エコピア・ウィズ・オロジックのCMに出てきた物理学の数式、、、
何を表しているのですか?連続でこういう質問してすみません…。

Du/Dt=-1/ρ grad p+1/ρ (x+1/3 η)grad div u+η/ρ Δu+K

(∂^2 y)/〖∂t〗^2 =v^2 ((∂^2 y)/〖∂x〗^2 +(∂^2 y)/〖∂z〗^2 )

α=(360°)/(1+ϕ)=137.50776405° ϕ=(1+√5)/2

a^3/p^2 =G (M+m)/〖4π〗^2

|F_x |=RRC∙|F_z |

|F_xd |=1/2 ρ A Cd v^2

以上です。

画像がコチラ↓

「エコピア・ウィズ・オロジックのCMに出て」の質問画像

A 回答 (1件)

詳しく説明しているページがありました。


参考にどうぞ。
http://green.ap.teacup.com/sou16/1621.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの解説にあります「二次方程式の解」r=a±√2a という公式がどこを検索しても見当たらないのですが

この解説にあります「二次方程式の解」r=a±√2a
という公式がどこを検索しても見当たらないのですがどう使うのでしょうか

Aベストアンサー

これです。ふつうの二次方程式の一般解。
http://mathtrain.jp/kainokoushiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F%E3%81%AE%E8%A7%A3%E3%81%AE%E5%85%AC%E5%BC%8F

r² - 2ar - a² = 0
であれば、各項の係数が「1」「-2a」「-a²」なので
 r = { -( -2a) ± √[ (-2a)² - (-4a²) ] } /2
  = a ± [ √(8a²) /2 ]
  = a ± (√2)a

Qこの解法と答えってどうなるのですか? 理解できないです(-_-;) 数学

この解法と答えってどうなるのですか?
理解できないです(-_-;)

数学

Aベストアンサー

an = n・(2n - 1) でしょうか。

S = Σak = Σ(2k^2 - k) = 2Σk^2 - Σk
= 2・n(n + 1)(2n + 1)/6 - n(n + 1)/2
= n(n + 1)/2・[2/3・(2n + 1) - 1]
= 1/6・n(n + 1)(4n - 1)

これで、正しいでしょうか?

Q下の写真に「関係y=f(x)」「関係b=f(a)」と書いてあると思いますが、関係ではなく関数ではない

下の写真に「関係y=f(x)」「関係b=f(a)」と書いてあると思いますが、関係ではなく関数ではないでしょうか? (写真が暗くてすいません)

Aベストアンサー

関数とは、一般にxに対して一意のf(x)を対応付けるものです。
関係は一般には『点(x,y)が関係R(x,y)を満たす』のように言って、関係を満たすyがxごとに一意には定まらない場合もあります。関係はある意味で関数の概念の拡張です。
関係の一例を挙げると『x<y』も関係です。
グラフというのは点(x,y)で作られる集合の関係y=f(x)を満たす部分集合なのです。
ちなみに関係をx^2+y^2=1にすると円のグラフができます。

Q方程式

この方程式を代入法で解きたいのですが、うまくいきません。代入法のやり方はわかるのですが、うまくいかないのは、yの値を求めるところです。答えはy=13、x=42なんですが、y=13にならなくて困っています。教えてください。
加減法だと問題なくy=13、x=42になります。

Aベストアンサー

下の式から
 x=3+3y

上の式に代入すると
 (5/6)×(3+3y)-2y=9
 (5/2)+(5y/2)-2y=9
 5+5y-4y=18    ←計算しやすいように全体を2倍しました
 y=18-5
 y=13

分数が入るのでどこか計算ミスをしているのかも…。
上の式を6倍して、5x-12y=54としてから計算する方がわかりやすいかもしれません。

Q数学の直しをしていたのですが、この問題の証明がどうしてもできません。誰か分かる方がいらっしゃったら教

数学の直しをしていたのですが、この問題の証明がどうしてもできません。誰か分かる方がいらっしゃったら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般項(k≧1)は
 a(k) = 2(1 + 2 + ・・・ + k) = k(k + 1) = k^2 + k
ですよね。(ここでも下記の①を使いますね)

Sn は、これを k=1 ~ n で足し合わせたものなので
 Σ(k=1~n)k^2 = (1/6)n(n + 1)(2n + 1)   ←これは覚えておいた方がよいかも。
 Σ(k=1~n)k = (1/2)n(n + 1)   ①      ←これは必須でしょう。
より
 Sn = (1/6)n(n + 1)(2n + 1) + (1/2)n(n + 1)
   = (1/6)n(n + 1)[ (2n + 1) + 3 ]
   = (1/6)n(n + 1)(2n + 4)
   = (1/3)n(n + 1)(n + 2)

Q数Ⅲ微分 関数f(x)がx=aで微分可能ではないとき以下の①または②が成り立つ。 ①曲線y=f(x)

数Ⅲ微分


関数f(x)がx=aで微分可能ではないとき以下の①または②が成り立つ。

①曲線y=f(x)上の点A(a,f(a))における接線は存在しない。
②接線はx軸に垂直な直線である。

①はわかります。②がわかりません。
詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

No4 です。
 なるほど(^_-)-☆ 教科書からの引用とのご返事とTa・・さんのヒントで②の意味を理解しました。ありがとうございます。
  回答します。
 教科書では まとめとして y=f(x)上の点A(a.f(a))における接線の方程式はyーf(a)=f'(a)(x-a)・・・(※)となる。とかいてあると思います。
    しかし接線があってもこの方程式で表せない関数がありますよ。と警告をしているのが②の意味です。
  その関数の一つとしてy=f(x)=x^(1/3)をTa・・さんが、端的な例として提示しているわけです。
  (※)と書けない関数とは点Aでの接線を、"x軸に垂直な直線"として持つ関数y=f(x)です。<ちなみに、x軸に垂直な直線の傾きmの値はいくつだかご存知ですか。
  傾いていないからmの値はないわけです。m=0ではありません。頑固にm=±∞としても∞は値ではありません。>

  x=aでmの値がない関数y=f(x)の(a、f(a))における傾きmを求めようと、・・して・・ m=f'(a)=lim[h→0](f(a+h)-f(a))/hを求めても左辺のmがないのだから、
  右辺の値もない、・・ないのだから微分可能ではないということです。

 まとめ: y=f(x)が点(a,f(a))で微分可能でなくても、接線は存在しその接線はx=aでx軸に垂直になりますと注意を喚起しているのだと思います。
 (②に当てはまるもの(関数f(x))がありますから注意してくださいね(*^^)v)
 以上 失礼しました。

No4 です。
 なるほど(^_-)-☆ 教科書からの引用とのご返事とTa・・さんのヒントで②の意味を理解しました。ありがとうございます。
  回答します。
 教科書では まとめとして y=f(x)上の点A(a.f(a))における接線の方程式はyーf(a)=f'(a)(x-a)・・・(※)となる。とかいてあると思います。
    しかし接線があってもこの方程式で表せない関数がありますよ。と警告をしているのが②の意味です。
  その関数の一つとしてy=f(x)=x^(1/3)をTa・・さんが、端的な例として提示しているわけです。
  (※)と書け...続きを読む

Q円周率は無理数なので無限に循環することはないですが、有限回で終わるループならある可能性はありますか?

円周率は無理数なので無限に循環することはないですが、有限回で終わるループならある可能性はありますか?

例えば
有理数 1/7は0.142857 142857...と無限に循環しますが
無理数がたまたま数回だけループして0.142857 142857 3195634918...などとなる可能性もあります
だから
円周率でも何兆、何京桁と調べていけばこういうループは見つかる可能性がありますか?

Aベストアンサー

n個の数の並びが連続して現れることがあるか、という問題であれば、「nがそれほど大きくなければ、多分あるだろう」という気がします。ただ、その場合のnの上限は何か? とか、n→∞のときにもそうなるのか?ということだと、「不明」としか言いようがないでしょう。

Q複素数の問題です

複素数の問題で、

(3+2i)(3-i)^8/(1-3i)^6

の絶対値を求めたいです。

何度解いても解答が合いません。

Aベストアンサー

|ab|=|a||b|
|(a/b)|=|a|/|b|
|a^2|=|a|^2
この3つを使えば暗算で解ける

Q放物線と円が接する問題について

リンクの画像の問題で、放物線と円が二点で接する場合に判別式D=0となる理由がよくわかりません。一点で接する場合もyの値は一つなのでD=0となるのではないんでしょうか?
私の考えのどこが間違ってるのか教えていただけると幸いです。
http://i.imgur.com/8a0wbf9.jpg

Aベストアンサー

【 接する 】ということを、少し変わった角度から考えて・・・


『 2個の交点が近づいて、一致したとき接点になり、接する 』
  ~~~~~~~~~~

2次方程式の解は、x軸との交点のx座標の値で、
2つの解をα、βとすると、2次方程式は、
(x-α)(x-β)=0
で表され、グラフ(ア)のようにx軸と異なる2点で交わる。


(ア)のグラフを上方に平行移動させるとαとβが近づいていき、
しまいには、αとβが一致して、
グラフ(イ)のように、x軸と接する。

このとき、α=βとなり、
(x-α)^2=0
となって重解になる。
つまり、判別式D=0

問題の解答は、
y=x^2+a と x^2+y^2=9 から x を消去して
(y-a)+y^2=9
y^2+y-a-9=0
と、yの2次方程式になっています。

[1] 放物線と円が2点で接するとき
グラフ(ウ)のように2点で交わり、
放物線を下方に平行移動させると2個の交点が近づいていき、
ついには、2個の交点が一致して
グラフ(エ)のように円と接する。

yの2次方程式だから、yの値が2個(α、β)あり、
(グラフはx軸に関して対称だから、x>0で考える)
グラフを平行移動させることにより
α=βとなり、円と接することになる。

(添付写真があるので、次に続く)

【 接する 】ということを、少し変わった角度から考えて・・・


『 2個の交点が近づいて、一致したとき接点になり、接する 』
  ~~~~~~~~~~

2次方程式の解は、x軸との交点のx座標の値で、
2つの解をα、βとすると、2次方程式は、
(x-α)(x-β)=0
で表され、グラフ(ア)のようにx軸と異なる2点で交わる。


(ア)のグラフを上方に平行移動させるとαとβが近づいていき、
しまいには、αとβが一致して、
グラフ(イ)のように、x軸と接する。

このとき、α=βとなり、
(x-α)^2=0
...続きを読む

Q連立方程式

y=2px+p^2 と3xp^2+2p^3=C からPを消去して、x,y,cの方程式を導く。
なるべく根号を用いないで処理したいのですが、良い方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

せっかくだから計算してみましょうか。式をいじれば根号は消えますね。

y=2px+p^2    ①
3xp^2+2p^3=C  ②

①より、p^2=-2px+yなので、これを②に代入して、
3x(-2px+y)+2p(-2px+y)=C
-6px^2+3xy-4p^2x+2py=C
-6px^2+3xy-4(-2px+y)x+2py=C
∴2p(x^2+y)-xy=C
よって、p=(xy+C)/2(x^2+y)

①より、pの2次方程式を解いて、p=-x±√(x^2+y)なので、
-x±√(x^2+y)=(xy+C)/2(x^2+y)
±√(x^2+y)=x+(xy+C)/2(x^2+y)

両辺を2乗して、分母を払い、整理すると(この過程は単純計算なので省略)、

-4Cx^3+3x^2y^2-6Cxy+4y^3-C^2=0


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報