出産前後の痔にはご注意!

大阪府吹田市に在住です。B級品でもいいので安い家具屋を探しています。大きな下駄箱が欲しいんです!あとB級品の洗面台とシステムキッチンも探しています。ご存知のかた教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと吹田市からは遠いですが、テレビなどで有名な安売り家具店のサイトをご紹介。

某支店のそばに住んでいて何度か行きました。店員さんの格好は変ですが、確かに安いお店ですよ。
ハイヒールのモモコさんが新居を立てた時に、ここでねぎりまくって家具を買ったとか。やしきたかじんさんのマンションをリフォームした際にもここが紹介されてました。

http://www.takara-jima.com/

参考URL:http://www.takara-jima.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もテレビで見たことがあります!でもお店の名前も忘れてしまってました・・・教えてくださってありがとうございました。行ってみますね

お礼日時:2004/09/06 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西(兵庫、大阪)で安い家具屋を教えてください。

ベットやテーブル、テレビ置く台等を家の建替えにあわせて買いたいと思ってます。関西(兵庫、大阪)で安い家具屋を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どんなテイストの家具をお探しか分かりませんが、
三宮にあるノーチェという家具屋さんは比較的リーズナブルです。HPを見たら、大阪にもあるみたいです。

参考URL:http://www.noce.co.jp/

Q大阪の吹田市で住環境の良いところは?

引越し先を吹田市に決めたのですが、吹田市のどこに住むか悩んでいます。
不動産屋さんから山田市場の物件を紹介してもらっているのですが、遠方のためなかなか下見に行けません。
山田市場の住環境はどうでしょうか?

また吹田市の中でも特に住環境が良いといわれている地域はどこになるのでしょうか?

御堂筋線は家賃が高くて手が出ません。。

乳児がいるので治安が心配です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

吹田市に5年住んでいたものです。
治安については特にtamamiyuさんが調べている阪急の山田は治安について心配することはないでしょう。

ただ個人的な意見として一度現地を見に行っておいたほうがいいかと思います。
山田は高級住宅地といえる場所なんで環境はいいと思いますが静かな町ですのでさびしいと思うかもしれません。(学生の一人暮らしであれば山田は推奨しない場所です)

吹田で一番よさそうなのは環境・交通の便からみると北大阪急行沿線(御堂筋直通)の緑地公園・桃山台。ただ人気エリアですのでそれなりの家賃になるでしょう。

JR吹田(片山町・山手町・上山手町・佐井寺)あたりも考慮に入れられてみてはどうでしょうか。片山町でしたらダイエーが利用できて大阪へもJRで10分もかからないので便利ですし環境も悪くないと思いますよ。

Q阪急電車 pitapaでの定期と区間指定割引きどちらがお得でしょうか?

pitapaで阪急電車を利用する場合に、”定期”にするか”区間指定割引き”にするか悩んでいます。

三宮~梅田間を定期にした場合、この区間内であれば何度途中下車しても追加料金は発生しないはずです。

また、同区間を”区間指定割引き”登録した場合、単純に三宮と梅田での乗下車を繰り返した場合には、1カ月の定期との比較で安い方が上限になるかと思います。

不明なのは、”区間指定割引き”登録した区間内で途中下車した場合には、”定期”とどっちがお得かです。
途中、結構西宮北口で途中下車しますが、”定期”と”区間指定割引き”の比較ルール詳細が分からずどっちにすべきか悩んでいます。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

区間指定割引が設定された区間で途中下車や一部区間のみの利用や指定区間外にまたがる乗車があった場合、少しややこしいですが、以下の2つのうち安いほうが適用されます。

A.区間指定割引を適用する。
・指定区間内の途中下車や一部利用は区間指定に含まれていると考え、全ての(区間内に含まれる)乗車に対してを区間指定運賃を利用額とする。
・区間外にまたがる場合は分割して区間外単独運賃のみ計上する。(区間内の利用分は区間指定に含まれているとみなす。)
・上記の合計を当月の総利用額とする。

B.区間指定割引を適用せず、利用回数割引のみを適用する。
・途中下車や一部利用の場合はそれぞれを個別の乗車として扱う。
・区間外にまたがる場合も区間指定がないものとして計算する。
・上記に対して金額別に各々利用回数割引を適用した金額を利用額とする。


なお、定期券と区間指定割引の優劣ですが、阪急では8ヶ月以上連続利用した場合、割引率は1ヶ月定期の15%offとなり、これは6ヶ月をもはるかに凌駕しますので、多くの場合区間指定割引を選択すべきでしょう。何年でも同一区間で区間指定割引運賃の適用が続く限り15%offの恩恵を受けられますですので、1年以上続けて利用する場合は圧倒的な差がつきます。
特に途中下車が多い場合はB.の方法で計算した運賃が高くなりやすいため、おそらく多くの場合A.つまり区間指定割引が適用されることが見込まれます。

また、2ヶ月や5ヶ月で区間指定の適用が切れる場合も、定期券だと不利な1ヶ月定期の購入を余儀なくされることを考えれば、2ヶ月目及び5ヶ月目から割引率上昇の恩恵を受けられる区間指定割引が有利となります。

もっとも区間指定割引にも欠点があります。それは6ヶ月丁度で継続利用が切れる場合(割引率の高い6ヶ月定期に瞬間的に追いつけなくなる)や、月の途中で使い始める・使い終わるようにしたい場合(区間指定は暦月ベースのみ)です。逆にいえば、このどちらかに該当しない場合は全て区間指定割引が得ということになります。

参考URL:http://rail.hankyu.co.jp/pitapa_hanaplus/pitapa.html

区間指定割引が設定された区間で途中下車や一部区間のみの利用や指定区間外にまたがる乗車があった場合、少しややこしいですが、以下の2つのうち安いほうが適用されます。

A.区間指定割引を適用する。
・指定区間内の途中下車や一部利用は区間指定に含まれていると考え、全ての(区間内に含まれる)乗車に対してを区間指定運賃を利用額とする。
・区間外にまたがる場合は分割して区間外単独運賃のみ計上する。(区間内の利用分は区間指定に含まれているとみなす。)
・上記の合計を当月の総利用額とする...続きを読む


人気Q&Aランキング