魚毒植物を使って捕った魚を食べれば、どの程度の影響が人体にあるのでしょうか?
ぜひとも、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般に誤解されているようですが、植物毒を使った魚毒漁法と言うのは、魚を殺すわけではなく


麻痺させているだけです。ですからしばらくすると漁で取り残された魚はまた
息を吹き返すわけで、またそうでなければ魚毒漁法は農薬と同様に川を汚染してしまいます。

魚毒植物としてはエゴノキ、オニドコロ、サキシマスオウなどが有名です。
これらはいずれもサポニンを含んでおり、魚に対しては強い麻痺作用を持ちますが、
人にはほとんど害のないものです。(といってもこれらの植物を直接人が食べても
大丈夫と言うわけではありませんが)
その上、魚毒漁法と言うのは麻痺した魚を毒の中に漬けておくわけではなく、魚が浮いて
きたところをさっさと拾い集めてしまうものですから、魚の体内にもほとんど毒成分は
残っていないと考えて良いでしょう。つまり実質的に人体に影響はありません。
植物毒による中毒よりむしろ寄生虫の方を気にするべきでしょう。

なお言うまでもないことですが現在日本では漁毒漁法は禁止されています。

魚毒に限らず毒の作用と言うのは動物によって大いに違うものです。例えば昆虫には猛毒であるものでも
哺乳類には無毒だったり、または逆のものもたくさんあります。

ちなみについでの話をすれば、アイヌの人は昔トリカブトの毒で熊狩りをしました。トリカブトは
人間に対しても猛毒ですが、その主要な毒成分は動物の体に入ると酵素などと反応して急速に
分解されるため、毒で倒した熊の肉を食べても問題はなかったようです。

参考URL:http://had0.big.ous.ac.jp/~hada/topics/tree/egon … , http://www.hachiyaku.or.jp/plant/onidoko.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2001/07/01 13:47

サポニンを大量に含む植物が漁に用いられることが多いようですネ。


サポニンというのは界面活性剤で、水と油を混和する(乳液とする)性質を持つ物質ですから、いわば石鹸を漁に使うという感じと思ってもよいでしょうか。
実はサポニンは多くの植物に含まれているもので、日常生活でも気付かないうちに食べているものなのですヨ。
魚毒で浮かんできた魚を人が食べても問題はありません。
高濃度のサポニンが付着したままの魚を食べると、若干の苦味が強くなる可能性はありますが、普通は洗って調理してたべるものですから、そういう心配もないでしょう。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/01 13:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池で捕れた白いハゼのような魚の名前は?

自分でもいろいろ調べたのですがわからないので質問させてください。
東京都立の公園の池で、白メダカのような色をした形はハゼに似ている魚を捕りました。まだ2~3センチの小さな魚です。水槽の下を這うように泳ぎ、水草の間で休んだりします。何かの幼魚なのかもしれませんが、名前がわかりません。
どなたか教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

ハゼならトウヨシノボリだと思います。
これ、ハゼのなかまではもっとも逞しい奴で、小さい池でも繁殖します。池のものは小さくて、3センチくらいでもう、大人だったりします。餌はなんですか。トウヨシノボリだったら赤虫とかメダカの赤ん坊に飛びつきますよ。
あ、図鑑とかでは堂々としたオスの写真が出ていますが、
池の、非繁殖期のオスやメスは地味ですので、注意しましょう。
検索すると、色々出てくるので(最も飼いやすいハゼです)、
確認してください。

Q蛾の卵は人体に悪影響でしょうか

一人暮らしをしているのですが、先日お米の袋の中に体長約1センチほどの蛾が数匹いるのを発見しました。袋を調べるとどうやら蛾が羽化してしていたようでさなぎ(?)もいくつかみつけました。お米を新しい袋に移し変えたのですが、1ミリ以下の蛾の卵と思われる粒も袋の底からかなりの数見つかりお米と一緒になっていました。ご飯を炊くときに丁寧に洗っても完全に取り除けるかは分かりません。出来ればお米は捨てたくないと考えているのですが、蛾の卵は口から入った場合に人体に悪影響を及ぼすのでしょうか?やはり捨ててしまうの最善策でしょうか?

Aベストアンサー

害はありません、というより、タンパク質補給になって体にはよいですよ。要は気の問題です。

かと言って、放っておくとどんどん食べられてしまいますので、まだ炊かない米はザルでふるってでフンや小さな幼虫を取り除き、電子レンジで60℃以上(加熱しすぎると不味くなりますので注意)に加熱してください。そうすれば卵も幼虫もすべて死にますので、進行は止まります。大きな幼虫は目で見て取り除くしかありません。

Q人の抗体はどの程度の毒まで無効化できますか?

破傷風はワクチンを摂取することで防げますが、
フグやイモガイの毒を少量摂取すると同じように抗体ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

抗体はできます。
が、その前に人間が死ぬので無理です。

特に、フグ毒とイモガイ毒は少量でヒトを殺す事ができる強力な毒なので、抗体ができるぐらいの量をぶち込むと確実に、ヒトは死にます。
そして、抗体が出来る上がるまで、少なくとも2週間。
効果的な抗体ができるまで4週間かかります。
フグ毒もイモガイ毒も、神経毒なので摂取後に、すぐ死にますし。
心臓とか止まって。

基本、異物であればどんな物でも多量に摂取すると、抗体をつくります。
天然物(杉花粉)でも人工物(金属アレルギー)でも。

Qブドウの種類に、「毒ブドウ」と言われる植物があるのでしょうか?

ブドウに「毒ブドウ」があるのでしょうか?教えていただきませんか?

Aベストアンサー

「野ぶどう」は毒性はないのですが.紫色のぶどうのような実をつけるつる草があります。種・科・属は.ぶどうとはまったく異なります。しかし.地域では「毒ぶどう」と呼んで食べません。
ぶどう以外の草の名称の方言ではありませんか。
1の方の写真はぶどうには見えないのです(近所で見かけない草なので名前は分かりません)。その地域で「毒ぶどう」と呼んでいる草ではありませんか?。

Q毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それと

毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それとも毒の抗体のようなものがあって毒が体に回っても死なないんでしょうか?
無知ですみません

Aベストアンサー

種類によるでしょうね。
毒にもいくつか意味があると思います。

まず消化液の発展系のようなもので、毒で相手を溶かして吸収してしまうようなタイプのもの、毒蛇や蜘蛛のようなタイプですね。
この手のものは基本的に自分を含めてどんな生き物でも溶かします。
抗体があれば防げますが、蜘蛛や毒蛇は平気で共食いして同種を食べてしまうことを考えると、多くの場合で抗体はなさそうです。

次に捕食や天敵撃退のために毒を打ち込むタイプですね。
サソリや蜂ですね。この生き物も同種が天敵となったとき相手を毒で攻撃するところを見ると、効果がありそうです。

最後に天敵に捕食されることを防ぐために毒を身に蓄積するタイプですね。
河豚やヤドクガエル等ですね。
こいつらは体の多くの部分に毒が散在しているものが多いです。
となると、おそらく体内に同種の毒が入ったとしても、おそらく影響は無い(あるいは少ないのでは)可能性が高いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報