よくよく考えたら、なんで人類に宗教が必要なのでしょう?

A 回答 (10件)

>よくよく考えたら、なんで人類に宗教が必要なのでしょう?



自分の頭で考えない人が多いからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:16

人間は前頭葉が発達していますので、


色々考えることができます。

この世界はどうやって出来たのだろうか、
月や太陽は何なんだ、
そもそも俺はどうしてここに存在するのだ。
世の中は不思議だらけだ。

それに答えを与えたのが、宗教です。

神様が創ったんだ。

すると、支配者がこの神様を利用することを
考えます。

王様はどうして威張れるんだ。

神様が王様、という地位を与えたのだ。
神様じゃしょうが無い。
これを「王権神授説」といいます。

更に、神様を利用して儲けることを考える人が
出て来ました。

こうして神様ビジネスが盛んになり、世界中に
広がりました。




なんで人類に宗教が必要なのでしょう?
   ↑
1,人間に道徳を教えるのが宗教です。
 どうして人を殺してはいけないの?
 理論的に回答することはできません。
 ウイトゲンシュタインもそう説明しています。
 神様を持ってくれば簡単です。
 神様がそう決めたのだ。

2,宗教感情が無くなれば、遺体はただの生ゴミ
 です。
 そんな世界がどうなるか。

3,宗教を信じている人の寿命は長いことが
 知られています。 
 日本でも、最長寿職業は宗教家です。

4,死の苦痛恐怖を緩和してくれます。

5,最も重要なのは、人間を謙虚にすることです。
 人間は、食物連鎖の頂点に立っています。
 だから、人間より上の存在がないと傲慢になります。
 それは結局、人間の為にならないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:14

太古の昔より どんな文明にも宗教がありました


人間と動物の差は 宗教を持てるか否か なのです

何故か 人間の特徴
自我 存在 理性 等の課題を思索すると 即 宗教になるのです
信ずる行為は
①人間を強くするのからです 
②人間を善くするのからです 
③人間を賢くするのからです 

今のエセ宗教には当てはまらないかもしれません

信について参考
http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage13.htm

トルストイは人間は宗教なしでは生きられない理由を
第一に 宗教のみが善悪の決定を与えるからだ
第二に 宗教なしでは人間は自分のしていることが善いか悪いかを
     知ることが決してできないからである
第三に ただ宗教のみが利己主義をほろぼすからである
第四に 宗教のみが死の恐怖を打ち消すからである
第五に 宗教のみが人間に生の意義を与えるからである
第六に 宗教のみが人間の平等を樹立するからである
と言っています
キリスト教には当てはまらないかもしれませんが

歴史を学んで下さい
宗教は 文明の発展に 大きく貢献しました
特に仏教等 伝来と共に 文化が開かれる

参考
仏教 キリスト http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage31.htm

科学には 明らかに限界があります
アインシュタインをはじめ多くの科学者は 宗教を否定しません
科学の分からない人が宗教を否定します
宗教がなければ 科学により 人類は滅亡します(科学者の予測)
科学は宗教と融合しなくてはならない(科学者の意見)

特に最近の量子力学の登場により
宗教を感ずる科学者が多くなりました 


長くなるのでおわり

暇があったら ここ
法則 http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage17.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:14

人類と言う種としては、特に必要なものでは無いでしょう。


ただ、人間は、考えると言う能力を得てしまいました。
それが、あらゆる疑問を生み出したわけです。
古代では、それが、自然の仕組み、ひいては運命に何かの法則があるのではと言う疑問になったと言う事です。
古代においては、現代における科学と同じ立場を宗教が持っていたわけです。
自然と運命の仕組みを、人間が理解できる合理的説明を出来たのが、宗教のはじまりだったわけです。
預言(予言)、占術などは、宗教と密接な関係を持っています。
現代においては、多くの場合は科学が、予言を行う役目を担っています。(天気予報などは、まさにそうでしょう)
そういう意味では、現代では宗教は、その役割の多くを科学に渡したとは言えます。
ただし、科学で答える事の出来ない疑問は、宗教などで説明するしか方法は無いと言う事でしょう。
それは、わからないものだと断じてしまえば、宗教はその地位を失うでしょうが、まだ、そこまで人類は物分かりが良くないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:15

米国在住です。



アメリカでは必要です。キリスト教徒であることは、社会になじむためのパスポートのようなものです。町内会とほぼ同じ役割を果たしています。

日本では、あると邪魔、みたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:15

自分の子供を持てば、わかります。



男がいいとか、女がいいとか、男であれば頭のいい子、女であればかわいい子、なんて好き勝手なことを考えながら、出産日に。そして、出産まじかになると、男でも女でもどうでもいい、五体満足な赤ちゃんが生まれてくれればと。そこで通常は当たり前なんですが、手足の指が5本ある、元気な鳴き声も上げてくれた、そして、元気な正常な赤ちゃんっですと、確認の言葉で、うれしくてありがとう、って言葉が沸き上がってきます。このありがとう、って言う相手は、まわりの人間様であれば物足りん、そうや、神様に向かってと。

そこで、落ち着いたところで、儀式的にも感謝の気持ちを伝え、元気にすくすくよ育ちますようにと、お宮参り。

これが、生まれた人間のまず最初の宗教儀式。

次は、女は3歳、男は5歳過ぎれば、生き残れるで、七・五・三参り。七歳はお参りするのを忘れた子供用です。

それから、結婚式、最後は、葬式と。これらの儀式を行うのが宗教です。宗教なければ、神に対して感謝する方法がわからず、まごつくことに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:15

人間は何時も良い時ばかりではありません。

寧ろ、辛かったり、苦しかったり、例えば身内の死、或いは自分の身の病とか、そんな時何かの支えを求めたくなります。そんな時に心の支えと成るのが宗教だと思います。もちろんそれだけではなく、日常でもどう生きていたら良いのか道を教えてくれるのも宗教だと思います。自分はそういったものはいっさい必用無いと思う人は無宗教でも良いと思います。無宗教で困るのはお葬式とお墓だと思います。それもきちんとしているので在れば無宗教も有りだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:16

良くないことを全て神様のせいにすれば誰も傷つかないから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:16

人の心は弱いからです。


別に神様仏様じゃなくてもいいんです。
彼氏や彼女、ご両親でもいいし、好きなミュージシャンや一生をささげられる趣味でもいい。

そういうのがないと生きていけない人が多いんです。
特に化学が発展する前の衛生的に不安な時代も長かったせいもあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:16

信じるものが欲しいからでしょ。




あるいは、僕らが知らないだけで、
別の意味があるのかもしれません。

一般人には理解できないもの(現状の科学では理解できないもの)なのかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 07:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このカテゴリの人気Q&Aランキング