彼氏に難病(重め)を告白するタイミングはいつがいいでしょうか?
※男性の方に回答お願いします

彼氏(26歳)とは婚活サイトで出会いました。
デートは、5~6回しています。キス以外まだして
いません。
私自身は彼と結婚したいですが、病気を受け入れてもらえらるか不安です。
男性的には、難病を持っていると告白されるのはいつ頃がいいのでしょうか?
出会いが婚活サイトなので、打ち明けるタイミングが分かりません。

私(26歳)は、下垂体前葉機能低下症・尿崩症という難病を持っています。
21歳の時に脳腫瘍と診断され、見つかった時には大きな腫瘍でした。
その後遺症で、下垂体(ホルモン分泌部分)がほとんどやられました。
副腎皮質ホルモン・甲状腺ホルモン・抗利尿ホルモン・女性ホルモンがでていません。
薬を服用していれば、通常の人と同じ生活ができます。

ただ妊娠を希望する場合、不妊治療が必要と言われています。
また、薬がきれるとトイレには30分くらいでいきたくなり、感情がストレートにでてしまいます。

難病でも重めの部類に入ります。
今までの彼氏は病気が原因で振られています。
将来結婚する場合、バリバリ働いて家計を助けることはできません。
現在は週4で働いています。

私(26歳)と彼氏(26歳)は、お互いに年齢が若いため、受け入れることが出来るか不安です。
お互いに若いから次にいけば?みたいな回答は、申し訳ないですがお断りします。

男性は、私みたいな難病持ち女性を受け入れて結婚しますか?
出会いが婚活サイトの場合
告白するタイミングは、はやい方がいいですか?
率直な意見をお願いいたします。

A 回答 (13件中11~13件)

出来るだけ早めに言ってほしい派です。



好きになった女性なら、何かあっても一緒に乗り越えるつもりで付き合う決心をします。

けど、気になるのはお相手も年齢が若いので、そういう風に思えるのかちょっと心配です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

やはり、早めに告白した方がいいですよね。
そういう男性もいると分かり、少し勇気がでました。
お互いに年齢的に不安ですが、告白してみようと思います。

お礼日時:2017/06/13 16:15

>男性は、私みたいな難病持ち女性を受け入れて結婚しますか?


それは、今までの彼とのことでも分かるように「結婚するかどうかは明言できない」でしょう。
それはもちろん、今の彼でも同じです。

残酷なようですが、それが事実です。
敢えて励ましのようなことは書きません。
不利であることは確かです。

「そのうえで」どうしていくか?ということです。
前に進めるか、進んでいって何らかの壁に当たった時、二人で乗り越えることができるか?ということを、暗中模索しながら確かめ合っていくしかない。

けれど…暗中模索なことは何も病気とか、障害「だけ」ではないはずです。
難病にかかっていようがいまいが、同じように「相手のことが理解できなくなる」ことなど、さして珍しいことではない。
相手の愛情が見えなくなったり、消えたように感じたりすることは、多くのカップルが経験していることです。
あなたにも同じような経験はあるはずですよ?。

そうです…「何とかやっていくしかない」のです!。
その覚悟、そのキッカケや出来事…そういったものが共通に互いにあるならば、やっていけないということはないはずではないですか?。

今考えるべきは「恐れること」ではない。
二人の時間を長く保つことと、その時間が有意義なものになる「予感」があるのかどうかです。
互いが「この人とならば、自分でいられるだろう」と思えるなら、それが結果としてどうあれ、結ばれるべきだと思います。

病気は、あなたの「相棒」ですよ?。
共に生きていくものなのだから、無碍にしないで。
あなたはあなたらしく、生きていってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
振るか振らないから彼次第ってことですよね。

確かに、病気は私の相棒です。
ご指摘いただいて、再確認しました。
理解してくれる人ができなくても、私らしく生きていきたいと思います。

お礼日時:2017/06/13 16:18

婚活だからこそ早い方がいいです。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
婚活だからこそ、なんですね。
結果がどうであれ、告白してみようと思います。

お礼日時:2017/06/13 16:20
  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報