約束は絶体に守る‼  絶体に嘘はつかない‼  絶体に迷惑はかけない‼

絶体後悔させない‼  絶体に来るなどなど

絶体にを使う表現が多いですが、絶体などは1つしか存在してないですよね!

『絶体』なる言葉の本当に使えるのは、『絶体に死ぬ』という『絶体』だけですよね。

A 回答 (5件)

私は「絶対」は実際には1つも無いと思ってます。

「絶対死ぬ」も、一部の宗教は否定するでしょう。

でも、なぜ「絶対」という言葉があり、使いたがるのか、それは強調したいからですね。

「世界中で」、とか、「世界で一番の」とか、「最高」とか「最低」とかも同じで、その度合いは信用ならないものばかりです。

なので、「絶対」も、その使う人が、絶対と思ってるよ、っていう、表現なので、もし言葉を使う人がいたら、絶対なんて世の中に無いのに、そこまで強調するほどなんだなあ、と受けとめてあげて、「スゴイね」って返して、あげましょう。

客観視することで、何かに取り憑かれたかのように興奮していた相手の脳も、落ち着きを取り戻すかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/17 20:20

別に絶対に限りません、真理、正しい、本物、無限、・・・・・。


言葉はありますが、それにと言おうする現実はありません。
もちろん範囲を限定して、または何か1つを特定したうえでの比較では使う場合もあります。
    • good
    • 0

「絶体」は「絶体絶命」という熟語いがいではつかわないので


仮に死ぬにつながるとしても「絶対に死ぬ」が正しいのでは?
    • good
    • 1

まぁ、本当に使えるのは子供だけです。

    • good
    • 0

「絶対」というのは「それだけの強い覚悟」を表すだけです。


100%を表すわけではありません。

まあ、世の中が誤解しているのです。

『絶体に死ぬ』も状況によっては死にませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/17 20:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報