木造住宅二階建てをハウスメーカーで新築します。東西に長い土地に子世帯と親世帯の2棟を別棟で建てます。土地は東から西へ下り傾斜の途中にあり、東道路と北道路の角地です。2棟とも東玄関で、それぞれ建物東側と北側が駐車場になります。2棟の間に壁などは作らず、南側の庭は共同で使用する予定です。問題なのが建物の高さですが、ハウスメーカーの予定では、東西の土地の真ん中あたりの北道路の高さを0にして、西側建物の東北角と、東側建物の北西角を5センチ高く、東側建物の東北角を20センチ低くするといっています。通常の基礎は土の中に30センチ、土の上に40センチだそうですが、東側の建物の東側は土の下に50センチ、土の上に20センチだそうです。東側の駐車場の水が建物のほうに流れてくるように思いますが、大丈夫でしょうか?排水なども心配です。外構業者は、道路より基礎を低くするのはよくないと言っていますが、ハウスメーカーは問題ないと言っています。皆さんの知識をお借りしたく、よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

正直なところ、ご説明では、不明点が多く、良く分かりません。



例えば、北側の道路の勾配も必要ですし、東側の道路の勾配も必要です。
また、敷地の接道距離も必要でしょうし、敷地内の建物配置の状況も
必要です。

この為、想像と一般論だけ、記載します。

「東西の土地の真ん中あたりの北道路の高さを0にして、」これが問題です。
北側道路が、東から西に下がっている、と言う事は、この中間地点から東側は、
理屈上、「道路より低い敷地」と言う事になりそうです。

敷地が道路より低い、と言うのは、可成り好ましくありません。

外構業者に聞くのは、実は好ましい事では有りません。
(指揮、命令系統が混乱し、責任の所在が不明になる。)

しかし、今回に関して言えば、外構業者が言うのも、ある意味合っています。

本来は、建物敷地は、前面道路面より高い設定が必要です。
これは、降雨時、集中豪雨時に、雨水が建物側に侵入しないようにするためです。
今回は、中間地点から東側の敷地が、北側及び東側の道路より低くなると思います。

HMは、恐らく敷地内の基準GLを一つにして考えたいのでしょうが、建物ごとのGLを
設定させ、両方とも、当該建物の前面道路より高く基準GLを設定するべき、だと思います。

但し、これは机上の空論で、現地も知らず、設計図書も見ていないので、言える事でも有りません。

建築には「一敷地一建物」の原則があって、今回も形式だけでも、「敷地分割」がされている、と
思います。

そして、各々の敷地に、各々の建物が建ちますので、当然の結果として、各々の敷地に
各々の設計GLが設定され、それらは、当該前面道路から上に設定されたほうが良い。

これをやると、土量が必要になる可能性もあり、HMは乗り気でないかも知れません。
それでも、こちらの要求を通そうとすると、「追加金額」の話が出かねません。

私なら、集中豪雨の時、雨水が敷地内に侵入するのが心配、と言う話をし、
HMが問題ない、と言うなら、「何故問題ないのか」「将来にわたって、大丈夫なのか」
を問いただし、説明内容を文書化させ、万一の場合はHMの費用負担で、対応する、と言った
念書を入れさせます。

勿論、雨水処理の仕方は色々あって、理屈上、雨水処理が出来ても、それは
人工的な処理であって、将来も機能する保証はないのです。

排水側溝や浸透桝等、手段は有りますが、いつかは詰まります。
しかし、敷地が前面道路より高ければ、未来永劫、水の侵入はありません。

有るとすれば、地域全体が水没するときです。

ご質問の内容から、お話出来るのは、これくらいだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございました。説明不足で申し訳ありませんでした。
そもそも、2ヶ月ほど前に外構業者から、東の一番高いところを基準にして、西側は深基礎にしてもらったほうがいいとアドバイスを受けていました。
HMにそのように話したところ、その方法で建築すると言われていたので、それからは間取り作成を進めていました。
外構業者から土地の高さが入っている敷地図面が欲しいと再三催促されていたので、その都度HMへ催促をかけていたのですが、やっと図面をもらえたのが昨日です。
着工まで1週間を切っています。そして、図面には土地の中間あたりの北側道路に0とありました。
どうしてここが基準になっているのか聞くと、こちらで考えた最善の方法だと言われました。
以前、外構業者から東を基準にしたほうがいいと言われ、そのつもりでいたことを伝えると、「外構業者は、自分が仕事をしやすいように言っているだけで、基礎が道路より低くなっても、水が入ってくることはないから大丈夫」と言われました。
今日の夜、HMと電話で話し、土地の一番高い東を基準にしてほしいと言うと、追加費用がかかると言われました。とりあえず見積もりを出してくれとお願いしました。
途中で主人と電話を代わり、主人が「道路より基礎が低くて問題はないのか」と再度尋ねると、本当はよくないが、費用がかかるから低くすることにしたと言ったそうです。
昨日、図面を持ってきて、現地で説明してくれた時は大丈夫だと言っていたのに。
早い段階から外構業者に相談していたから「高さ」ということも考えなければいけないということが分かったのですが、そうでなければ建物が完成して、落ち着いたころに外構を発注して、初めて気づいていたと思います
話が長くなり、とりあえず見積もりを!とお願いしましたが、追加費用がかかると言われたとき、この時期になって何を言ってるんですか?と怒りました。
深基礎でやると言っていたのに、勝手に変更して、しかも今更追加費用って、どうなんでしょうか?

お礼日時:2017/06/18 01:33

この手のお話は、実は両方のお話が無ければ、片手落ちです。


しかし、お返事の内容は、筋が通っていますので、お話の通りと仮定して、記載します。

1)「(外交業者からのアドバイスの件)HMにそのように話したところ、その方法で建築すると言われていたので、」

  この点の再確認が必要です。
  何時、HMの誰に話し、HMの誰が返答したのか?

  そして、HMの誰が、この件を認めるのか?

2)「(敷地図面が欲しいと)HMへ催促をかけていたのですが、やっと図面をもらえたのが昨日です。」
  「着工まで1週間を切っています。」

  私なら(無責任ですが)、工事着工を一旦止めます。
  この問題を、明確にしないと、禍根を残しそうです。

  昨日図面が届いた、と言う事は、「施主として図面承認を行っていない。」と言う事を
  意味します。

  不明確な状況が残っているのに、図面承認をしては、不利側に動きそうです。

3)「どうしてここが基準になっているのか聞くと、こちらで考えた最善の方法だと言われました。」
  「(そのつもりでいたことを伝えると、)「外構業者は、自分が仕事をしやすいように言っているだけで、
   基礎が道路より低くなっても、水が入ってくることはないから大丈夫」と言われました。」

  この発言は、HMの誰がしているのか確認が必要。(営業であれば、最悪)

  先ず、仮に相手が営業であれば、今後営業を相手にしてはいけません。
  
  監理建築士と設計担当の建築士が居るはずなので、今後はその方の出席を要求し、
  再度、責任ある返答を求めるべきです。

  誤解のないように言いますが、営業とは、「単なる素人」です。
  技術的な話で、営業を信用してはいけません。

4)「最善の方法だ」の意味

  最善の方法とは、どういう意味か?確認が必要です。
  「技術的に最善なのか?」「金額的に最善なのか?」

  「追加費用がかかる」と言う表現が正しければ、上記の「最善の方法」とは、
  「金額を安くするために最善」と言う意味で有って、施主の側の利益ではなく、
  HMの自己中心的な理由による「最善の方法」と言う意味になります。

  そもそも、1週間後に着工であれば、当然、契約も完了しており、金額も
  決定しているはずです。

  そして、正攻法では、契約時にその金額の根拠となるべき、設計図書が
  添付されていなければなりません。

  それが、後付けの設計で、しかも、レベルを上げると、「追加金額」が発生する、と
  言う理屈は、世間では通用しません。

5)「本当はよくないが、費用がかかるから低くすることにしたと言ったそうです。」

  これの発言者も特定が必要です。

  この言葉の意味は、「この設計に欠陥は有るが、費用を抑えるため(自己都合)、次善の策とした。」
  と言う意味に他なりません。

  悪く言えば、欠陥設計です。
  
  その様なものを、施主に提出し、施工するのであれば、当然、契約時に、その欠点を
  明示、告示するべきで、今現在、話すべき内容では有りません。

6)相手

  本当は、HMの最高責任者(支店長)を呼び出して、苦情を入れるべきだと思いますが、
  順番としては、

  イ:営業を切る。
    変えてもらうか、相手にしない。

  ロ:監理建築士を呼び出す。
   HM内に、設計事務所が内在しており、建築士法上の監理建築士が、居るはずです。
   その人間を、呼び出して、再度、同じ話をする。

   建築士は、公的資格なので、口先三寸の話はしません。
   この人に、事情を話して、是正を求めます。

  ハ:支店長を呼び出す。

   実は、その上に、本社に苦情を入れる、と言うのもあります。
 
   結局、連中の考えは、「最初の契約金額」では、「利益が確保できないか、赤字になる」ので、
   最善の方法として、設計内容を事前のレベルにする、と言う事でしょう。

   しかし、先に述べたように、記載いただいた内容が「本当」だと仮定すると、
   理は、ご相談者にあります。

   故に、それでも「自分たちの利益を守るのか?」或いは、「会社としての信用を取るのか?」の
   2者択一なのです。

   そして上層部に行けば行くほど、利益よりは信用を選択します。

  逆に、営業は最前線なので、時に、口先商売をします。
  建築士は、公的資格なので、なかなか嘘が言えません。

  そういった事を考えながら、先ず、
  「工事を止めてでも、この問題を解決する。」意図を、
  相手に伝えるのが、良いように思います。

7)最後に
 
  ご主人のこれまでの対応は、立派で、正しい、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、ありがとうございます。
外構業者に、なるべくお金がかからない方法で駐車場など作りたいし、土地を有効活用したいと相談したところから高さの話が始まりました。
家の高さを聞かれ、全くそんな話はしていないと話すと、普通は地鎮祭をする時には、場所と高さが決まっていて、説明もされるはずだと言われました。
東側建物と西側建物の間に土留めをするとお金がかかるから、西側を深基礎にしてもらったほうがいいとアドバイスを受けました。
その旨を設計士に話すと、うちの基礎は70cmなので難しいと言っていましたが、やはりその方法ですると言われました。
後日、両親や営業兼支店長、設計士、現場監督と地縄張りをした時に、再度設計士に確認をすると、以前言っていたやり方ですると言いました。
設計士がその場で、営業兼支店長にも確認をとると、「これだけ傾斜があるから、2棟を同じ高さで建てるのは無理です」と言いました。
その後は打合せ時に深基礎の高さを聞きましたが、まだ考えていないとの返答(設計士)で、間取り優先で打ち合わせを進めていまいた。
15日(木)営業兼支店長と最終金額の打ち合わせをし、浄化槽の位置も確定していなかったので、どうなっているのか聞くと、東側の建物はポンプ?をつけなければならないから10万くらい追加費用がかかると言われました。
基礎の高さの説明はなく、建物東側に設置しようと思っていたので、北西ならいいのかと安易に考え、もう一度位置を考えるから、敷地図面が欲しいと依頼しました。
浄化槽業者にも、位置が問題ないか確認してほしいと前々から依頼していたのですが・・・。
以前からお願いしていた高さの入った図面もまだだったので、その図面に高さの表記もしてほしいと依頼し、16日(金)に営業兼支店長が図面を持ってきました。
そこで図面と現地を見ながら、GL設定は北側道路の真ん中ということを聞きました。3と5の話相手は営業兼支店長です。
昨日の夜、営業兼支店長と電話で話をして、誰がここにGL設定したのか聞くと、設計士だと言いました。もしかしたら現場監督と打ち合わせして決めたかもしれないと。
私たちが他の件でコストダウンしたいと言っていたから、基礎に追加費用がかかると言っても無理だと思っていたと。
地盤調査の結果も受け取っていないことに気づき、それを催促してもらったのもここ1週間以内です。

お礼日時:2017/06/18 09:42

整備された町で無い場合 


GL設定は慎重に道路+10cm 欲しい。

農地だらけで
排水が出せない場合 
浸透なので問題はないだろうけど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございました。親が知り合いに相談したら、やはり道路より10センチ高くしたほうがいいと言われたそうです。

お礼日時:2017/06/17 20:40

文章を図にしてみると、東の建物の東から西に勾配が付くという、間々見かける物件ですね。



心配なら基礎外周に排水溝付ければ良いですね。

南の庭と北駐車スペースの高さ、構造説明も無いですし、玄関のある東面の状況も説明が無いので、基礎の高さだけで判断するのは難しいですね。

その辺を無視して
あなたはまずどうしたいのですか?東建物の東面を通常高さとして基礎を上げて、
・坂傾斜で高さの足らない部分を盛土にしますか?
・布基礎を傾斜に合わせて斜めに作らせますか?

西の建物も土地が勾配ですが、西側はどう処理・施工されますか?


あなたと外構屋の理屈だと、地下のある建物は大変な事になるということですが、あなたの見解は?
予定地の周りは坂でしょうけど、周りで同じ条件の建て方をしている家を見たことはないですか?
その家では基礎の周りはどうなっていますか?


>ハウスメーカーは問題ないと言っています。

その施工方法がわからないと何とも言えないのですが、あなたは説明を受けましたか?
受けているのならここに書いたほうが良いです。

回答者が「大丈夫」といっても、回答者の想定する施工方法と、ハウスメーカーの施工方法が違えば「大丈夫」に根拠は無くなりますからね。
後でトラブルが起きてネットのなんの責任もない回答者に
「俺のやり方なら良かったのにぃ」て言われてもね。困るだけですよね。
それを言うとハウスメーカーの施工方が分かったからといって回答者に責任が発生するわけではないですが。
少なくとも絞り込んだ意見は聞けますよね。

同様に、外構屋の「良くない」の理由も書いてみてください。
聞いてみたいです。
内容によってはコンクリートを全否定することになりますし、逆に懸念を回避する方法も知っているはずですけどね。
外構屋がフェンスとブロックしか施工しない業者なら、ハウスメーカーの説明内容によって、ハウスメーカーを信じて良いはずです。
ただ、営業には説明させても無駄なので、工事担当の説明を受けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、ありがとうございました。説明不足で申し訳ありません。
ハウスメーカーからは、外構は建物が仕上がってからゆっくりすればいいから、まだ考えなくてもいいと言われていましたが、私は外構も含めて土地を有効活用したいと思い、早い段階から外構業者に相談をしていました。
土地が300坪あり、45坪くらいの建物を2棟建てるのですが、駐車場の取り方など、外構業者にアドバイスをもらいながら、土地に対する建物の配置を考えていました。
外構業者から、土地の広さと高さが載っのっている図面が欲しいと言われたので、ハウスメーカーに再三お願いしていましたが、やっと図面をもらえたのが基礎着工まで1週間を切った昨日です。
外構業者は、なかなか図面が出てこないので、自分で高さを測り、提案をしてくれました。
私が外構業者に出した要望は、なるべくお金をかけず、見た目よくです。この業者は展示場もあり、パース図でもよく受賞しているだけあり、間取りから外構を考えてくれ、でてきたパース図は早く住みたいと思えるものでした。業者曰く、建物の高さによっては、東側の建物と西側の建物の間に土留めをしなければならず、そうなるとかなり費用がかかるとのことで、そうしなくて済むように東側建物の北西角は深基礎にしたほうがいいという事でした。
地面より低い基礎に反対の理由は、湿気が上がってくるとか、水が入ってくる、東から見たときに家が小さく見えるなどでした。
先程、ハウスメーカーと話をしたら、やはり基礎は地面より高くしたほうがいいけど、そうすると基礎の値段が上がるので提案しなかったとのことでした。
ヒノキの家で、瓦屋根や外壁のタイル張りなど、なるべくメンテナンスに費用がかからず、子どもの世代まで住めるように考えて作る家なので、基礎から家の寿命が短くなるのはとても悲しいです。
取り急ぎ、追加費用の見積もりを出してもらうことにしました。ちなみに工事担当とはまだ話せていません。

お礼日時:2017/06/17 20:36

水害の恐れのない場所でもゲリラ豪雨土砂降りになれば10cmくらいの水はつきます(経験あり)。

道路から水が流れ込むのは必至です。建物は湿気を嫌います。寿命も短くなります。水害にあった惨めさは味わいたくないですね。床上浸水の場合は床はもちろん壁から直す必要があります。
我が家は質問者さんのように地下50cm、地上20cmです。布基礎なので床下の土はむき出しで常にやや湿気ています。築30年木造ですが今のところシロアリや腐朽菌の被害はありませんが水害には戦々恐々としています。隣家は宅盤が20cm高く基礎地上高40cmなのでいつも羨んでいます。
私ならNGです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。うちはベタ基礎ですが、丘の上の頂上付近みたいな所で、土地の東側200mくらいの丘の頂上付近に堤があります。よほどのことがなければ決壊することはないと思いますが、大雨が降れば東から水は流れてきます。子供の代まで住めるように、なるべくメンテナンスがかからないようにと、瓦屋根でタイル張りにしました。それが、基礎の高さで寿命が短くなってしまっては、とても悲しいです。

お礼日時:2017/06/17 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家を建設中です。現場に落ちていたのですがこれは何に使うのですか?中の液体は何が入っているのでしょうか

家を建設中です。現場に落ちていたのですがこれは何に使うのですか?中の液体は何が入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

大工さんはもちろん日曜大工でも必需品の水準器(すいじゅんき)で我が家にもあります。

使い方は柱が垂直に立っているかは柱に添わせて丸い穴のパイプの気泡が中央にあるか、棚板の水平は棚板に横において四角い穴の気泡が中央にあるかを見ます。

 精密な水準器は紙1枚の厚さの傾きが容易に判別できます。封入されている液体はアルコールとか着色した水なので危険性は皆無です。

Q新築戸建、宅内の配水管ルートについて

現在、戸建を新築中の者です。
最終図面にサインをして地鎮祭を行い着工した後で、工務店の設計担当者から「1階和室押入れ内にPSを作ることをお勧めします。」との連絡がありました。

●現在のルート:2階から1階へ縦配管、1階天井裏で90°曲げる、約4.5m横に配管、90°曲げる、約1m配管、現在予定のPS(洗面所)へ

●提案のルート:2階から1階へ縦配管、1階天井裏で90°曲げる、約1m横に配管、新設PSへ

話を聞いたとき、そもそも配水管のルートを考えていなかっただけだと思いました。
また、一般的に配水管は縦にまっすぐの方がいいと思いましたが、和室は義父が泊まりに来た際に寝るスペースです。
「この土地に建てたらいいよ。」と言っていただいたのがきっかけで新築することができたので今回の家作りがありましたし、そもそも目上の人が寝ている枕元に汚水が流れるのは、気持ち的にも音等も気になると思いました。

上記を伝えたところ、特に他のルートを考えたりこちらの気持ちに共感することもなく、瞬発的に「音はどこでもしますよ。」と言われました。

もともと嫌いな設計担当だったため、営業担当にクレームを入れたところ下記回答が来ました。

・現在の配管ルートでも問題はない
・通常使用以外で詰まり等が発生したときのメンテナンスの為、別ルートを提案しただけである

上記を確認して、現在のルートのままでいくよう指示しましたが、かなり不安があります。
そもそも縦にまっすぐのルートと現在のルートで通常使用時の詰まる確率が同じようには思えません。
通常使用で詰まりが発生した時のメンテナンス作業等については工務店が負担すると言われましたが、どのように約束事を文面に起して署名させればいいか分かりません。
勾配をつけながら施工すると思いますが、その作業の適切具合が判断できません。

通常、見えない分余計に気になります。
このルートでの施工や完成引渡し後に工務店と約束する事項について、見識ある方のご意見を頂きたく何卒ご検討の程宜しくお願いします。

教えてください。宜しくお願いします。

現在、戸建を新築中の者です。
最終図面にサインをして地鎮祭を行い着工した後で、工務店の設計担当者から「1階和室押入れ内にPSを作ることをお勧めします。」との連絡がありました。

●現在のルート:2階から1階へ縦配管、1階天井裏で90°曲げる、約4.5m横に配管、90°曲げる、約1m配管、現在予定のPS(洗面所)へ

●提案のルート:2階から1階へ縦配管、1階天井裏で90°曲げる、約1m横に配管、新設PSへ

話を聞いたとき、そもそも配水管のルートを考えていなかっただけだと思いました。
また、一般的に配水...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではありませんが
排水配管のイメージが図のような前提なら

1.提案の方が、横引き4.5mと90度曲げ1か所少なくて、詰まるリスクは少ないと思う。
2.>通常使用で詰まりが発生した時のメンテナンス作業等については工務店が負担
通常使用の定義を明記しておく必要があります。
棒状の物を誤って落とし込んだ場合は通常使用に該当するか否か?・・・等々
3.>そもそも目上の人が寝ている枕元に汚水が流れるのは、気持ち的にも音等も気になると思いました。
貴方の気持ちは尊重しますが
しかし、私だったら、宿泊頻度を考慮して、提案を採用したいです。ゴメンナサイ。

Q新築を建てる者です。 どんどん打ち合わせをしてるうちに ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなってい

新築を建てる者です。
どんどん打ち合わせをしてるうちに
ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなっていました。
登記簿面積と実測面積で少し誤差がでると言われたのですがプランの紙では家の大きさも外周の寸法も変わっていません。

打ち間違いなのか敷地面積を最初に大きく記載されていたのか…など疑問がでてきました。
15坪も減ることあるのでしょうか。

Aベストアンサー

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているはずです。

ここでは、周辺の事情も分かりませんので、
正解は出せません。

例えば、「前面道路」の幅員が不足で、敷地として、
道路幅員が確保されるように、「敷地後退」を
要求されている地域かもしれません。

そういった事も含めて、施主が不安を抱かないように、
丁寧に説明するのが、担当建築士の役割なので、
先ず、説明を求めてください。

一般常識の中であれば、「施主は王様」なので、
どんどん、気になることは質問して、説明を要求して
ください。

そうする事が、お互いの誤解を防止し、事業が上手く行く、
条件でもあります。

頑張ってください。

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているは...続きを読む

Q基礎工事でトラブルなのですが・・

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務店などはありません)

大体ベタ基礎はどれくらいかかるのかと聞いた所大体65万くらいだと言われました。
それでOKしましたが、工事が終わってから
土の搬入費(土代)とブロック代が別途請求がきました。

言葉の行き違いだとは思うのですが
私はてっきり全部込みで65万だと思っていたのですが普通は別払いなのでしょうか?
工務店などは通しておらず個人への単発の仕事のため慣習的なことが分かりません。
普通はベタ基礎をお願いした場合はある程度の整地(土を入れたり平にしたりなど・・)を含めた金額だと思うのですがどうでしょうか・・・。もちろん著しく土を多く要したりした場合は別途請求もいいのですが金銭的な相談は一切ありませんでした・・。

ただ20センチ程度は高さを上げてもらったのでやはり通常とは別の特別な工事だったのでしょうか・・。

ブロックは私の土地の特別な事情により設置したのですから支払うのはいいのですが、土を入れるのはある程度はベタ基礎代金に入っていると思うのですが慣習的な部分ではどうでしょうか・・・?

それともベタ基礎とは本当にベタ基礎だけの値段を提示するのが慣習的でしょうか・・・?

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務...続きを読む

Aベストアンサー

現状地盤をそのまま生かしての基礎工事が普通ですので
基礎工事に含む項目として盛り土はありません。
しかし、通常は根切りがあり残土処分が発生します。
恐らく根切は通常の半分程度で済んでいるはずですし
残土処分は無くなっていると思われます。
ただ先に述べたように盛り土材料代金+搬入運搬費+
整斉手間は別途発生します。
差額請求は当然行われて然るべきものです。

Q家を新築し太陽光を乗せました。 ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合で約80万円、最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと、何れも大変な出費となることがわかり衝撃うけています。
最寄りの電柱が設置されている家主さんは、補償の件について然るべき説明や一筆がないと了承できない、一方、電力会社は再交渉はしないと言っており困り果てています。
トランスを取り付ける電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば、問題は解決しそうな状況ですが、それぞれの責任が絡み誰も積極的に動いてくれそうにありません。
この状況でどの様な対応をすれば良いかのアドバイスをお願いいたします。

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合...続きを読む

Aベストアンサー

>最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと…

それは最初から分かっていたのですか。
屋根に太陽光を載せると決めたとき、予算に組んでいましたか。

もし、家ができあがっていざ送電となるまで知らなかったというのなら、それはあなたのミスです。
あなたのミスというか、太陽光設置業者が事前に電力会社と協議を済ませた上で、工事に取りかからないからです。

>電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば…

それはそのとおりですが、家主・地主さんが一筋縄ではいかない性格の人じゃないんですか。
電力会社や電話会社だって交渉するのは人間ですから、あまりにもうるさくごちゃごちゃ言う人には「もういいや」となりますよ。
あなたからも菓子折の一つでも持ってお願いに行ってみましょう。

万一電柱が傾いたりした場合の補償は、電力会社・電話会社によほどの工事ミスでもないかぎりありません。
想定を越える地震や台風などでの電柱折損は、補償の対象になりません。

Q工場の隣に住宅建設が

私の勤める工場の隣の空き地に住宅が建設されることになりました
隣の空き地は小山で、弊社の工場は小山より低い位置にあり、壁を作りました(長さ30M 高さ3M)

20年前 この土地に工場を建てました   現在この場所は工場などの商業施設を建てることはできなくなっています    
その隣に10件の新築が建ちます

そこで問題が発生しました

小山だった土地を削り 住宅を建てる→ 弊社が建てた、壁が山を崩す事で倒れる危険がある&
小山を整地すると壁が高すぎる為、壁を住宅販売会社の負担で撤去してほしいとの依頼がありました

〇 撤去費用は先方持ち
〇 新しく壁を建てたいのならば弊社負担
との提案です

問題は

1:壁を撤去すると 工場と新築住宅が同じ高さの場所に建ち、騒音、粉塵が問題となりかねない
  ちなみに 弊社の工場はかなりの音が出ます。  ほとんどの同業者は工場付近に住宅ができると
  騒音などのトラブルが起きています
  

2:住宅販売会社は販売が終われば、その後の事は処理してくれなさそうな気がします。
  住人対工場のトラブルが起きても、ノータッチになると思われる

3:壁きわに 、資材を積み上げていたので 壁がなくなるとそのスペースがなくなり  
  仕事に支障が出ます
  

対処として

1:壁を撤去し、防音壁を先方負担でしてもらう 

2:壁の撤去を拒む または壁を半分の高さまで下げる事をOKする

この条件以外のむ事はできません


上記の状態の場合
壁の撤去を拒む事はできるでしょうか?   昔ながらの付き合いのある
ご近所も関係してくるので、あまり我を通したくはありません
しかし、 将来的にトラブルの元になる火種は残したくありません


こうした案件は弁護士などに相談した方がいいのでしょうか?
壁を撤去する代わりに、弁護士を通し
弁護しに書類を作成してもらい、 新築の入居者に、「隣に工場があり、騒音、粉塵が出る可能性がある、この点了承するように」という言質をとることは可能でしょうか?


お詳しい方、経験者の方  ご意見お聞かせください
よろしくお願いいたします

私の勤める工場の隣の空き地に住宅が建設されることになりました
隣の空き地は小山で、弊社の工場は小山より低い位置にあり、壁を作りました(長さ30M 高さ3M)

20年前 この土地に工場を建てました   現在この場所は工場などの商業施設を建てることはできなくなっています    
その隣に10件の新築が建ちます

そこで問題が発生しました

小山だった土地を削り 住宅を建てる→ 弊社が建てた、壁が山を崩す事で倒れる危険がある&
小山を整地すると壁が高すぎる為、壁を住宅販売会社の負担で...続きを読む

Aベストアンサー

壁=擁壁の事だと思います。
擁壁には種類があり主なものは
重力式とL型です。共に設置に際しては
隣地にはみ出さないように設計施工されていると思います。
工作物に該当するので工作物確認申請をされていると思いますので図面を確認して下さい。
L型擁壁の場合は現在抑えている隣地の土が無くなっても倒れる心配は無いはずです。
重力式でも根入れが深ければ倒れる恐れは少ないのが普通です。
従って住宅販売会社の擁壁が倒れるとの意見は少々疑問があります。
不安であれば確認申請の際に依頼した建築士に確認して下さい。
※確認申請無し検査済証無しの擁壁ならば違反工作物なので対応が変わります。

騒音粉塵は必ず問題になるでしょうから弁護士立てて事前の
相談と対処を依頼することが必要だと思います。
但し質問内容からみて用途地域が変更になっているようですので
相談の結果が質問者さんの希望に沿うかは不明です。
又、今後は建物の増改築(確認申請が必要なもの)が認められない事態が
起きると思いますので将来を見通しての対応が望まれます。

Q欠陥住宅を購入したのではないか不安です。

ウイルテイクという会社が作った新築の戸建を先日購入し、住んで一週間になるのですが、家の作りが雑過ぎて買ったのを後悔しています。
施工ミスが多々あり、欠陥住宅なのではないかと不安です。
一応、検査済証はあるのですがどんな検査をしてるのでしょうか?

<施工ミスと思われる箇所>
・巾木がはがれている箇所が何箇所もある
・そもそも巾木がついていない部屋がある
・トイレを流すと配水管から水が漏れる
・換気扇をつけるとスイッチの隙間から外気らしき風が吹き込んでくる
・階段の木が割れている
・インターフォンの取り付けが甘くガタガタする

目につくだけでこれだけの不具合があるので構造面についても施工ミスや欠陥もたくさんあるのではないかと心配で不安な毎日を過ごしています。
検査で、建築基準法で定める最低基準の耐震等級1を満たしているか確認するのでしょうか?

Aベストアンサー

検査済証の発行における特定行政庁等の完了検査では、ご指摘のような部分は検査しません。


そもそも不具合があるのに引渡(支払い)に応じたの?

業者もおかしいけど…貴方もおかしいよ。


水漏れや換気扇は使ってみないと気が付かないと思いますが、他は見た目でわかるでしょう?


普通は施主検査の前に業者が自ら手直しをして、施主に見て貰うのが常識です。


構造上は、偽装が無い限り…検査済証があるので問題は無いと祈るだけでしょう。


ご心配なら、第三者機関に調査をお願いするべきだと思います。


手抜きか?施工ミスか?わかりませんが…そんな仕事しか出来ない業者に補修(手直し)して貰っても安心できないでしょう?


なら、弁護士に依頼して損害賠償請求をするべきだと思います。

手直しは信頼出来そうな別業者にして貰うべきです。

Q隣の境界について

宅地を売りたいのですが、境界の、ブロック塀をしないと売れません。境界のとなりの人は土地が売れるのを快く思っていないので、もし、境界のブロック塀を建てささない、と反対された場合、境界線より、自宅のほうへ、引っ込めて建てる事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

>もし、境界のブロック塀を建てさせない
⇒こんなことできません。
 あくまでも境界からこちらは自分の土地。
 自分の土地にブロックをつこうが、レンガ塀を立てようが隣の人がどうのこうの言う筋合いはありません。
 また、隣の人はなぜあなたが土地を売るのを快く思っていないのでしょう?なんか産廃業者などに売るの?

Qこの天井を見て、文句は、有りますか?

この天井を見て、文句は、有りますか?

Aベストアンサー

旧家で落ち着くね。NO文句。

Q建て替えの見積もりを依頼したところ、延べ床面積があまりにも違い困っています。

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建物はそのままにします。
土地A、土地Cは測量されています。土地Bは測量図がありません。
境界明示はされている様です。

土地AB、合計60㎡の上の古家を壊し、建替をするのですが

業者Aが出してきた間取図は敷地面積 77㎡、建築面積 44.6㎡、延床面積 90㎡と書かれていました。

業者Bが出してきた間取図は敷地面積 60㎡(登記と同じ)建築面積 36㎡、延床面積 70㎡と書かれていました。

業者Bは見積依頼時、2人で全面道路や境界部分を確認し、メジャーで測ってました。
全面道路は4m以上あり、セットバックなどは必要ありません。

どちらの業者も土地Bを測量しないと正確には分からないと言っていましたが、あまりに違いすぎます。
同じ土地なのに何故こんなに違うのでしょうか?

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建...続きを読む

Aベストアンサー

NO1さんへの補足についてですが
基準法上のやり方としてこの面積取りは?です、三敷地全てを合算し一敷地として
C建物への増築扱いとする方法はありますがそうすると敷地面積は146㎡です。

貴方の『知人』さんに言ってください。
はっきり言って敷地の実面積を知るのは地主にとっても有効な事です。
登記簿面積が狂っていれば登記の修正もあり得ます。
ですので先に測量を済ませるのも一手です。
建設会社に設計施工と測量までさせようとしないほうが良いと思います。
敷地の正確な形状、面積、高低差、道路付け、インフラ更に周囲状況まで知るのは設計の第一歩です。
ウチではこの情報が無い場合は設計とは別に測量を要求します。

先に土地情報があればこのような問題も発生しないと思いますがどうでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報