ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

銀河系に属する恒星をできるだけたくさん教えてください。

A 回答 (6件)

ガーネットスターとかVY星あとベテルギウスなんか検索すると面白いよ。

    • good
    • 0

おそらく質問者様は天文に関する知識に疎く、また住んでいる場所も都市部でロクにマトモな星空を眺めたことも無いのでしょう。


であるが故に星というのが文字通り「星の数ほど」存在するという単純な事実を感覚的に理解できていない。
それが故にググりもせず思慮の浅い迂闊な発言をするに至った。
違いますか?

星の数がどれほどあるか。
例えば添付画像は別件の目的があって先日いて座付近の天の川を撮影したものですが、矢印の先にM22という球状星団があります。
この球状星団に含まれる恒星だけで約7万個です。無論、M22は’我々の銀河系’に含まれる天体であり、M22以外にも球状星団は多数存在します。
たった1個の球状星団で7万個ですよ?質問者様の問うている「銀河系に属する恒星」なんて範囲指定では対象が膨大に過ぎてハナシになりませんよw
「銀河系に属する恒星をできるだけたくさん教」の回答画像5
    • good
    • 2

夜空を見上げて見える星のほぼ全てが「銀河系に属する恒星」ですけど。


例外として、木星や土星や火星などの太陽系の惑星や、たぶん星には見えないことが多いけど彗星や銀河系以外の銀河(アンドロメダとかマゼラン雲とか)はあります。
    • good
    • 0

この場合の正しい質問文の有り方はこう↓なんじゃねw



「’我々の属する銀河系’内にある恒星で固有のニックネーム(シリウス等)があるものをできるだけたくさん教えて下さい。」

だろ?
質問者様の指定だと対象が漠然とし過ぎでしょw

>銀河系に属する恒星

どこの銀河系?系外銀河も含めて全部?逆に「どこの銀河系にも属していない恒星」ってかなりレアじゃねw

>できるだけたくさん教えてください。

質問者様は一度「星図」ってヤツを見て下さいなw
ベガだのアルタイルだのといったニックネームがない恒星がどんだけあると思ってるの?
ましてや望遠鏡で天の川付近覗いたらその視野内だけでも無数の恒星がある訳だがw

とりあえずひとつだけ教えてあげると「LCC 0000」とかな。我々にとって非常になじみ深い恒星だぞ(笑)
    • good
    • 0

無理です。

1500億の恒星があるので、ウキペディアでも100ぐらいしか書いてないですね。
    • good
    • 1

一等星二等星一覧


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E3%82%8B …

三等星一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E7%AD%89%E6%98%9 …

ヘンリードレイパーカタログ一覧(22500以上)
http://server6.sky-map.org/group?id=23

銀河系外も含まれてるでしょうが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Q「ブラックホールは素粒子レベルまで菌を分解します」 なんでそんなことまで地球から望遠鏡だけで見て分か

「ブラックホールは素粒子レベルまで菌を分解します」

なんでそんなことまで地球から望遠鏡だけで見て分かるの?

Aベストアンサー

菌に限らず生物はタンパク質やアミノ酸で出来ています。
太陽よりも10倍から20倍程度の質量の星は、寿命が尽きた後超新星爆発を起こし中性子星になります。
中性子星は、原子が電子を取り込んで縮退し中性子だけが存在しています。
タンパク質やアミノ酸は多くの数の原子でできていますから、この時点で菌は生存もできず原子も中性子になってしまいます。

更に大きな太陽の30倍以上の質量の星は超新星爆発の後、ブラックホールになると考えられています。
重力が強すぎて光さえ脱出できない事象の地平線を持っているようですが、現代物理や数学でも未だに決着が付いていないです。
不明確な部分が多いようです。

このブラックホールを直接観た望遠鏡は未だにありません。
間接的に、ブラックホールが存在していないと”この現象は起きないだろう”というものをいくつも観測しているので、
多くの天文学者・物理学者がブラックホールの存在を肯定しているのです。
ブラックホールの候補の天体がいくつも見つかっているという感じです。

中性子星とブラックホールの間の太陽質量の20倍から30倍程度の星は、クォーク星になると言われていますが、
私の子供の頃はクォークの存在が認められていなかったので、クォーク星は考えられていなかったです。

太陽質量の40倍以上の星は極超新星になると言われており超新星爆発の後は何も残さずに消し飛ぶと言われています。

アインシュタインが一般相対性理論を出した後、その理論からシュバルツシルトがブラックホールを考え出したのですが、
実は、18世紀に既に、ラプラスがニュートン力学で光も脱出できない天体(今でいうブラックホール)を計算して推測している歴史があります。

菌に限らず生物はタンパク質やアミノ酸で出来ています。
太陽よりも10倍から20倍程度の質量の星は、寿命が尽きた後超新星爆発を起こし中性子星になります。
中性子星は、原子が電子を取り込んで縮退し中性子だけが存在しています。
タンパク質やアミノ酸は多くの数の原子でできていますから、この時点で菌は生存もできず原子も中性子になってしまいます。

更に大きな太陽の30倍以上の質量の星は超新星爆発の後、ブラックホールになると考えられています。
重力が強すぎて光さえ脱出できない事象の地平線を持って...続きを読む

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q静止衛星と低い軌道の人工衛星の打ち上げ

静止衛星の打ち上げは,高度150km程度というような低い軌道の人工衛星を打ち上げるのに比べて,衛星の重さが同じなら何倍くらいのロケットの燃料(推進剤?)が必要になるのですか?

Aベストアンサー

燃料の比較は判りませんが、同じロケットでの衛星質量の差ならわかります。

H2Aの場合、低軌道 15,000kg 静止軌道 6.000kg

https://ja.wikipedia.org/wiki/H-IIA%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

Q宇宙での位置情報の決め方

宇宙では太陽も地球も人工衛星もすべて高速で動いています。なのに日本版GPSでは数センチほどの誤差で位置が確定できると報道されています。一体、何を基準にして位置決めできるのか不思議でなりません。宇宙空間を数年も飛行した「はやぶさ」もその位置をどうやって把握していたのかも含めて教えてください。

Aベストアンサー

>日本版 GPSでは数センチの誤差
>何を基準にして位置決めできるのか
はやぶさのほうはパスし、GPSによる地球圏(人工衛星含む)の測定のみの回答となります。

GPSによる位置決めは、地球中心に対する座標を求めていることになります。
座標表示方法は複数ありますが、地球中心に対する座標とは、たとえば緯度、経度、標高。
(標高は、地球中心からの距離としたほうが、測定原理に忠実です。)

で、GPSの信号に含まれている内容は、時刻とGPS自身の座標。
よって、GPS受信機の時刻とGPS受信機の時刻信号とのズレから、GPSとの距離がわかり、
GPSが3つあれば3次元座標が確定します。ただし、GPS受信機の時計はクオーツ
であり原子時計ではないため時刻はイイカゲンであるので、時刻合わせのため、4つめのGPSが必要。
で、特殊相対性理論を思い出してください。
光速(=電波も光の一種)は、電波発信側が動いていても、受信側が動いていても、そんなことに関係なく
秒速30万キロで一定。
よって、地球座標を求めるとき、太陽・地球・人工衛星が動いていても関係ありません。
 ※音波などなら、こういうことはできません。音波は空気に対し一定速度なので
   空気に対し動いている(=風が吹いている)と、風の速度分だけ音速が変わってしまう
   と考えて計算します。

で、ここまでなら、GPSの精度は、10~100mといったところ。
では、どうやって精度をあげるか。
誤差要因ですが、たとえば以下。
・GPS自身の座標は、リアルタイム発信する以上、当然ながら計算で求めていますが、数々の要因で計算からズレる。
・空気中の光速は真空中の光速より微妙に遅い。
GPS受信機1個では、解決は無理です。
じゃあどうするか?
GPS受信機を2個使い、うち1個は位置固定とします。
固定局側の座標も、上記のような誤差影響を受けるから、ある時刻に固定局の位置
座標が5mズレたとします。
移動局側のデータも、誤差要因が同じなので同様に5mズレるので
この5mを補正すれば、より精度が上がる、ということ。

このような方法を、DGPS(ディファレンシャルGPS)といいます。
この結果、精度は約1m。
http://www.rex-rental.jp/knowledge/gps/gps_003.html

で、固定局ですが、移動局に静止衛星(ひまわり6号)が使えます。だから山の中でもok。
 ※ただし、大気の状況に対する補正は無理であるはず。
 ※※あと、DGPS受信機(バカ高い)が必要。

また、移動局と固定局のデータリンクをガチで行い、GPS電波のパルスのズレをカウント
するあたりまでデータ共有すれば、ミリ単位の精度が得られます。(キネマティック法。参照は上記HP。)   


>日本版 GPSでは数センチの誤差
この文言、何に対して述べているのか、そこよく分かりません。
ディファレンシャルにしろキネマティックにしろ、日本版とか米国版とか関係ありません。
日本版のほうが、日本で使うには、衛星が天頂にあるから日本から見えやすい。
あと、天頂なら空気を突き抜ける距離が短いので大気の影響を小さくできる。
それだけなんじゃあ?
数センチというのも、 将来の話として述べている記事ばかり。
よって、
キネマティックをリアルタイムで行い、その結果、そうバカ高くない受信機で数センチの誤差
を達成できる  と読むのか
DGPSでも原理的に数センチの誤差を達成できる
と読むのか、そこがわかりません。

>日本版 GPSでは数センチの誤差
>何を基準にして位置決めできるのか
はやぶさのほうはパスし、GPSによる地球圏(人工衛星含む)の測定のみの回答となります。

GPSによる位置決めは、地球中心に対する座標を求めていることになります。
座標表示方法は複数ありますが、地球中心に対する座標とは、たとえば緯度、経度、標高。
(標高は、地球中心からの距離としたほうが、測定原理に忠実です。)

で、GPSの信号に含まれている内容は、時刻とGPS自身の座標。
よって、GPS受信機の時刻とGPS受信機の時刻信号とのズレ...続きを読む

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

Q太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。

太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。
教えてください…

Aベストアンサー

赤道は地球だけに付けられた言い方では有りません。

自転する天体の重心を通って、自転軸に垂直な平面が表面を切断する線を赤道と呼びます。

太陽の赤道、木星の赤道、・・・・など。

時計じゃ無いけど「2時の方向」って言い方します。

それと同じで解り易い。

Qv1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

v1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

Aベストアンサー

大きさとか密度では無く、絶対質量が重要。
直径1650万倍でもスカスカならブラックホールにならない。

太陽系位の直径が有れば、空気の密度でブラックホールになる。

半径=2gM/C² のところが事象の地平線になる。
g:万有引力定数
M:質量
C:光速度

Q2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。 これは まれで 大

2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。
これは まれで 大半は 木星の重力で 弾き飛ばされるらしいのですが。
木星の重力て何??
木星には 何か力があるの??

Aベストアンサー

簡単に書きます。
タオルを両手でもって、そのタオルの上にコップを乗せればタオルが沈みますよね。
それと同じ様に星にも重さがあってその重さによって空間が沈み込むと坂の様になりますので、その中心に向かって周りの物が
滑って行くように引き寄せられますので、超簡単に言えばそれが重力。
引き寄せられるのも真っ直ぐ落ちていくのではなく、縁を回る様に落ちていく時に加速する事で遠心力によって外へ飛ばされる。
これは全ての天体に言える事です。
これは天体の質量によって空間を沈める大きさもほぼ比例しますから、重い星ほど空間を沈めます。
それを利用して宇宙探査機を遠くへ早く飛ばそうとする方法がスイングバイ。


人気Q&Aランキング