ある人から、「法務局で閲覧している路線価図は、今後、法務局との間でインターネットなどパソコンを使って自宅からでも閲覧できるようになるらしい」と聞きました。次の2点は確認しましたが、上記の「法務局との間で…」の内容は、確認がとれていません。どなたか詳しい方お教え下さい。
1.今、本形式で出ている路線価図は、CD-ROMで販売されるようになる。
2.民間のソフト会社では、路線価のCD-ROMや、インターネットで閲覧できるサービスを既にはじめている。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下の回答者!地積測量図をいれてないのは・・・


あんた、プロ?

納税を考える人を大変に大切にしますから、税務所
の方は!電話でFAXとかで、十分に対応するはず
でありますが・・・。
    • good
    • 0

>法務局で閲覧している路線価図



一般に、「路線価」とは財務省相続税財産評価基準に基づくものです。法務省管轄のものではありませんので、これは何かの間違いではありませんか?

また、一部の自治体では固定資産税評価基準に基づく「路線価」を地図上に表示して、一般の閲覧に供しているところもありますが(例えば東京23区)、これもお問合せのようなことはありまん。

ご承知の通り、税務署に行けば全国の路線価図が常備され閲覧可能ですが、ご指摘のように自宅からできれば本当に有難い。これは期待したいと思います。

また、現在、登記簿に関しては不動産と法人登記簿の閲覧が自宅からできるシステムが整備中ですが、加えて公図や建物図面なども可能になると便利ですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ