください。

後は、附属して栄養成分を気にしてほしいです>^_^<
野菜とかフルーツに多く含まれているミネラルとビタミンが、血液をササラにきれいにしてくれますし、むくみも解消してくれます。
そのむくみが①老廃物を蓄積させたり、②体脂肪の代謝率を低下させます。
その①②が、例えば有酸素運動での体脂肪の燃焼を妨げます。つまり脂肪を燃焼できなくなります。
例えば・・・フルーツと野菜のフレッシュミックスジュースなども飲む習慣もいいと思います。

他は、
●ビタミンB群(B1・2・6・12、ナイアシン、ビオチン、パテント酸、葉酸)
●マグネシウム、コエンザイムQ10(これはサプリメントからとるといいですよ)
これらがないと体のエネルギー生産サイクルがうまく機能しなくなってしまいますので、効果がでません。
例えば・・・下の表を参照にして下さい。でも体は絞れているみたいですから、これは満たしていると思いますけど、いちよ参照してください。

身体と筋トレと食事は密接なつながりがあります。まだまだそれぞれ奥が深いですしね。
でもトレも体を壊すほどの無理は禁物ですよ。
疲れたら、休養をとってくださいね。
疲れが取れたら、また新鮮な気持ちになりますから、また始めても遅くはないですよ(^。^)y-.。o○

有酸素運動の前に筋トレをやると、何で脂肪の燃焼率が高いかといいますと・・・

★筋トレによって分泌が盛んになる成長ホルモンとアドレナリンの2つの成分あります。
①そして体脂肪を分解・代謝をする脂肪酸とグリセロールがあります。
            ↓
②その分解をこの筋トレでつくった2つの成分(成長ホルモン・アドレナリン)が容易にしてくれているんですよ。
            ↓
③次に有酸素運動で酸素を使って、その分解→代謝したものを、燃焼してくれます。

ですので脂肪の燃焼に筋トレが...続きを読む

Q握力とは?

昨日、女子レスリングの吉田沙保里さんが出ている番組で握力を測定していました。少なくとも50は有ると思っていたら右20少し。左に到っては17キロ?(正確な数値は失念) 隣にいた明らかにきゃしゃな女性タレントにも負ける数字。上腕の太さは2.5倍はあったのに........。

また、体操選手も案外少なく30キロ台とか。鞍馬。鉄棒。吊り輪、平行棒。どれも確りと掴んでいる~握っているにはそれなりの握力が要りそうですが、数字的には「握力何て要らないんだよ」とでも言いたげ。

上腕の筋肉が付いていたら握力は要らない? しかし、腕を鍛えたら自然と握力も付きそう。

彼等はどうやって鍛えているの?

Aベストアンサー

トレーニング歴、約10年の者です。

一般的に「握力」とひとことで言いますが、実際にはひとまとめにできるものではないんですね。

「握力」を大まかに分類すると、クラッシュ(物を握りつぶす力)、ホールド(握りこんだ状態を保持する力)、ピンチ(指先で摘み上げる力)の三つに分類できます。

全て前腕の筋肉によって生み出される力ですが、それぞれ関与する筋肉は微妙に違います。
当然、鍛え方にも違いがあります。

ちなみに、一般的な握力系で測定できるのはクラッシュです。

私は、レスリングも体操も経験者ではありませんので、それぞれの競技の細かい身体の使い方を実体験したわけではありませんが、
レスリングにクラッシュが必要だとは思えないですし、体操にしてもしかり。

TVでレスリングの練習風景を見たことがありますが、綱引きの綱程度の綱を天井から垂らし、両手で上るトレーニング。
明らかにクラッシュではなく、ホールドが必要な動きですね。(加えて言うなら広背筋と上腕二頭筋の筋力)
体操競技の鉄棒なども同様でしょう。

ですから、レスリング選手、体操選手は、握力系で計れるクラッシュの数値は小さくても、ホールドに関しては素人とは比べ物にならない力を発揮するのではないでしょうか

どの様なトレーニングを行っているか、私には細かいところまでは分かりませんが、競技そのもので鍛え上げられたものではないかと思います。

*参考サイト

http://kintoregoods.net/handgrip.html

トレーニング歴、約10年の者です。

一般的に「握力」とひとことで言いますが、実際にはひとまとめにできるものではないんですね。

「握力」を大まかに分類すると、クラッシュ(物を握りつぶす力)、ホールド(握りこんだ状態を保持する力)、ピンチ(指先で摘み上げる力)の三つに分類できます。

全て前腕の筋肉によって生み出される力ですが、それぞれ関与する筋肉は微妙に違います。
当然、鍛え方にも違いがあります。

ちなみに、一般的な握力系で測定できるのはクラッシュです。

私は、レスリングも体操も...続きを読む

Q休養期間を作らず筋トレを連日すると細くなる?

筋トレ→休養で超回復により筋肉が作られるというのは分かります。

では、休養期間を作らずに延々と毎日筋トレした場合はどうなるのでしょう?
超回復が追いつかず、疲労疲弊した筋肉はどんどん細くなるのでしょうか?
結果的に筋肉量も落ちますか?

Aベストアンサー

筋肉をつけることを本気で考えた場合は、足りないですね。

クライミングだけでなく、スポーツで筋肉を追い込むことはできないです。
スポーツとトレーニングは、ある意味正反対のものです。

スポーツは点数を取ったりゴールに球を入れたり、相手に勝ったりするのが目的です。
そのためには、なるべく体力を無駄に消費せず、疲れないでやるのがベターでしょう?
ボクシングでもサッカーでも、試合中にスタミナを消費して後半ヘトヘトだと、実況やサポーターにバカだとか戦略ミスだとかボロカスに言われる。
クライミングも、なるべく登りやすいルートを選んだり、反動を利用したり、全身のバネを使ったり、腕の力に頼らず、負荷を分散させたり、無駄に筋力を使わずにやるでしょう?

でも、トレーニングは逆でしょう。
とにかく早く効率よく疲れさせるのが目的です。だから、あえて筋トレはその部位の筋肉だけを苛め抜くようにやるわけでしょう。
腹筋を鍛えるのに反動を使ってはいけないとか、背筋を使ってはいけないとか。他の部位を利用すればできてしまうことを、あえて逃げ場を作らないようにフォームを整え、鍛えたいところに集中して負荷をかけて追い込むわけです。よく、腹筋を何回もできるという自慢をする人がいますけれど、何回もできるなら鍛えられていないということですよね。


実戦的・技術的な練習と、筋力などの体力をつける練習では、目的設定が全く違うということを理解していなければなりません。実戦では自分の体力もつくかもしれませんが、あくまで筋肉の使い方やセンスを頭と体に覚えさせるもの。筋力トレーニングやランニングは、そういう実戦で臨んだ動きができるように体力や筋力の底上げを図るものです。

同時にやったとしますよ。
限界ぎりぎりの負荷がかかる実戦の練習をしたら、動くのが精いっぱいでろくな動きができませんよね。
逆に実践同様の内容で筋トレしても、今度は負荷が足りずに筋肉が尽きません。

クライミングも確かにやってるだけでもある程度たくましくはなるだろうけれど、バランスを取ったりしなければならないし、負荷がそこに集中しないようにかばっているわけです。もう1回もできない負荷でやるというのをクライミングでやると、落ちるってことですよね。
いちいち落ちていたら、効率悪いです。

ですから、普通は鍛えたいところを絞って、筋トレのような部位別のトレーニングメニューを行うわけです。

筋肉痛というのは、たとえ効いていなくてもなってしまうものなのです。
逆に筋肉痛になったからと言って、トレーニングが効いているというわけでもないんです。
詳しくは勉強してほしいですが、筋肉にエキセントリックな刺激を与え、かつ弱くてもじっくり負荷をかけていると、次の日当たりに筋肉痛にはなりやすいのです。でも、それだけでは決して筋肉が発達する運動ができたという証明にはならないんです。
ちゃんと鍛えると、そりゃ日常で持ってるものはモテるかもしれませんが、同じトレーニングを翌日に行うってことはまずできないぐらい筋力は低下したままなんですよ。

筋肉をつけることを本気で考えた場合は、足りないですね。

クライミングだけでなく、スポーツで筋肉を追い込むことはできないです。
スポーツとトレーニングは、ある意味正反対のものです。

スポーツは点数を取ったりゴールに球を入れたり、相手に勝ったりするのが目的です。
そのためには、なるべく体力を無駄に消費せず、疲れないでやるのがベターでしょう?
ボクシングでもサッカーでも、試合中にスタミナを消費して後半ヘトヘトだと、実況やサポーターにバカだとか戦略ミスだとかボロカスに言われる。
クラ...続きを読む

Qよくマッチョが高タンパク、低糖質、低脂質といってますが、 低脂質にする理由ってなんでしょうか。 よく

よくマッチョが高タンパク、低糖質、低脂質といってますが、
低脂質にする理由ってなんでしょうか。

よく減量期にほとんど脂質をとってないと動画で言ってたりしますが、低糖質と低脂質を実行すると体脂肪がエネルギーになるのでしょうか?

現在、ダイエット中で有酸素と筋トレしつつ低糖質生活してますが脂質は制限してません。
腹持ちがいいので、あげもの1日1個とか食べてしまってます。
それだと痩せづらくなりますか?

Aベストアンサー

マッチョの方が低脂質にする理由は、脂質・糖質は体脂肪化してしまいますからです(*^。^*)
体脂肪は、分解→代謝→燃焼のサイクルで消費します。

あまりにも脂質・糖質が多いと、ただ単純に自分の筋肉をアピールできなくなります。
要は相撲の方は、筋肉もありますけど、それ以上に脂質・糖質もたくさんありますから、
相撲の方は、ボディービルダーみたいなマッチョには、全くみえないです。
でも相撲の方はボディービルダーの方より力はあります。つまり筋肉はより付いてます。

ボディービルダー(マッチョの方)見せる筋肉が主体です。
相撲は闘う体が主体です。

低糖質と低脂質を実行すると体脂肪がエネルギーになる事は聞いた事が今までないですね。

        【体脂肪の分解~代謝~燃焼】
体脂肪はまず、分解されると脂肪酸とグリセロールに分解され代謝の2段階の過程があります。
              ↓
その分解の時に成長ホルモンとアドレナリンが大きな影響を与えます。
              ↓
その成長ホルモンとアドレナリンの分泌を筋トレが強めてくれます。
              ↓
そして有酸素運動で、よりよく燃焼してくれるんですよ。つまり消費します。
       (それが分解→代謝→燃焼のサイクルですね)
ですのでおススメする運動の順番は、筋トレ→有酸素運動が最もお得です(^◇^)参考にして下さい。
運動の前(ウォーミングアップ)と、終わり(クールダウン)はストレッチ体操等々を軽くでいいのでやって下さい。

体脂肪の特徴としては、
●体脂肪が体のエネルギー源になります。力がでます。
●外界からの刺激を体脂肪が吸収して、内臓への負担を軽減させます。
●体を暖かくしてくれます。
●様々なホルモンを分泌する内分泌器官でもあります。
●細胞やホルモンの構成素材になります。
・・・という特徴があり、ですので体脂肪があってもいいのですが、有り過ぎると問題です。

有り過ぎると、
善玉ホルモン(例えばインシュリン、レプチン・アディポネクチン...)を追い出してしまい、
悪玉ホルモン(例えば生活習慣病関係...)を増やしてしまいます。つまり肥満体の人は悪玉ホルモンの溜まり場です。
ですからいつも、体脂肪の調整が必要化されています。

nekoneko2000さんは、今は、脂質は制限していないみたいですね。
これから脂質が思わぬ対敵にならないようにおススメしたい食事成分があります。

その脂質と糖質を、体のエネルギー生産サイクルがうまく機能し体脂肪化させないという成分があります。
●ビタミンB群(ビタミン1・2・6・12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)です。
●コエンザイムQ10(イワシ20匹がいいですけど、大変ですので、サプリメントから摂った方がいいですよ)
●マグネシウム(豆類、藻類、種実類、魚介類、小麦胚芽、脱脂紛乳、抹茶など)ですね。
●またビタミンの補強役としてあるのが、臭いの強い野菜です。
 (玉ねぎ、にんにく、にら、長ネギ等々です。一緒に調理し食べて下さい。この補強役は、ビタミンの吸収~働きまで強い味方になってくれます)
だからと言って今まで通りの食生活をして下さい。食べ過ぎは禁物でお願いします>^_^<

 【下の表ははビタミンB群関係の事です。参考にして下さい】
参考にしてもらえればと...イッパイ願ってやみません(^。^)y-.。o○

マッチョの方が低脂質にする理由は、脂質・糖質は体脂肪化してしまいますからです(*^。^*)
体脂肪は、分解→代謝→燃焼のサイクルで消費します。

あまりにも脂質・糖質が多いと、ただ単純に自分の筋肉をアピールできなくなります。
要は相撲の方は、筋肉もありますけど、それ以上に脂質・糖質もたくさんありますから、
相撲の方は、ボディービルダーみたいなマッチョには、全くみえないです。
でも相撲の方はボディービルダーの方より力はあります。つまり筋肉はより付いてます。

ボディービルダー(マッチョの方...続きを読む

Q高一でかなり細身です。家にはプロテインしかありません。他は器具もありません。マッチョ?にはべつになり

高一でかなり細身です。家にはプロテインしかありません。他は器具もありません。マッチョ?にはべつになりたい訳じゃないんですけど筋肉を付けたいです。今の所懸垂、腕立て伏せ、腹筋、ダッシュを何セットかやってます。でいい身体になるにはどういう感じでいけばいいですか?そういうことに関しては無知なので詳しく教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

まず、基本的な考えとして、3ヶ月や半年で筋肉モリモリになれる・・・
と夢見る人も少なくないですが、そういう事は現実的に難しい事なので、
筋肉を付けたいと思うのであれば、
数年単位の筋トレが必要だという知識をまず持っておいてください。

※筋肉が付いたと思うレベルが人それぞれなので、難しい判断と言えますが。

そして、当然ですが、正しい知識と方法を行わなければ、
効率的に筋肉を付ける事は難しくなります。

筋肥大を目指す場合の基本知識としては、
回数をこなす運動をするのではなく、5回~10回で限界となる負荷(重さ)を用いて
筋トレするのが一番筋肥大には効果的だと言われています。

なので、初めは自重を使った懸垂や腕立てなどでも、筋肥大させる事は出来ますが、
10回以上出来るようになったら、自重では負荷が軽くなったという事になるので、
体重を増やすか、重りを使って、負荷を強くしなければ、
引き続き筋肥大させていくのは難しくなります。

そういう意味でダンベルやバーベル、運動器具などを使った方が、
負荷(重さ)を調整する事が出来るので、筋肥大の運動には相応しいと言える事になる訳です。

そうやって、常に5回~10回で限界となる重さを用いて筋トレを続けて行けば、
約1年で周りからも筋肉質の体(細マッチョ系)だと思われる体形になりますし、
3年続ければ、何かスポーツやってるの?と必ず言われる様な体系になれます。

初心者ボディービルダーの様な体を目指す場合は、最低でも5年は必要と考えましょう。
中級~トップレベルのビルダーなら最低10年の筋トレ経験者となるのが普通です。

まぁそのくらい長い期間筋トレしなければ、あまり効果はないという事で考えましょう。

そして、筋トレをして筋肥大を目指すには、食事というものが最も大切になってきます。

いくら筋トレを正しく行っても、筋肉の材料となるタンパク質を必要量摂取しなければ、
筋肉は大きくなりませんし、逆に、タンパク質や炭水化物を必要以下にしてしまうと、
せっかく大きくした筋肉もカロリーに使われてしまい、小さく(細く)なってしまうという事もあるので、
マイナスにならない食事や、筋肉の元(材料)となる食事をしっかり摂取する事も大事になります。

ざっくりと書きましたが、こんな感じで理解しておき、
もっと詳しい部分を知りたければ、自身でじっくり勉強して行けば良いと思います。

今はyoutubeなどでも簡単に情報を入手出来るので、
色んな筋トレyoutuberの動画を見て勉強するのがベストだと思います。

詳しく書くと長文になり過ぎるのでご理解ください。

まず、基本的な考えとして、3ヶ月や半年で筋肉モリモリになれる・・・
と夢見る人も少なくないですが、そういう事は現実的に難しい事なので、
筋肉を付けたいと思うのであれば、
数年単位の筋トレが必要だという知識をまず持っておいてください。

※筋肉が付いたと思うレベルが人それぞれなので、難しい判断と言えますが。

そして、当然ですが、正しい知識と方法を行わなければ、
効率的に筋肉を付ける事は難しくなります。

筋肥大を目指す場合の基本知識としては、
回数をこなす運動をするのではなく、5回~1...続きを読む

Q筋トレ3ヶ月目

筋トレを開始して3ヶ月
上腕二頭筋、三頭筋は目覚ましく大きくなりましたが、大胸筋はまだ見た目うっすらという感じです。
確かに、上腕二頭筋はオールアウト出来ている感覚がありますが、ベンチプレス&ダンベルプレスをこなしても、上腕二頭筋ほどのオールアウトの感覚はありません。
どちらかというとベンチ(&ダンベル)プレス時にも三頭筋の疲労感は感じますが、大胸筋の疲労感はイマイチ。。。という感じです。

感覚として、大胸筋を意識するためにウェイトを落として回数をこなすべきか、または、現在のウェイトで継続するべきか悩んでいます。
○ベンチ 50Kg×10回、3セット
○ダンベル 14Kg×10回、3セット
ベンチは、2セット目3セット目は7回上げられるかどうかの負荷です。

経験者の方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大胸筋はすぐに大きく発達するイメージです。おそらく姿勢の問題があると思います。
大胸筋のわりに広背筋、僧帽筋など後ろの筋肉が発達していませんでしょうか。身体のバランスとして前傾なのでは。
そのため、ベンチプレスもより発達した背中からいってるのではないでしょうか。
チェストプレスで、大胸筋を重点的に効かせるよう角度を調整してやってみるのがいいと思います。

Q自分は筋トレしているんですが最近は結果があまりでません。なのでプロテインを使用しようと思うのですが初

自分は筋トレしているんですが最近は結果があまりでません。なのでプロテインを使用しようと思うのですが初めてなのでどうゆうのがいいかわかりませんわかる方がいれば教えていただけるとありがたいです
ちなみに高2で体重増量と筋肉を増やしやすくするのが目的です

Aベストアンサー

プロテインは、大きく2種類に大別されます。
1つ目は、大豆タンパク系です。吸収速度が遅く、じっくりと長い時間をかけて吸収されます。
あまり体重を増やさずに、筋肉量を維持しながら、脂肪を減らしたい人向けです。
もう一つはホエイ系です。
牛乳由来のたんぱく質です。
ホエイ系の中で、ホエイポロテインとカゼインプロテインに分かれます。
カゼインの方が吸収速度が遅く、ホエイプロテインの方が速く吸収されます。
トレーニング後に素早く吸収されることが、筋肉量増加には大切なので、質問者さんのように体重増加、筋肉量増加が目的ならば、ホエイプロテインがお勧めとなります。
ただし、欠点もあります。
ホエイプロティンは他のプロテインに比べ高価なのです。
プロテインの摂取は、トレーニング後が最適です。
また、純粋にプロテインだけでは吸収率が上がりません。(あまり吸収されません。)
プロテインは、糖分と一緒に吸収されるので、純粋なプロテインだけの製品ならば、例えばオレンジジュースに溶かして飲むなど、糖分を同時に摂取するのが良いと言われています。
少し、砂糖を加えて甘くするのも良いかと思います。
トレーニングできないときは、朝よりも夜の摂取の方が良いようです。
睡眠中の方がプロテインの吸収効率が高いと言われています。
よって、摂取するタイミングとしては、トレーニング後>夜>朝の順になります。

プロテインは、大きく2種類に大別されます。
1つ目は、大豆タンパク系です。吸収速度が遅く、じっくりと長い時間をかけて吸収されます。
あまり体重を増やさずに、筋肉量を維持しながら、脂肪を減らしたい人向けです。
もう一つはホエイ系です。
牛乳由来のたんぱく質です。
ホエイ系の中で、ホエイポロテインとカゼインプロテインに分かれます。
カゼインの方が吸収速度が遅く、ホエイプロテインの方が速く吸収されます。
トレーニング後に素早く吸収されることが、筋肉量増加には大切なので、質問者さんのよう...続きを読む

QプロYouTuberのぷろたんの筋トレメニューを教えてください。 10ヶ月であんなに見せかけだけの筋

プロYouTuberのぷろたんの筋トレメニューを教えてください。

10ヶ月であんなに見せかけだけの筋肉が作れることに驚きました。

食事メニューも大食いだけで体重を太らせてから筋肉を作って行くって感じのようです。

Aベストアンサー

>見せかけだけの筋肉

これ、どういう意味でしょう?
あのスペックで実際にベンチで100㎏上げると言うのは、正直言って大したものだと思いますが・・・。
トレーニングを真剣にやったことのある人間はこの手の言葉は吐きませんよ。


細かいメニューまで公開しているわけではありませんので全ては分かりませんが、動画を見る限り基本に則ったトレーニングを行っている様です。

Q筋トレを始めて半年になります。 今いち身体が大きくなりません、 身体全体ビルドアップしたいの ですが

筋トレを始めて半年になります。
今いち身体が大きくなりません、
身体全体ビルドアップしたいの
ですが、このメニューは入れた
方がいいと言うのがあれば、教えて
下さい。あと体脂肪をさげる効果的
な運動も何かありますか?

Aベストアンサー

トレーニング環境や現在行っているメニューが分からないだけに、なんとも言い難いですが、
ビルドアップにはやはりフリーウェイトとマシン種目を使ったトレーニングが効果的に追い込めます。
逆に言うと、自重トレではすぐに負荷不足に陥りますし、ターゲットに適切な負荷をかけるのは難しくなかなかビルドアップにはつながらない。

で、トレーニングメニューに関してですが、
慣れないうちからあまりあれやこれやと種目を増やす事は考え物です。
基本中の基本として、まずはビッグ3をターゲットにしたトレーニングを中心に行うべきで、視覚的な結果も出やすいのでモチベーションの維持にも繋がります。
で、各部位2~3種目で的確に追い込むのが一般的なやり方。

●胸
・ベンチプレス
・ダンベルフライ
●背中
・ラットマシンもしくはチンニング
・ダンベルワンハンドロウ
●下半身
・バーベルスクワット
・レッグエクステンション
・レッグマシン

その他、比較的小さな部位である、上腕、肩、下肢等は、まずは上記ビッグ3に結果を出してから考えるのが良いでしょうね。

Q40歳体脂肪率30% 筋トレをはじめようと思いますが、内容や回数が決めれません

40歳 中年 体脂肪率30%の男です
175センチ 85キロ前後です

20年ちかくまともに運動していませんでした
中学から大学を卒業するまでサッカーをしていました
筋肉と柔軟性には自信があったのですが
現在となっては単なるぶーちゃんです

一ヶ月前から
腕立5回×3
腹筋10回×3
背筋10回×3
スクワット5回×3 を3日に1回行っていました

↑半ばから筋肉痛にならなくなったので

二ヶ月目からは
腕立10回×3
腹筋20回×3
背筋20回×3
スクワット10回×3 を3日に1回行っています

現在も上記のメニューをこなしても筋肉痛にはなりません

この先、どの様なメニューをこなせば良いのか分かりません

この筋トレがどれほどの効果が出ているのかも分かりません

一先ずの目標は体重を落す事が目標ではなく、筋肉をつけて代謝をあげたいです

一週間をフルに使っても構わないので全身の効果的な筋トレがあれば教えて下さい

Aベストアンサー

筋トレしても体脂肪は減りません。175cmなら、理想より10kg多く、体脂肪率は、20%以下とすると、オーバー分全てがほぼ脂肪と考えていい。
つまり、筋肉を増やしても無意味で、今の体重を10kg、脂肪だけで減らすことが必要です。

脂肪は、脂質を食べた結果や、総カロリーのオーバーの蓄積ではありあません。
炭水化物のとりすぎで、オーバー分インシュリンが出て、脂肪ができます。

なので、炭水化物を減らし、インシュリンによる蓄積をなくし、逆に蓄積している脂肪から糖ができるよう、
炭水化物を2~3割削らなければなりません。計画的にやれば、月1~2kg,半年で達成できると思います。

筋肉増やしても体脂肪率はちょっと減るだけ。体重はむしろ増加します。脂肪をとるしかない。それが答えです。
また筋肉量を増やして基礎代謝を増やすのも、筋肉まーしーん販売プロモーションが作ったうそです。医学的に、
存在する筋肉量を計算し、それを限界まで増やしても、基礎代謝増加は微々たるもので、ダイエットはなんの影響
もありません。だれでも知っていることです。また、有酸素運動で、やせるのもうそです。かりに1kgの脂肪を
運動で消費しようとすれば、月100km走ることになります。ありえません。

ダイエットは、食事療法。総カロリーを若干減らし、しかも炭水化物を2~3割減らす。これ以外方法はありません。

筋トレしても体脂肪は減りません。175cmなら、理想より10kg多く、体脂肪率は、20%以下とすると、オーバー分全てがほぼ脂肪と考えていい。
つまり、筋肉を増やしても無意味で、今の体重を10kg、脂肪だけで減らすことが必要です。

脂肪は、脂質を食べた結果や、総カロリーのオーバーの蓄積ではありあません。
炭水化物のとりすぎで、オーバー分インシュリンが出て、脂肪ができます。

なので、炭水化物を減らし、インシュリンによる蓄積をなくし、逆に蓄積している脂肪から糖ができるよう、
炭水化...続きを読む


人気Q&Aランキング