人工衛星は空中に浮いているんではなくて、
すごい速さで地球の丸みに沿って落下し続けているって知っていましたか?

そのような意外な事実とかなにか知っていますか?

A 回答 (5件)

天動説も、かつては説得力があった。


「地球が丸くて回っているなら、遠心力でみんな宇宙空間に吹っ飛んでる。
一日に一周もするんだぞ。」

当時、万有引力の法則なんて、発見されてないから、十分に理にかなっていた。


むしろ、これに対抗する形で、万有引力の法則が登場。
「遠心力より強い力で、地球に引っ張られているなら、吹っ飛んでいかない。
リンゴも地面に落ちるのだ。」


じゃあ、引力と遠心力が釣り合うモノって、ずっと留まってられるんじゃ・・・?
そう、人工衛星だ。
    • good
    • 0

約40億年後に 銀河系とアンドロメダ星雲は衝突する。


太陽の寿命が約50億年だから それより早い。
    • good
    • 1

この世に、こうしてこの世があるということが証明できない。


ただの仮想現実との違いをどうやって証明できるかというと、それができない。
    • good
    • 0

意外な事実は無いが、



月は地球に落下し続けている。
地球は太陽に落下し続けている。

人間とサルのDNAは1%しか変わらない。
人間とバナナのDNAは50%しか変わらない。

ネギトロのネギは野菜のネギでは無い。ネギ取る、から来た言葉。
パインは松の事だから、パイナップルと言わないとトンデモよ。

キーボードのキー並び「QWERTY」は失業タイピスト達が理由。

一杯あるけど眠い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

眠い中ありがとうございます。

お礼日時:2017/06/14 08:14

お題の例から連想的に、


国際宇宙ステーションは、大気圏内(熱圏)にいる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですねー。

お礼日時:2017/06/14 08:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-6 この計算のどこがおかしいですか?

今高校数学2 複素数と二次方程式 の範囲を勉強しているのですが、
√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6  
この式のどこが間違っているのか分かりません!教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」とがOKなことと
「負の数の根号」×「負の数の根号」の“計算”が
今まで通りOKなことは違うということです。

つまり、根号の中身が負のときには
√a × √b = √ab 
とは計算してはいけないということ。

数学Ⅰの教科書を見てください。
性質★ a>0 b>0 のとき √a × √b = √ab
と書いてありますよね!

√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6 

の計算式では左から2つめの=が誤っていて、それ以外の=は正しいです。
--------------------------------------------------

No4の回答について

> √(ー2)(ー3)=√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=√(ー1)²√2√3=√2√3=√6 だから。 ☆

2つ目の=と3つ目の=が計算の性質★に違反しています。

>この部分を√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=i√(2)i√(3)としてはダメな理由を教えて頂けませんか?
ダメでなく、正しいです。(これは自信を持ってください!)
でも数式☆では2つめの=がNGだから、√6とは等しくありませんね!

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」と...続きを読む

Q分数という概念について初歩的な質問です。

分数の概念について、初歩的なことがよくわからなくなりました。
というのは分数というのは本来、比を表すものですよね?

そこで例えば、りんごが2分の1個ある。という言い方はできるのでしょうか?
比に「個」という単位をつけるっておかしくないですか?
普通、りんごが2分の1個あると言われたら、りんご半切れを想像しますよね。
そこがよくわかりません。どんな条件や式が頭の中で省略されているのでしょうか?

また、仮にりんご3個を2とした時に、2分の1あると言われたら、どうなるのでしょうか?
全体数がわからない限り答えの出しようがないのではないのでしょうか?

初歩的な質問ですいません。

Aベストアンサー

前に回答された内容を見ていませんが、とりあえず書いておきます(^^;)
a を b で割った商をa/b と書いて、コレを分数と呼びます・・・これだけです(^^A)

>というのは分数というのは本来、比を表すものですよね?

そうとは限りません。分数の解釈として、割り算の商、分割、割合、比 等があります
数学で混乱する原因の一つとして、数式を(日常生活での)固定された意味でとらえようとする見方があります
数式をどのように使うかは、人間次第で、時と場面・用途によって意味が異なってきます

>普通、りんごが2分の1個あると言われたら、りんご半切れを想像しますよね。
>そこがよくわかりません。どんな条件や式が頭の中で省略されているのでしょうか?

これは数学上の問題ではありません・・・人間側の話です
人がよく使う表現の中では、りんご半切れのことを「りんごが2分の1個」と数学の用語を使って表すから、だから”半切れ”の事なんです

>また、仮にりんご3個を2とした時に、2分の1あると言われたら、どうなるのでしょうか?
>全体数がわからない限り答えの出しようがないのではないのでしょうか?

その通りです。
例えば、りんご農家に行って、「半分のりんごを下さい」って言います・・・すると、半分は1個の?1パレットの?1箱の?農園全体の?って、意味が通らないと思います
何の”半分”なのかハッキリしない限り、答えが出ないのは当たり前です

数学で 1/2 と書いた場合は、単に有理数を表します・・・これ以上でも、これ以下でもありません・・・比を表しているとも言えません
この 1/2 をどのように使い、どのように解釈するかは、人間がどの様に扱っているかに依存します

>りんごが2分の1個ある。という言い方はできるのでしょうか?

できます。言いたい事は分かるのですが、厳密な数学の話では無く、日常生活での数学の”利用”の話だからです

前に回答された内容を見ていませんが、とりあえず書いておきます(^^;)
a を b で割った商をa/b と書いて、コレを分数と呼びます・・・これだけです(^^A)

>というのは分数というのは本来、比を表すものですよね?

そうとは限りません。分数の解釈として、割り算の商、分割、割合、比 等があります
数学で混乱する原因の一つとして、数式を(日常生活での)固定された意味でとらえようとする見方があります
数式をどのように使うかは、人間次第で、時と場面・用途によって意味が異なってきます

>普通、りんご...続きを読む

Q物理学には、数学の「定義」に相当するものは、ありますか?

「あるルールがあって、その範囲であれば、このようなことが成り立つ。それは半永久的に正しい」
数学は、こんなことをやっていますね。
物理学では、この、あるルール(定義)に相当するものは、あるのでしょうか?
もし、定義に相当するものがない場合は、物理学は特殊な条件では成り立たないことがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

力学の話になりますが高校で古典力学を学習する?した?と思います。(E=1/2mv^2)ってやつです。昔はこの式で物体のエネルギーを求めることができるとされていましたが、今ではこの式は光速に近づくにつれ真の値と異なる結果が得られることが知られています。(実際求めようとすると今ではE=mc^2となっています。)しかし相対性理論が言われる以前は古典力学で正しいとされていました。そのため時代が進み研究が進むと今の物理学がすべて実際とは違うということが分かるかもしれません。

Qこの解法と答えってどうなるのですか? 理解できないです(-_-;) 数学

この解法と答えってどうなるのですか?
理解できないです(-_-;)

数学

Aベストアンサー

an = n・(2n - 1) でしょうか。

S = Σak = Σ(2k^2 - k) = 2Σk^2 - Σk
= 2・n(n + 1)(2n + 1)/6 - n(n + 1)/2
= n(n + 1)/2・[2/3・(2n + 1) - 1]
= 1/6・n(n + 1)(4n - 1)

これで、正しいでしょうか?

Q光の速度と光年について

光の速度と光年について質問です。

1.130億光年×9兆4600億kmを計算したら1.2298E23というとんでもない数の数字が出ました。つまりこれはどういうことでしょうか? あまりの莫大な数字に頭が混乱してしまいました。

2.光の速度で進んだら時間差は生じてしまうのでしょうか?

A君が光の速度で走っている間にB君が1年年老いてしまうとか

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
130億光年×9兆4600億km、単純なビックバンからの宇宙の年齢(実際は138億年)に1年に光が進む距離を掛けたらそうなりますね。
宇宙の大きさ途方もなく大きいので、恒星や銀河の距離を比べたりするにはm(メートル)ではなく光年を使うことがほとんどです。

2.
アインシュタインが提唱した相対性理論では光速で進むと時間が停止してしまいます。
実際は、質量のある物体を光速に加速しようとすると質量が無限大に増大するため、加速するエネルギーも無限大になるために光速は不可能です。
ですが、思考実験としてはA君が光速で走ると止まっているB君は1年先に歳老いてしまいます。

実用的には地球の周りを周回している人工衛星は高速で動いているため時間の進み方が速く、GPS用の衛星では相対論的な時間の遅れを補正して運用しなければ、
地上で使うGPSの位置情報が狂ってきます。

また昔から存在している粒子加速器では、不安定な素粒子の寿命が、素粒子を加速した速度によって変化することが確かめられています。

Q数学のイコールの揃え方 中学三年生です。数学の先生に、 ○=△=□ と ○ =△ =□ という書き方

数学のイコールの揃え方
中学三年生です。数学の先生に、
○=△=□ 

 ○
=△
=□
という書き方は正解で、
○=△
 =□
という書き方をしてはいけないと教わりました。
これは本当でしょうか?今まで聞いたことのないことなのでよくわかりません。
また、その理由も教えてください。
分かりにくくすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認めません。
表面的でいいですから、間違いを受け入れましょう。
別の先生に言ったところで、その先生のプライドを傷つけて、目をつけられるだけです。

数学は、「正しいこと」が理解できていれば十分です。
テストの点数なんてどうでもいいじゃないですか。
数学なんですから、正しければそれでいいんです。
テストの紙に「×」って書いてあっても、正しいものは正しいです。
入試とかじゃないのならば、それでいいじゃないですか。

「大嫌いなあの先生に一泡吹かせる」
が目的ならば、追求すればいいですが、
「何が正しいのかを知りたい」
のであれば、あなたが100%正しいので、安心して、次の問題に取り組んでください。

ただ、「慣例」というものがあって、
「数学的には完全に正しいけど、記述方法として好ましくない」
というものはあります。

たとえば、文章題で、回答のはじめに
「"+"記号とは引き算を意味すると定義する」
として、「+」記号を引き算の記号「ー」のように使うことは数学的には
完全に正しいですが、好ましくありません。
ある程度、
「みんなで同じ定義や記述方法をそろえておく」
というのは、コミュニケーションの上では結構重要です。
みんなバラバラの定義を使ったら大変ですよね。

○=△
 =□
確かにこのような書き方は、
「3つの式が等しい」
ことを意味するよりも、
「○を変形したら□になりました」
とか
「○にある変数を代入したら□になりました」
みたいな印象を与えます。
そういう意味で、
「正しいけれど、慣例に従ったほうが良い」
として間違いにしたのならば、少し理解できます。
が、やはり数学的には正しいので、数学の問題である以上
「間違い」には出来ないと思います。

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認...続きを読む

Qsinθ=1の三角形ってどうやって書くんですか?この場合θ=90になりますがどんな図形だか想像できな

sinθ=1の三角形ってどうやって書くんですか?この場合θ=90になりますがどんな図形だか想像できないのです。もしかして描けないんですかね。

Aベストアンサー

三角形は描けません。

三角形の定義「同一直線上にない3点と、それらを結ぶ3つの線分からなる多角形」に反します。
sinθ=1の場合は2つの点しか存在せず、1つの線分しかない上、多角形でもありません。
従って、描けるのは1本の線分であって三角形ではありません。

これが三角関数で三角形を扱う問題であるなら、sinθ≠1の条件が必要です。

Qこの図形の名前は...扇形?いや..違うか..

数学で扇形といえば添付画像1.
それでは2には名前はあるのでしょうか.
やはり扇形でしょうか.

Aベストアンサー

英語ではannular sectorでわりと画像が出てきますね。扇形のcircular sectorとも対応が取れているので自然な名前だと思います。
問題は日本語ですが、annular sectorを直訳すれば環状扇形で、用例もわずかにあるように見えます。

Q数学の直しをしていたのですが、この問題の証明がどうしてもできません。誰か分かる方がいらっしゃったら教

数学の直しをしていたのですが、この問題の証明がどうしてもできません。誰か分かる方がいらっしゃったら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般項(k≧1)は
 a(k) = 2(1 + 2 + ・・・ + k) = k(k + 1) = k^2 + k
ですよね。(ここでも下記の①を使いますね)

Sn は、これを k=1 ~ n で足し合わせたものなので
 Σ(k=1~n)k^2 = (1/6)n(n + 1)(2n + 1)   ←これは覚えておいた方がよいかも。
 Σ(k=1~n)k = (1/2)n(n + 1)   ①      ←これは必須でしょう。
より
 Sn = (1/6)n(n + 1)(2n + 1) + (1/2)n(n + 1)
   = (1/6)n(n + 1)[ (2n + 1) + 3 ]
   = (1/6)n(n + 1)(2n + 4)
   = (1/3)n(n + 1)(n + 2)

Qある観測点からの太陽の1日の動きについて

太陽の1日の動きについて教えてください

学校の理科の授業でよく見る図について教えてください。
観測する地域の緯度により南中高度が異なってくる事と、
地球の公転の影響で日の出・日の入りの位置が南北に変化する事は
理解しているつもりです。

しかし、緯度により南中高度が変わると教えている以上、
地球の自転軸により発生する∠(公転面)(地球の中心)(観測点)の変化は
多少なりとも図に示す表す必要が有るのではと思うのですが、いかがでしょうか?

特に(赤道直下での太陽の動きを観測した)や、
(棒の影の先端が1日で動いた軌跡を観測した)などといったテキストなどでは、
体感的に差は強く現れる気がします。
つまり具体的には(北半球 北緯23.4度以北の場合)
 日の出は本来よりも北寄り 
 日の入り地点が本来よりも南寄り
 なおかつ軌跡としては正円ではなくシグモイドカーブ状
とした方が良いのではないかとおもうのですが、今までそういった指摘を見た事がなく、
実は私の考えが根本的に誤っているのかと思い、投稿させて頂きました。
よろしくおねがいします。

太陽の1日の動きについて教えてください

学校の理科の授業でよく見る図について教えてください。
観測する地域の緯度により南中高度が異なってくる事と、
地球の公転の影響で日の出・日の入りの位置が南北に変化する事は
理解しているつもりです。

しかし、緯度により南中高度が変わると教えている以上、
地球の自転軸により発生する∠(公転面)(地球の中心)(観測点)の変化は
多少なりとも図に示す表す必要が有るのではと思うのですが、いかがでしょうか?

特に(赤道直下での太陽の動きを観測...続きを読む

Aベストアンサー

全体として、何が言いたいかよくわかりませんが、少々気になる点を

日の出は、水平線から太陽が少しでも出た時刻
日の入は、水平線から太陽が完全に沈んだ時刻
春分の日でも、朝と夜の時間は12時間ずつとはなりません。

日本における正午とは東経135度での南中時刻です。(厳密には、少し違いますが)
他の地域では、南中時刻は正午ではありません。
北海道は、明石に比べて、日の出も南中も日の入も早くなり、その分、「朝」の時間が増えるし、
沖縄では逆に「朝」が減ります。

太陽は地球に比べて非常に大きく、距離も十分に離れています。
そのため、太陽と地球上の観測点を結ぶ直線は、全て平行だと見做せます。
また、地面は曲面であり、同緯度に引いた線も曲線であり、南北の線に垂直な直線とは一致しません。
ですが、地球が十分に大きいので、観測地点周辺では、地面は平面、東西の線は南北に垂直と見做します。
これを、地球の方が大きく、距離も十分に近いため、観測地点毎に角度が違う、地面は曲面、というモデルで考えているのではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報