仕事熱心と仕事中毒、勉強家と勉強中毒は、紙一重に違いますよね?

中毒って言われるのは、他の事をそっちのけで、その事にばかり馬鹿になる、
と言う意味合いであっても、

仕事熱心とか 勉強家は、人間関係や社会性や友人関係、心のケア等、他の事も忘れず大切にすると言う意味合いがありそうですが如何でしょうか?

A 回答 (3件)

[仕事熱心と仕事中毒、勉強家と勉強中毒は、紙一重に違いますよね?]


⇒そうでしょうね。

「中毒って言われるのは、他の事をそっちのけで、その事にばかり馬鹿になる、と言う意味合いであっても」
⇒そうです。
”過ぎたるは及ばざるが如し”です。
つまり、過ぎると何もしないのと同じくらい問題になるということですからね。

「仕事熱心とか 勉強家は、人間関係や社会性や友人関係、心のケア等、他の事も忘れず大切にすると言う意味合いがありそうですが如何でしょうか?]
⇒その通りですね。
つまり、何事もバランスが大切ということでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ですよね。ですよね。

お礼日時:2017/06/13 09:50

「主体」の存否の問題のように、感じます。



「〇〇熱心」は、主体があって、主体のコントロールの下、何かをする、と言う意味でしょうし、

「〇〇中毒」は、主体を失って、〇〇が目的となっている、意味に感じます。

主体とは、正しいか分かりませんが、自我、と言っていい、と思います。
    • good
    • 1

そうですね^^


adict を使ったら如何でしょうか。依存。
カフェインや覚せい剤、薬物と一緒です。
全てを犠牲にする、奥様や家族、友人づきあいや自分の身体さえも犠牲にする。
=中毒性がある。依存している。

熱心や○○家は、心の切り替えや友人付き合いも普通に出来ております。
五輪選手や一流アスリートは24時間365日そのことを考えておりますが、切り替えは出来ておりますので仕事熱心とか勉強家。と言う言葉があいます。

逆に同じスポーツと仮定して、競馬や競輪競艇。
彼らスポーツ選手ではなくて、彼らに投票するであろうギャンブル依存症の人々です。
彼らの仕事=ギャンブルであり、仕事中毒・勉強中毒。ともいえるでしょう。

ただ、ギャンブルの依存症は脳みそに直接、麻薬成分が働きますのでヤメラレマセン。

その様なたとえでは如何でしょうか^^
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

おすすめ情報