ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

宅地建物取引主任者の資格を取得をめざそうと思うのですが、経済的なので通信講座を利用しようと考えております。

いろんなところがあって目移りするのですが、これをやっとけば大丈夫という内容で、どこかおすすめの通信講座はありますか?

実際に受講された方おられましたら、感想をお聞きしたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今年10月の試験を受けるために、今から通信講座を受ける予定でしょうか?



だとしたら時間がなさすぎると思います。
スクールとかで、3日漬け講座っていうのがあります。1万円くらいだった記憶があります。

TAC 3日漬け講座
http://www.tac-school.co.jp/koza1/takken/index.h …

あとは、私が宅建を受けるのに、いろいろ勉強してましたが、下記のソフトはパソコンにインストールする方法ですが、39000円です。ときどき新聞やHPでもモニターを募集していて、29000円で受講できて、なおかつ不合格なら受講料金が返金されるというものですが、モニターを募集していないと3万9000円になります。

難点は、パソコンにインストールするのでパソコンの画面をずっと見ることになります。

私が感じたのは、パソコンばかり見ていると眠くなってしまうのと、なんか勉強するには、やっぱり本や問題集がいいなぁって思った感想があります。
1度は、購入したものの返品してしまいました。

ニュートン TLT
http://www.e-sikaku.jp/contents/takuken1.htm


下記は、通信教育でも有名ですよね。
資料を取り寄せたことがありますが、確か4万円以内で受講できます。

でも、修了まで8ヶ月~10ヶ月要するような形となっていて、問題集やらテキストがやたらたくさんあって、こんなに勉強することが多いの?って思うくらいイヤ気がさしてきて、やる気がなくなるように思います。

生涯学習のユーキャン
http://www.u-can.co.jp/open/educate/index.html

来年の試験に向けて、確実に。。。と思うなら上記の通信講座を受けても良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。勉強するのは、本や問題集がいいですよね。でも、そればかりだと飽きるので、カセットなど、耳から情報を入れるのも楽でよいかな、とも思います。

あまり問題集やらありすぎるのも、どうかな?ですよね。難しい資格ではないと思うので、それ程の内容をこなさなくてはいけない資格なのかな?と、ちょっと疑問にも思えますし・・・。

今年は願書を出せなかったので、受験は来年になります。参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2004/08/28 19:18

ここのスクールはいかがでしょうか。

宅建はH7年合格で、まだ、このスクールの存在を知らなくて利用したことがありませんが、実績があり、割引制度を上手く利用すれば、元が取れると思います。

以前、初級シスアド・管理業務主任者試験でお世話になり、マンション管理士講座を受講中です。

参考URL:http://www.lec-jp.com/takken/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。充実したページですね。さっそくお気に入りページに登録しましたので、ゆっくりみてみることにします。

お礼日時:2004/08/28 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q宅建の質問です。 【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売

宅建の質問です。

【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
1.Cが建物の所有権を有している場合、AはBとの間で当該建物の売買契約を締結してはならない。ただし、AがCとの間で、すでに当該建物を取得する契約(当該建物を取得する契約の効力の発生に一定の条件が付されている。)を締結している場合は、この限りではない。】
についてですが簡単に言うとAは自己の所有に属さないCの建物を売ってはならないけど契約か予約があればいいですよ、だけどその契約や予約が停止条件付きじゃだめですよ、と言う事だと思うのですが、国語力の問題なのか肯定と否定の位置がよくわかりません、変わった質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

33条の2

原則
・Aは自ら売主としてBと売買契約を締結できない。

例外
・AがCから建物を取得する契約か予約をしていること。(その効力の発生が条件に係るものを除く)とあるので停止条件や法定条件付きの場合には契約を締結できない。
・AがCと解除条件付き取得契約を締結しているときは、AはBと売買契約を締結できる。

民法127条
停止条件: ある事実が生じることで効力が発生
解除条件: ある事実が生じることで効力が消滅

蛇足ですが、民法上では他人物の売買は有効に成立します。

Q宅建業者の身分を隠して自社物件の売却?

ふと疑問に思ったので質問します。

 宅建業者Aは自己所有の不動産を、宅建業者Bを介して売却を図ったとします。
 宅建業者を介する理由は、売却予定の不動産が遠隔地だからです。

 例
 宅建業者A(大阪)が宅建業者B(北海道)にAの所有物件(北海道)を売却依頼(仲介や代理)

この場合、Aは自社が宅建業者であることをBに告げなければ、宅建業者の瑕疵担保責任を逃れてしまうのではないでしょうか?  

宅建業者でないものが反復継続の売買をしたのではなく、宅建業者が身分を隠して自社物件の売買を反復継続するという意味です。

変わった質問かもしれませんが、あり得ることと思いますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私が学生のころの話ですが、うちの取引先でもあったとある業種の社長が自分の土地にマンションを建てて、宅建業者に依頼して、分譲販売したのです。

 繰り返しますが、社長もその会社も宅建免許はありません。分譲を依頼された、売買実務にあたった宅建業者というのは当然免許があります。

 どうなったでしょうか?

 半分くらいの戸数を分譲したところで、その社長も宅建業者も「宅建業法違反」で捕まってしまったのです。

 宅建業者のほうは、「幇助」でした。

 もちろん、捕まえたのは日本の警察ですねぇ。

 新聞沙汰になって、いろんな職種の人(特に宅建業者)がびっくりしました。

 社長の会社は資金繰りに窮して倒産しました。

 その後、その従業員が同じような名前の会社を興して取引先を引き継ぎ、こん日に至っていますが。


> 宅建業者が身分を隠して自社物件の売買を反復継続する

 その驚くべき体験を元にして考えますに、

資格を隠すこと=資格を使わないこと なら、上の社長と同じ無資格者ですので、捕まります(私の記憶によると逮捕の根拠となった条文は変わっていないはずだから)。

 資格を隠そうが明示しようが、販売を繰り返しても捕まらないでいられるなら、それは宅建免許があるからです。

 宅建免許を利用していることになります。

 免許を利用しているならば、瑕疵担保責任なるものも含め、「免許業者の責任」は果たさなければならないはずです。

 義務を果たす気のない免許業者など、市民の立場としてもあってはいけませんし、法が許すはずはありません。

-----
 ついでにいうと、例えば宅建業者の社長が(1回だけ)自分の土地を売ったような場合であっても、実務上は宅建業者と同じ注意義務を要求されています。

 「これは個人として売ったのだ」と言っても許してもらえません。

 また、父個人(無資格)が、土地・建物を買った時に、あとで、水洗トイレで便器はあっても浄化槽がないという事実その他の不備を知って、宅建業者組合の紛争処理部門を介して、仲介した業者にクレームをつけたことがあります。

 処理を申し立てた時点で、「あんた(父の会社)だって業者の資格をもっているんだから調べろよ」と、宅建の「組合」から逆ギレされました。

 100%の仲介料を値切りもせずに仲介業者に払ったので、父としては業者としての調査義務はぜんぶ任せたつもりだったのですが、父にそれなりの知恵・資格があると責任を負わされるそうです。

 私が学生のころの話ですが、うちの取引先でもあったとある業種の社長が自分の土地にマンションを建てて、宅建業者に依頼して、分譲販売したのです。

 繰り返しますが、社長もその会社も宅建免許はありません。分譲を依頼された、売買実務にあたった宅建業者というのは当然免許があります。

 どうなったでしょうか?

 半分くらいの戸数を分譲したところで、その社長も宅建業者も「宅建業法違反」で捕まってしまったのです。

 宅建業者のほうは、「幇助」でした。

 もちろん、捕まえたのは日本の警察で...続きを読む

Q宅地建物取引主任者資格と不動産実務について

―――
数年前に宅地建物取引主任者(以下、宅建)の資格を取りましたが、登録実務講習を終えてから、ずっとほったらかしになっています。
当時は学生も手順がよく分からなかったので、主任者証の交付は受けていません。講習の終了証書が届いたのが2007年の5月ですから、もうそろそろ登録期限が切れる頃です。これから不動産の宅建主任者の仕事をする場合、どのような手順を踏んで交付を受ければよいのでしょうか?
また、宅建主任者は不動産取引において、重要事項説明とその記名押印、37条契約書面の記名押印するための必須資格ですが、実際の不動産会社ではどのような流れで業務が行われているのでしょうか?
実務的な業務の流れを詳しく教えてくれると助かります。(重要事項説明や契約書には書き込み式のフォーマットがあって、物件情報を基に作成すると聞いたことがあります)(あと、損害賠償保険に入るというのは本当でしょうか?)。

取得してから数年経っているので、細かい法律などの内容がうろ覚えのふしもあります。このような状態で、主任者の仕事は難しいでしょうか?

現在実務に従事している方、業界に詳しい方、宜しくお願いします。

―――
数年前に宅地建物取引主任者(以下、宅建)の資格を取りましたが、登録実務講習を終えてから、ずっとほったらかしになっています。
当時は学生も手順がよく分からなかったので、主任者証の交付は受けていません。講習の終了証書が届いたのが2007年の5月ですから、もうそろそろ登録期限が切れる頃です。これから不動産の宅建主任者の仕事をする場合、どのような手順を踏んで交付を受ければよいのでしょうか?
また、宅建主任者は不動産取引において、重要事項説明とその記名押印、37条契約書面の記名押印...続きを読む

Aベストアンサー

宅地建物取引主任者証を保有するものです。

宅建主任者だけの仕事というものはありません。

男性ですと営業(女性も営業います)女性だと宅建事務

の仕事が付随してきます。

その中で、契約(重要事項含む)するとき、宅建主任者の資格が活用されるだけです。

なので、契約(重要事項含む)するときだけ宅建主任者にバトンタッチというケースがよくあります。

ぶっちゃけいうと男性ですと営業ができれば問題ないのです。会社入社して資格を取得する方が多いです。

女性ですとパートさんが多いので、宅建の資格がないと勤めるのは難しいでしょう。

実務的なこと言うと、顧客との駆け引き・家主との関係・車の運転・コミニケーション能力・電話応対・パソコン操作・地理に詳しくないといけない

等々宅建の資格以上の物が求められます。

最後に、主任者証の交付を受けていないとのことですけど、交付を受ける前に{法定講習}を受講しないといけないので最新の法令

には特に気になされなくても…

とにかくやる気と根気です。

頑張ってください。

QAFPのおすすめ過去問と宅建の勉強法

2級ファイナンシャルプランナーの過去問題集が欲しいのですが、おすすめのものはありますか?それとも過去問だったらどの本でも大差ないでしょうか?

それと、宅建を6月から勉強しようと思うのですが、独学で勉強する場合、おすすめの参考書はありますか?他の質問を見ていると、「らくらく~」とその関連の問題集をやれば合格レベルに達するとのことなのですが・・・
独学で「らくらく~」の場合と資格スクールに通う場合、真面目にやるのであればどちらでもかまわないのでしょうか?
ちなみに民法については一通り勉強したことがあるので多少心得はあります。

Aベストアンサー

2級ファイナンシャルプランナーですが、学科の場合、きんざいのHPから何年か分が見られますよね。
問題集としては、きんざいのものがお勧めです。
(私は1月の試験、1冊で済ませました)

宅建の独学ですが、10年前の合格者なので、今では他社からもいい参考書でてるかもしれませんが、ナカノ総合出版のものがお勧めです。
(なぜ、この規則・法律になっているのかわかりやすく説明してくれていました)

参考URL:http://www.nakano-s-s.com/bookpr.html

Q宅地建物取引主任者の資格を取りたい。

不動産業に興味を持って、宅地建物取引主任者の資格を取りたいと思うようになりました。
しかし、不動産業の知識などほとんどありません。今から勉強して、今年の試験に間に合うでしょうか??
学生なので、勉強する時間は結構あると思います。
あと、お勧めの学校や講座などあったら教えて欲しいです。

この資格を取るのに試験代、講座代などを含めると結構な費用がかかると思うんですが、全部で15万円ぐらいは覚悟しといた方がいいですか??

Aベストアンサー

こんばんは。
下のサイトをご参考にしてください。時期的には十分間に合うようですね。
私はここで取りましたが、クラスではダントツの最高年齢者でした。

私のやり方は学校を信頼してその言う通りに勉強したことです。
授業は出来るだけ集中して聴きました。
予習は全くしていませんが、その代わり復習は必ずやりました。
テストはしばしばありますが、励みになる競争相手をクラスで何人も作り
競争しましたので、真剣に良い成績を目指しましたよ。

入学してから受験まではテレビをほとんど見ませんでした。
お陰でとても良い点数で合格したと思います。

>学生なので、勉強する時間は結構あると思います
学生さんなら大丈夫、ちょっと本気になれば間違いなく良い成績で
合格します。目的が明確な勉強ですから気合も入るでしょう。
費用はあなたの予算内のようですね。

蛇足ですが、宅建で学ぶ民法は普段の生活でも役に立つと思います。


http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/kouza.aspx?id=3

こんばんは。
下のサイトをご参考にしてください。時期的には十分間に合うようですね。
私はここで取りましたが、クラスではダントツの最高年齢者でした。

私のやり方は学校を信頼してその言う通りに勉強したことです。
授業は出来るだけ集中して聴きました。
予習は全くしていませんが、その代わり復習は必ずやりました。
テストはしばしばありますが、励みになる競争相手をクラスで何人も作り
競争しましたので、真剣に良い成績を目指しましたよ。

入学してから受験まではテレビをほとんど見ません...続きを読む

Q宅建の過去問について

宅建資格の勉強方法について
宅建業法の過去問を現在しています。

インターネットで過去10年間の過去問を解いたのですが16問中11問ぐらいの回答率にしかなりません。

16問中14問ぐらい解けるようになりたいのですが何か良い方法は無いでしょうか。

他の質問者さんのアドバイスであったのですが市販の過去問をやり直したほうが良いでしょうか。

アドバイスがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

宅建の資格所持者です。
他にも資格を持って居りますが、どの資格試験であっても、過去問を解く際には、「解いた日付」「間違った問題番号」「間違った問題の分野」を控えておいたほうがいいです。
私は過去問は少なくともその方法で3回解いた上で、「理解できている問題」・「理解で出来ていない問題」・「あやふやな問題」に区分します。
その後、理解で来ていない問題に対する復習に重点を置き、ある程度までの正答率を目指します。
又、ある程度までの正答率に達した後は、予想問題を解きます。それは、何度も過去問を解いていると、正解を憶えてしまい、本当の実力以上の正答率になる危険性が有る為です。

宅建試験まで、あと7週間程度ですよね。
今週中にその過去問を2回(数日の間を挟んで)解いてみて、9月の第1週目は復習時間に充てて、その後は、過去問と(新しい)予想問題集等と平行して解いていく[復習は予想問題で間違った箇所に対して]
この様な方法は如何でしょうか?

Q宅地建物取引主任者資格試験を申し込もうと思います。

宅地建物取引主任者資格試験を申し込もうと思います。

インターネットから考えているのですが入力事項に不備がある場合訂正の連絡が早めに申し込むと来ると聞いたことがあります。

今なら写真撮り方などに不備があっても訂正の連絡をもらえるのでしょうか。

詳しいかた回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受験要領にも記載があります。不備の場合、連絡は行きますが、おっしゃる通り、
早めに申請したほうがいいでしょう。(締切り間際だと、申し込みが殺到して、
連絡が来ない、又は物理的に連絡し切れない恐れがあるため。資格試験で有数の
受験者数のある資格ですから・・)

Q前期入試 試験日程が違えば,2つの大学に出願?

国公立大学の前期日程の出願について出願させてください。
前期日程の試験日程が違う大学があるとします。
試験日程が違えば,前期日程への出願を2大学に行う事は出来るのでしょうか?
できないとしたら,その理由も合わせて教えてください。
(後期日程についてもその可否を教えていただけるとありがたいです。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重複出願ができるのは中期日程だけです。
唯一の例外が追加募集です。

正式なルールが知りたいのなら、国立大学協会のサイトで実施要領、細目を見てください。
http://www.janu.jp/examination.html
中期日程は公立大学協会のサイトを。

あと、前期日程で進学手続きをとった場合は自動的に後期日程は落ちます。受験はできて、満点でも落ちます。

ご質問者さん、いろんな可能性を考えたでしょう? 昔からいろんなことを考えた受験生がいました。その影響で横国大が一橋や東工より合格点が高かった時期もあったんですよ。
それらを防止して、地方からブロック大や全国大を受験する人たちが不利にならないように、ぶっちゃけて言うと東大を含めた旧帝大が全国から優秀な学生を集められるように作られた制度です。

私立大や公立を含めた短大は関係ないので気をつけてください。

Q宅地建物取引業の登録及び宅地建物取引主任者の登録

宅地建物取引業の登録及び宅地建物取引主任者の登録を戸籍上の本名ではなく通名で行うことは出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

宅建主任者の登録に関しては残念ながら出来ません。

宅建主任者登録では申請書類がかなり厳密で、住民票の他、身分証明書(市役所で取る証明書で、制
限行為能力者と破産者でない旨を公的に証明するものです)と「登記されていないことの証明書」
(東京法務局に同上の登記が無いことを証明する書面です)も必要なくらいであり、そのような恣意
的な通称で登録すること自体が前提とされていません。基本的な本人確認や信用力が求められるから
です。ただ例外的に外国人の方は住民票に登録されている通称で届出が出来ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報