【猫好き必見】ゆるゆる、ふにふに猫映画6選

お世話になります。
民事裁判で損害賠償請求を起こしました。
被告弁護士から準備書面が届きました。

あたかも被害報告に提出した写真データの改ざんと言い出しました。損害賠償について訴訟を取り下げる場合の方法と私が支払うべき金額の概算が知りたいです。着手金と収入印紙は支払い済みです。また東電の電線が敷地内を無断で通過しているものを排除はしたいと思います。今回か別の訴訟で排除できますか?

宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

シキュウさんが原告でしょう。


それならば、シキュウさんが被告の同意を得て取り下げればいいです。
それまでの費用は一切シキュウさん負担です。
電線の排除は別訴で勝訴判決を得て強制執行します。
勝訴か否かは、事実関係がわからないので回答不可です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

前訴原告当方夫、被告隣夫だったが、今訴逆訴訟の損害賠償とした場合被告当方夫、家にいる時間が長いのだけで当方も提訴された場合。
訴えの内容は判例上提起者が当該訴訟において主張した権利又は法律関係が事実的法的根拠をかくものである上、容易にその事を知り得たのにあえて提起したなど相当性を欠く場合に限り相手方に対する違法な行為となる最高裁第3小法廷昭和63年1月28日判決資料1です。
すでに裁判からは前訴において敗訴判決を受けた事では無いと判決されております。
当方無実が「裁判所で明らかになった場合は今訴原告夫妻に対して対抗できる罪罰があるのか?

お礼日時:2018/07/09 15:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング