例えば振り子などで、物体にかかる糸の張力は一定なんですか?
また、ある物体がエレベーターの中で、人が受ける垂直抗力は動き出す直前と動いてる時では同じ値ですか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

エレベータ。


「動いている時」というだけでは、垂直抗力がどうなるかは決まりません。
・上向きに加速度が働いている(上昇を始めたときの加速中、あるいは下降が終わるときの減速中)なら、動き出す直前よりも大きくなり、
・下向きに加速度が働いている(下降を始めたときの加速中、あるいは上昇が終わるときの減速中)なら、動き出す直前よりも小さくなり、
・一定速度で動いている間は、動き出す直前と同じです。

 エレベータで体感できる筈だし、バネ秤におもりをぶら下げて乗ってみれば数値でも測れるはず。
    • good
    • 0

振り子での糸の張力は一定ではありません。


この場合の張力とは、糸の先に付いている物体が飛び出そうとするのを押さえる
力のことになります。
つまり糸には遠心力プラス物体の重さの力がかかっていて、これが張力です。

遠心力は速度の2乗に比例しますから、速度が上がる鉛直方向と、振れ幅が最大に
なるところのように速度がゼロになるところでは違います。
そして糸にかかる物体の重さも違いますから、すなわち張力が違うことになります。

エレベーターの方もそれぞれで違う値になります。
垂直抗力はエレベーターの床が受ける力の反力ですから、エレベーターの床が受
ける力が大きくなれば垂直抗力も大きくなります。つまり動き出した方向が上な
らば垂直抗力は大きくなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工業用ミシン糸について

工業用ミシン糸について

ロックミシンでの ニットソーイング初心者です
工業用ミシン糸を購入する際の疑問について アドバイスをお願いします
・ポリエステル糸の高伸縮、低伸縮の違いと見分け方と使い分け
・ナイロン糸の高伸縮、低伸縮の違いと見分け方と使い分け
・レジロン糸のAとFの違い
・ポリエステル糸・ナイロン糸の低伸縮糸とレジロン糸の使い分け

素朴な疑問です
アドバイスお願いします

Aベストアンサー

ロックミシンをお使いになる様ですが、ご質問の趣旨が根本的にプロの現場と違う様です。ニットソーイングの場合、針棒側にはスパン糸でルーパー側にはウーリーナイロンを使います。実際ポリエステル糸は伸びないのが原則で多少伸縮が有ってもウーリーナイロンの様に伸びないので、高伸縮、低伸縮使い分けの意味が有りません。そしてレジロン糸はまず使いません。高いからです。レジロンは光沢が有り巻きの状態がはっきりしていて硬いのが特徴です。

布帛と違いニットは編んで出来ている生地です。しかも糸も布帛に比べてよりが甘くしてあります。伸びる事が前提ならそれに従い糸も伸びる物でなければ糸切れが発生します。そこでロックに使う糸はウーリーナイロンなのですが、プロの現場で糸の一番のネックは「生地に合わせた色糸を使う」事です。つまり色糸を沢山用意しないといけないのです。スパン糸が1本¥300 ウーリー糸は¥600なので4本とりなら上下で揃えると¥1800が糸代でかかります。1枚だけ縫うなら高くついてしまいます。

ちょっと質問の趣旨から外れましたが、ご自身で初心者と仰っているのですが初心者でロックを持っている方はいません。謙遜されて仰っているので敢てプロの現場のお話しをさせて頂きました。最後に、生地に糸の色が合わない時「生地より薄い目の色の糸を選ぶ」のが見た目すっきり仕上がるこつです。

ロックミシンをお使いになる様ですが、ご質問の趣旨が根本的にプロの現場と違う様です。ニットソーイングの場合、針棒側にはスパン糸でルーパー側にはウーリーナイロンを使います。実際ポリエステル糸は伸びないのが原則で多少伸縮が有ってもウーリーナイロンの様に伸びないので、高伸縮、低伸縮使い分けの意味が有りません。そしてレジロン糸はまず使いません。高いからです。レジロンは光沢が有り巻きの状態がはっきりしていて硬いのが特徴です。

布帛と違いニットは編んで出来ている生地です。しかも糸も布帛...続きを読む

Q<<単振り子>>最下点通過のときの糸の張力?

はじめまして。高校生のlemon9です。
高校物理の質問があって投稿しています。
【問題】
糸の一端に物体をつけ他端を天井の一箇所に固定して、
糸が鉛直方向と60゜(=θ)を成す位置から振らせる。
(単振り子の状態)
物体が最下点を通過するとき、物体に働くすべての力とその大きさは?


という問題で、働く力は、
●糸の張力=T  ●重力=mg
ここまでは分かりました。

しかし、模範解答によれば、
"この2力の間には、T=2mgなる関係が存在する"
ということで、そこが分からず困っています。
学校の先生は高校物理IIの知識を使うのだとおっしゃっていたのですが、自分の持ち合わせの教材が物理Iまでのものなので、解決することが出来ませんでした。

さらに、θ=90゜のときの最下点の張力についても教えて頂けたら嬉しいです。お願いいたします(__)

Aベストアンサー

 まず、振り子の糸のの長さを L 最下点での速度を v とすると、力学的エネルギーの保存から
(1/2)mv^2=mg(1/2)L
となり、後の計算のためにこれを mv^2=mgL と変形しておきます。

 最下点では半径 L の円運動をしており、おもりには mv^2/L だけの向心力(上向き)が働いています。(ここは 物理II の内容です)

 この向心力は、おもりに働く張力T(上向き)と重力mg(下向き)によって生じているので、

T-mg=mv^2/L

となります。この式に先の mv^2=mgL を使って変形すれば T=2mg が得られます。

Q普通地に30番糸でミシンステッチ

ドビークロスでワンピースを製作中の洋裁初心者です。
裾に、ミシンステッチが目立つように太めの糸で直線縫いをかけたいのですが糸調子がとれません。
使っているミシンは自動糸調子のものですが、手動で上糸を弱くしても、上糸はピーン・下糸はふにゃふにゃ気味で、思うようにならないのです。
糸は上糸・下糸ともにシャッペスパンの30番、針は11番と14番と16番を試しましたがいずれもダメでした。裾の始末は三ツ折です。
他の部分は糸は60番、針は14番で縫いました。

そもそも普通地に30番の糸は無理があるのでしょうか。
もう少しで仕上がるのにもどかしいです・・・。
アドバイスいただけたらうれしいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それって、下糸と上糸間違えて調整していませんか?

もし、布の下(裏面)に糸がふにゃふにゃとなるようでしたら、上糸は弱くするのではなく強くしないといけないのですが。。。

もし私のアドバイスが見当違いなら、お使いのミシンで30番の糸はミシンの能力を超えているのかもしれません。

私も先日20番の糸を使おうとして、自動糸調子のミシンではどうしても綺麗に糸調子が取れず、昔ながらのボビンを使って糸調子を取る古いミシンを引っ張り出してようやく縫えたということがありました。

自動糸調子のミシンはそのメーカーの家庭用では一番上の機種だったんですけどね。。。

Q角運動量とK.E.変化について 半径rで糸に繋がれ円運動している物体mを糸を引いて半径r'

角運動量とK.E.変化について





半径rで糸に繋がれ円運動している物体mを糸を引いて半径r'(<r)になったとき速度は角運動量保存則により速くなるのはわかるのですが
糸を引く力は物体の速度方向と常に垂直に働くにもかかわらず物体の運動エネルギーが増加しているのがしっくりこないのですがなぜ増加するのか教えてください

Aベストアンサー

No.1&3です。各々のエネルギーを計算してみましょう。

物体の質量を m として、当初の円運動の半径を R1 、角速度を ω1 とします。
その運動エネルギーは
 E1 = (1/2)m*R1^2*ω1^2   ①

糸を引いて半径を R2 にしたときの角速度を ω2 とすると、その運動エネルギーは
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2   ②

角運動量が保存されれば
 L = m*R1^2*ω1 = m*R2^2*ω2 =const
より
 ω2 = (R1/R2)^2 *ω1   ③

よって②は、③を使って
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2
   = (1/2)m*R2^2*[ (R1/R2)^2 *ω1 ]^2
   = (1/2)m*(R1^4/R2^2) *ω1^2
   = E1 * (R1^2/R2^2)   ④
となることが分かります。(半径が 1/2 になれば、運動エネルギーは 4 倍になります)

一方、回転半径が r のときの遠心力は、外向きに
 F = m*r*ω^2
であり、角運動量が一定なら L=m*r^2*ω=const より
 ω = L/(m*r^2)
なので、遠心力は
 F = L^2/(m*r^3)
と書けます。

この遠心力に逆らって、半径方向に微小変位 dr 分だけ移動するのに要する仕事は、(力)×(変位)なので
 dW = -F*dr = -[ L^2/(m*r^3) ]dr

従って、半径 R1 から R2 に変化させるのに必要な仕事の総量は
 W = ∫[R1→R2][ -L^2/(m*r^3) ]dr
   = L^2/(2m)[ 1/r^2 ][R1→R2]
   = L^2[ 1/R2^2 - 1/R1^2 ] /(2m)
   = (1/2)L^2*(R1^2 - R2^2)/[ m(R1^2 * R2^2) ]

ここに L=m*R1^2*ω1 を代入すれば
 W = (1/2)m*R1^2*ω1^2*(R1^2 - R2^2)/R2^2
   = E1 * (R1^2 - R2^2)/R2^2          ⑤
ということになります。
 半径を 1/2 にするには、当初の運動エネルギーの 3 倍のエネルギーに相当する仕事をしなければいけないことになります。

①④より、運動エネルギーの差は
 E2 - E1
= E1 * (R1^2/R2^2) - E1
= E1 * (R1^2 - R2^2)/R2^2
ですから、⑤に一致することが分かります。

以上より、当初の半径を R1 の回転運動の運動エネルギーに対して、半径 R2 の回転運動の運動エネルギーは、半径を R1 から R2 に変化させるのに外から加えた仕事分だけ大きくなっていることが分かります。

No.1&3です。各々のエネルギーを計算してみましょう。

物体の質量を m として、当初の円運動の半径を R1 、角速度を ω1 とします。
その運動エネルギーは
 E1 = (1/2)m*R1^2*ω1^2   ①

糸を引いて半径を R2 にしたときの角速度を ω2 とすると、その運動エネルギーは
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2   ②

角運動量が保存されれば
 L = m*R1^2*ω1 = m*R2^2*ω2 =const
より
 ω2 = (R1/R2)^2 *ω1   ③

よって②は、③を使って
 E2 = (1/2)m*R2^2*ω2^2
   = (1/2)m*R2^2*[ (R1/R2)^2 *ω1 ]^2
   = (1/2)m*(R...続きを読む

Qミシンの下糸と上糸の調整について(家庭用の垂直半回転ミシン)

家庭用垂直半回転ミシンの下糸と上糸の調整について聞きたいです。
糸は30番で、針は16番を使用しています。

生地を縫ったところ、生地の表の上糸は綺麗に縫えていたのですが、生地の裏の下糸はダブダブにたるんでいて、縫い目が汚かったです。
そして、色々と調整をした結果、下糸を思いっきり強くして、上糸も思いっきり強くしたらなんとか縫えました。
ところで、ちょっと昔、どこかのホームページを見たところ、「糸の調節は緩めがコツ」と書かれていました。

現在、この30番の糸と16番の針を使って縫うときに、糸の調節は上糸と下糸共に非常にキツく調節してあるのですが、これで正常なんでしょうか?
みなさんもこんな感じなんでしょうか?

Aベストアンサー

あのー30番の糸と16番の針を使って縫ったことはないのですが・・・

経験上、生地の表の上糸が見た目正常でも裏がボワボワのときは上糸の掛け方がまずい場合が多いです。ちゃんとかかっていると思いますが、今一度しっかり確かめながら かけなおしてみてください。また ボビンは完璧にはいっていますか?下糸のかけかたも間違っていませんか?

もしボビンケースを使うタイプなら 糸を巻いたボビンを入れた状態で糸を持って垂らしてみて ちょっとボビンを下に振ったときにやっと糸がするっとででくるくらいが ちょうど良い下糸の状態です。この下糸の状態に合わせて 上糸を調節するのが 良い調子になるポイントです。

でも そんな太い糸で縫ったことないんで・・・・

Q高校物理の振り子でおもりを離した直後の張力について

物理の振り子の問題で、おもりを離した直後の張力を求める問題なのですが、
私は鉛直方向の力のつり合いから、Tcosθ=mgとしたのですが、
解答はT=mgcosθでした。
どうしてそのようになるのでしょうか?
分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、おもりを離した直後は静止しているから、だから「力のつり合い」と考えたのでしょうね(^^;)
そこで、力のつり合いが成り立つときの物体の運動を確認しておきましょう(^^)
力がつり合っているとき、
1)静止している物体は、静止を”続ける”
2)運動している物体は、等速直線運動を続ける
でしたね(-_-)
この問題では、おもりを離した後、一瞬おもりは静止していますが、静止を「続ける」わけではありませんね(◎◎!)
したがって、この問題を力のつり合いで解くのは間違っているんですね(^O^)
じゃあ、どうやって解くかと言いますと、おもりは振り子運動を始めますが、
振り子運動は、”等速”ではない、円運動の一部になっていますね(^^)
そこで、思い出して欲しいのですが、円運動が”等速”でなくても、
円運動の各瞬間は、等速円運動であると考えて式を立てることが出来ましたね(-_-)
それを思い出せば、おもりを離した直後の円運動の式は、
向心力F=m・v^2/r より、・・・向心力Fは、物体に働く力の中心方向(ひもの方向)の成分を入れるんでしたね
T-mgcosθ=m・(0^2/r) = 0  何故なら、おもりを離した直後のおもりの速さは0 だから
これより、
T=mgcosθ
となります(^^)

多分、おもりを離した直後は静止しているから、だから「力のつり合い」と考えたのでしょうね(^^;)
そこで、力のつり合いが成り立つときの物体の運動を確認しておきましょう(^^)
力がつり合っているとき、
1)静止している物体は、静止を”続ける”
2)運動している物体は、等速直線運動を続ける
でしたね(-_-)
この問題では、おもりを離した後、一瞬おもりは静止していますが、静止を「続ける」わけではありませんね(◎◎!)
したがって、この問題を力のつり合いで解くのは間違っているんですね(^O^)
じゃあ、ど...続きを読む

Q天竺をミシンで縫う時の糸について

裁縫初心者です。天竺を家庭用ミシンで縫う時、下糸をウーリー糸にすると良いとネットで見たので、とりあえずウーリー糸を買ってみました。この時、上糸はレジロンでもいい、と見たのですが、家にレジロンという糸はありません。

普通のミシン糸か、ウーリー糸しか今家にないのですが、この場合、上糸もウーリー糸を使って良いのでしょうか?わかる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

しつこく来ました(笑)

昔は天竺というと木綿でした。
布団カバーにするような平織りの伸びない生地なんです。
今は天竺というとニットが多く言われるようなんですね。
勉強になりましたm(__)m

そうそう、ついでに
私の若いころはミシンで木綿縫いはカタン糸という綿糸を使っていたのでしたが、今は使わなくなっているそうです。
代わりにシャッペスパン(スパン糸)という合繊の糸が広範囲に使われます。
これで大抵の布は縫えます
あまり伸縮しないニット地であればこれで縫ってしまうこともあります
今はレジロンというニット用の糸がありますが。

一言でニットと言っても伸縮性のあるもの、そんなに伸びないものがあります。
概して薄いものは伸びやすく縫いにくいですね。

ミシンはロックミシンではないのですね?
普通のミシンでしたら
伸びやすい生地にはウーリー糸を使えばよいのかもしれません。
せっかく買われたのでしたら端布で試してみてはいかがでしょうか。
それでうまく行けばよいし、ものは試しです。

自分の予想では上下とも、レジロンで縫われるのが一番楽なように思います。
編み地でも上下レジロンで縫います。
試し縫いをしてみて縫い目がつれないか見てください。

ウーリー糸についてはロックミシンで巻ロックに使えます。
端をフリルにするときとか、縫いっぱなし状態にできます。

しつこく来ました(笑)

昔は天竺というと木綿でした。
布団カバーにするような平織りの伸びない生地なんです。
今は天竺というとニットが多く言われるようなんですね。
勉強になりましたm(__)m

そうそう、ついでに
私の若いころはミシンで木綿縫いはカタン糸という綿糸を使っていたのでしたが、今は使わなくなっているそうです。
代わりにシャッペスパン(スパン糸)という合繊の糸が広範囲に使われます。
これで大抵の布は縫えます
あまり伸縮しないニット地であればこれで縫ってしまうこともあります
今はレジ...続きを読む

Qエレベーター内の振り子

物理の問題で質問があります。

エレベーター内で天井から糸でつるされている小物体が小さな振幅で単振り子の運動をしているときについて疑問があります。

エレベーターが静止中に小物体が最下点(糸が鉛直方向になったとき)に速さがVであるとすると
エレベーターが加速度αで上昇しているときにも小球の速さがVらしいのですがなぜでしょうか?

かといって他の速度の求め方は分かりません。

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問文に書かれている条件だけではわかりません。

たとえば、下向きの加速度が g のときと g+α のときとで、それぞれ、おもりをまったく同じ角度まで振れさせたところで手を放するのをスタートとすると、下向きの加速度が大きい後者の方がVは大きくなります。

Qクロスステッチの布の下準備としつけ糸のかけ方

クロスステッチ初心者です。ぜひご助言ください。

刺し始める前に、下準備として、上下左右の真ん中を通って交差させるしつけ糸なのですが、いつも疑問に思うことがあります。仕付け糸は、布を形成している糸と糸の間(刺繍糸を通すところと同じところ)を通ったほうがいいのでしょうか、それとも、布を形成している糸を割って通ったほうがいいのでしょうか?

もちろん簡単なのは糸と糸の間を通す方なのですが、それだと、刺繍糸がしつけ糸を割った場合に、布に仕付け糸の繊維や糸くずが残ったりしないか、また仕付け糸の上から刺繍糸をかけた場合に、しつけ糸がきれいに取れないで残ったりしないか、心配です。

それから、リネンなどの布ですが、特にキットなどで買った場合に、糊がかなりバリッと効いているのですが、水に通すなどして、落とすものなのでしょうか?

この2点、皆様はどうされているのか、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 趣味でクロスステッチをやっています。教室などで習ったことはなく、本やキットの説明を見ながらの自己流です。
 しつけですが、私はやりません。布を4つに折って、真ん中を探し、消えるチャコペンなどで印をつけ、そこから刺し始めます。
 しつけをする場合は、図案の方眼のように糸と糸の間でよいのでは・・・と思います。しつけ糸の近くを刺す時は少しずつ切って抜いたらどうでしょうか。
(私はしつけをしないのでうまくいくかわかりませんが)  
 端から刺したい場合は目数を数えて余白が均等になるようにして、始点を決めます。
 布の準備ですが、最初にロックミシンかしつけ糸で周りをかがって水に通します。ミシン掛けが面倒な時などは、水通しした後、ほつれ止め液を周囲に塗布することもあります。
 面倒でも何かしておかないと、刺している間に端からぼそぼそほつれてくるので、周りが汚くなってきます。
 まとまらない文章で申し訳ないですが、参考になれば嬉しく思います。

Q糸の張力について

質問をさせて下さい。
高校2年の物理の教科書レベルの問題です。単元は「糸の張力」として載っています。

一端を壁に固定した長さ0.50mの糸Aに質量1.2kgの物体を吊るし、別の糸Bで水平に引くと、物体は壁から0.30mはなれた。
糸A・Bの張力の大きさを求めよ。重力加速度の大きさを9.8km/s2とする。

力の分解を利用するところまでは分かるのですが、その後の解き方が全く分かりません。
ご教授のほど、よろしくお願いいたします。失礼いたします。

Aベストアンサー

すぐに答えを書いてしまうと考える仮定がもったいないのでヒントを出します。


まず物体に働く力は全てわかりますか?図を書いて向きも含めて書き出しましょう(この問題の場合は三つの力があります)大きさがわからないものは文字で置いときます。

つぎにその力を水平方向と垂直方向に分解して、それぞれの方向でつりあいの式を書いて、連立方程式を解けば未知数が求まります(この問題の場合は分解する必要のある力は一つだけです)


的外れなヒントを出していたらごめんなさい。
また上の方法で考えてもわからなかったらまた質問してください。


人気Q&Aランキング