将棋はアマチュア学生、アマチュア社会人、プロ棋士では例えばプロ野球選手とアマチュア野球選手まJリーガーとアマチュアサッカー選手くらいの実力差ありますか?
アマチュア棋士でもサッカーみたいにジャイアントキリング可能ですか?
テニス世界ランキングトップ10にランキング500位以下の選手が挑むくらい劣勢ですか?

A 回答 (1件)

野球の実業団リーグや甲子園球児が、ドラフト指名されてプロ入りした後すぐに、


一軍で活躍する事が有る様に、将棋のアマタイトル保持者レベルの様な、トップ
クラスの棋士は、プロ棋士に近いレベルの実力を持つ場合が有ります。
最近は奨励会経験者も多く、プロ入りのプレッシャーから開放された事が、良い
結果となり、強くなっている場合も有ります。
#プロ棋士の棋譜の入手も、ネットによる高段者との対局も簡単になっている。
プロを相手にして、負けてもともとだという様に上手く開き直れれば、プロ棋士
に勝つのも可能です。

藤井聡太四段の26戦目の相手として、対局した瀬川晶司五段も、奨励会を年齢
制限により退会した後、アマチュアとして活躍してプロ入りを果たした棋士の
一人。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q14歳の藤井四段が、新人プロ棋士としてデビュー以来、27連勝もしていますが、これは藤井四段に勝利の女

14歳の藤井四段が、新人プロ棋士としてデビュー以来、27連勝もしていますが、これは藤井四段に勝利の女神が付いているからではないでしょうか?

では、なぜ藤井四段に勝利の女神が付いて、他のプロ棋士には付かないかと言うと、他のプロ棋士は、結婚していて奥さんが居たり、彼女が居たりするからではないでしょうか?

つまり、勝利の女神は女性なので嫉妬深く、他の女性が付いている男性には付かないのではないでしょうか?

Aベストアンサー

ほとんどの勝ち負けは、勝利の女神と無関係に決まるものです。
そして、勝利の女神は大抵の場合は、負けている側に付いて勝利を
齎します。
しかも、とても気まぐれで、その時々の気分次第で素通りする事も
多く有ります。
藤井四段が、勝利の女神のおかげで連勝できたと言うなら、実は彼
には才能も実力も無いと言っているようなものですが?

Q将棋のプロ棋士の棋風

お世話になります。
将棋のプロ棋士の棋風を紹介しているようなサイトがありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

トッププロのは、ここで少し書いてます。
http://www.jti.co.jp/JTI/shogi/profile/index.html
たしか何年か前の大会でのプロフィールを見たときは、棋風をもっと面白く紹介してたんですが・・・・・。


その他は探してみたんですが、1カ所のサイトでまとまってるところは見つかりませんでした。

しかし、「Wikipedia」(ネットの百科事典)に載っている棋士も、結構いますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
たとえば、こんな感じで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E5%8F%B8%E5%92%8C%E6%99%B4





さて、
下記は、私なりに解説してみたものです。
「棋風」以外のことも、勢いで書いちゃってますが(笑)、お見苦しい点は何卒ご容赦を。

もっと詳しい情報については、私の文中のキーワードでネットを検索してみるのもよいでしょう。





森内俊之名人 鉄板流 剛毅流
渡辺明竜王 特に命名されてませんが、深浦八段が「素朴な指し方」って言ってました。
羽生善治三冠 羽生マジック、オールラウンドプレーヤー
佐藤康光棋聖 「緻密流」「1秒間に1億と3手読む」と言われてますが、先崎八段いわく「野蛮」で私もそれで正解だと思います。
中原誠永世十段(十六世名人) 自然流
谷川浩司九段(十七世名人) 光速の寄せ

加藤一二三九段 神武以来の天才 生粋の居飛車党で、振り飛車は指さない。
有吉道夫九段 火の玉流 たしか現役最年長ですが、物凄いファイティングスピリットを持つ有吉先生であるからこそ指し続けられるのでしょう。
大内延介九段 覇道(=中原名人に挑戦し、当時はプロとして非常識と言われた穴熊で戦って、名人にあと1勝まで行ったときに言われたのが「覇道」です。)
桐山清澄九段 いぶし銀(しかし、実際はファイター)
勝浦修九段 カミソリ
森けい二九段 終盤の魔術師
南芳一九段 地蔵流(しかし、実際はファイター)
高橋道雄 地道タカミチ(しかし、実際はファイター)
石田和雄九段 軽妙なトークで有名
青野照市九段 鷺宮定跡で有名
田中寅彦九段 序盤のエジソン、無理矢理矢倉
淡路仁茂九段 不倒流、長手数の美学
田中魁秀九段 ニックネームは知りませんが、佐藤棋聖、阿部八段らの師匠でもあります
藤井猛九段 藤井システム、終盤はガジガジ流、将棋ファンを楽しませる指し方をします
塚田泰明九段 攻め100%、塚田スペシャル
丸山忠久九段 激辛流、ニコニコ流、駒を動かすとき音が小さいので「音無し流」とも
小林健二九段 スーパー四間飛車
郷田真隆九段 「郷田流」っていうのしか聞かないです
森下卓九段 矢倉の「森下システム」
屋敷伸之九段 忍者屋敷(忍者流)の異名をとるが、それは、最年少記録の18歳でタイトル獲得した頃、意表の手(「手裏剣」と言われる)を指したことによると思われる。
(余談: 加藤一の最年少八段=18歳、谷川の最年少名人=21歳、および、屋敷以前の最年少タイトル記録=羽生の19歳は、いずれも三段リーグをくぐってきていない記録であった。三段リーグ制度導入後では18歳でプロになれる棋士も少ないのに、屋敷は三段リーグを1期で駆け抜けて16歳(※渡辺は15歳)でプロになり、プロ入り後は棋聖戦トーナメントでとんでもない連勝をして中原棋聖に挑戦、次期はシードされたが2期連続挑戦で、18歳で中原からタイトルを奪った。これは、破るのが不可能な記録と言われている。)
福崎文吾九段 妖刀(ようとう)=穴熊戦法で、かつてタイトル戦で戦った谷川九段いわく「感覚を破壊された」


以上は、九段の棋士すべてです。
ここまでざっと見渡すと、九段で「振り飛車党」は、大内九段と藤井九段と小林健二九段の3名だけのような気がします。
ほかは、居飛車党か、オールラウンドプレーヤーです。





九段以上については以上ですが、八段以下で私が知ってるのですと、

中村修八段 「不思議流」 王将位を2度獲得
島朗八段 矢倉戦法が非常に多い
井上慶太八段 藤井システム以前、居飛車穴熊戦法で敵無しとも言われました
先崎学八段 王道の将棋から、ファンを楽しませる将棋まで色々指します。やはりファンは多い。
三浦弘行 研究家として有名。羽生七冠を六冠にしたことでは超有名。1日に10時間以上研究していると言われ、「相横歩取り」と矢倉の「脇システム」は、詰みまで研究しているという噂
久保利明八段 振り飛車のスペシャリスト。居飛車を指したのを見たことがありません。ちなみに、渡辺竜王が「若いパパ」で有名ですが、久保八段もそうでした。
鈴木大介八段 振り飛車のスペシャリストで、最近は特に、独自の石田流で有名
深浦康市八段 終盤のねじりあいが物凄く強く、四段~五段当時に既に何度も棋戦優勝した
阿部隆八段 常に本筋を追求する居飛車党(昨晩、順位戦のライバルが敗れたことにより阿部八段の初のA級入りが決まりました。おめでとうございます。)


泉正樹七段 野獣流 ちなみに、将棋雑誌に泉本人も「ガオガオー」って書いてたのを見ました
中川大輔七段 自分に厳しく、3本指立てる腕立て伏せなど、体を鍛えるのも好き。五段前後の頃から、他の棋士から「実力はA級」と言われた。角替りなどが得意な居飛車党。8五飛の時代以前は横歩取りのスペシャリストで、師匠の米長が中川のアパートに教わりに行ったのは有名。流行の戦法に捉われず自分の将棋を追求。
北浜健介七段 語り口の穏やかさからは想像が付かないほど激しい戦法を好む居飛車党。詰め将棋作家としても有名で、やはり将棋も終盤に強い。
木村一基七段 受けが非常に強く、通産勝率が全プロの中で常に五指に入っているのもうなずける。トークは辛口で、かつ、ユーモアと愛嬌もある。昨年、初のタイトル挑戦を決めたときに、盤の前で涙をこぼしたという憎めない人物。
行方尚史七段 受けが強い。四段当時から強く、竜王戦の挑戦者決定三番勝負を羽生と争った。当時のインタビューで語った「羽生さんに勝って、いい女を×××」は有名。将棋のプロには珍しく前衛の若者文化を好む。
野月浩貴七段 早指し将棋に強く、数々の優勝。序盤で独創的な手を指すことも。横歩取り8五飛を発明したのは中座だが、その戦法の優秀性に最初に気づいたのは野月と言われる。(それをさらに丸山が「真似」して名人になったと言われる。)アマチュア、特に女性や子供への普及にも熱心。
所司和晴七段 駒落ち将棋を含む「定跡伝道師」。また、渡辺明、松尾歩、宮田敦史の師匠としても、中国将棋(象棋=シャンチー)の研究家としても有名。

神吉宏充六段 言わずと知れたエンターテイナー。瀬川四段のプロ試験にも登場した。振り飛車穴熊が得意で、NHKで森内や加藤を破ったこともある。(そのとき、森内も飛車を振って相振り飛車にしたときに「それは無いやろ森内君」というヒソヒソ声が確かに放送に入っていた。)アマチュアしか指さなそうな奇襲戦法「鬼殺し」を独自にアレンジして指すなど、ファンサービス精神も旺盛。玉が2個ある詰め将棋(双玉詰め将棋)を作るのも好き。
山崎隆之六段 典型的な力戦棋士。(力戦とは、定跡化されていない指し方のこと。)端正な容姿で、女性の郷田・行方ファンは、おそらく現在、彼の方に流れているのでは。山崎の将棋の強さは誰もが認めるが、その上、他の棋士が思いつかない手を指す。タイトル保持者にとっても山崎が強敵であるのは、そのためと思われる。なお、横歩取りの先手で早めに4八銀と上がるのは「山崎流」と呼ばれる。
田村康介六段 最近の将棋界では珍しくなった「無頼派」と言われる。テレビ将棋でタバコを吸う棋士は少ないが、田村は勝勢になると、一仕事終わったと言わんばかりにプカーと一服。それをやられたら対局相手はたまらない。振り飛車戦法が得意で、早指しは大得意。持ち時間の長い順位戦でも夕食休憩以前に対局が終わらないのは珍しいらしい。なお、瀬川四段のプロ入り決定を祝う飲み会で、瀬川の隣に座っていた(おそらくNECグループ将棋部の指導監督?)

窪田義行五段 「窪田流」という、序盤に角道を止めない四間飛車が有名。
中座真五段 横歩取り8五飛の創始者。女流プロのトップアイドルと結婚したことでも有名。
近藤正和五段 世にも恐ろしい振り飛車戦法「ゴキゲン中飛車」の創始者として有名。
松尾歩五段 横歩取りと居飛車穴熊が得意。松尾の戦法を真似する棋士も多く、特に、居飛車穴熊の囲いで右の銀を7九まで持ってくる「松尾流」は有名。
宮田敦史五段 「スーパー敦くん」と呼ばれ、恐ろしいほどの深い読みと集中力で有名。
橋本崇載五段 早指し将棋では、つねに優勝候補と呼ばれる。派手な髪型で有名で、しかも時々モデルチェンジするが、非常に誠実で礼儀正しいらしい。

トッププロのは、ここで少し書いてます。
http://www.jti.co.jp/JTI/shogi/profile/index.html
たしか何年か前の大会でのプロフィールを見たときは、棋風をもっと面白く紹介してたんですが・・・・・。


その他は探してみたんですが、1カ所のサイトでまとまってるところは見つかりませんでした。

しかし、「Wikipedia」(ネットの百科事典)に載っている棋士も、結構いますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
たとえば、こんな感じで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E5%8F%B8%E5%92%8C%E...続きを読む

Q将棋はアマチュア学生、アマチュア社会人、プロ棋士では例えばプロ野球選手とアマチュア野球選手まJリーガ

将棋はアマチュア学生、アマチュア社会人、プロ棋士では例えばプロ野球選手とアマチュア野球選手まJリーガーとアマチュアサッカー選手くらいの実力差ありますか?
アマチュア棋士でもサッカーみたいにジャイアントキリング可能ですか?
テニス世界ランキングトップ10にランキング500位以下の選手が挑むくらい劣勢ですか?

Aベストアンサー

野球の実業団リーグや甲子園球児が、ドラフト指名されてプロ入りした後すぐに、
一軍で活躍する事が有る様に、将棋のアマタイトル保持者レベルの様な、トップ
クラスの棋士は、プロ棋士に近いレベルの実力を持つ場合が有ります。
最近は奨励会経験者も多く、プロ入りのプレッシャーから開放された事が、良い
結果となり、強くなっている場合も有ります。
#プロ棋士の棋譜の入手も、ネットによる高段者との対局も簡単になっている。
プロを相手にして、負けてもともとだという様に上手く開き直れれば、プロ棋士
に勝つのも可能です。

藤井聡太四段の26戦目の相手として、対局した瀬川晶司五段も、奨励会を年齢
制限により退会した後、アマチュアとして活躍してプロ入りを果たした棋士の
一人。

Q将棋プロ棋士の離席について

プロ棋士が対局中に席を離れて、ほかの棋士たちがいる待合室に顔を出す、なんてことをよく耳にしますが、これって大丈夫なんでしょうか?

そこでアドバイスを受けたりできちゃうわけで公平さにかけてしまう可能性があると思うんですよね。

もちろん、そんなことはしていない、やったとしてリスクが大きすぎる、ということはあると思いますが、
ここぞというときにこそっとアドバイスしたり、棋士の検討中の盤面を見たりできちゃうわけで。。。

実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

大丈夫です。
これに関しては羽生さんの書籍「対局観」に詳しく書かれています。

P187に「控え室でいろいろな対局の検討をしていると、時々当の対局者が部屋に入ってくることもある。対局者が検討中の局面を見てしまうと助言を受けたことになってしまうので、そんな時には検討中の局面をぐしゃっと崩すことが慣例になっている。」

とあります。だから、タイトル戦などでの二日間の対局は誰の助言を受けることなく対局されます。
もちろん待合室に出るのは本当に世間話だったりします。
というか、助言を受けていたらその助言の手しかさせないわけで、相手のレベルが「神様」に近いような同士の対局では「助言を受けること」は蛇足ではないでしょうか。
もちろん、蛇足だから名人戦などで誰もが気づかない妙手などが出るのではないでしょうか。

また終盤に入るとお互いが相当疲弊しているのが伺えます。
実際に棋士の顔を見てるとわかりますがまるでフルマラソンをあともうすぐで完走しきるようなぐらいの顔です。
そんな状況下のもと他人の助言を聞きたかったとしても聞くことは不可能でしょう。

Q将棋のプロ棋士って

将棋のプロ棋士ってコンピュータに勝てないくせに生意気じゃないですか?

皆さんもそう思いますよね・・・・?

Aベストアンサー

こんにちは。

橋本崇載さんはTACOSに、渡辺明さんはボナンザに、それぞれ接戦ながらも勝ちました。
清水さんは負けましたが、女流棋士のトップレベルはアマチュア男子のトップレベルより下。
まだ棋士は負けていません。

チェスの世界チャンピオン、負けました。
チェスプレーヤー、生意気ですか?

Qプロ棋士たちによる将棋

将棋を職業としている方々にはいろいろな棋戦というものがあると聞きました。
「タイトル戦」もあるそうですが、その種類にはどのようなものがあるのか紹介ください。

Aベストアンサー

まずタイトル戦として名人戦(順位戦)、竜王戦、王位戦、王将戦、王座戦、棋王戦、棋聖戦の7つがあります。
その他に
朝日オープン、銀河戦、NHK杯、早指し戦、日本シリーズ、新人王戦、勝ち抜き戦、達人戦があります。

女流の場合はまた違って上記一部の棋戦と女流名人位戦、女流王将戦、女流王位戦、倉敷藤花戦、鹿島杯、レディースがあります。

現在(3月19日)のタイトル保持者
名人、王座 羽生善治
竜王、王将 森内俊之
棋聖 佐藤康光
王位 谷川浩司
棋王 丸山忠久

女流は
女流名人、女流王位 清水市代
女流王将、倉敷藤花 中井広恵
です。

参考URL:http://www.shogi.or.jp/index.html

Qプロ棋士の給料は、どこから捻出されるのですか?

プロ棋士の給料は、将棋連盟から払われるものですよね。
そのお金はどこから流れて来たものなのですか?

Aベストアンサー

連盟の収入源は新聞(テレビ)の棋戦が全体の6割ほどを占めます。
竜王戦や名人戦クラスでは3~4億になります。全体で16億~17億です。
棋戦はインターネットの普及でやや先細りしており、懸念材料ではあります。

そもそも新聞棋戦は名人戦を除いて新聞社側に主催の決定権があり、
将棋連盟の主たる営業活動から生じたものではないので、
この依存度が高いということはいずれ破綻を招くことでしょう。
(尤も破綻しても少人数制のスリムな新連盟はすぐに結成されます)

次に多いのが免状収入ですが、具体的数字は決算報告書で公表していないようで分かりません。
その他にもデパートやサイン会などの催し、書籍の発行などがあります。

こちらのページはなかなか興味深いですからのぞいてみてはどうでしょう。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/sbc2005com/archives/2005-04.html

Qプロ将棋の棋士番号が欠番 =退会

将棋連盟のHP

http://www.shogi.or.jp/syoukai/nennrei.html

を見ますと、
棋士番号が欠番になっているところがあります。

これは、将棋連盟を退会した棋士のようです。
(引退ではなく、連盟退会による棋士番号抹消です。)

・男性棋士の、No.139
・女流の、No.6,8,9,16

男性のNo.139は、とあるHPを見たら、永作芳也五段という方と分かりました。

女流の方の退会棋士の氏名がおわかりの方、いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
(女流のうちの1つは、林葉さんだと思いますが・・・)

Aベストアンサー

あ、失礼。6、8、9、16でしたね。
6  村山幸子
8   福崎睦美
9   佐藤寿子
16  林葉直子

Q2流のプロ棋士の生計

囲碁でも将棋でもトッププロと呼ばれる人は別として、あまり強くないプロ棋士は生活が大変だ。いろいろバイトをしないと食べていけない。と、聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。

Aベストアンサー

対局料以外に基本給があるので全く無収入になることはありません。
とは言え最低ランクでは20万円を切る程度ですので
新人サラリーマン程度でしかありませんね。

基本給と対局料だけで十分に生活できるという程ではやはり無いので
大抵の人はアルバイトをして生計を立てています。
バイトと言ってもコンビニやガソリンスタンドではなく
町の将棋道場で指導対局をしたりデパートの将棋イベントに出演したりですね。

将棋界のランクは全部で5つ。
一番下位のC2組だと対局料は数万円程度。
確実に指せるのはランクを決める順位戦で、これが年間約10局。
他の棋戦全て参加しても10局ほど。
全部負ければ年20局程度。
対局だけだと総収入300万円前後になりますね。

ちなみにC2組でも3年続けて負け続けたら
ここからも降格してフリークラスとなり基本給さえも貰えなくなります。
こうなると本当に対局料のみで生活することになります。

他と比べること自体おかしいのですが
プロ野球なら最低年俸400万円以上。
2,3年活躍すれば1億です。
一年に100人程度プロになれます。
自分の努力で活躍すれば必ず収入はアップします。

将棋界は年に4人しかプロになれません。
昇級できるのも年に2人ほどです。
順位戦で全勝しても昇級できない可能性さえあります。

対局料以外に基本給があるので全く無収入になることはありません。
とは言え最低ランクでは20万円を切る程度ですので
新人サラリーマン程度でしかありませんね。

基本給と対局料だけで十分に生活できるという程ではやはり無いので
大抵の人はアルバイトをして生計を立てています。
バイトと言ってもコンビニやガソリンスタンドではなく
町の将棋道場で指導対局をしたりデパートの将棋イベントに出演したりですね。

将棋界のランクは全部で5つ。
一番下位のC2組だと対局料は数万円程度。
確実に...続きを読む

Qプロ将棋棋士の勝敗数の収支の謎

日本将棋連盟のHPにある、通算成績一覧のデータ(4月13日付け現在)を眺めていて、不思議なことに気づきました。
勝率5割以上、すなわち、勝ち越している棋士の割合が妙に大きいのです。
対局数が多い棋士が勝ち越している傾向が強いですから、なおさら不思議です。
そこで、現役全棋士の勝敗を合計してみたところ、
53535勝45691敗 勝率0.540
0勝8000敗ぐらいの棋士を1人加えるとか、0勝200敗ぐらいの棋士を40人加えるとかしないと、収支が合いません。
対局数が多くて、大きく負け越して、そして引退していった棋士が、過去に大勢いるということなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の数字に大層驚きました。
早速、日本将棋連盟のページに行き、統計情報を見てみたらおっしゃる通りの勝敗数でした。

で、引退棋士の戦績を調べた所、生涯の勝敗記録がある人と無い人がいましたが、ある棋士29人の勝敗を調べたら勝ち越して引退した棋士は米長邦夫永世棋聖と二上達也9段だけであとは全員負け越しで合計すると
12713勝16255敗でした。
先ほどの数字と合わせると
66248勝61946敗となり、差は4302に縮まります。

さらに、具体的な数字は判りませんが物故棋士で9段以上が33人、8段以下が52人(指導棋士を含む)と80人余りの棋士がいます。この中には1433勝781敗と
650ぐらい勝ち越している大山15世名人などが含まれていますが平均して一人あたり50敗の負け越しですから、あり得ない数字ではないかなと思います。

結局、将棋界は勝負の世界ですから、勝てなくなって負けがこんでくると自発的に引退するか、順位戦の陥落によって引退せざるをえなくなるかなのでしょうね。ですから、勝ち越して引退した大山15世や米長永世棋聖、二上前将棋連盟会長などは本当に強かったと言えるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.shogi.or.jp/syoukai/index.html

ご質問の数字に大層驚きました。
早速、日本将棋連盟のページに行き、統計情報を見てみたらおっしゃる通りの勝敗数でした。

で、引退棋士の戦績を調べた所、生涯の勝敗記録がある人と無い人がいましたが、ある棋士29人の勝敗を調べたら勝ち越して引退した棋士は米長邦夫永世棋聖と二上達也9段だけであとは全員負け越しで合計すると
12713勝16255敗でした。
先ほどの数字と合わせると
66248勝61946敗となり、差は4302に縮まります。

さらに、具体的な数字は判りませんが物故...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング