身体がしんどい
家族経営の飲食店
店主(父)は、仕事放棄し、
私が仕込みをしています。毎朝、3時半起きで、夜8時半まで仕事してます。
母とやってるようなもの
身体はどんどんきつくなってなげだしたくなるのですが、お客さんが入院してて退院したら直で食べに来てくれたり、病院から外出許可をもらってまで食べに来てくれるお客さんをみると、辞めたらいけないなぁ~っても思うし、
倒れるまでやるしかないのかなぁ~って悩んでいます

A 回答 (3件)

一生懸命に仕事をするのは当たりまえですが。


倒れてしまったら、代りはいないのですから、元も子もないじゃないですか。

倒れたら、もう、やめるしかないでしょう?

お父様は残念ながら、たぶん、やる気はありませんね。
病気なんだから、わからないことも無いですが、やる気があったら、無理しない範囲で、出来る事はやるはずですよ。
あるいは、自分に都合良く解釈して、子供にまかせている、なんてノンキに構えているのかもしれませんね。
昔は自分もそうしてきたんだ、修行だ、とか思って見てるのかも。
親から見れば、子が弱音を吐いている、としか見えないのかもしれません。

営業時間短縮とかしたら、利益的にやっていけませんか?
イヤナのはわかりますが、話し合いしかないですよ。

もし、体が慣れたり、要領が良くなったりすれば大丈夫なのかもしれません。
やりがい、があれば頑張れることもあります。
もし、続けるなら、大先輩である、親、に相談するしかありません。

店をやめても、あなたが生活に困らない、他に道があるなら、辞める選択肢もありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

私は、38歳、独身、女です。
今は、何の楽しみもなく、仕事をがむしゃらにやっている状態です。
父が仕事をしているときは、代わりにする人がいたからいいけど、私がしている仕事を代わりにしてくれる人がいないので、今まで、父がしてきた仕事以上のものを私は、やっている感じです。
父は、仕事に関して何も思ってないので、母と相談していきます。
今、辞めてしまうと、周りは父のことをしらないので、私が甘えてるんじゃないかと思われそうだし、一時間かけて来てくれるお客さんもいらっしゃるので、母と相談していきます。ありがとうございます

お礼日時:2017/06/17 18:24

> 倒れるまでやるしかないのかなぁ~って


あなたが倒れたら、お店を慕って来てくれるお客さんはとても悲しがるでしょう。
#1さんも書いていらっしゃいますが、営業時間の短縮でしょうね。
お昼に開けて午後2時頃から午後5時頃まで閉める。この時間帯のお客さんはそんなに多くはないはずです。
ここで昼寝をして、午後5時頃から夜の部を再開し午後8時半まで営業。
2時間ほどは昼寝が出来るのではないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

店主は、私ではないので時間短縮の権限はなしです。

父は、透析をしているのですが、透析をしていても家族を養うために働いている人はたくさんいるのに、まだ、父は、64歳です。
父を父、親、大人とも思えず、全くしゃべらない状態です。

お礼日時:2017/06/17 08:11

身体がしんどいなら、体力に合わせて、お店をあける時間を短くしたらどうですか?


夕方だけの営業とか、週休3日とか・・・

ある在日さんの経営する食堂は、夕方から営業しているみたいでした。
以前は、昼間も営業していたのですが、いつからか夕方のみに変わっていましたね。
たぶん、お客の入り具合に合わせて、営業時間を変えたのでは?なんて推測しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
田舎なので、そうするとお客さんが減ってしまいそうで…

お礼日時:2017/06/17 07:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報