出産前後の痔にはご注意!

濃度係数(ファクター)の求め方


0.05mol/Lのシュウ酸標準溶液を作りf=0.98710ができました、その溶液100mlを0.1mol/L水酸化ナトリウム水溶液で滴定しました、その結果、中和点の滴定量が12.25mlとなりました、このときの水酸化ナトリウム水溶液の濃度係数の求め方を教えてください。

A 回答 (1件)

f = 0.98710 とはなんですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中和滴定の実験で。。。

0.1mol/l,10mlの塩酸を3つ用意して、それぞれにフェノールフタレイン液を数滴入れ、0.1mol/lの水酸化ナトリウム溶液で中和滴定をし、滴定に要した水酸化ナトリウム溶液の量の平均値を出しました。その平均値とHCl,NaOHの濃度などを次式
HClの濃度(M)×量(L)×HClの濃度係数(F)=NaOHの濃度(M)×量(L)×NaOHの濃度係数(F)
に代入して、塩酸の濃度係数を調べるという実験をしました。ちなみに実験の前に水酸化ナトリウムの濃度係数は0.999として計算することとの指示がありました。
濃度係数がなんなのかよくわかりません。また、この実験のレポートは、考察になんて書けばいいかわかりません。(たぶん濃度係数についてよくわかってないからだと思うのですが。。。)

Aベストアンサー

濃度係数とはF(ファクター)ともいいます。まぁ補正値みたいなものです。
滴定用の0.1 mol/L 水酸化Naは0.1 mol/L と表示されていますが実際、正確な濃度なのか誰にもわからないですよね?そこで「標定」という作業をしてFを求めその滴定用の試薬ビンに貼り付けとく訳です。F=0.999であれば1×0.999=0.999mol/Lの水酸化Na溶液ということですね。
F=1.000・・であれば最初にその試薬を調合した人の技能(機器類)は精度が高いことになります。(調合は適当にして後の標定をきっちり出せばいいや・・・という考え方もあります)

さて本題の考察ですが、出題者(先生)の意図がはっきりと見えませんが・・・想像で・・・多分この実験では酸と塩基の中和滴定で酸のFのバラツキ(数値が一定しない)原因を理由をつけてあげれば良いと思います。例えば・・ビュレットを読み取り位置の誤差とか、ピペットの最後の一滴の処理とか・・いろいろあると思いますよ。実際に実験をした時を思い出してみて下さいね。

Qファクターの求め方

こんにちは。
分析化学についての質問です。
お詳しい方、どうかご協力お願いいたします。

例えば、中和滴定で、
0.1Nシュウ酸標準液10ml で 0.1N水酸化ナトリウムを滴定すると10.2ml 
要したとすると、水酸化ナトリウムの規定度は

酸のN×酸の体積=塩基のN×塩基の体積 から
塩基のN≒0.098

そこから 0.1N水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めるときに

f=滴定で求めたNaOH溶液のN(0.098) ÷ 0.1

となるのは何故でしょうか?
根本的なところを理解できていないような気もします。
申し訳ございません。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>根本的なところ

そういえば言えますが、ファクターとは早い話「理想の値」と「現実の値」との「比」なので、このまま覚えて下さい。
別の言葉で言えば、「現実の値」÷「理想の値」がファクターの定義です。

Q中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難

中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難しい。
少しの滴下量のずれで急激にphが変化するので大体水溶液がph2.5からph7までであれば中和したとみなす。
よって変色域がph3.1からph4.4のメチルオレンジを使うことにする。
滴下していったときにメチルオレンジが変色すれば水溶液のphはph3.1からph4.4であるから中和したと考えることができる。
この考えで大丈夫ですか?回答お願いいたします!

Aベストアンサー

強酸と弱塩基の中和滴定の時メチルオレンジ、
弱酸と強塩基の中和滴定のときフェノールフタレイン
を用いる。
強酸と強塩基の中和滴定なら、どちらを用いてもよい。

なのでしょうか。記憶をたよりに答えています。

Q【至急】土壌中の酸化カリウムの計算方法について

土壌中のカリを分析したいのですが、化学がとても苦手で計算方法が分からず大変困っております…
どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか。

塩化カリウムを使用して酸化カリウム換算で100ppm標準液を作り、検量線を0〜50ppmの範囲で作成しました。
乾土2gを1N酢アン40mlで抽出した後、抽出液を50倍希釈して炎光光度計で測定しました。
その際の発光強度のデータは、21、19、11でした。

このときの酸化カリウムの量(mg/100g乾土)の計算方法が分かりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

検量線のデータがないので計算はできませんが
>抽出液を50倍希釈して炎光光度計で測定しました。
抽出液の濃度は測定値(濃度:ppm)の50倍
「ppm=mg/L」としていいので、
濃度(ppm)×50
が、抽出液の濃度(酸化カリウムmg/L)になります。

>乾土2gを1N酢アン40mlで抽出した後、
抽出液の量は40mlですので、
抽出液の濃度(酸化カリウムmg/L)×40/1000
が「乾土2g」に含まれていた「酸化カリウム換算の質量(mg)」です。
求めたいのは、「酸化カリウムの量(mg/100g乾土)」
ですから、さらに(100/2=)50倍すればよいのです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q昆布からうま味が滲み出るのは化学現象でしょうか

こんにちは。
お鍋を作るとき、昆布から出汁を取るのが一般的ですが、昆布からうま味成分が滲み出る現象は、化学でいう拡散(diffusion)でしょうか?
もしそうなら、他の野菜にうま味成分が染み込むのは、浸透(osmosis)が働いているのでしょうか?

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳密な意味では物質は変化していませんから「化学現象」ではありませんね。
単なる「物理現象」です。
・出汁を取る
操作で言えば「抽出」
現象で言えば「拡散」

・うま味成分が染み込む
広い意味では浸透もありかな?
厳密な意味では、こちらも拡散現象
「浸透」とは
https://kotobank.jp/word/%E6%B5%B8%E9%80%8F-538549
液体や気体が細孔質の壁や膜を拡散によって透過する現象。

ということは、練物や高野豆腐は「浸透」のような気がしてきました。

Q琵琶湖の水を

塩をどのくらい入れれば塩水になりますか。海水の濃度くらいで。

Aベストアンサー

実際の海水は場所によって塩分濃度が異なりますが、料理では、水1リットルに対して大さじ2杯(約30グラム)の塩を入れると海水程度と言われています。塩分濃度3%ですね。
琵琶湖の貯水量は27.5立方キロメートルらしいので、これをリットルに直すと、27,500,000,000,000リットル。
琵琶湖の水が完全な真水と仮定して、1リットル当たり30グラムであれば、
27,500,000,000,000×30=825,000,000,000,000グラム
トンに直すと、8億2500万トンの塩が必要ということになります。

桁あってるかな(笑)。

Qファクターって??

今度実験で中和滴定をすることになりました。

そのとき、0.1Mの水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めよとあります。


ファクターについて調べてみたのですが、あまりピンときません…(-_-;)


ファクターとは何なのでしょうか??


また、求め方はどうするのでしょうか??


わかる方教えてください…

Aベストアンサー

標準物質は、高純度で、吸湿がなく、秤量調製が容易に出来る物質です。
 水酸化ナトリウムは、粒状で吸湿性がある等で正確な目的濃度の調製が
 困難です。このため、高純度で調整しやすいシュウ酸は標準物質としに
 することができます。これと水酸化ナトリウムを比較し、水酸化ナトリウム  
 の純度をファクターと言う係数で補正します。
 シュウ酸のほかにK2Cr2O7も代表的な標準物質です。
 

Q宙を舞うチリの動き

朝、窓を開け布団をたたみます。たたむと埃が立ちます。たたんだ後で窓際に立つと、光の加減で埃を目視出来ます。動きは皆窓の外に向かう方向で、中に入る方向に動くものはありません。もちろん無風です。

私は最初、気体の拡散によるものだ、ウンウンなどと納得してましたが、よくよく考えると分からなくなりました。何故、外へ動く方向ばかりなのでしょうか?

Aベストアンサー

理論的考察の1つとして読んでください。
完全に密封された空間であったとしても、外気と温度差があれば窓側への空気の流れは生じます。
この時期ですので外気が低温であるとしておきます。
①窓に接している空気は冷却されます。
②窓付近の空気は密度が高くなり、下降気流を生じます。
③目に見えるような高さの気流は、窓側へ向かうことになります。

外気が高温である場合は、②の時に上昇気流を考えれば、観察し易い中央部は窓側への気流になると思います。

検証方法
可能であれば、静かに床付近の気流を観察してみてください。
内側への流れがあるはずです。

質問者さんの窓が断熱性の高い二重窓であったなら、可能性は低くなります。
当方、そのような高級な窓ではございませんので、今日のような寒い日ですと、(火のついた)たばこの煙でも窓ガラスの付近では下降気流を観察できます。
おそらく、線香の煙でも可能ではないでしょうか?

Q検量線を用いてのモル濃度の求め方

化学の課題で未知試料のモル濃度を求める課題が出たのですがよくわかりません。まずサンプル管A,B、Cにそれぞれ3.92×10⁻⁴mol/lの標準液を1ml,2ml,3mlいれました。加えてサンプル管Dを用意してそこに未知試料を1mlいれました。それぞれ4本のサンプル管に酢酸ナトリウム2ml、0.05M硫酸1mlを加え10mlまでメスアップしたのち分光光度計で吸光度を計測しました。
吸光度A:0.432B:0.806C:1.175D:0.559となりました。そこからA,B,Cの濃度と吸光度を用いて検量線を作成しその直線の式を求めるとy=0.3715x+0.06133とでました。ですが、ここから未知試料のモル濃度の求め方がわかりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>y=0.3715x+0.06133
の「y」と「x」の意味(単位も重要)はわかりますか?

以降の解説は通常の操作であり、質問者さんの値を確認しておりません
①濃度が正確にわかっている溶液の吸光度を測定
当然測定誤差を含みますので、3~4点測定します。
この操作が「検量線の作成」です。
※精度を求められない場合は、「濃度0で吸光度0」「既知試料の吸光度」の2点で求める場合も無くはありません。

②吸光度と濃度は比例しますので、その係数を求める。
「吸光度と濃度は比例します」と書きましたが、希釈な場合です。
理想的な条件では、「濃度0で吸光度0」ですので、原点を通る直線の式が得られるということです。
※実験条件によっては、「濃度0で吸光度0」とは限りませんので、質問者さんの式の様に定数項が現れる場合もあります。
その定数項に意味があるかは考えてください。
最小二乗法などを利用して、その測定点を代表する式を求めると、後の操作が楽になります。

③未知試料の吸光度を測定し、求められた係数から濃度濃度を求める
未知試料の吸光度は、その溶液の濃度を示しています。
求められた直線から、測定した溶液の濃度が求まります。
昔は直線のグラフから、濃度軸上の値を読み取ったものですが、最近では直線の式から求めていますね。
これが、質問者さんの示した式でしょうか?
あるいはその目的がはっきりしていますので、「濃度」=係数*「吸光度」(+定数)の式を求める場合もあります。
質問者さんがどちらの式を表示しているのかを確認はしていません。

備考
ここで求められた濃度が、調整後の溶液の濃度であることも注意してください。
最終的に求めたいのは濃度がわからない「未知試料」の濃度です。
>未知試料を1mlいれました。
>酢酸ナトリウム2ml、0.05M硫酸1mlを加え10mlまでメスアップした
操作によって、希釈されている点をお忘れなく。

>y=0.3715x+0.06133
の「y」と「x」の意味(単位も重要)はわかりますか?

以降の解説は通常の操作であり、質問者さんの値を確認しておりません
①濃度が正確にわかっている溶液の吸光度を測定
当然測定誤差を含みますので、3~4点測定します。
この操作が「検量線の作成」です。
※精度を求められない場合は、「濃度0で吸光度0」「既知試料の吸光度」の2点で求める場合も無くはありません。

②吸光度と濃度は比例しますので、その係数を求める。
「吸光度と濃度は比例します」と書きましたが、希釈な場合です...続きを読む


人気Q&Aランキング