英語 関係代名詞
Last winter I went to Hong kong,( ) as warm as I had expected.
①when wasn't ②where it wasn't ③where wasn't ④which it wasn't

答えは2です。
関係副詞なのでwhere以下が完全文になると思うのですがexpectedの目的語が欠けていますよね?
省略されている場合は完全文では無くても関係副詞を使って良いのでしょうか?

A 回答 (1件)

It was as warm in Hong Kong as I had expected.



関係詞関係ない段階でこういう英語が成り立ちます。

文なんだから当然完全文のはずですが、
これで正しいです。

... as I had expected (it was hot there)
という省略で。

関係詞関係なくこういう文が成り立ち、
この in Hong Kong の部分が there → where となって前に出たのが関係副詞 where です。

関係副詞の場合は後に完全文、こういうのをやるんですよね。

関係代名詞は、関係節内で主語や目的語が欠けた形になりますが、
ただ関係代名詞に置き換わっているだけ。

関係副詞も in Hong Kong = there が where に置き換わっています。

副詞だからなくても文の主要素的には影響ないので、完全文などと言うのですが、
副詞が欠けている、置き換わっているという点で完全じゃないです。

同格の that の後のようなものは完全文と言っていいですが。

関係詞である以上、必ず置き換わっている、
このことがわかることが大切で、
本当に関係詞を理解したら完全とか不完全とかでは不十分というかナンセンスです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

関係副詞以下は完全文という事ばかり考えていました。。
文として成り立っているならば良いのですね。

置き換わっている事、これからはその事を意識して見て行きたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2017/06/14 18:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIt is yet to be done.をIt isn't still be done.と言えます

It is yet to be done.をIt isn't still be done.と言えますか?

Aベストアンサー

惜しいですね、質問者様がおっしゃるIt isn't still be done.はちょっとだけ違います。
(まず、be動詞がかぶっています。(isn't の is と、be))

It is to be done. は、学校英語に書き直すと、It has not been done yet.(受け身の現在完了形)のことですから、
It is still not done.でしたら、OKです。

It has not been done yet.(少し(しばらく)前から、現在までずっとなされていない)
It is still not done. (いまだになされていない…現在の状態だけに焦点を当てた言い方)
ですので、どこに焦点を当てているかが違うだけで、現在だけを考えると同じ状態のことを表しています。

Q次の英文がわかりません。People who learn~

People who learn to control inner experience will be able to determine the quality of their
lives, which is as close as any of us can come to being happy.

こちらのwhich以下の構造、訳がわかりません。
参考書からの引用で抜けている部分はありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後ろの as の後にも close をつけて、
to being happy も含めて
close to being happy について比べていると申し上げました。

そして、この比較構文がわかりにくいのは、
close to being happy について、
which is close to being happy と
any of us can come close to being happy
という比較であるという点です。

つまり、後は any of us という人間について
(can) come close to ...「~に近づく」

前は which is close to ...
ものごと、状態、具体的には前の文で書かれている内容が
~ということに近い、

となっている点です。

前の部分のものごと・状況を、そういう状況に至った人に置き換えて比較するものではないと思います。

as as any で「この上なく」とは訳しましたが、
あくまでも as as は close についてであり、happy の度合ではありません。

特に happy の度合は関係なく、
being happy という状態に、
which が近い、
というのと、いかなる人もそういう being happy という状態に近づける、
それが同じくらい、
いななる人という any の意味から「この上なく」的ではあります。

この of は「~のうち」の of というより、同格の of であり、
us のような代名詞に any はつけられないので、of をはさむ形となっています。

後ろの as の後にも close をつけて、
to being happy も含めて
close to being happy について比べていると申し上げました。

そして、この比較構文がわかりにくいのは、
close to being happy について、
which is close to being happy と
any of us can come close to being happy
という比較であるという点です。

つまり、後は any of us という人間について
(can) come close to ...「~に近づく」

前は which is close to ...
ものごと、状態、具体的には前の文で書かれている内容が
~ということに近い...続きを読む

QHe never called on me without my being away英文としておか

He never called on me without my being away英文としておかしいですか?
彼が私を訪問するたびに私は出かけていない。He never called on me without finding me away.と違いはありますか

Aベストアンサー

文法的に間違っていません。しかし、

 Every time he called on me, I was away.

のほうが自然だと思います。

 He never called on me without finding me away.

とは明らかに意味が違います。"never ... without my being
away"だと、「私が出かけていていなかった」ということが「彼」
に知られたかどうかが明らかではありません。

QI may have a set of false teeth made to replace my

I may have a set of false teeth made to replace my pulled teeth.
わたしは入れ歯一式を抜歯した歯と入替えてもらうかもしれない。

全体はhave O Cで補語がmade to replace my pulled teeth で、made to replace〜は使役動詞の受け身。その部分はもともとはI make the doctor replace my pulled teeth.と考えていいですか?




訳はこれでいいですか?
made to replace のとこがよくわかりません。全体はhave O C で補語のとこはThe doctor makes

Aベストアンサー

I will probably have a set of false teeth made as a
 substitute for my teeth pulled out.

未来はやっぱり未来を示す助動詞"will"を使って表したほうがよさ
そう。確率的な表現は副詞"probably"に担当してもらうこととする。

"replace"は物体を対象として使う場合、その対象物がまだ存在し
ているときに使われることが多いように思う。すでに抜かれてしま
った歯については、"a substitute for"がより自然だと思う。

"pulled"を"pulled out"にしたのは、印象をもっと鮮明にするため。

Q印象付ける、~そうにみえる、という意味での、Come off

I thought he came off kind and sincere.
という例文があり、「私には彼が親切で誠実そうに見えました」という日本語訳になっていました。
でも、いくつかの辞書サイトをみると、Come off は、印象、といったイメージがありません。

さらには、米語で come off it! はなんかケンカ腰みたいな雰囲気さえあります。 

Come off as なら、~みたい、という感じなるようですが、come off as joke のように名詞がつくようです。
上の例文のように、kind, sincere, など形容詞がついて、「親切そうに見える」という表現になるのでしょうか?

そして、ちゃんと丁寧な言い方なのでしょうか?
日常会話、大人同士の会話、で使っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

アメリカのイディオムっぽいですね~。

『come off (as)
to appear to have a particular attitude, intention, or character
I didn't want to come off as weak. 』

http://idioms.thefreedictionary.com/come+off

as はあってもなくても、のようです。


アメリカ東海岸では大人同士の会話で耳にしなくもない表現です。

QI had some eyeglasses. I was walking down the

I had some eyeglasses. I was walking down the street when suddenly the prescription ran out.

Steven Wrightの言葉です。

この和訳と意味を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Steven Wright がこのジョークを言っているときの仕草を見れば一発で分かります。添付のビデオの 4:00 辺りで、suddenly the prescription ran out と言っている最中に目を細めています。つまり眼鏡の処方箋が切れた (期限切れになった) 途端に見えなくなった、というのがジョークです。


https://youtu.be/iVjVt98iHkQ

QThere are a lot of people here. の主語は何?

タイトルそのままです。
文の主語は何でしょうか?
文型から考えると、第?文型になりますか?

Aベストアンサー

学校で習う文法では
a lot of people が主語、
SVM の第一文型。

専門的に英語をやろうとでも思わない限りそれでいいです。

Q「4人のうち2人は帰国子女です」 これを英語にするとどうなりますか??

「4人のうち2人は帰国子女です」
これを英語にするとどうなりますか??

Aベストアンサー

Out of the four people, two have experience living abroad.

No.3さんと同意です。"returnee" とは長期間よその滞在から戻る人、たとえば海外に駐屯していた軍人、などの意味があるのでぱっと「帰国子女」とは結びつかないと思います。

また「4人」が何者なのかも指定するか、文脈上既に指定されていないと若干不自然な文章に感じます。

Out of the four students, two have experience living abroad.
Out of the four of them, two have experience living abroad.
Two of my four colleagues have lived abroad before.

などなど

Q前置詞についてお尋ねします。 Great East Japan Earthquake

1 really appreciate Taiwan's warmhearted support and generous donations for Japan after Great East Japan Earthquake .I'll never forget it.

前置詞は本文ではfor Japan or to Japanどちらが適当でしょうか?両者用いられると思うのですがニュアンスが異なると考えるのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

念のためネイティヴにも訊きました。アメリカ人。

明確に to だそうです。日本人は何故か for が好きですが、この場合は「ため」ではなく「~へ」という意味合いが強いので to です。

QTom must not have been there.トムはそこにいなかったに違いないという表現

Tom must not have been there.トムはそこにいなかったに違いないという表現はないのですか?

Aベストアンサー

must be 〜「〜に違いない」の否定は
cannot be 〜「〜のはずがない」

must have been 〜の否定も
cannot have been 〜と習います。

しかし、
must not be 〜「〜でないに違いない」
must not have been 〜「〜でなかったに違いない」
ごいう表現もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報