日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願いします。今のままだと政権交代が次いつになるか先が見えません。アメリカやイギリス、皆が嫌いな韓国でさえ政権交代があるのに日本には民主主義がねずいてないのでしょうか。アメリカなどでは、小学校でも、ディベートで反対意見を考えるように教育されるようです。日本では協調性が重要視されます。もちろんそれも大事ですが。執行部一任や全会一致などやってるようでは民主主義とはいえないと思います。

質問者からの補足コメント

  • 勉強不足で申し訳ないのですが、戦前の政局はどんな感じだったのですか?

      補足日時:2017/06/17 08:02
  • 私の考えは、すごく単純に言うと、右と左があって、右がしばらく続いてちょっと右に行き過ぎたなと、思ったら左に変えて左に行き過ぎたなと、思ったらまた右に変える。これが理想です。

      補足日時:2017/06/17 09:00
  • 野党の経験不足は確かにあると思います。でも、アメリカ(アメリカの例ばかりだしたら批判されそうですが)では政権交代すれば役人など大勢入れ替わるようです。未経験者も中にはいるでしょう。必ずしも経験者が選挙に有利とは限らないようです。元々、終身雇用と言う概念がなく転職キャリアアップが当たり前の国だからかもしれません。

      補足日時:2017/06/17 09:34
  • キーワードは情報公開だと思います。野党も与党と同じくらいの情報にアクセスできれば、もう少し建設的な議論ができると思います。民主党が政権取ったときに、初めて国の懐具合をしってマニフェストもボロボロになりました。情報へのアクセスは、まさに特権で既得権益ですが、その岩盤規制を破ることが近道だと思います。

      補足日時:2017/06/17 19:32

A 回答 (14件中1~10件)

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。

「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず』有権者の8割以上に及ぶ圧倒的支持=(圧倒的民意)」を得ました。
でも、それが、悲惨な結果をもたらした事はご存知の通りです。

政友会はどちらかと言うと地主・資本家層が支持し、民政党はリベラル政党と言ってよいでしょうが、この時の二大政党制を評価できるでしょうか? 二大政党制であっても、信頼に足る政治家・政党が政権を担わなかった故に、軍部の暴走を許したのかもしれません。

2009年の民主圧勝による政権交代の結果が、ただ混乱をもたらしただけだったように、二大政党制は「善」とは言えません。善か否かは、政治家個人個人の資質(知識・経験・見識…などの人間力)と、各議員を選ぶ有権者のレベル次第だと思います。

私も、二大政党が牽制しあう体制が望ましいと思う事もありますが、「今の日本では」それが良いとは思えません。
その前に、政党所属の各議員が、安全保障・軍事学・国際関係と外交、経済・財政…等々の基本をしっかり学び、政治家としての実力を備える事が何より大事です。(今の議員達の多くは、学ぶべきことを学ばずに、ただ自分の熱い思いを優先するだけの、浅はかで独善的な人物が目立ちます)

二大政党とも、それぞれが「実力を備えた議員の集合体としての政党」にならなければ、二大政党の意味はありません。そうならなければ、政権交代は、国家・国民に危険をもたらすだけだと思います。

*なお、あなたの補足コメントにあった「戦前の政局」については、それを調べるコンパクトな本として、ちくま新書の「昭和史」古川隆久著 をお勧めします。
(この著者はリベラルな考え方で、戦後評価の部分は、私と立場が異なりますが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。ただ、今のままでは、中国の共産党一党独裁と何も変わりません。日本には二大政党制は向かない、と言う意見を時々聞きますが、むかしジャッキー・チェンが中国には民主主義は向かないと言って批判されたのを思い出します。皆さんが考えているより、案外と早く政権交代はやってくると確信しています。「おごる平家は久しからず」

お礼日時:2017/06/18 07:59

健全な野党を育てる勢力が存在しない。



今の自称リベラル勢力は、優先順位として「憲法第9条の堅持」のウエイトがむちゃくちゃ高い。間違いなく「政権交代」よりも重要視している。殆ど宗教に近い。

その結果、せっかく新しい対抗勢力が生まれても、どんどんそちらの方に引きずりこもうとするため、結局支持者を減らすことになっている。過去の社民党もそうだったし、今の民進党もそう。民進党と維新が組めば結構な反自民勢力になると思うのだが、それだと憲法第9条が守れないので、負けることを承知で共産党と組む方に民進党を誘導している。それで民進党が崩壊しても、また次の護憲勢力になる政党を作ればいいやと言う考えなのでしょうね。これでは自民党の天下はそう簡単に崩れんでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

共産党と組むのは確かに衝撃的でした。

お礼日時:2017/06/17 22:43

端的に言えば与党に多様性があり全方位的だからだね


普通多様性がつよいと一つの党としての理念が持てず分解してしまうのだが
日本人の良いところでもあり悪いところでもある全体主義がなんとなく
一つの党として形成を許してしまうのよ

そうして与党が真ん中からやや右やや左を抑えているので
逆に野党が生き延びるには極端な右か極端な左にふれるしかなく
日本人は両方共大嫌いだから票が集まらないわけ

実は自民と同じ土壌を民進党ももっていて、党の中が左右ぐちゃぐちゃに
まざりあっているんだけど、残念なことに日本人だけなら阿吽の呼吸で
わかりあえるものが、なにせ祖国が日本でない人があまりに多くて
一つの方向性をだせないんだよね

それもこれも別に日本人が優れているわけでも劣っているわけでもなく
敗戦とその後の55年体制により政治のプロセスがそう形成されてしまったということ
今後、志のある野党が自民党と組まずに与党になろうという状況が
ちょっと予測できないのでしばらくは難しいだろうね。
もしあるとしたら、恐慌や戦争、大災害などによる大きな変化に与党が対応できないとき
ぽっとでの極右や極左が人気をあつめることくらいかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自民党が右から左までいるのは与党だからでしょう。

お礼日時:2017/06/17 19:04

国(省)は、与党は自民党だけでないと都合が悪いからです。


国と自民党は、昔から癒着していて、良いことも悪い事も黙認している。
他の政党が入ってきて、それを国民に知らされたら具合が悪い。
    • good
    • 0

政権交替の出来る二大政党と言う事で、自民党に対抗する政党として結党した民主党(現民進党)。


しかし結党のプロセスが悪かった。
とにかく数で対抗して政権を執る為に保守も革新も関係無く集まった事により、中がしっかり固められた訳でも無くそれぞれが
違う方向を向いている事で国民に対して美味い話しか並べ立てなかった事で実際政権を執った時にあまりにデタラメぶりを
発揮した事で多くの国民に大きな失望とアレルギーを与えてしまいました。
その流れを未だに払拭出来ないのが現在の民進党。
政策もデタラメであり法案提出能力も無い。
やって居るのは政権を摂る以前の野党その物であり、旧社会党系のイチャモン政党のままで成長していないと言う事。
如何に政治離れと言われても国民はその点をしっかり見ていますから、二大政党制にならないのは自業自得であって
野党第一党である民進党が党内に保守だの革新だのと言っているグループがある限り一つに為る事は有りません。
一つだけ纏まっているのが与党自民党を口撃しようとする事だけ。
自民党は嫌いだから民進党はもっと嫌いだと言う人達を自らが作りあげましたので、現状の流れでは日本に二大政党が
生まれるのは夢物語に近い状態になっています。
勢いのあった社会党があった頃が民進党より二大政党に近かったのではないでしょうか。
でも社会党は「何でも反対党」とも揶揄されたぐらいに与党の政策に反対していましたが、自民党が選挙で議席を大きく
減らした際に社会党と連立政権を組んだ事があり、その時自民党が責任逃れの為に首相に置いたのが当時の社会党
委員長の村山富市氏。
でも村山政権は民主党政権時より現実的な政策でしたが。
その当時の社会党議員も自民党から流れて来た議員も居るはずの民主党がデタラメを行ったのですからね。
そこには選挙に勝って政権を執る為に選挙に強いと言われた小澤一郎を民主党に引き込み、それが成功して数を取って
政権政党になったのに、クズ菅直人達が小澤一郎の追い出しに掛かる始末ですから、纏まる訳無いっつうの。
この先日本が二大政党になる可能性は50%も無いでしょうね。
民進党がデタラメですから。
社会党から名前を変えただけのような政党ですから、売国者も混じっていますから多くの国民は認めないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

民進党の悪口言うのは簡単ですよね。

お礼日時:2017/06/17 22:19

日本は既に二大政党制です。



ただ、看板が好き勝手付いてるだけです。

民主主義政党
共産主義政党
に分かれます。

共産主義政党の特徴は、党員が全学連出です。
困ったことに、この輩は自民党にも多数います。
彼らは節操がないのです。

それが”二大”にならない基本的な理由です。
    • good
    • 0

米国と違い、日本には二大政党にする


基盤が欠けているからです。

米国は、貧富の差が大きく、人種も雑多です。
だから国民が分裂しています。

金持ち白人の支持を得ているのが共和党で、
貧乏な有色人種の支持を得ているのが民主党です。

このように、国民が分裂しているので、二大政党
になるのであり、二大政党が意味を持つのです。

しかし、日本は、国民が均一的です。
平等意識が強く、米国ほど貧富の差がありません。

だから、二大政党の必要性が少ないのです。

こういう状況にあるので、日本では自民支配が
永く続きました。

その結果、野党は政権運営の経験を積むことが
出来なくなりました。
だから、いざ与党になっても無能をさらけ出すだけに
なりました。

自民支配が永く続いたので、野党は政権担当する
気概を失い、ただ反対するだけの政党に成りはて
ました。

これでは、いけない、ということで小選挙区制に
したのですが、そもそも二大政党にする必要性が
乏しいので、失敗しました。





日本には民主主義がねずいてないのでしょうか。
   ↑
自民党には派閥があり、これが実質野党の
働きをしてきました。
中選挙区制に戻して、派閥を強くする方が現実的
かもしれません。




アメリカなどでは、小学校でも、ディベートで
反対意見を考えるように教育されるようです。
   ↑
デイベートなどをしていると、いかにも政治参加
しているような気持ちになりますが、
それだけです。

実際の大統領選挙などをみていると、
政策の良し悪しなど関係していないことがわかります。

●2012年 大統領選挙 (人種別、誰に入れたか)
   オバマ   ロムニー
白人     39%   59%
黒人     93     6
ヒスパニック 71    27
アジア    73    26
●米国の人種構成(2010)
白  72,4%
ヒス 16,3
黒  12,6
ア   4,8
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大統領制と議院内閣制では少し違うかもしれません。派閥争いですか、そこには有権者は関与できませんね。なんだかコップの中の争いみたいで小さいです。

お礼日時:2017/06/17 22:33

民主主義かどうかはともかくとして、二大政党制というのが定着しないのは、長らく日本では大選挙区制という選挙制度が続いていたこと。

そして、公職選挙法により、政党の公認候補でないと当選が極めて難しい、ということ。
この2つが理由だと考えています。

衆院選では、1994年に公職選挙法が改正されるまで、中選挙区制という制度がずっと続いていました。
中選挙区制とは、都道府県を複数の選挙区に分け、それぞれの選挙区で得票数が多い順に複数名の当選者が出る選挙制度です。この制度は、政治学の学術用語では「大選挙区制」と言います(政治学の学術用語では、「1つの選挙区からトップの1人だけが当選する」制度を「小選挙区制」。「1つの選挙区から上位の複数名が当選する」制度を「大選挙区制」と言い、「中選挙区」という概念はありません。「中選挙区」というのは、参院選が都道府県全体を1つの選挙区とするのに対し、衆院選はもっと狭かったため、区別するために作られたマスコミ用語です)

この大選挙区制で過半数を取るためには、1つの選挙区に同じ政党から複数名の候補者を立てねばなりません。それは言い換えると、同じ政党の、本来は仲間同士が戦い合う、ということを意味します。
同じ自民党の候補者であっても、自民党の支持者をどちらが多く獲得するのか、という身内での戦いをしなければなりません。そのために、各候補者は政党ではない、個人の支持者を作るための強力な個人後援会組織を作る、ということが必須となっていました。かつて、自民党内での派閥争いが熾烈を極め、例えば、田中角栄氏と福田赳夫氏による「角福戦争」のような、まるで政党間の争いのような政争が繰り広げられた理由の一つは、この選挙制度があったため、と言えます。
ちなみに、1955年に自民党が第1党、社会党が第2党になって以降、長らく自民党が政権を取る「55年体制」ができた理由の一つに、身内同志の争いを避けるため、社会党は衆院選に過半数の候補者を出さずにいた、というものがあります。過半数の候補者を立てていないのでは、全員が当選したところで、どこかの政党と連立政権を作るしかありません。その意味で、社会党は、政権を取るつもりがなく、第2党として、自民党政権下で反対などをして、いくらかの妥協を勝ち取る、というやり方をしていたことになります(これは「野党が情けないから」ということになると思いますが)

そして、1994年に公職選挙法が改正され、現在の小選挙区比例代表並立制へと移行しました。
しかし、それ以前に張り巡らされた強力な後援会の影響力は相変わらず、というのが現状です。

選挙で政党はまず、「勝てる候補者」を選定します。
すると何が起きるのか、というと、ずっと続いてきた個人後援会を持っているかどうか、というのが一つの選定基準になるのです。そのため、いくら優秀な人材であっても、その政党の公認候補にしてもらえません。逆に、本人に一切やる気がなくとも、親が政治家だった、というだけで担ぎ上げられる候補者というのも沢山います。父が病で急死し、全く継ぐ気がなかったのに立候補させられてしまった小渕優子議員なんて、その典型例でしょう。

その結果、本来の政策などは自民党よりなのに、世襲候補を優先するために自民党公認にしてもらえないので、仕方なく野党(民進党など)から出馬して当選した議員なども多くいます(現在の公職選挙法では、政党公認候補というのは、無所属候補と比べて圧倒的に有利に戦えるようなルールになっています)
そのため、野党側に、とりあえずの人数だけになり足元が揺らいでしまう、ということが起こりやすくなります。その結果、何かあれば離党して、自民党へと移籍、なんていうようなことも多くなるのです。自民党の公認じゃなくて、しかし、多くの支持者を集めて当選した議員、というのは、それだけ人気があって勝てる候補、として評価されるので、今度は自民党も入党を認めますし、公認もします。
現在、東京都知事をしている小池百合子氏なんて、まさにそのタイプの典型例でしょう。


つまり、かつての制度の中で作り上げられた強力な個人後援会組織の影響力が未だに残っているため、世襲議員が多く当選すること。
その中で、弾かれた、本来は自民党的な政策を持っている候補者が野党に入るため、野党の政策がブレやすくなること。
そして、そのブレた中で離党した元野党議員を積極的に自民党が拾い上げること。
これらが、自民党一強が続いている要因であると考えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

外国では党をコロコロ変わる人、いるのですかね。

お礼日時:2017/06/17 22:24

日本は、武士国家で、悟りが古くから教育されているからですね。

何の為の民主主義なのかをまず考えるのです。そして、その解答が正しい事なのか貧富の差を訴える貧富は、お金なのか文明の違いが明らかなのです。知識と教養を身につけさせないと貧富の差は、埋まらないのです。お金なら自分達で作れるものなのです。
    • good
    • 1

イデオロギーか政策かと言うことだと思います。

イデオロギーで政治を考えると異なるイデオロギーの場合は全て反対です。
しかし政策を協議する政党であれば、二大政党によるバトンタッチなどが考えられます。
日本の場合、野党は与党のやることなすことに反対であり、政策の対立や協議による変更があまりない様な印象を受けます。これはイデオロギーの問題であるかもしれません。しかし、与党とその反対勢力がありあたかも二大政党の様ですよ。
この様な事態を許しているのは、政治は殿様がたが行い、庶民は見ているだけ、支配されていても苦痛ではないと言う伝統があるからではないでしょうか?
協調性は庶民にあり、現在の与党はイデオロギーの対立の様に反対ばかり主張しているように見えます。
執行部一任や全会一致などは民主主義ではないことに賛成です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

政治はお上がやることですか、そうかもしれません。

お礼日時:2017/06/17 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング