プロが教えるわが家の防犯対策術!

国民年金基金は将来受給されると思いますか

質問者からの補足コメント

  • 途中で国民年金基金自体がなくなってしまう可能性はあるのですか

      補足日時:2017/05/29 22:39

A 回答 (5件)

>途中で国民年金基金自体がなくなって


>しまう可能性はあるのですか
ありません。

本来自営業で国民年金だけでは、老後資金
が不足する方のために用意されている制度
です。
それがなくなったら、死活問題です。

厚生年金基金がまともに機能せず、解散に
追い込まれているわけですが、公的資金で
補填されているのです。

いわんや国民年金基金は預けたお金を
返してもらうようなもので、加入者の
長寿が皮肉にもリスクとなるわけです。

しかし生保の個人年金よりも破綻リスク
は低いでしょう。
しかも生保はこれまで何度も破綻して
きた経緯があります。
それでも、掛金がチャラになったという
話は一度もありません。

しかも運用もネットのデマのように
悪くはありません。

はっきり言えば、何も心配要らないと
思います。これが心配なら銀行預金も
危ないぐらいの話だと思います。
    • good
    • 1

勿論、受給出来ます。


今の処、¥14,600.-/月額です。
将来、企業に就職をしても、厚生年金と併給に成ります。
日本政府を信用し、国民年金に、加入しましましょう。
    • good
    • 0

だいぶ前に問題になりましたが、「国民年金の掛け金を湯水の様に」無駄遣いして建てた施設・・・今はどうなってるんでしょうね?。


金が集まってしょうがないと言いながらの散財の結果、現在は高齢化を理由に支給年齢を先延ばしにしています。
国民年金基金も同じでしょう、というか「自分の身は自分で守る」のがベストなんで私は加入しません(国民年金はキチンと納めています)。
    • good
    • 0

将来って、いつ?


年寄りばっかりじゃ
制度が破綻するよね(笑)
    • good
    • 1

誰にもわからないということが、多くの人に知られている事柄です。


北朝鮮がらみで戦争がはじまるだろうか?・・・くらい、誰にもわかりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング