マンションのリフォームを考えていますがオーディオルームの床材について悩んでいます。
今現在は床をあげて中にグラスウールと防音シートを引いて合板フローリングにしようと思っているのですが予算的にはカーペットにしたいのです。
主人がどうしてもフローリングが良いらしいのですが私としては床に直接座れるカーペットの方に魅力を感じています。
グラスウールの健康への心配や湿気なども気になります。
オーディオについては良く分からないので主人が言っている事が正しいのか単なる思い込みかも理解出来ません。
窓も二重サッシにすると言ってますが壁や天井からの音漏れについてはどうなのでしょうか・・ご近所に迷惑を掛けるのだけは避けたいです。
オーディオに詳しい方、どうかお教え下さい。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音響技術の資格を持つ者です。



ほかの方も書かれてますが防音シート、グラスウールは吸音効果はかなり低いです。
お住まいのマンションは「楽器演奏可」の物件でしょうか?
その場合でしたらオーディオの音を優先してフローリングでもよいですが演奏不可の物件の場合でしたら物件自体の防音がさほどなされてないので音よりもご近所を考えてカーペットほうがよろしいかと思います。
マンションの築年数、構造により「壁・天井の音漏れ」に関しては一概に言えないのですが重低音が一番漏れやすい(というか漏れていて気になる音域)なのでご注意されるかといいと思います。窓は二重、ドアは防音壁というのは必須ですね。
窓だけしても意味はないので、ドアはきちんと考えてもらってください。

グラスウールは上にきちんとした施行をしていれば健康に害はありません。

聞く環境や音楽にもよりますがカーペットとフローリングの違いはありますが別に録音等をされるわけでもないのであれば
そんなに気になる音の違いでもないはずです。ショールームとかにいかれてもよいかと思いますよ。

ふつうのリフォームの業者よりも防音室専門の業者に相談された方が細かいことをアドバイスしてくれますし、安価になったりもしますので見積もりだけでも依頼されてみてはいかがでしょうか?
あと、ヤマハのユニット式の防音室もそれなりに悪くはないですよ。

参考URL:http://www.c-mst.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
重低音・・・やはり問題ですね。
リフォームする前に住んでいたマンションは下、上、両隣ともオフィスだったので夜と休日はオーディオを聞いていても文句もでなくて良かったのですが、今回は角部屋で片面は普通に生活しているお隣と接してしまいます。
楽器演奏はOKなのか分からないのですが下の階の方が弾いているピアノはノイローゼになりそうなくらい聞こえます。
一番怖いのが古いマンションですので勝手に天井を上げるリフォームをしている方も多く、こちらがいくら頑張って防音しても下の階の方が天井を上げていたら徒労に終わるかもしれない事ですね・・。
グラスウールの健康は気になっていましたがリフォーム業者の方がキチンと施行してくださりそうなので安心しました。
(防音力が無いのなら意味がないのですが・・)
ヤマハのユニット式は初めて知りました。
参考にしてみる価値は多いにありそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 00:15

マンションでのオーディオ防音工事は必ず防音専門工事業者に依頼してください! (ヤマハなど)


一般のリフォーム業者に安易に依頼しないことです!

音に対しては特別に気をつけなければならない事柄が幾つかあります、ひとつでも欠けると近所迷惑になってしまいますから。
専門業者はこれらの一つ一つをつぶしてくれます。

窓は防音サッシの二重型、普通の二重サッシは殆ど効果が出ません(せいぜい27dbまで)
部屋のドアは防音ドアを。
床、天井、壁 共にサンダムシートなどの吸音材を敷き詰める。・・・などなどです。

とくに低い周波数に対する対策は十分に必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
安易にリフォーム業者に頼んでしまいました・・。
部屋の全面リフォームをするのでついでに頼んでいるうちにアレもコレも・・となってしまいました。
深く反省・・。

オーディオマニアの主人を見ていると何もそこまで・・と思うのですが段々妥協していく姿を見ていると可哀想だし「あなたのこだわりってその程度だったの?それならいっそ他も妥協して欲しい・・」と思うジレンマがあります。
かと言って専門業者に頼むという知恵が回りませんでした。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 00:23

オーディオということで音質面から言えばフローリングの方が良いと思います。


で、防音対策ですが、一番音が漏れるのは壁よりもガラスなどの開口部ですので、二重サッシと防音扉(閉めてからノブを回すわやつです)が効果的です。
あと天井と床ですが、恐らく音は大して漏れないと思いますが、問題なのは低音域による振動です。
グラスウールなどの防音材には低音域の吸音効果がほとんどありません。
どちらかというとゴム板とかの方が効果的だとは思いますが、建物自体の振動はほとんど止めようがありません。
そういう面ではカーペットも良いかと思います。

ご参考までに。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
リフォーム業者に相談した所、床には土台にゴムがついた金具を何カ所が設置してその間にグラスウール、3cmくらいのクッション、ベニヤを順番にひいてなおかつフローリングをやめ、厚手のカーペットにするというアドバイスを受けました。
グラスウールでは低音域を補えないのですね・・・
羊毛素材の断熱も音を吸収してくれると聞いたのですがそっちの方が良いのでしょうか・・。
窓は二重サッシ、防音カーテンを考えてます。防音扉は・・・部屋の構造上、引き戸にしようと思っていたので難しいかもしれません・・。
#2様の回答を読ませて頂いてカーペットにしたのは間違っていなかったという自信が少しつきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 00:01

集合住宅でのオーディオルーム・・・どの程度のものを望んでいるのか不明ですが、普通の程度なら必ず他へもれますよ。



少なくても二重にして、床も壁も浮かして作らないと・・・。

>窓も二重サッシにすると言ってますが
 ご近所へはこれはあまり関係ありません。

>壁や天井からの音漏れについてはどうなのでしょうか・・ご近所に迷惑を掛けるのだけは避けたいです。
⇒これが殆どです。 特に鉄筋だと壁を伝わって、数軒先まで響きます。 
集合住宅では止めたほうが良いと思います。

本格的なスピーカーを使うと、個人ビルの場合ですが、
6階から1階まで響きました。勿論一定の防音対策はしていました(上記様の本格的な防音ではありませんでした)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
結局はマンションでオーディオを聞くのはあきらめた方がいいのでしょうか・・。
音楽は聴きたいので出来る限り予算内での防音、吸音、音響などオススメがございますでしょうか?
今はフローリングかカーペットにするか悩み所ですね。

お礼日時:2004/08/28 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPC電源を車用オーディオ機器電源として流用できますか?

PC電源を車用オーディオ機器電源として流用できますか?

もしできるのであれば、
PC電源線には、赤黒黒黄の電線、
オーディオ電源線には、赤黄黒他等の電線、
がありますが、
主としてPC用の何色線が、オーディオ用の何色線にそれぞれ合致しますか?

Aベストアンサー

カーオーディオを室内で使用するならホームセンターやカー用品等にAC-DC12Vコンバーターが2000円~販売されていますよ。出力は5アンペア(3000円前後)もあれば50Wオーディオ出力でも使用出来ますよ。コードの色判断はまず合わないと思ったほうが良いです(テスターで確認)

Q合板のフローリング床で、掘りこたつは寒いでしょうか?

平屋の新築で計画中の者です。
リビングが合板フローリング床の予定なのですが、ここに掘りごたつを作ろうと思ってます。
でも、掘りごたつだと、足はいいけど、お尻が寒いのかなぁ~・・・?
しかも、合板フローリング床では、いろいろと敷物をしても、お尻の部分が寒かったら嫌だなぁ~と思ってます。
畳の部屋なら、こんな心配ないのでしょうが・・・・。
フローリングに掘りこたつの組み合わせで暮らしている方、ご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

10年前、新築した時、フローリングに掘りごたつを設置しました。
お尻は座布団をひくと、それほど寒いとは思いませんよ。
それより、掘りごたつは冬より夏に重宝すると最近実感してます(^_^;)
足元が涼しいんです(^_^;)
という事で足元が温もるには少し時間が掛かるような気がします。それと、うたた寝ができません(^_^;)
椅子のように、かかとを引けないせいか、座りごこちが良いとはいえません。

掘りごたつを設置する際はサイズに注意してくださいね。我が家は、最大サイズ(縦1.8M)にしたせいで、あうコタツ布団がなくて困りました。(^_^;)

Qオーディオの電源が入りません

純正からカロッツェリアのオーディオに交換したのですが、オーディオの電源が入りません。
アース線がボディに落ちてないときは、電源は入らないようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

カーステレオを固定するネジを通して、ボディにきちんと繋がっていれば黒いアース線を接続する必要はありません。

が、ネジが樹脂パーツ等にしか繋がっていない(電気的に導通していない)のであれば電源は入りません。

Qグラスウールとロックウール

どちらが断熱性能がよいのでしょうか?いいところ、わるいところを教えてください。

Aベストアンサー

断熱性のことはわからないのですが
断熱材の粉塵はロックウールの方が塵肺の率が高いようです。
初期の防塵マスクのフィルターにはロックウールのフィルターが使われていたそうですがロックウールが害が大きいことがわかりグラスウールに変わったそうです。
施工以外で断熱材の粉塵が舞うことは少ないと思うのですが健康上の知識として知っておくとよいかもしれません。

Qオーディオの電源が入らない!

ステップワゴンにアゼスト製のオーディオ(MAX6655z)を取り付けています。
先日、オーディオにポータブルDVDプレイヤー(電源はシガソケット)を接続し、車のスピーカーから音が出るようにしていました。

走行中は何も問題なく映像&音声が出ていましたが、車を降りる際にDVDプレイヤーの電源らずにエンジンを切ってしまったところ、それ以降オーディオの電源が入らなくなりました。

現状は、ACC電源がオンの状態で車のライトを点灯させると、オーディオのイルミネーションは光ります。
その他キー操作には、全く反応しません。
ETCも取り付けておりますが、正常に動作している様子です。

このような症状ですが、自分での修理は不可能でしょうか?

説明不足な点があるかと思います。
ご指摘頂ければ説明を追加しますので、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車両のヒューズでラジオ(オーディオ)を確認してみてください。イルミは別配線なのでオーディオのメイン電源とは関係ありません。

Qグラスウール ロックウールの施工価格

よろしくお願いします。
参考にさせてください。

施工場所は間仕切り壁LGS65ミリ予定
455ピッチです。

ロックウールの裸・・・(やった事無いのです。。やりたくない・・
24kで50ミリ予定
皆様でしたらm2単価で
込み込みいくらで見積しますか? 200m2位です。

ちなみに
50ミリのグラスウール24kマグの袋入りフルパックでしたら
m2いくらで見積もりますか?

材料手間込み込みです
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答がないので全然参考にならないでしょうが・・・建築コスト情報2007秋版・・・壁が無い!・・天井敷き込みですが25厚、24k、施工規模500m2で全国600円/m2前後です。(材工)

実際間仕切りで使った見積りは探せなかったのですが鉄骨外壁100、10kですと2.3見てみましたが400~800円(規模700m2~100m2)。

めったに間仕切り24k50って使わないんです、セレモニーのホールの遮音壁で使った記憶がありますが・・・見つからず。
ご了承の程を・・・

Qオーディオに電源が入りません(+o+)

オーディオに電源が入りません(+o+)純正のものから社外品に付け替えたのですが電源が入りません。オーディオにつなぐコネクタの常時電源の電圧をテスターで測ったら針が全く触れませんでした。
社外品を取り付ける前に電圧を測った時はちゃんと針が振れていたので、作業中にショートしたのではないかと思うのですが・・・
ちなみにACCには電気きてます。
どうすれば常時電源にも電気がくるようになるでしょうか???

Aベストアンサー

常時電源のヒューズが切れたのでしょう
車の取説を見て、ヒューズBOXの中の常時電源のヒューズを確認してください
切れていれば交換します。
切れていなければ配線のコネクターなど経路を確認します。
取説がなければ車屋さんに聞きましょう。

Qグラスウールとロックウール

現在、家の建築を検討中です。

もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。

■理由
・断熱性能が良い
・結露しにくい
・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい
・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする
・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。

(もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋にて薦めて頂いたと思っています。)

ところが、あるグラスウールを薦めている本を読んだところ、ロックウールも水分を含むなど、グラスウールとロックウールは大して変わらないとの結論でした。それをうけ少し迷ったのですが、それはグラスウール党の人の意見で、データも良い点だけをとってきたようにみえたため、少し信用していません。

という背景あって、いまいちロックウールのほうが良い点がはっきりしていません。
皆さんがご存知のグラスウールに比べてロックウールの良い点をお教えていただけると有難いです。上記が事実かどうかという点だけでも結構です。

現在、家の建築を検討中です。

もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。

■理由
・断熱性能が良い
・結露しにくい
・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい
・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする
・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。

(もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

>もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

既にご覧になっているかもしれませんが、グラスウール・メーカー10社が運営する硝子繊維協会の広報資料に、この点についての詳しい解説がありますので、↓をご覧下さい。
http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html

>また両方とも同じ条件で、
>(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
>どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?

単純に施工のしやすさだけを考えると。。。
断熱材の厚み・・・・薄い>厚い  ※ロックウールに有利
断熱材の柔軟性・・・・柔らかい>堅い  ※グラスウールに有利
となりますので、一概にどちらとは云いきれないと思います。
丁寧に仕上げた場合、配線や配管周りの収まりが良いのはグラスウールの方です。
ロックウールは切り欠き部分が崩れやすいので配管と壁の間の狭い隙間を埋めるような作業は難しいだろう思います。(自身で扱った事がないので、あくまでも見た目での判断です)

No.4です。

>もし、上記の水を含みにくい等の反論御座いましたらお教えいただけませんか?(事実を知りたいためです。)

既にご覧になっているかもしれませんが、グラスウール・メーカー10社が運営する硝子繊維協会の広報資料に、この点についての詳しい解説がありますので、↓をご覧下さい。
http://www.glass-fiber.net/dannetutaiketu/2.html

>また両方とも同じ条件で、
>(1)高いレベルで施工がされた場合、(2)低いレベルで施工された場合
>どちらが良いのか等もわかればお教えいただけませんか?

...続きを読む

Qオーディオのアンプは電源入れっぱなしでOK?

平日は、一日2時間程度、土日は、一日6時間位オーディオを聞いています。
オーディオのアンプは、電源を入れてから数時間たってからの方が音質が良いと言われている方が多くネットで見受けられますが、電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

>> 電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか? //

理屈で言えば、短くなります。

電解コンデンサという部品が多用されていますが、この部品は、たとえば「85度C/2000時間」という規格だと、「85度Cの環境に置いた場合、2000時間で所期の性能を保証できなくなる」というものです。温度が10度C下がるごとに2倍になるので、25度Cなら128000時間(=5300日=14~15年)保つことになります。電源を入れっぱなしで、たとえば内部の温度が45度Cであれば、32000時間(=1300日=4年)くらいしか保たない、ということです。

温度が高くなる部分では105度Cとか、125度Cとかの高耐久品が使われている(はず)ので、実際にはもう少し長くなるでしょう。しかし、電源を入れっぱなしにすると、間違いなく寿命は縮みます。

もっとも、所期の性能が発揮できなくなったとしても、ふつうは余裕を持って設計されているので、実際には問題なく使用できるでしょう。その余裕さえも使い切ったときが、アンプの寿命ということになります。

ただ、この電解コンデンサというのは、放置すると別の理由で痛んでいきます。こちらは電気を通すことで回復する性質があるので、全く使わずに何年も放置するよりは、ときどき通電した方が、全体としては(あるいは総合的に見れば)性能を維持できるとも言えます。

>> 電源を入れてから数時間たってからの方が音質が良い //

1つは、上記のコンデンサの回復があるためです。

もう1つは、真空管や半導体は温度によって動作状態が変化するため、アイドリング状態で消費する(=熱に変わる)電力と、自然な空気の対流による冷却とが釣り合い、アンプの温度が安定するまでは、常にアンプの動作状態が変化し続ける、ということがあります。

ただ、この安定に要する時間は、キンキンに冷え込んでいるとかでもなければせいぜい数10分でしょう。また、A級アンプを除けば(従ってマニア向けの超高級品を除くほとんどのアンプは)出力の大小によって温度も変化するので、あまり固執する意味もありません。

まあ、マニア的な「音質を良くする(と信じるための)儀式」としては意味がありますが、電気が足りない折から、省エネという点であまり長時間の放置は如何なものかと思います。

頻繁に電源をON/OFFするのは良くありませんが、電源を入れっぱなしにしても寿命を縮めるだけなので、「常識的に」使えば良いでしょう。メーカーとしても、そういう「常識人」が使う前提で設計しているでしょうから。

>> 電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか? //

理屈で言えば、短くなります。

電解コンデンサという部品が多用されていますが、この部品は、たとえば「85度C/2000時間」という規格だと、「85度Cの環境に置いた場合、2000時間で所期の性能を保証できなくなる」というものです。温度が10度C下がるごとに2倍になるので、25度Cなら128000時間(=5300日=14~15年)保つことになります。電源を入れっぱなしで、たとえば内部の温度が45度Cであれば、32000時間(=1...続きを読む

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報