悲しいけど…躁鬱病です。父親、祖父からの遺伝と自覚しています。父親の兄弟は、1人は、自殺、1人は、障害手帳、一人は事業するも、失敗ばかりの借金ばかり、私の父親も、一目見て障害者と分かるくらいヒドイ精神病者、私の弟は、10年以上ニート(ほとんど寝ていた。
)今も、年に2ヶ月働いているのかな?妹も、数ヶ月寝ていた時期あり、定職には、ついていません。この脳神経障害と、向き合って生きている必要あるのでしょうか?私は、自分達のエゴで産んだ親が憎くてたまりません。

質問者からの補足コメント

  • 今、躁転の時期なのか、弟は朝、仕事もないのに(金無いのに)出掛け、帰って来ては十数時間眠りまた、出掛けています。明らかに躁転しています。こんな家庭ありますか?(妹は、他県にいます。)

      補足日時:2017/06/16 15:02
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (1件)

そうですね、私の覚りですが、



自分の現実とか、真実とか、というものは、
見ている方向、実感によって、人によって
変化するものだと、思うようになりました。

例えば、この質問では、家族、親族の精神疾患や
失敗など共通の情報収集でご自身を憂いていますけれども。
人の現実は、そこの部分だけで活動しているわけではないですね。
別の側面をすっ飛ばして見ようとしなければ、
不幸にならないといけなくなってしまうと思います。

自分は、今、どこを見ているかをメタ認知してみる。
すると、今の自分の幸福度のものさしが見えてきます。
幸福度のものさしが、精神疾患思考ものさしツナガリ
人生の挫折ものさしツナガリでまとめているんだ、ジブン。
と気づいて、
その後、ものさしチェン~ジができればまあいいやとできる、
そういう自分を育てると楽だと思うんですね。
自分の「現実」は変化するものと気づきます。
脳内物質に操られてしまう私もいるんだと知ると、
気分とか気持ちを思うがままにやられて悩む必要もないよなと
思えると楽かなあと思うのです。

幸福度のものさし変更について、
一つは幼少の頃からの環境、体験はものさしが定着しちゃいます。
ということだとすれば、新たな継続的な体験をすれば変化することも可能。
今のものさしでは変化しないと認知する。
認知を行動にします。
新たなものさしでもって眺めてみる体験を繰り返す。
長い間にはなんとかなりそうです。

一つは脳内物質による気分のものさし。
病気は自分の機能をコントロールするので、自身は従うしか術が無いですね。
だから、メンタルの自律操作に抗うには、服用によるメンタル治療は欠かせません。
投薬で気分は変わっても、過去の経験理解は変化しづらいですね。
ものさしを変えて物事を見る癖を付けることと併用したほうが良いと思います。


ご家族や親族のメンタル傾向は遺伝というより親から子へと受け継がれた環境からの影響なんじゃないでしょうか。
自分が好しにすれば「幸福」という悟りに辿り着けますように。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報