グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

歴史についての質問です。
今、大航海時代について調べているのですが、マゼランの世界一周について疑問があります。
資料には、フィリピンで住民に殺され、その後、部下が世界一周を果たした、という旨の記述があったのですが、この時代、指導者なしで部下が世界一周できたのは単に部下が優秀であったのか、それとも他に理由があるのか、ちょっと気になっています。
様々な解釈があるかと思いますが、どういう説が有力なのか教えてはもらえないでしょうか?

A 回答 (1件)

船は本来その船が籍を置く国の一部とみなされ、その国の法律が適用される(飛行機も同じ)。

したがって、船というものは軍民問わず、船長を頂点に強固な指揮命令系統を持つ。そうしなければ自然環境の変化や、(軍ならば)戦闘・操船に遅れをとることになる。海兵隊ももともとは強権を発動する船長を守るために配置された。

 仮に船長が死亡するなりして指揮不全に陥った時、すぐに船の指揮権は副船長以下引き継がれ、それがダメな場合でも、次に引き継ぐメンバーはあらかじめ決めて置く。

 したがって”指導者なしで部下が…”というのはありえない。必ず次席、次々席は設定されている。

 例ならいっぱいある。米国大統領が所在不明になれば、次席は国防長官…というふうに、全閣僚へと続く。ハインラインの「宇宙の戦士」では帆船時代の交戦中に、倒れた指揮官を助けようとした准士官が、持ち場を離れたということで”敵前逃亡”に問われた例が引用されている。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど!回答ありがとう御座います!
確かによく考えてみればその通りです。
歴史を学ぶには情報量が多いので思考が鈍ってしまい、気づけませんでした。
教えてくださりありがとうございました。

お礼日時:2017/05/29 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング