SSR(ソリット・ステート・リレー)はどのような仕組みで動いているのでしょうか?また、どのようなときに利用するのでしょうか?即急の回答をお願いいたします。

A 回答 (5件)

皆さんのお答えを総合すれば、模範解答が出来ます。


要するに、リレーの代わりに半導体のスイッチングを使って各種の回路の制御をしているのがSSRというわけです。リレーと半導体スイッチングは一長一短があって、なかなか難しいですがうまく使い分ければいいわけです。
    • good
    • 0

皆さんの回答で、一つだけ出てない事があるので補足します。



SSRは半導体素子であるので、原理的に、機械式リレーの様に、ON時抵抗0、OFF時抵抗が無限大にできません。

出力段にFETを用いて、ON抵抗はかなり低くなり、またOFF抵抗もかなり高くなってきましたが、シビアな数値を要求される場合は、まだ機械式にはかなわない部分があります。

まあ、大抵の用途では十分間に合っており、これが問題になるのは非常に特殊な用途ですけど。
    • good
    • 0

物理接点を持たない半導体で出来ています。


SSRやトライアック・MOS-FET等、
特徴
接点を持たないので火花(スパーク)が出ない・品種によりゼロクロス出力があるのでインラッシュに強い、、高速のon・offに追従できる・稼動接点が無いので規定どうりに使えば半永久的。

以上の特徴から高速にON・OFFの必要な回路によく使われます。
また、メンテナンス軽減の為に使うこともあります。
例 温度調整装置でPID出力ヒーター制御。
  高速でバルブの制御が必要なとき
  リレーの交換が難しい場所

http://ctlgserv.mew.co.jp/ctlg/acg/jpn/relay/sem …(SECT1,query(<SECT1>),1);showtoc=yes
    • good
    • 0

主に細かい制御を要する場合に使います。


位相制御やゼロクロス制御などで、たとえば温度を一定に保つとか、細かいモーターの制御等に有効です。
理由は通常のリレーに比してタイムラグが少ない為で、これによって精密な制御が可能となります。
    • good
    • 0

入力側に発光ダイオード、出力側はいろいろありますが、受光すると導通する素子が入っています。

機械的な接点がないため無接点リレーと呼ばれたりします。

機械的構造が存在しないため、繰り返しの使用に対して耐久性があります。マイコンの制御回路などで100Vをon/offさせたりするのに使用します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ