ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

安倍昭恵は、刑事告発されたので、逮捕されますか。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

第三者による「告発」ですからね、捜査はされるとしてもあとは警察なり検事局が調べてからでしょうね。

ある意味告発者の売名とも情報を優先的に仕入れて記事にしようとする意図も感じられますし、ましてや検事局であれば訴訟に持ち込めるかどうかが重要な要件になりますから、どうなるかは不明ですね。今の状況だけだと確固たる公務員法違反の証拠がない限りは起訴にはならないんじゃないかと思いますよ。
それに仮に谷査恵子が起訴されるなら、加計学園問題の前川(だっけ?)なんてのは完全な黒になりますからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/06/17 06:40

文章って、書いた者の知能が現れますね。


最近の政府や与党を叩く質問を読んでいると、この事を痛感します。
どうして説明や論理のない短文しかないのだろう。


>安倍昭恵は、刑事告発されたので、逮捕されますか。

回答:あなたがどのような回答を求めているのかは知りませんが、その可能性は低いと思います。

そもそも、告発=犯罪の証明ではありません。


「刑事告発」とは 【犯罪の直接の被害者等ではなく,第三者が同様に犯罪事実を申告し,処罰を求める意思表示のこと】 です。

これは、極論すればチクリでしかなく、それによって警察が動くわけではありません。

日本人でない方が日本の法律に詳しくない事を責めるつもりはありませんが、ここは願望を語る場ではありません。
「安倍昭恵は、刑事告発されたので、逮捕され」の回答画像8
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/06/19 06:14

安倍昭恵さんが刑事告発された人は必ず逮捕されると思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/06/16 12:29

告発はいいですが、警察で受理されましたか?


それからの話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2017/06/16 12:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初めは前川氏を森友の時のように悪者にして終わらせようとし、思い通りにいかなかった。今度は怪文書扱いし

初めは前川氏を森友の時のように悪者にして終わらせようとし、思い通りにいかなかった。今度は怪文書扱いして文書自体をないことにしたが、それも、嘘とばれ再調査で存在が確認された。最後は官邸の意向について、今度は内閣府の1官僚に責任を押し付けて終わらせようとしている。予想していたとは言え見苦しい。トップの器の小ささが招いた結果。それにもまして前川氏を悪者扱いにしてあの文書はなかったと言い切っていた。しかしあったではないか。前川氏にどう言い訳するのか。法に触れる触れないではない、信用問題です。皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

まあ、今回はなかなか支持率は戻さないかも知れませんね。
余りにも不誠実すぎるので・・・

野党も延々加計学園を話題にし、しかも自民党側は「ビシッ」と説明できず、延々しどろもどろなので、結局テレビ新聞もその話題が延々続いています。

国会の審議をマスコミが報道するのを「不公平だ!」とは流石に安部氏が高市氏の口を借りて言うこともなかなか出来ないようで。
今のしどろもどろの状態でそんなことを言えば、ますます国民の反発を招きそうですからね。


今世論調査をしている数社の報道を見ると、だいたい10ポイント前後内閣支持率が下がっているようです。

特に政治に興味が無い人も、徐々にどういうことが起こったかを理解し始めているところだと思います。
前川氏がどれだけ悪人でも、安部氏の友人を政府が優遇している理由にはなりませんからね・・・。
これぐらいは政治に興味があろうと無かろうと分かります。


ただ、自民党はこの問題をどうにか締めようとしているので、上手く逃げおおせれば、内閣支持率も下げ止まるかも知れませんね。
ただ、下がった恐らく「浮動票」の持ち主、「政治に興味が無い層や無党派層、仕方なく自民党を支持していた層、北朝鮮に真っ向から立ち向かう愛国総理CMかっけーと言うライトファン層」等などの、一旦離れた10ポイントは、なかなか戻らないと思いますよ。


きちんと説明責任を果たし、もし何か忖度や総理の無言の圧力等があったのならば、総理自ら国民に向けて謝罪すれば、好感度は上がるでしょうけど。
但し、政治家としての生命も終わりかねませんからね。


友人だけピンポイントで国家のお金を優遇。


ですからね。
簡単、誠実さを欠く説明ではその下がった支持層は戻らないでしょうからね。

まあ、今回はなかなか支持率は戻さないかも知れませんね。
余りにも不誠実すぎるので・・・

野党も延々加計学園を話題にし、しかも自民党側は「ビシッ」と説明できず、延々しどろもどろなので、結局テレビ新聞もその話題が延々続いています。

国会の審議をマスコミが報道するのを「不公平だ!」とは流石に安部氏が高市氏の口を借りて言うこともなかなか出来ないようで。
今のしどろもどろの状態でそんなことを言えば、ますます国民の反発を招きそうですからね。


今世論調査をしている数社の報道を見ると、だい...続きを読む

Q義家副大臣、残念です。 「ヤンキー母校に帰る」のモデルである義家氏に投票された方々は、今、加計学園御

義家副大臣、残念です。

「ヤンキー母校に帰る」のモデルである義家氏に投票された方々は、今、加計学園御意向文書に対する義家氏と森議院のやりとりをみて、どのように感じているのでしょうか。

私は、まさに森議院と同じ感情を持ちました。

「残念です。」

もちろん、政治はきれいごとだけでは済まないでしょう。
が、文科省の仕事に従事されている方々が、自分のリスクよりも真実を開示することを選択された事に対して、返答を先伸ばしにすることすらせずに用意された文言を読み上げた姿をみて、ガッカリしました。

義家氏のことは、政治家になられる前からテレビでお話をされているのを見たり聞いたりしており、「あ~、こういう先生に出会えていたら、人生変わっていたかもしれないな」と思っていただけに。

個人としては違う見解を持っておられるのかもしれないですが、文書の存在に関してはのらりくらりだったのが、告発者に不利益がないようにすることを約束してと言われた時は………(´д`|||)

みなさんは、どのように思われましたか?

Aベストアンサー

犯罪者先生こと義家弘介氏って、元々、こういう人物です。
とにかく、その時々で、勢いのある人物に尻尾を振って、自分の主張、時には経歴すら全く別モノであるかのように振舞うのが大得意の権力の犬ですから。

義家氏の著書を読んでいると、その変遷が非常によくわかります。

義家氏が有名になったのは、後にドラマ化もされる著書『ヤンキー母校に帰る』という書です。
この書の中での中では、自らの経歴を次のように語っています。

中学時代から不良行為に身を染め、周囲との喧嘩に明け暮れ、さらに家庭内でも兄妹などに暴行を振るうなど家庭内暴力も行っていた。そして、高校時代、教師に対して暴行を振るい退学処分になり、親からも勘当。里親となってくれた人物の勧めで、中退者などを集める北星余市高校へと編入し、その担任で会った安達教諭の指導で立ち直り、大学受験をする。
大学では弁護士になるべく法律の勉強をしていたが大学4年の時にバイク事故で命の危険にさらされて入院。その入院時に、高校時代の恩師である安達教諭が北海道からわざわざ東京まで見舞いに来てくれたことに感動し、教師になることを決意し、1年の留年を経て教員免許を取得。その後、塾講師を経て、母校の教師になった。

そもそも、大学4年まで教師を目指していなかった人物が、1年で教員免許を取ること自体が嘘だと思うのですが(教職課程は、1年じゃ取れません)、それはともかく、当初、自分で言っていた経歴は上の通りです。
ところが、ドラマ化などで有名になり、講演会などのアルバイトに勤しんだ結果、授業などにもほとんど顔を出さなくなったことで、PTAなどに批判されるようになり、北星余市高校を辞めることになります(ちなみに、講演会などに勤しんでいた時期、義家氏は高校で生徒指導部長という役職を担当していましたが、その時期に、北星余市の多くの生徒が大麻所持、使用で逮捕・補導される、という事件が起きています)
このころから、自ら語る経歴が別のものへと変化していきます。

義家氏は厳格な祖父がいる家庭で育ち、「悪いことは悪い」と徹底的に叩き込まれた、と言います。そして、問題を起こす子供について、家庭での教育の質が落ちたからだ、という持論を述べるようになります。このころになると、安達教諭の話などは一切出てこなくなります。
そして、そのような時期に第1次安倍内閣の「教育再生会議」の有識者として招集され、そのさなかに自民党公認で参院選に出馬し、国会議員になりました。

祖父から厳格な躾をされたのに、兄妹に暴行を振るったり、教師に暴力を振って学校を退学になったりしているのですから、そのまま読めば、家庭教育に何の意味もないような気がするのですが、それはともかく、経歴に関する部分でもこれだけ異なります。

さらに、政治的な発言にしてもまるっきり違っていまして、高校教師時代は、「国歌掲揚反対! 国歌斉唱反対!」という文章を、共産党の機関紙である「赤旗」に寄稿したりしています。ところが、現在は、国歌掲揚や国歌斉唱をしない教師はクビにしろ! という主張に変わっています。
勿論、そのような姿勢を変えることが悪いとは思いません。「かつてはこう言っていたけど、それは間違っていた」と撤回するのであれば、それはそれで構わないでしょう。ところが、そういった説明は一切ありません。
また、義家氏の公式サイトを見れば、高校教師時代の、現在とはまるっきり反対の主張をしていたころの書籍も著書として堂々と載っています。どういうことなのかサッパリわかりません。


ここで考えられるのが冒頭に書いた、義家氏は勢いのある人物にしっぽを振る権力の犬である、という部分です。
義家氏の母校である北星余市高校というのは、実は組合組織の力が非常に強い学校として知られている場所でした。義家氏というのは、ある意味、そこに拾ってもらい、名前を売った存在です。ですので、その学校の中で発言権を持つには、組合組織の政治的傾向にしっぽを振り、自ら率先して、その首長を代弁したのでしょう。
ところが、有名になり、学校にも顔を出さなくなったことで、学校と反発し、半ば、捨てられる形で退職へと追い込まれました。
そんなときに、安倍内閣に拾われました。安倍氏というのはご存知の通り、家庭の躾とか、そういうものが大事である、という考えを持った人物です。そこに拾われたことで、今度は主義主張を全く正反対にした、というように思えてなりません。

今回の加計学園御意向文書にしてもそうです。
元々は、安倍内閣の側にとって都合が悪い(と思われる)ことであり、その調査、そのものについて否定的な態度。しかも、それを抑えるために、国家公務員法違反だ、というような脅しまでかけました。
ところが、です。
あまりにも説明がおかしい、という雰囲気が強くなり、文科省が調査に乗り、文書そのもの存在が発覚。しかし、内閣府が「文科省職員が勝手に言ったこと」と言い出すと、今度は「文科省職員が嘘を言うわけがない」などと言い出す始末です。
http://www.news24.jp/articles/2017/06/16/07364440.html

これだけでも義家氏の傾向はわかるでしょう。
当初は、なかった、で押し切れると考え、そのために圧力をかけるような発言も当然のように行う。ところが、旗色が悪くなると、掌をひっくり返す。


義家氏の著書などを何冊か読み比べている身としては、「やっぱり」以外の言葉はありません。

犯罪者先生こと義家弘介氏って、元々、こういう人物です。
とにかく、その時々で、勢いのある人物に尻尾を振って、自分の主張、時には経歴すら全く別モノであるかのように振舞うのが大得意の権力の犬ですから。

義家氏の著書を読んでいると、その変遷が非常によくわかります。

義家氏が有名になったのは、後にドラマ化もされる著書『ヤンキー母校に帰る』という書です。
この書の中での中では、自らの経歴を次のように語っています。

中学時代から不良行為に身を染め、周囲との喧嘩に明け暮れ、さらに家庭内で...続きを読む

Aベストアンサー

決して国民の代表ではありません。
代表は国会議員であり、その中の代表が総理で総理が任命するのが閣僚なのですから
内閣が国民を代表して行政をつかさどることになります。

って、杓子定規な回答を求めてるわけではないことは
わかっています。

マスコミ(主にテレビ)などで、左巻きの評論家などがよく使うフレーズですね。
そこを皮肉りたいわけですよね?
私も全く同感です。
代表でも何でもないのに代表づらするな!です。

ただ、記者が書く記事や質問しての回答は国民が見てますよ、ということだけです。
代表して聞いているわけではありません。

記者会見で応答する政治家もそこは知っておくべきで、記者の向こうに国民がいる
ということは肝に銘じておかないと舌下事件を起こしたりします。

チョト話変わりますが、
「国民が納得しない」などとという言葉を野党はよく使いますがあの「国民」は本当の国民でしょうか?
単に民進党の支持者(国民の2パーセント)を指して国民と言っているような気がしてなりません。

「国民は納得してないと思いますよ!」
などと蓮舫だの辻元だのがすぐ言いますが、
いやいや、ほとんどの国民は納得してるっちゅーの!
お前の支持者だけだよ、そんなこと思ってるのは!
っていいたいですけどね。
お前らの「国民」に俺を入れるな! です。

決して国民の代表ではありません。
代表は国会議員であり、その中の代表が総理で総理が任命するのが閣僚なのですから
内閣が国民を代表して行政をつかさどることになります。

って、杓子定規な回答を求めてるわけではないことは
わかっています。

マスコミ(主にテレビ)などで、左巻きの評論家などがよく使うフレーズですね。
そこを皮肉りたいわけですよね?
私も全く同感です。
代表でも何でもないのに代表づらするな!です。

ただ、記者が書く記事や質問しての回答は国民が見てますよ、ということだけです...続きを読む

Q「あれ女性ですよ」って何が問題なんですか?

豊田真由子議員の「このハゲー」という絶叫暴言に関して麻生氏が「あれ女性ですよ」と言った
発言に対して”女性差別だ”として問題視されているようですが、麻生氏のこの発言が何の問題が
あるのでしょうか?

私も男性なら許されるとは思いませんが、女性の発言であれば尚更インパクトが大きいと思います。
特に豊田議員は国会での発言の際には非常に落ち着いて静かに話されているのに、裏では秘書に
対して大声で暴言を吐いていたという裏表の状況に驚きました。

多くの人が麻生氏と同じ感想だったのではないかと思いますが、、、、。

Aベストアンサー

> 私も男性なら許されるとは思いませんが、

それだけです。
すなわち、「じゃあ、男性だったら良いのかよ!」的な、ツッコミ程度の、野党側のイチャモンです。
またメディアも、もう少し「豊田議員ネタ」で稼ぎたいところですから、それを拾ってるだけかと。

巷間で、おっさん同士の会話なら、何の問題もありません。
「大震災、ぶっちゃけ東京じゃなく、東北で良かったよな?」
「居酒屋でタバコは仕方ないんじゃない?無理にガン患者が居酒屋で働かなくて良いと言うか・・」

しかし著名人や、特に政治家がそう言う発言をすると、文脈ではなく文節で拾われて、炎上してしまいます。
いわゆる「有名税」ってヤツです。

麻生さんは、面白おかしく話をしたり、あるいは判り易く端的な物言いをするキャラはウケているのですが。
そう言う人物の傾向として、「失言王」のレッテルも貼られてしまいますね。
でも個人的には、麻生さんの失言と言われるものは、概ね「好き」です。

Q今朝の5新聞で安倍政権の急下落を示す世論調査結果がでました。この結果に対してこのサイトではマスコミの

今朝の5新聞で安倍政権の急下落を示す世論調査結果がでました。この結果に対してこのサイトではマスコミの傾向報道などと主張する人達がいますが、まるでトランプと同じ様な主張に思えます。
世論調査をどの様にすると傾向報道にすることができるのか具体的に教えてください。
一社ならまだしも少なくとも5社がその結果を出しています。

Aベストアンサー

捏造でしょう。まだこんなに高いのはおかしい。

Q辻元清美の天皇に関する発言をどう思われますか?

辻元清美著「清美するで!!」(1987年3月10日発行)に、以下の文章があります。

147頁 天皇について

・・・
辻元:生理的にいやだとおもわない?
ああいう人達というか、ああいうシステム、
ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくないとおもわない。

浅田(彰):あれは、白アリの女王みたいな、単に生殖だけの機能で、囲い込まれているわけでしょ。
気持ち悪いよね。


150頁

辻元:私らぐらいの年の子は、天皇なんていてもいなくても関係ないねん、
みんなバカげた感覚というか、知的水準の低さなんだよね。


202頁 著者の誕生日は、昭和天皇と一日違い

「どうしてわたしの誕生日は休みじゃないの?」
それが最初の質問だった。
「どうしてわたしの誕生日はテレビで中継しないの?
どうして白馬がでないの?
どうして新聞にでないの?」
・・・
これだけはっきり差を見せ続けられて生きてきたから、私は天皇が嫌いだ。


どう思われますか?

Aベストアンサー

本件は、辻元清美の本質の一端を表しているに過ぎません。

まず、辻元は2002年に議員秘書給与詐欺事件で逮捕され、有罪となった前科者です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E%E7%A7%98%E6%9B%B8%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E6%B5%81%E7%94%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

辻元の内縁の夫(北川明)は、スウェーデンから強制送還された日本赤軍のメンバです。
北川は、第三書館という出版社を作り、夏目漱石など著作権が切れている岩波書店の本を底本にして、「ザ・漱石」などという粗悪本を売りさばいてきていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%9B%B8%E9%A4%A8

更に辻元は学生時代、金に困ると新宿紀伊国屋書店から豪華本を万引きして、古書店に売りさばいていた。
https://blogs.yahoo.co.jp/heartail/62344673.html

要は、辻元はここ30年来何も変わっていません。
常に際どい犯罪に手を染めてきている女です。

果たして我々は、このような犯罪者を国会に出して良いのでしょうか?

本件は、辻元清美の本質の一端を表しているに過ぎません。

まず、辻元は2002年に議員秘書給与詐欺事件で逮捕され、有罪となった前科者です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E%E7%A7%98%E6%9B%B8%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E6%B5%81%E7%94%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

辻元の内縁の夫(北川明)は、スウェーデンから強制送還された日本赤軍のメンバです。
北川は、第三書館という出版社を作り、夏目漱石など著作権が切れている岩波書店の本を底本にして、「ザ・漱石」などという粗悪本を...続きを読む

Q日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願

日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願いします。今のままだと政権交代が次いつになるか先が見えません。アメリカやイギリス、皆が嫌いな韓国でさえ政権交代があるのに日本には民主主義がねずいてないのでしょうか。アメリカなどでは、小学校でも、ディベートで反対意見を考えるように教育されるようです。日本では協調性が重要視されます。もちろんそれも大事ですが。執行部一任や全会一致などやってるようでは民主主義とはいえないと思います。

Aベストアンサー

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず』有権者の8割以上に及ぶ圧倒的支持=(圧倒的民意)」を得ました。
でも、それが、悲惨な結果をもたらした事はご存知の通りです。

政友会はどちらかと言うと地主・資本家層が支持し、民政党はリベラル政党と言ってよいでしょうが、この時の二大政党制を評価できるでしょうか? 二大政党制であっても、信頼に足る政治家・政党が政権を担わなかった故に、軍部の暴走を許したのかもしれません。

2009年の民主圧勝による政権交代の結果が、ただ混乱をもたらしただけだったように、二大政党制は「善」とは言えません。善か否かは、政治家個人個人の資質(知識・経験・見識…などの人間力)と、各議員を選ぶ有権者のレベル次第だと思います。

私も、二大政党が牽制しあう体制が望ましいと思う事もありますが、「今の日本では」それが良いとは思えません。
その前に、政党所属の各議員が、安全保障・軍事学・国際関係と外交、経済・財政…等々の基本をしっかり学び、政治家としての実力を備える事が何より大事です。(今の議員達の多くは、学ぶべきことを学ばずに、ただ自分の熱い思いを優先するだけの、浅はかで独善的な人物が目立ちます)

二大政党とも、それぞれが「実力を備えた議員の集合体としての政党」にならなければ、二大政党の意味はありません。そうならなければ、政権交代は、国家・国民に危険をもたらすだけだと思います。

*なお、あなたの補足コメントにあった「戦前の政局」については、それを調べるコンパクトな本として、ちくま新書の「昭和史」古川隆久著 をお勧めします。
(この著者はリベラルな考え方で、戦後評価の部分は、私と立場が異なりますが)

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず...続きを読む

Qとても危険な思想の安倍晋三政権ですが遂に共謀罪法可決で一般国民は一切声を上げられない暗黒の社会になり

とても危険な思想の安倍晋三政権ですが遂に共謀罪法可決で一般国民は一切声を上げられない暗黒の社会になりますか?
安全保障法や特定秘密保護法といい本当に民主国家なのか?
独裁国家と変わらない戦前戦中の政治家軍人を彷彿させますか?
共謀罪成立で国民は国家から監視されているも同然で言論の自由はなくなり戦中のような天皇万歳お国の為にしんでゆけ!となるのは明白ですか?
安倍晋三は神風特攻隊を美化賛美褒めたたえてましたか?
神風特攻隊お国の為に天皇の為にしんでいったが素晴らしいと賛美してましたか?
そういう思想の安倍晋三がまた戦争をしたいとウズウズしてますか?
戦中のような天皇万歳お国の為にしんでゆけという国にすすんでますか?
神風特攻隊喜んで志願死んでいったと賛美していた戦中の政治家軍人の思想を安倍晋三は持ってますか?
戦争で死んでいくのは若者たちだから戦争賛成!自民党支持の年輩連中はしったこっちゃね~と無責任ですか?

Aベストアンサー

中身がスカスカな欠陥法案ですから、どうにでも解釈できるので一般人も拘束されてしまう可能性は大いに有ります。
どうにでも解釈できますから、自民党政権に異を唱え政権交替をしようとする人達に於いても政府転覆を企てているとして
共謀罪適応と言う事まで無いとは言えない。
それが野党であろうが同じ。
そんな事は無いと言う人も少なくないみたいだけれど、そう言った懸念を払拭出来るほどの中身も無いスカスカ法案ですからね。
言葉では何とでも言えますが、いざ施行となればどうなるかは判りません。
何せデジタル的にでもしっかり区分けされている訳ではありませんから。
安倍晋三は他に憲法九条の1、2はそのままで3として自衛隊を明記すると言っていますが、1、2との整合性が無く矛盾した
条項になってしまいますので世界の笑いものでしょう。
安倍晋三って事を急いでいますが、それを成果として歴史に名前を残したいのでしょうかね。
それとアメリカと一緒になって戦争をしたいと思って居るのかも知れませんし。
危険人物としか言い様の無い人です。

Qトランプ大統領も安倍首相も年貢の納め時だと思いませんか? 幾ら野党がだらしないと言っても、やりたい放

トランプ大統領も安倍首相も年貢の納め時だと思いませんか?
幾ら野党がだらしないと言っても、やりたい放題の安倍首相・菅官房長官を国民は許してはイケナイと思いませんか?

Aベストアンサー

許してはいけません。
この気持ちを選挙まで忘れない事です。
それにしても安倍や菅は恥を知りません。誰がみてもおかしい事を平然とやり通すその姿勢は完全に国民を馬鹿にした行為です。今後文科相を再調査したとしても結果は見えています。三文芝居がまた繰り返されるだけ、うんざりです。
国民はしっかりみている事をどんな形でも伝えなければいけないと思います。
この後、このサイトには安倍信者がいっぱい書き込むと思います。この情報操作にも負けない事です。

Q許す国民は何なのでしょう?

お友達に便宜を図ったとして大統領を首にし、裁判の被告にまでしてしまっている国が近くにありますよね。
妻のお友達が理事長の学園にあたかも優遇したかに見える事を行い、今度は自分がお友達であった理事長の学園が優遇されたかに見えることが、まったく何の問題でもないと平然と答弁する首相を戴くこの国は何なんでしょうね。「李下に冠を正さず」といいますよね。お友達に対してであれば、なお更いっそう疑われないように厳しく対処するのが職にある人の道なのではないですか?

Aベストアンサー

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」と言う理由もあるかも知れません。

政治家の世界では大なり小なり特定の人を優遇してしまうことがあるのは、いわば「珍しくない」ことと言えるのかも知れません。


ですから、問題が浮上したとき、安倍総理が権力を駆使してでも隠そう、無かったことにしよう、問題が無いこととしようと動くのはとても理解できる行動なんですよね。
これが証明されてしまうと、自分が(他の不正を行った無数の政治家は逃げおおせ、自分だけが)破滅するのですから、何が何でも証明されるのを阻止しようとする心理。

非常に分かりやすい。誰でも共感できます。

同じく自民党の高官が「何も問題ない」ように口裏を合わせる(仮定ですが)心理も、理解にたやすい。
自民党のトップが疑われると、そこに所属する自分の票数に影響するので、何が何でも何も問題が無かったことにしたい。
こういう心理ですね。




理解できないのはやはり

「安倍総理が、友人に国家のお金、国民から『預かったお金』を、友人のために優遇した」

ようにしか見えない状況を、証拠無く、納得が出来る理由もなく、しきりに正当化する輩です。
これは、一般的な人には理解しがたい心理です。
「許す国民の心理」ですね。
これは、なかなか問題になっている誰とも中立(総理や加計氏に特別な感情を持たない)な、一般的な大多数、大衆には共感されない行動です。


「特定の人間を庇っている行為」
と言うことは分かりますよね。
だとしたら「庇う理由は何なのか?」
これが問題になってきます。


この、安部氏を許すというか、正当化する一部の国民は、やはり「宗教的な心理」に近いのではないかと思います。
崇拝するアイドルが、不正を起こしても、ファンは最後まで信じたりしますよね。
それどころか、アイドルを批判する人間を敵視し、「電凸」を一斉に行って、批判者の方を潰そうとしたりすることまであります。

この心理に近いのかと思いますね。



もう一つ考えられるのが、世界が、「正義の陣営」「悪の陣営」等という、アニメの二元論のような単純なものとしか認識出来ない人。
これが考えられます。

人間の住む社会では「この人は完全な悪だ」「この人は一切の悪事を行わない」「ありんこ一匹でさえ殺したことがない人格者」なんてモノは存在しません。「新生児で死んでしまう不幸な赤ちゃん以外」はね。

同じく、与党も野党も、汚いことも不正も一切無いなんてあり得ません。
逆に、野党は一切真実を言わない、すべての言葉が嘘ということもあり得ません。

ですが、世界が「善と悪」程度でしか認識できない単純な人は、「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識を持つ可能性があるわけです。

そういう人は



「安部氏がどういういきさつで、自分の何十年もの友人を、政府が非常に好待遇で優遇してしまう状況を黙ってみていたのか」

(疑われるのが当たり前の状況を、なぜそのまま黙って、許してしまったのか。一言「私の親友が政府に超優遇されると国民に誤解されるだろう、特別な理由がないのであれば辞退させてくれ。」と言えば済む話。)



と言う「深い部分での真相」などの状況などには、とても考えが及ばす・・・
「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識だけで、判断してしまう。
そして、「こっちは善なんだからという前提で」摂理をねじ曲げて、話をそらしてでも、庇う・正当化する心理。というのが、理屈としては考えられるんですけどね。


深い真相にまで考えが及ばず、極安易に、1+1=2を、強引に1+1=1なんだ!、という風に、根拠をねじ曲げてしまうわけです。
真相を推理するより、「根拠をねじ曲げたり」「話をそらす」「それらをゴリ押しする」ほうが、お手軽ですからね。頭を使わなくて良い。

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報