親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

印紙税について、調べれば調べるほど分からなくなってしまったので、教えてください。

小さなIT企業の事務をしています。
お客様(そこそこ大企業)とのSES業務に関する契約書が何号文書にあたるのかと、印紙税について教えてください。

業務内容は、データベース関連作業(主に維持保守)です。期限までに作成物を納品するような業務ではありません。

①業務委託基本契約書
システム関連業務を委託する際の基本的条件について記載されています。
金額や期間は記載されていません。
個別契約との関係は、個別契約に別段の定めがない限り、個別契約の定めが本契約に優先する、と記載されています。
契約期間は1年、自動更新です。

②個別契約書
業務内容・期間(3ヶ月)自動更新・作業場所・人員数・委託料・諸費用に関する事項(交通費など)・支払方法・責任者・セキュリティ要件が記載されています。
業務内容は、データベース関連作業(主に維持保守)です。期限までに作成物を納品するような業務ではありません。

③変更契約書
個別契約書の変更契約書です。
なぜか(これがなぜかが分からないのですが)②の個別契約書の人員数や委託料に関する事項が変更になる場合、個別契約書を再度締結するのではなく、③の変更契約書で委託料や人員数を変更しています。

①②③それぞれの文書が何号文書にあたるのかと、
③の変更契約書に貼る印紙税が
7号の4,000円なのか、2号にあたるのか、できればその理由も教えてください。
2号の場合、委託料は変わらず、人員数を変更する場合の印紙代がいくらになるかも教えてください。
また②を再度締結する場合(いまのところないですが)も、印紙税が必要か教えてください。

契約は委任契約という認識でおります。

ちなみにお客様(そこそこ大企業)のほうは、委託料の減額の場合でも4千円の印紙を貼られています。
(会社でそう決められているそうです)
専門家の方、よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

こんにちは。



①業務委託基本契約書
これは7号文書であり、印紙税は4,000円です。

次に、

②個別契約書と
③変更契約書
は、

印紙税法別表第一の課税物件表によれば、7号文書でないことは確かです。しかし、2号文書に該当するかどうかは、つまり請負契約なのか委任契約なのかは、書かれている内容により判断することになります。請負契約なら2号文書であり印紙税は有税になります。その税額は契約金額によります。委任契約(厳密に言えば、準委任契約)ならば無税です。

ところで請負か委任かは、印紙税に関しては民法に拠り判断します。なぜなら、印紙税法基本通達に、
「『請負』とは、民法第632条《請負》に規定する請負をいい、完成すべき仕事の結果の有形、無形を問わない。」とあるからです。
  《注》ですから、質問文に「期限までに作成物を納品するような業務ではありません。」とありますが、作成物を納品する業務であるかどうかは、請負か委任かの判断には無関係なわけです。

回答者の私は契約内容の詳細を知らないので、請負か委任かを判別できません。

質問者は「・・契約は委任契約という認識でおります。」とのことですから、その認識が正しいのであれば、②も③も収入印紙を貼らなくてもよいことになります。

次に、②が請負契約の場合ですが、③変更契約書も②個別契約書に準じる取り扱いを受けます。つまり、②個別契約書の契約額を増加させる場合は、その増加額に応じて印紙税を納付します。②個別契約書の契約額を減少させる場合は、契約額の記載がないものとして取り扱われます。契約額の記載がない場合の請負契約書の印紙税額は200円です。
【根拠法令等】印紙税法別表第一「課税物件表の適用に関する通則」4ニ

さて、

>2号の場合、委託料は変わらず、人員数を変更する場合の印紙代がいくらになるかも教えてください。

人員数を変更しても契約額が変わらないのであれば、これは印紙税法の対象外の変更契約ですから、収入印紙は無関係です。

>また②を再度締結する場合(いまのところないですが)も、印紙税が必要か教えてください。

同じ契約を再度締結する、ということ自体が非現実的ですから、この質問には答えません。新たな請負契約ならむろん、印紙税が必要ですが。

>ちなみにお客様(そこそこ大企業)のほうは、委託料の減額の場合でも4千円の印紙を貼られています。

請負契約の委託料(契約額)の減額の場合は、印紙税は200円です。4千円の収入印紙を貼るのはもったいない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。
詳しくお答えいただき、ありがとうございました。

ご質問の件ですが、1年以上たちまして(税理士などにも相談した結果)自己完結いたしました。

今回は業務委託(請負ではない)準委任契約である、ということを前提とすると

①業務委託基本契約書→7号文書にあたる。印紙4千円。
②個別契約書
 期間が3か月以内のものであれば非課税
 期間が3か月を超えるものであれば7号文書(継続的取引の元となる契約書)となり、印紙4千円。
→今回は3か月ごとの自動更新がついていたので、7号文書に該当。
③変更契約書(②の契約書にかかれた金額や人数などを変更する)
 ②が3か月以内のものであれば非課税
 ②が3か月を超えるものであれば7号文書の変更となるので、印紙税4千円

以上のような判断基準となっているそうです。

ちなみに請負の場合は以下のとおりです。
①業務委託基本契約書→7号文書にあたる。印紙4千円。
②個別契約書→2号文書。契約に記載された金額に応じた印紙税額
 自動更新の記載があったとしても、印紙代は契約書に記載された金額分のみ
③変更契約書→2号文書。変更する金額に応じて

契約書の名前がさまざまありますが、結局は請負か請負でないか、
継続的取引の契約書かそうでないか、
で判断するようです。

同様に悩まれている方の参考になればと記録を残しました。
実際は顧問税理士さんにご相談の上、ご判断ください。

お礼日時:2019/05/17 14:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSES契約での注文書(契約形態)の違いについて

SES契約(客先常駐)での注文書に記載している契約形態の違いについての質問です。
SES契約ではいろいろな契約形態が存在していると思います。
「準委任」、「請負」、「(特定)派遣」などです。
(それぞれの定義的な違い、派遣法改正で特定派遣がなくなるかもしれないことは理解しているつもりです。)

なぜ発注元の会社によって、それぞれ異なることがあるのでしょうか?
その具体的な理由を知りたいです。

発注先会社が特定派遣の認可を持っているのであれば、発注元は
派遣契約で注文すればよいと思いますし、それが(今の)法的に見ても一番
ベストなのではないかと思います。
発注元からの直接の現場指示で作業者は動けますし、
仕事の完成ではなく委任の作業になるからです。
なぜ各社一律で特定派遣を利用していないのか理由がわかりません。

私が予想は以下のようなものです。
(1)特定派遣の認可を取得していないフリーランスの人などを使うケースがあるから。
(2)発注先Bのさらに下の会社Cの社員である作業者を受け入れられなくなるから。
 つまり、発注元とBが特定派遣で、BとCも特定派遣だった場合、二重派遣になってしまうから。

一般的なSES/客先での作業支援において、発注元によって
「準委任」「請負」「(特定)派遣」と契約内容がなぜ異なることがあるのか
具体的な理由を教えていただけませんか?各社なりの理由があると思います。

SES契約(客先常駐)での注文書に記載している契約形態の違いについての質問です。
SES契約ではいろいろな契約形態が存在していると思います。
「準委任」、「請負」、「(特定)派遣」などです。
(それぞれの定義的な違い、派遣法改正で特定派遣がなくなるかもしれないことは理解しているつもりです。)

なぜ発注元の会社によって、それぞれ異なることがあるのでしょうか?
その具体的な理由を知りたいです。

発注先会社が特定派遣の認可を持っているのであれば、発注元は
派遣契約で注文すればよいと思います...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
念のため追記します。

契約書上に「業務請負契約」や「業務委託契約」とあっても、請負だけとは限らず、準委任の場合もあります。
各条項の瑕疵の扱いや時間精算などの記述で判断することになります。

基本契約書に請負と準委任の両方の記載がある場合は、個別契約書の内容で請負か準委任か判断することになります。

また、「請負」という文言が実にややこしいのですが。
民法では請負と準委任は別の扱いがされていますが、派遣法では請負に「民法の請負」と「民法の準委任」の両方を含ませています。
(派遣法では派遣かどうか、派遣でないものは「請負」という感覚です。)

民法上での用語、派遣法での用語、契約書上の文言、現場の実態、それぞれを理解しないとたまに混乱してしまう人もいますね。


>“受注会社の社員のみ”
これはセキュリティ(情報漏えい)対策で課している場合と、行政から派遣認定されたときに多重派遣にならないようにしているのでしょうね。

>実際の作業はSESで、時間清算、現場から指示を受け、瑕疵担保もなし、といった実情になっています。

SESは準委任とみられると思いますので、発注側からの「指示」というものの程度でしょうね。
残業指示など勤務に関わるようなものは即アウトでしょうね。
作業内容に関するものも現場の受注側管理者を通さずに行うとアウトっぽいです。
単に作業について話し合っているのと(断ることができる)、一方的な支持(断ることができない)でも違うでしょうし。

間に入る会社の管理者が現場がいない場合などは、どのような言い訳ができるかによるでしょうね。
派遣社員と変わらないとなると、アウトですね。
発注先の就業規則に従わされているかどうか、仕事を進めるうえで他社の人員として独立して動けるかどうかなど実態次第になるのだと思います。

No.2です。
念のため追記します。

契約書上に「業務請負契約」や「業務委託契約」とあっても、請負だけとは限らず、準委任の場合もあります。
各条項の瑕疵の扱いや時間精算などの記述で判断することになります。

基本契約書に請負と準委任の両方の記載がある場合は、個別契約書の内容で請負か準委任か判断することになります。

また、「請負」という文言が実にややこしいのですが。
民法では請負と準委任は別の扱いがされていますが、派遣法では請負に「民法の請負」と「民法の準委任」の両方を含ませています...続きを読む

Qソフトウェア開発の注文書と注文請書

総務を担当しています。

当社は立ち上げたばかりのソフトウェア開発の会社です。
外注さんにお願いしていますがその時の注文書、注文請書について教えていただきたいのです。

派遣契約ではなく形は請負です。
でも実際は納品物は勤務表となり勤務時間の上限下限で精算しています。
注文書にも時間精算については記載しています。
こういう場合は収入印紙は不要ということも聞いたことがあります。

いろいろ迷っていますので教えてください。

1.注文書の発行はするべきなのでしょうか?

2.注文書を発行すれば注文請書に収入印紙をかならず貼付するのでしょうか?

3.見積書と請求書のみで進めたいのですが外注さんは注文書がほしいと言います。
ただ注文請書は出さないといいます。(収入印紙の節約だと思いますが)
注文書の発行のみで注文請書の返送がなくても当社は問題がないでしょうか?

4.注文書を電子ファイルのみでメールで送って捺印したものは発行しい方法でもいですか?

以上質問が多いのですが教えていただきたくよろしくお願いいたします。

総務を担当しています。

当社は立ち上げたばかりのソフトウェア開発の会社です。
外注さんにお願いしていますがその時の注文書、注文請書について教えていただきたいのです。

派遣契約ではなく形は請負です。
でも実際は納品物は勤務表となり勤務時間の上限下限で精算しています。
注文書にも時間精算については記載しています。
こういう場合は収入印紙は不要ということも聞いたことがあります。

いろいろ迷っていますので教えてください。

1.注文書の発行はするべきなのでしょうか?

2.注文...続きを読む

Aベストアンサー

1について
一般論としては、したほうが良い、ただし義務ではない、となります。
もっとも、下請法が適用されるのであれば、発行する義務があります(下請法3条)。

2について
印紙税は、契約書の一部の文言により課税されるのではなく、契約書の全体から課税されるかどうかを判断します。
この点、お書きの契約内容であれば、その実態は準委任契約と考えられます(と言いますか、ソフト開発における準委任契約の典型例のように思います)。この場合には、印紙は不要です。
なお、契約書に「請負」と書かれているのであれば、「準委任」などに修正したほうが、誤解が無くて良いものと思います(「SES契約」あたりに該当するかもしれません)。

3について
注文に関する書面は、契約の成立および内容を証するために作成・保存されます。この点、見積書と注文書のみで注文請書が無い場合には、見積書が契約の申込、注文書が契約の承諾をそれぞれ証することにより、全体として契約の成立および内容を証することになります。
したがって、見積書が発行される場合には、注文書で留めても構わないといえます。
なお、注文請書を発行したときに印紙税が課税される場合には、注文書で留めるときは、原則として注文書に印紙を貼らなければならなくなります。

4について
ご質問文の鍵となる部分でタイプミスをなさってしまったようで、ご質問内容を推測してみますと、sa-yokaさん側で注文書を作成し、これに捺印したものをスキャナに取り込んで、これを電子メールで外注さんへ送信する方法でも良いのか、ということでしょうか(※)。
そうであれば、その方法でも構いません。現に、そのようなやり方を採用しているソフト開発会社もあります。
なお、この方法の場合には、仮に文書の内容が印紙税課税文書であったとしても、原則として印紙不要となります。
※ 注文書の捺印は、注文する側がおこなわなければ意味がないため、このような手順になろうかと思います。PDF等の変造困難(事実上不可能)なファイルで送信するのであれば、捺印が無くても構いません。ただ、捺印のあったほうが、証明する力は強くなります。

1について
一般論としては、したほうが良い、ただし義務ではない、となります。
もっとも、下請法が適用されるのであれば、発行する義務があります(下請法3条)。

2について
印紙税は、契約書の一部の文言により課税されるのではなく、契約書の全体から課税されるかどうかを判断します。
この点、お書きの契約内容であれば、その実態は準委任契約と考えられます(と言いますか、ソフト開発における準委任契約の典型例のように思います)。この場合には、印紙は不要です。
なお、契約書に「請負」と書...続きを読む

Qシステム開発(SES)の注文書・注文請書について

一部の客先からの注文書を請書いらずの内容でやり取りしています。
業務委託基本契約書は結んでいます。内容は一般的な感じです。
データでのやり取りで、pdfの注文書が送られてきて、一文に何日以内に返答がなければ承諾したとみなしますと記載されていて請書不要の契約を結んでいます。

質問①大体が請書を返送しているので、このやり方でも問題ないのでしょうか?

質問②その為、請書も不要だが、本来請書に貼る印紙も必要ないと言われています。
ただ、印刷してしまうと印紙が発生する?と言われたのですが、請書が元々ないのに印紙が必要になるとはどういう事なんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>質問①大体が請書を返送しているので、このやり方でも…

法律等で規制されたことがらでは決してありませんから、当事者同士がそれで良いとするならそれで良いです。

>請書が元々ないのに印紙が必要になるとはどういう事なんでしょうか…

意味がよく分かりません。
PDFの請書は来るのですか来ないのですか。

まあとにかく請け書に限らず誓約書でも領収証でも、PDF等を電子媒体の中に閉じ込めておいて、ディスプレーで見る分には、印紙税の対象にはなりません。
それをプリンタで印刷すると印紙税が課せられるのです。

そもそも印紙税とは、契約や金銭授受などの「行為」に課せられるわけではなく、それらの内容を記載した「紙」に課せられるのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7100.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい 個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい




個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

仕事を紹介してくれる他社(以下A社とします)から、紹介された依頼での売上計上のしかたや領収書の作成について分からないことがあります。

・A社の名義で領収書を作成するが、自社の売上としてよいのか?
・仕訳としてはどうなるのか?
の2点です。


仕事の流れとしては、
私はA社の協力店として登録されていて、A社が集客したお客様の所へ私が代わりに出張し、サービスを提供します。A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して私が料金を直接回収します。

1ヶ月分の売上を月末で集計し、その合計金額の30%が紹介手数料としてA社から請求されます。A社の使用済みの伝票を返送し、手数料分を振込みます。手元の残り金額が私の売上となります。

日々の売上は私の売上として計上して下さいとA社から言われています。しかし、A社として領収書はきっていますが、自社の伝票は使用していません。自社の売上金としてしまってよいのでしょうか?
ここで自社の伝票で同じ内容の領収書を作成するのはまずいですよね?渡す人がいませんし、2重に作成することになってしまいますよね…

仕訳としては
料金が10,800円(税込)で30%を手数料として返して、70%が私の売上となる場合は、

借方/貸方
料金発生日に
現金 10,800 / 売上10,800
翌月振込時に
販売促進費3,240 / 預金 3,240
でよいのでしょうか?
手元に自社の領収書もA社の領収書もありませんが、売上の証明になるのでしょうか?A社からの集計表と手数料の請求書は来ます。

それとも
現金 10,800 / 前受金7,560
/ 預り金3,240
としておいて、翌月請求時に
預り金 3,240 / 預金 3,240
前受金 7,560 / 売上 7,560
とすべきでしょうか?

うまく説明出来ているかどうか不安ですが、ご助言を頂きたいです。
よろしくお願い致します。

売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい




個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

仕事を紹介してくれる他社(以下A社とします)から、紹介された依頼での売上計上のしかたや領収書の作成について分からないことがあります。

・A社の名義で領収書を作成するが、自社の売上としてよいのか?
・仕訳としてはどうなるのか?
の2点です。


仕事の流れとしては、
私はA社の協力店として登録されていて、A社が集客したお客様の所へ私が代わりに出張し、サービスを提供します。A...続きを読む

Aベストアンサー

>個人事業の青色申告で…

開業届と青色申告承認申請はきちんと出してあるのですね。
それは税務署の窓口へ直接持参しましたか。
それとも郵送でしたか。

>A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して…

それでは、あなたは個人事業などでなく完全な A社の従業員ですよ。
A社は社会保険料の事業主負担分を免れようとして、個人事業だと強弁していて、これを世の中では「偽装請負」といいます。

開業届と青色申告承認申請とは、税務署ですんなり受け付けてもらえたのですか。
仕事の内容、金銭の流れなどを詳しく説明しましたか。

-----------------------------------------------

百歩譲って、偽装請負ではなくまともな個人事業だとして以下に進みます。

>A社として領収書はきっていますが、自社の伝票は使用していません。自社の売上金として…

その控えを毎回必ず保管し、税務署に対しては
「これは元請けとの契約上、便宜的にそうなっているだけ」
と主張することとし、実務はあなたの売り上げとして管理します。

>翌月振込時に…
>販売促進費3,240 / 預金 3,240…

販売促進費で良いとは思いますが、仕訳日は振込時ではありません。

料金発生日に、売上の仕訳と一緒に
【販売促進費3,240円/未払金 3,240円】
翌月振込時に
【未払金3,240円/現金 or 普通預金 3,240円】

経費を計上する日は、支払った日ではなく支払わなければいけない事由が発生した日で、これを「発生主義」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>手元に自社の領収書もA社の領収書もありませんが…

A社の領収書をコピーして保存します。

>現金 10,800 / 前受金7,560…

前受金、預かり金などでは絶対にありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>個人事業の青色申告で…

開業届と青色申告承認申請はきちんと出してあるのですね。
それは税務署の窓口へ直接持参しましたか。
それとも郵送でしたか。

>A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して…

それでは、あなたは個人事業などでなく完全な A社の従業員ですよ。
A社は社会保険料の事業主負担分を免れようとして、個人事業だと強弁していて、これを世の中では「偽装請負」といいます。

開業届と青色申告承認申請とは、税務署ですんなり受け付けてもらえたのですか。...続きを読む

Q経理担当の発言について。

個人経営の小さい会社で働いている者です。経理担当が1人いるのですが、その人がたびたび「この会社は数年ももたない。2、3年したらつぶれる」という発言をしています。最初は聞き流していましたが何度もしてくるので、思い切って「聞いてて気分が悪いからそういう話はしないでほしい」と伝えました。しかし「前の経理担当から聞いた話。本当のことだから仕方ない」と言われました。それ以来、私に対して言ってくることはなくなりましたが別の社員には相変わらず同じことを言っています。正直、そんなにつぶれるつぶれる言うなら自分がさっさと辞めれば?と思います。こちらも自分の勤めている会社がつぶれそうかどうかくらい自分で判断して自分で辞めます。そのくせ給料が少ない、もっと手当がほしいとか言っていて面倒くさいです。つぶれそうな会社が給料上げる訳ないのに。愚痴になってしまいましたが、①この人はどういう目的で「会社がつぶれる」発言を繰り返しているのか?②言うのをやめさせるにはどうすればよいか?を教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>①この人はどういう目的で「会社がつぶれる」発言を繰り返しているのか?
どこにでもそういう奴はいる。
「この会社やばいよねー」「社長が頭おかしいからねー」などと、誰かと悪口を言いたいタイプ。

>②言うのをやめさせるにはどうすればよいか?
みんなが汚物を見るような目で見るしかない。
他人の行動を制限するってのは実はすごく傲慢な行為だし、労力がいる。
だから放っておく方がいい。
アホに関わるとろくなことないから。

Q自宅事務所の家賃は個人として所得になるのでしょうか?

今年から自宅を事務所にして家賃を按分して経費計上しております

もらう側の個人としては所得として確定申告が必要でしょうか?
家は持ち家でローンも完済しております。

尚高熱費などの按分した分はいかがでしょうか?

Aベストアンサー

事業主が「法人」ならば、法人が家を事務所として使用してる家賃が発生します。
家の持ち主は法人からの家賃収入を、自己の他の所得に加えて確定申告が必要ならします。

事業主が個人でしたら、自分の家に対して家賃を払うこと自体税法では認められません。
仮に「おらぁ、自分で自分に家賃を払うじゃんね」と経費にしようとしても「経費にならんよ」とされ、そのかわりに「家賃収入がある」として不動産所得に計上しても「それはなかったものとする」のです。
条文は所得税法第56条です。

Q駐車場経営について教えて下さい。

家の近くの土地が売りに出されております。
27.5坪で1700万との事です。
いくらかお値下げは可能なようです。
そこで、この土地をアスファルト塗装にし、月極駐車場を作り、1.5万円くらいで(この辺の相場なようです)フルで4台?貸したとして、固定資産税等、かかる費用の計算方法がいまいちわかりません。
わかる方、教えて下さい。
一括で支払ったとして、フルに利用者がいたとして、おおよそ20年以降からの利益となりますでしょうか?

Aベストアンサー

こちらのサイトに詳しく出てますよ。
http://www.happy-souzoku.jp/souzoku-12091.html

Q個人が立て替えた出張経費の処理の仕方(勘定科目)

私、個人で業務請負をおこなっておりましたが、コンプライアンス上、法人対法人での取引を要求され小さな会社(私一人)を作り、今までと同じ内容の請負業務を始めました。
その中で、年に1回~2回ほど海外での業務がありまして、法人での取引後の4月に出張しての請負業務を行ってきましたが、勘定科目を含めてた会計上の処理が理解できないのでうまく帳簿が記入できません。
私個人が立て替えた出張経費の会計処理の仕方をご教授願えればと思い、ここへ投稿いたしました。

【内容】
2週間分の出張経費は私がすべて立て替えましたので、私が私の会社へ出張経費請求をおこないました。
その請求内容と金額で、業務請負元の会社へ4月末に海外出張経費として請求書を提出し、5月末にこの出張経費と通常の請負業務分の金額が会社へ入金されます。
会社へ入金された後、私が立て替えたこの出張経費分をすぐに私個人の口座へ入金する予定です。
このあたりの帳簿上の流れが理解できなく、どのように処理(勘定分け)すればよいのかわかりません。

このあたりのことがお詳しい方、お教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

私、個人で業務請負をおこなっておりましたが、コンプライアンス上、法人対法人での取引を要求され小さな会社(私一人)を作り、今までと同じ内容の請負業務を始めました。
その中で、年に1回~2回ほど海外での業務がありまして、法人での取引後の4月に出張しての請負業務を行ってきましたが、勘定科目を含めてた会計上の処理が理解できないのでうまく帳簿が記入できません。
私個人が立て替えた出張経費の会計処理の仕方をご教授願えればと思い、ここへ投稿いたしました。

【内容】
2週間分の出張経費は私が...続きを読む

Aベストアンサー

仮に、4月10日から25日まで海外出張して、
・その間の旅費、35万円を社長個人が立替えた。旅費は得意先(業務請負元)が負担する。
・その間の請負業務の売上高、50万円、
とします。


次のように仕訳します。

4月25日
〔借方〕立替金350,000/〔貸方〕仮受金350,000
【摘要欄】海外出張費、社長が立て替え

4月25日
〔借方〕売掛金500,000/〔貸方〕売上高500,000

5月25日
〔借方〕普通預金850,000/〔貸方〕売掛金500,000
〔借方〕………{空白}……/〔貸方〕立替金350,000
【摘要欄】売上代と海外出張費立替分が入金

5月26日
〔借方〕仮受金350,000/〔貸方〕普通預金350,000
【摘要欄】海外出張費を社長口座へ入金

このように仕訳して、それぞれ、勘定元帳に転記
して下さい。


以上、発生基準会計。税込経理方式。

Q財務状況のよくない仕入先について

弊社が仕入れていいる業者の財務分析をしたところ、B/Sの利益剰余金が赤字で、また自己資本比率が著しく低い会社でした。
弊社の得意先ではなく仕入先なので、代金の回収が滞る等の危険性はないのですが、このように財務状況があまりよくない会社を仕入先に持つことの危険性はなにかありますでしょうか?
仕入先なので、特に問題はないと思っているのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

弊社というのは、あなたが経営する会社ということですか?
それとも、あなたが勤務する会社のことでしょうか?

あなたが経営する側でリスクを感じるのであれば、他の取引先選定を検討すべきかもしれません。
あなたが勤務する会社であれば、上席者や経営者に判断を仰ぐことです。

決算書なんてものは、目安や指標でしかありません。
このように書くのは、大企業など会計監査の対象となったりするような会社であれば、参考に値する数値でしょう。しかし、小さい会社などの場合には、経営上の指標よりも税金対策を考えての決算ということもあるのです。

赤字となる大きな要因をB/Sだけでなく、P/Lなどもしっかりとみることです。
過去の減価償却資産の購入が後に響き減価償却費だけで大赤字になることも考えられます。であれば、資金繰り的には、危険性はないでしょう。
役員報酬や賃借料等で経営者に十分に支払いがされすぎていることで赤字になっているような場合には、経営者の個人資産が十分にあることがわかればさほど危険性もないことでしょう。

ただ数字や割合だけで怖がっていると、本当に信頼できる会社を信頼できず、数字をごまかして取引先の信頼を取り付けたりするような会社に騙されますよ。

私自身、税理士事務所勤務経験から税理士ほどではないにしろ、節税や税務の考えから都合の良い決算を自分が経営する会社で行ったことがあります。
その結果、順調な資金繰りであっても、決算の数字が悪すぎることで、大手取引先から取引させてもらえなくなったこともあります。現在は、税金対策はそこそこに取引の与信審査上見た目を良くする対策をしています。
すべての会社でどこまで考えた決算を組むのか、その方針によっても大きく変わるものなのです。

役員報酬も極端に少なく、減価償却の計上もほとんどせず、現金の流出につながる経費などで大きな赤字になっているような場合には、危険でしょうね。

危険性というのは、あなたの会社では仕入れたものを売るのでしょう。商品が届くものと考えて待っていたら、届かなかった。などとなれば、売る取引先からのあなたの会社の信用は落ちることでしょう。急なことで商品を確保しようとすれば当然仕入は高くつくし、間に合わないかもしれません。取引先が製造したものを仕入れるような場合には、見た目同じ商品でも劣悪な商品を仕入れてしまえば信頼を落とすことでしょう。同じ条件の仕入れ先を確保することが難しいものであればあるほど怖いものですよ。

私の会社は基本サービス業です。下請けの選定にも慎重になります。複数の下請け会社を用意することで、困った時に穴埋めできるようにしています。
たまに行う物品は、受注販売の受注仕入です。注文が入ってから仕入れを行うわけですが、仕入先に見積もりや在庫の確認をしてからでないと販売先にうちの見積もりは出しません。その際には、他の取引先から仕入れた場合の靉光のような参考数字も出してもらったりしたうえで、販売金額を設定します。そうでないと、仕入予定先がもしも夜逃げなどをした際に赤字を被ってしまいます。他の取引先も持つことで、最悪利益を削るだけで、信頼まで落とすことのないような配慮をしています。

販売先も一つ、仕入先も一つですと商売は楽です。
しかし、一か所破たんしただけで連鎖倒産になります。
販売先の柱も仕入先の柱も複数持つことです。そのうえでその柱を太くしていくべきでしょう。

弊社というのは、あなたが経営する会社ということですか?
それとも、あなたが勤務する会社のことでしょうか?

あなたが経営する側でリスクを感じるのであれば、他の取引先選定を検討すべきかもしれません。
あなたが勤務する会社であれば、上席者や経営者に判断を仰ぐことです。

決算書なんてものは、目安や指標でしかありません。
このように書くのは、大企業など会計監査の対象となったりするような会社であれば、参考に値する数値でしょう。しかし、小さい会社などの場合には、経営上の指標よりも税金対策を...続きを読む

Qこんにちは 車の販売、経理についてです。 3/1 タントを10万円で仕入れましたが まだお金は支払っ

こんにちは
車の販売、経理についてです。

3/1
タントを10万円で仕入れましたが
まだお金は支払っていません。

100,000仕入れ/買掛金100,000

これで仕訳しました。


6/6
タントを販売し
お客様から16万円入金がありました。

この場合どう仕訳したらよいでしょうか?

仕入れ先には
売れてからタントの料金を支払う約束でした。

いったん
普通預金160,000/売上160,000にして

現金100,000/買掛金100,000

でしょうか?


それとも
普通預金160,000/買掛金100,000
/売上  60,000

払った日に
現金100,000/売上100,000

これだとおかしいでしょうか?

Aベストアンサー

仕入れ処理をしているので委託販売ではなくて、普通の仕入れ販売ですね。

3/1
仕入れ100,000/買掛金100,000

6/6
普通預金160,000/売上160,000

支払日
買掛金100,000/現金100,000


委託販売なら仕入無しで差額の6万だけ売上に計上です。


人気Q&Aランキング