英語に限りませんが、
今時のネット上には、無料で利用できる英会話フレーズを載せているサイトや無料配信メルマガなどがたくさんあります。
こういう例文の信憑性というか、信頼度はどうやって判断したらいいのでしょうか?

英語が解っていれば、これはくだけた表現、これはかた苦しい、これはレア、など使い所を判断できますが、そもそも英語があまりできないから、教材として例文を探すわけです。

気になった例としては、
「want は子供っぽいで、大人が使うとバカっぽく聞こえる」と書いているサイトがあり、ええ!?と思ったことがあります。
ちょうど別の教材(本)に、I want to change my job. という例文があって、じゃこれは、「ああ、もう、お仕事変えたいヨォ~」みたいな感じに聞こえるのかな? と思いました。

でも、その後見た、NHKの英語番組で、大人が普通に「I want ~ 」を使う場面があるので、何を信じたらいいのか解らなくなりました。

また、「時間を聞く時、What time is it now? とは言いません。」と書いているサイトもありましたが、状況に応じて nowがついたり、つかなかったり、ということで、別に「間違った英語」ではないようです。

何を信じたらいいのか解らなくなってしまいます。

長年の歴史あるNHKの語学番組は一応信頼していいのでしょうか?
そして、ネット上の無料フレーズで、これまでの常識を覆すようなことを大々的に書いてあるのは、あまり鵜呑みにしない方がいいでしょうか?

A 回答 (1件)

まさしくおっしゃるように、英語に限らず「情報」というものは、あくまでも「なるほど、こういう情報があるのか」ととらえておくものであり、経験を積んでいくうちに、それが正しい情報であったのかとか、主観がかなり入っていたのか、といった感覚を身につけていくためのものに過ぎないと思います。



NHKは確かに、責任をもって公平かつ公正な情報を届ける必要があり、そのために製作に時間と労力を割いているので、匿名のブロガーが誰のチェックも受けずにクリックひとつで投稿できる内容に比べたら、客観性や信頼性が高まる可能性があると言えましょう。

とはいえ、結局は、人間が作っているものです。先日もNHKの語学番組でスタジオでのやりとりを見ていたら、「んん、先生が言わんとしていることはわかるけど、それは状況にもよるんじゃないかなあ」と言いたくなるようなことを話していました。国語辞典だって、そういうことはありますよね。新聞ならなおのことです。

一方で、ブロガーなどは広告料で稼ぎたいと思っている場合がありますので、できるだけセンセーショナルに書き立てて一人でも多くの閲覧者を惹きつけたいのかもしれません。そういう意味では「これまでの常識を覆すような」書き方をしていながら、実はそれがそこまで大した情報ではなかったりします。例えば「wantは子供っぽいからダメ=!」などと書いてあっても、実際には「こういう場面では、wantでも通じますが、好ましくありません」程度なのかもしれません。

いずれにしても、気になる情報があればやはり、実際にいろいろな人に投げかけてみたり、複数の情報をあたってみることですね。例えば、英語なら、実際に生身の英語圏人にダブルチェックしてみるとか。あと、急いでいて質問する相手がいない時にプロが使う方法としては、該当する表現を半角""で括ってインターネット検索することです。そうすると使用例がヒットしますので、中身を丁寧に見て、その表現の使われ方を確認できます。

ちなみに、「want」は単語自体が子供っぽいわけではありません。ただし、大人なら、職安や上司には「I want to change my job.」ではなく「I would like to change my job.」などと言うものです。例えば相手が職安のスタッフだとして「I want to change my job.」は「仕事、変えたいんですけど」で、「I would like to change my job.」は「仕事を変えたいと思っております」くらいな感じです。ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ネット上にはたくさんのフレーズがあふれていて便利な時代だとは思います。
でも玉石混淆の情報を見分ける方法がなくて、困惑しています。

>半角""で括ってインターネット検索する

そういう方法があるとは!
ネット時代ならではの方法ですね。
教えていただいて、とても嬉しいです。

I want と I would like to の場面による使い分けも、解りやすい例を挙げていただき、よくわかりました。

独学でなんとなく英会話のフレーズを見たりしていますが、海外の観光地では、単語の羅列と指さしでも事足りますので、活用の場はあまりありません。
それでも、あまり場違いな表現はしたくないな、と思っています。

とても参考になる回答をしていただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/06/19 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング