児童福祉司の平均年収は?

A 回答 (1件)

児童福祉司とは、地方公務員(自治体職員)としての児童相談員のことをいいます。


主な職場は、都道府県と政令市への設置が義務づけられている児童相談所(全国約200か所)です。

民間の児童福祉施設などで働く児童指導員や児童相談員は、児童福祉司任用資格(もし公務員であったならば児童福祉司になれる、という資格)は持っていますが、児童福祉司そのものではありません。
なぜなら、児童福祉司として実際に働いている公務員ではないからです。
児童福祉司、といったときには、このような民間の方たちは含めません。

大学などで児童福祉司任用資格を取ったあと、まずは、公務員採用試験に合格しなければなりません。
さらに、希望する施設の採用試験に合格して、初めて、児童福祉司としての実務ができるようになります。

児童福祉司は地方公務員ですから、地方公務員としての給与が支給されます。
各自治体による差や年齢による差がありますが、国家公務員給与等実態調査(平成27年度)によると、平均年収は600万円前後とのこと。
民間の児童福祉施設などで働く人たち(勘違いしていただきたくないのですが、児童福祉司ではありません。児童福祉司の任用資格を持っているだけであって、児童福祉司ではないのです。)とくらべると、比較的高い給与と安定性が保証されます。

民間の児童福祉施設などで働く人たちと一緒くたにしてしまうと、判断を誤ってしまいます。
児童福祉司といったときは「公務員」である、という認識を持って下さい(意外な盲点になります。)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

400万円未満とネットでは書いてあったのですが600万円あれば充分ですね

お礼日時:2017/06/14 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報