自分は今回は地熱エネルギーについて調べていますが
ある疑問が出てきたので質問します。
地熱エネルギーを使用している地域で、効率良く使っているのは何処なのかという事です。
皆さんの意見を是非お聞かせ下さい。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



この種のご質問では重要な事があるんですけど、「エネルギー効率」をどういう意味で使ってますか?

発電効率と利用効率の意味が考えられますね。

地熱エネルギーを利用する方法は電気だけじゃありません。
特にこれからは、発電廃熱まで利用するコジェネレーションシステムの時代になることは間違えないでしょうから、そこまで含めた総合効率を問題にしているのか、あるいは、発電機のエネルギー効率を問題にする機械分野なのか、ちょっと補足があると、いい回答が頂けるのではと思います。

ちょっとだけたとえ話をすると、温泉をくみ上げてお風呂にする場合、エネルギー利用効率はほぼ100%ですが、発電効率は0ですね。(^^ゞ

この回答への補足

回答ありがとうございます。
自分が調べているのは、地熱エネルギーの利用法に
ついてです。
具体的な地域なども合わせて探しています。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
こういう時は、1度締め切って新しく質問を
し直した方がいいんでしょうか?

補足日時:2001/07/01 18:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
もう1度この質問をここを締め切り分かり易いようにして
投稿したいと思います。
次もよろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2001/07/01 21:13

全体的に見た効率というとあまり発表されていません。

地熱利用の場合に.多くの場合.蒸気が温水の利用です。この場合には.多くの確率で砒素など重金属汚染に発達したり.硫化水素等の酸排水の中和が必要であったり.します。
これら.公害防止関連に要するエネルギー消費分が発表されていません。
したがって.良く分からないのが現状です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この質問は分かりにくかったようですので
次は分かり易く質問します。
次もよろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2001/07/01 21:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地熱発電

地熱発電による発電量は火山活動の状況に左右されるものでしょうか。
火山活動が活発であろうとなかろうと、地熱発電は可能なのでしょうか。
根本的に理解できていないと思いますが、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

大学で電気電子工学を学んでおり、多少の発電に関する知識があるので、その中からの回答ですが宜しくお願いします。


発電量は火山活動の活発・非活発には影響されません。
それよりも、地熱発電所の地下にマグマがあり、そこに地下水が十分にあるか否かの方が重要です。

地熱発電は、マグマの熱で高温高圧になった地下水(水蒸気)を地上まで引っ張ってきて、タービン(扇風機の羽根の部分と同様)に吹き付け、タービンと繋がれた発電機を回すことで発電します。

そのため、火山活動が活発でなくても、地下にマグマと地下水さえあれば、地熱発電は可能です。

Q地熱発電について

地熱発電の仕組みのを簡単に説明お願いします。
それと、メリット・デメリットもお願いします。

Aベストアンサー

以前は、自噴泉源によっていたので、温泉の枯渇や
温泉のある景勝地の自然破壊が問題にされ、あるいは
温泉成分で管が詰まったり腐食したりと、問題があった。

しかし、自噴しなくても地下に水を送って熱を回収し、
あるいは得られたものが高温水蒸気でなくとも、揮発し
やすい液体で熱交換して蒸気を得る、「バイナリー方式」
が開発されて、温泉源によらず、どこでも地下深くでは
高温になる地熱を活用できるようになった。

地熱発電は、火力や原子力と同じタービン技術を流用
でき、また太陽光や風力、波力のように低いエネルギー
密度をかき集める大げさな機構や高度な技術を要さず、
またCO2や灰などの産廃も出さず、小規模でも設置でき、
発・送電の分離により、地域に設けて雇用を創出すると
同時に送電ロスを少なくできる。

Q寒冷地の住宅の地熱利用

寒冷地にある住宅で地中熱利用を利用しようとする場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

設備費・維持保守費

Q秋田とエネルギー

秋田とエネルギーの関係性について勉強したいと思っています。

「秋田」と「サハリン2」「LNG」「天然ガス」「極東ロシア」などを結びつけることってできますか?
できれば、論文を書くときに、どのようなテーマでどのような論文構成にしていったらいいか、ご提案もいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

秋田県には、主要港湾が3か所ありますが、「天然ガス」を大規模に受け入れる施設はありません。
男鹿の船川港には、石油備蓄施設があります。
能代港には、火力発電所用の石炭受入れ施設があります。
秋田の土崎港は、コンテナ運搬施設があり、プロパンガスの受入れ施設はあります。
秋田の沿岸部には、風力発電の風車が数多くあります。
内陸の八幡平には地熱発電所、また規模は小さいですが各地に水力発電所もあります。
秋田市にあった石油火力発電所は、老朽化の為、現在閉鎖されています。
原子力発電所は一つもありません。
秋田県のホームページおよび各都市のホームページを見ると施設関係の簡単な情報は得られます。
論文の資料作りに役立ちますようお祈りします。
ご参考まで

Q日本のエネルギー問題の最終且つ恒久的解決方法の提案

自家用電気工作物のメンテ会社に転職しました。パチンコ店を何軒か担当していますが、何れも凄まじい電気使用量です。そこで提案ですが7、8の2ヶ月間だけパチンコ店の昼間営業を禁止してはどうでしょうか?(その代わり夜間はオールナイトOK)
日本(世界も)のエネルギー問題は使用量では無くピークを如何に乗り切るか?です。8月10日前後の最も暑い時、昼間の電気消費の5%程度がパチンコ店では無いでしょうか?これが無くなることでエネルギー問題は解決すると思いますがどうですか?

Aベストアンサー

書かれていることはよくわかりますし、生活のダメージが少ない割に有効な
方法ではあると思います。

しかし、これは表題に書かれているような「日本のエネルギー問題の解決方法」
ではありません。ピーク時の電力不足に対する対処療法的な対応にすぎません。

これならば、他にも工場などの昼休みをずらすなどの方法が幾つもあります。
また、午前中にパチンコをしている人が昼に中断されて、午後に帰ってくる
でしょうか?パチンコ屋からすると死活問題ではないですか?
まだ、昼休みをずらす方法の方がダメージが少ないように思います。

エネルギー問題の解決とは、再生可能な発電資源を使った発電や、発電方法の
効率化、電化製品やモーターなどのの効率化、家庭や工場での節電方法などを
言う物だと思います。

極論すれば、夏の11~15時の電力を20%割増料金にするだけで、この問題を
乗り越えることができ、電気料金の値上げなども押さえることができます。
誰もがほしがる物は値段が高くなるのは商業の根本原理です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報