プロが教えるわが家の防犯対策術!

年配の方から勧められた雑誌の記事を読んだのですが、その方に
「先日ご紹介をいただいた記事、拝読させていただきました」という文章を送るのははおかしいでしょうか?

適切な表現を教えて下さい。

A 回答 (5件)

たんに紹介されただけの(あかの他人の)文章でしたら「読みました」で十分でしょう。



ご本人の文章なら「拝読いたしました」または「読ませていただきました」ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/04 19:39

すごく変ではないですが、


「拝読致しました」
のほうがすっきりしていて良いかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/04 19:38

「拝読しました」でいいです。


「拝読いたしました」は二重敬語、「させていただく」は敬語でもなんでもなく単なる過剰表現。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/04 19:38

拝読は謙譲語ですが、紹介者への敬意ではなく文章の作者への敬意を表現するものです。

しかし、その文章の著者がその年配の方が尊敬する方であるならば、その表現で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/04 19:38

先日ご紹介いただいた記事を読みました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/04 19:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「雰囲気」 みなさんこの字をなんと読みますか?

「雰囲気」
みなさんこの字をなんと読みますか?

Aベストアンサー

ふんいきですが、こういう話もあるみたいですね。

http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/labo/lab_016/body.html

Q「できたてのホヤホヤ」みたいな擬音

「できたてのホヤホヤ」の「ホヤホヤ」のように、それ単体で使われることがない語句(擬音?)は他にどんなものがありますでしょうか?

Aベストアンサー

まず思い浮かんだのは、古典の「枕詞」が代表格かと。
文法上も、枕詞(たらちねの,あしひきの,ひさかたの,あおによし・・)を単体で使うことはありません。
「たらちねの+母」でワンセットです。

擬音語だと、「どしどし」なんてのは、「ご応募ください」などとセットかな?

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q普通じゃない読み方の感じ

「浴衣」ゆかた、「刺青」いれずみ、など
日常生活に溶け込んでいる、
標準的な音読みとは違う読み方をする、漢字を教えてください。

溶け込んでいいれば、「北京」ぺきん、など、地名など、幅広く歓迎します。
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

煙草(たばこ)、麦酒(ビール)、明日(あした、あす)、今日(きょう)、明後日(あさって)、
玄人(くろうと)、素人(しろうと)、一日(ついたち)、二日(ふつか)、大晦日(おおみそか)、師走(しわす)、二十歳(はたち)、今年(ことし)、一昨年(おととし)、今朝(けさ)、
七夕(たなばた)、一寸(ちょっと)、下手(へた)、大人(おとな)、従弟・従妹・従兄弟(いとこ)、女将(おかみ)、梅雨(つゆ)、山車(だし)、出汁(だし)、雪崩(なだれ)、紅葉(もみじ)、百合(ゆり)、海老(えび)、心太(ところてん)、小豆(あずき)、竹刀(しない)etc.

いっぱいありますよ、、俺もヒマだなww

Q日本語として。 丸川大臣「いろいろ、しこってきた・・・」

東京五輪の関係の発言で「しこってきた部分もある・・・」と
言っていました。

「しこりがあった」「しこりを残してきた」という意味で使ったのでしょうが、
しこりがある事を、「しこる」なんて、日本語で、ありますか。
しこるって、男性が一人エッチをすることだと思ってましたし。

ちょっと調べたら、九州の方言で、別の意味もありましたが。

Aベストアンサー

A. 丸川大臣の「しこる」。
 1 しこり1ができる。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/95898/meaning/m0u/しこる/
「しこり1」
 2 物事がかたづいたあとまで残るわだかまり。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/95894/meaning/m0u/

B. 一人エッチの「しこる」。
 2 物事に熱中する。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/95898/meaning/m0u/しこる/
この作業?によってできる「しこり」
 1 筋肉・皮下組織などの一部が、こってこわ張ったり、固いかたまりをつくったりすること。また、その部分。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/95894/meaning/m0u/

だいたい、このような関係性でしょうか。

Q国語の単語分けの問題です。 「あの角を右に曲がればよい。」という文章では、右とにで分かれています。け

国語の単語分けの問題です。
「あの角を右に曲がればよい。」という文章では、右とにで分かれています。けど
「多くの本を夢中になって読む。」という文章では、夢中とにが分かれていません。あと
「よく晴れた日になったからうれしい。」という文章では、日とにが分かれています。?です教えてください。

Aベストアンサー

「右に」→「右」(名詞)+「に」(助詞)
「日に」→「日」(名詞)+「に」(助詞)

「夢中に」→「夢中だ」(形容動詞)の「連用形」
  多く/の/本/を/夢中に/なっ/て/読む
学校文法(「国文法」のひとつ)では、このように教えますね。

(No.1の方がおっしゃった考え方は文法学の基本問題で、特に「時枝文法」を敷衍した、三浦つとむ氏の説はひとつの考え方では有りますが、多分初学の人にはほとんど分からないでしょう。)

Q「シュッとしてて」の意味

日本語を勉強中の中国人です。下記の引用画像にある「シュッと」はどういう意味でしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大阪弁です
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%97%E3%82%85%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%9F

Q東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 で、なぜ、”匂い”を使い、”香り”を使わなかったのですか?

東風吹かば
匂いおこせよ
梅の花
主なしとて
春な忘れそ

この歌で、なぜ、”匂い”を使い、”香り”を使わなかったのですか?
”香り”は、良い”匂い”のことですね。

Aベストアンサー

ご存じの通り、この梅は京都の道真邸の梅の木です。太宰府に流されている道真にとっては、都の華やかな生活の、懐かしい象徴ですが、それらは過去のもの、いわば観念的幻想的で、手の届かない儚い存在とも言えます。けれどもそれ故一層深く人の心を突き動かすものです。
「香り」は嗅覚に直接訴えるのみですが、「におい」は、視覚的な華やぎをも含むだけではなく、春の訪れを全身で表現している生命の力感を表す全感覚的な言葉でもあります。

やむを得ずふるさとを離れなければならない人々の望郷の思い、回帰の願い、それらを表現する言葉は「におい」なのでしょう。

鮭ではありませんが、故郷は「かおり」ではなく「におい」で感じるものではないでしょうか?

Q続 すごい と すごく の使い分けです。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すごい」「すごく」の俗用(またこれが曖昧な言い方で……)は、何段階かに分かれる。

■第1段階 「すごい」自体が俗用
 ↓の『大辞泉』には〈「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。〉とある。辞書がこういう書き方をするのはやめてほしい。この記述は2通りの解釈ができる。
 まず、〈「すごい」は俗語的な言い方〉という解釈。これもよく目にする。元々「すごい」というのは程度が非常にはなはだしいことを表わし、俗っぽい表現らしい。当方は半信半疑。「凄まじい」「凄惨」なんかと混同している気もする。あんまり上品な言葉ではないだろうが、現代では女性が口にしてもおかしくはない。「でかい」とか「うまい」よりはずっとマシってレベル。 

■第2段階 「すごく」が俗用
 これも聞いたことがある。『大辞泉』の記述も、たぶんこの意味と思われる。〈俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる〉……余計な読点を打つから誤読される。質問者の趣旨もこれのような気がする。真偽のほどは不明。相当昔の話のようなので、実感がない。当方はかなり昔から使っている。『大辞林』には「副詞」として、注釈なしで立項されていることを確認してほしい。

■第3段階 「すごい+用言」が俗用
 これは『大辞泉』の〈俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある〉の話。『大辞林』にも同様の記述がある。近年問題視されているのはコレ。林先生がTVで語っているのもこれだろう。

 第1段階と第2段階に関しては、古い話なので、あまり興味がない。
 第3段階に関しては、「すごい+体言」「すごく+用言」が一般的と考えるのが無難だろう。
 ここで打ち切っておかないと泥沼にはまる。

 と言いつつここからが本題で、泥沼にはまるための質問です。
「すごい+体言」「すごく+用言」が妥当な使い分けだとします。
 ということは……。

質問1 「すごい美人」「すごく美しい人」
 ↑のように使い分けるということですね。
 本当なんでしょうか。

質問2 「すごく美しい 人」「すごい 美しい人」
「すごく美しい人」の「すごく」は用言にしかかからないとすると、当然のことながら、「すごく美しい 人」ってことですよね。
 これを「すごい」が「美しい人」にかかると考えるのは邪道でしょうか。「美しい人」はフツーに考えれば名詞でしょう。名詞にかかるのは「すごい」ですよね。

質問3 「美人」の品詞は
「美人」の品詞は名詞でしょう。「〜すぎる」の「〜」に入るの形容詞か形容動詞のはずです。ってことは、いまや一般的な表現になっている「美人すぎる」って誤用でしょうか。
 詳しくは下記をご参照ください。
【この違和感は何ですか? 「〜すぎる」】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9167850.html

質問4 副詞は名詞にかからないのか?
 これが非常に微妙な問題で、「用言のことが多いが、体言のときもある」と考えるしかない気がします。詳しくは下記をご参照ください。
【続「主に」の使い方】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220123.html  


https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%84-541501#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説

すご・い【▽凄い】


[形][文]すご・し[ク]
1 ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。「―・い目でにらむ」
2 びっくりするほど程度がはなはだしい。大層なものだ。「―・い人気」
3 (連用形を副詞的に用いて)程度のはなはだしいことを表す。「―・く寒い」「―・くおもしろい」
[派生]すごさ[名]すごみ[名]
[用法]すごい・ひどい――「すごい(ひどい)嵐」「すごい(ひどい)寒さ」「すごく(ひどく)速い」など、はなはだしいの意では相通じて用いられる。◇「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。また「すごい評判だ」「すごいあばら家」などプラス、マイナス両面の評価に使う。◇「ひどい」は「ひどい人」「ひどい仕打ち」「ひどいことを言う」のように、マイナス評価について用いられる。◇俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある。 
===========引用終了

https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%8F-302309#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88
===========引用開始
大辞林 第三版の解説

すごく【凄く】

( 副 )
〔形容詞「すごい」の連用形から〕
程度がはなはだしいさま。大変に。大層。非常に。主に会話で用いられる。 「 −速い」 「朝晩−冷える」 「 −酔っぱらう」 〔近年、くだけた言い方で「すごく」の代わりに「すごいでっかい」「すごいきれいだ」などと言う場合があるが、標準的でないとされる〕 
===========引用終了
『大辞泉』の記述はほぼ前回どおりだろう。問題は『『大辞林』のほう。「すごく」なんて前はなかったと思う。以前は「連用形を副詞的に用いて」いたのが、めでたく副詞と認定されたのだろう。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すご...続きを読む

Aベストアンサー

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人はまずいないでしょう。
 「すごく美人だ」というのはokでしょう。とすれば「すごく」は「美人」にかからず、「美人だ」という述語にかかるのは明らかでしょう。外にかかるものはありませんから。「美人だ」が形容動詞でないことは明らかです。
 しかし、ややこしいのは「形容動詞」です。その話は次へ。

>ただ、問題になっているのは、「勉強したのは主に経済学だ」です。この「主に」を形容動詞と考えるのは無理なのでは。

 そうです。「主(おも)」という名詞に「だ」という断定の助動詞が付いたものです。形容動詞ではありませんでした。ところで、「名詞+だ」と「形容動詞」との差はどう区別しますか。「安心」という語を辞書でひくと、ほとんどの辞書は[名詞・形動・する]などと品詞の表示をしています。「安心」(名詞)・「安心だ」(形動)・安心する(サ変複合動詞)いずれにもなると説明しているわけですが、「サ変」は別にして「形容動詞」を認める人と認めない人があります。辞書はそのどちらにも通用するように、このように表示しているのでしょう。辞書の中で「形容動詞」を認めていないのは、「広辞苑」だけです。最初の編者「新村出」氏の考えを引き継いでいます。
ところで非常に多くの語が「形容動詞」にすることが出来ます。
 無礼 困難 難儀 優美 丈夫 絶対 温和 元気 健康 平凡 非凡 穏やか
これらが名詞であって、形容動詞であることを区別する方法を考えてみました。その方法とは、上記のような言葉に「さ」という接尾語を付けて名詞化が出来れば、それは形容動詞の語幹ということです。
 ところが大変な矛盾が存在します。それは「無礼だ」という語を「形容動詞」と認めない人は「名詞」+「だ」という考え方です。そうすると、「無礼」という名詞と「無礼さ」という名詞が共存していることになりますが、これは大変な矛盾ですね。

 結局、私が考えるに、問題の根幹は「だ」ですね。過去の質問に「だって」「だから」「だったら」「何だっけ」「卒業式はいつなんですか」
これら皆「だ」の問題であるわけです。
 また、「いいじゃないか」「いいんじゃないか」の2種類あることについて、実はその秘密が分かりかけてきました。また機会があれば、述べてみましょう。

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人...続きを読む

Qこの数字 →(0)は何を意味するのでしょうか。

日本文学館は、刊行書籍一覧のページで年月別に刊行書籍の件数を表記しています。

2017年の刊行書籍は次のように表記しています。
   → 2017年刊行書籍 Total:5 (0)

2017年刊行書籍のTotal:5 の「5」は、2017年に5件の書籍を刊行したということです。

私がわからないのは、(0)の「0」です。

これは何を意味するのでしょうか。

(補足)2017年の月別の刊行書籍は、次のように表記しています。
   → 2017年01月 Total: 1 (1)
   → 2017年05月 Total:2 (2)
   → 2017年06月 Total:2 (2)

Aベストアンサー

すみません。判りませんでした。
やはり、直接問い合わせするというのが良いかもしれません。

ただ、雰囲気としては、「おすすめ」とかにピックアップされているものの数に見えます。
例えば、2017年のもの(こっちは、カッコの中がゼロ)と、「新刊おすすめ」(こちらは、カッコの中 = 全体の数)では、同じ書籍がありますが、紹介ページそのものは、別のページになっています(中身は同じ)
ですので、おすすめとかにピックアップされているものの数をカウントしている可能性はありそうだなと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング