アクアリウム初心者です。

先日、アカヒレとゴールデンアカヒレが1匹ずつ亡くなってしまいました。この悲しみを繰り返さない為にも早急に、知識の取得、環境の整備を進めて行きたいと思っております。
詳しいかた、亡くなってしまった原因、これからどうすべきかご教授頂ければ幸いです。
必要なお金に糸目はつけませんが、出来るだけランニングコストは抑えたいと思っております。


土曜日、40センチ水槽に大磯6キロとアナカリス3束(重り外してます)、穴空き洞窟を水洗いし投入。麦飯石とバクテリア入りのボール(水に浮くやつ)を投入。水槽の水はカルキ抜き済みです。アナカリス長すぎかと思い、上部を少しカット。

日曜日、水草その前にの存在を知り、買いに走るも売ってなく、アナカリスを抜き40℃程度のお湯でサッと洗い、まだ長すぎかと思い下半分程カット。1/3水換え。

火曜日、水合わせしアカヒレ、ゴールデンアカヒレ4匹ずつ投入。この時点ですでにアカヒレ1匹はずっと水面に居て元気無し。1/3水換え。

水曜日、アカヒレ1匹死亡。餌やり一回。1/3水換え。

木曜日、夜出勤で帰宅は土曜日になる為、カーテン少し空けて出勤。餌やり一回。1/3水換え。

土曜日、帰宅するとゴールデンアカヒレ1匹死亡。アナカリス3本程が水面に浮いてる。残りの3匹ずつは元気に動き回ってます。1/3水換え。


すみませんが、ご教授よろしくお願い致します。

※仕事の関係上、三日に一回は家に居てません。タイマーと照明の購入を検討中ですが、留守中の落下等による火事を心配しております。何か良い方法はないでしょうか。
※写真は日曜日の夜の時のです。(アナカリス下部をカットする前)

「アカヒレの飼育について」の質問画像

A 回答 (2件)

魚づくりは水づくり。


単純に水ができていないのに魚を入れたから、砂利や麦飯石の中和で水質が変化し続ける水槽内の刺激で、移動で弱っていた魚から死んだのです。
魚にとって、水は空気に相当しますから、
人間が新居に引っ越すのに、壁紙貼りたてやコンクリ養生が済んでいない部屋に越して、ハウスダストでアレルギーになって、体力のない幼児や老人から病気になるようなものです。

普通、水槽の立ち上げは1週間から1ヶ月前に行います。
砂利内の硝化バクテリアの繁殖と、石から溶け出すミネラル硬度やPhの安定が目的なので、
フィルターをガンガン回して、水質調整剤などで早めることは可能。人間で言えば空気清浄機と消臭剤でカバーする。
なもので、安定化を待っている環境で、水換えしちゃ逆効果です。
そういうアクアリウムの基礎から勉強しないと、自分の思い込みでは魚の長期飼育はいつまでもできません。飼う前にネットで魚の飼い方くらいは読まないと。
http://www.aquanemyu.com/nettaigyo008.htm

で、元来アカヒレは、観賞魚の中でトップクラスに環境変化や水質に強い魚です。
なので、一晩で死んでしまうような個体は、なにをやっても死んでしまう個体。金魚すくいで持ち帰った金魚ってすでに弱っているので、大抵数日で死んでしまいますよね?そんな体調の魚の回復はプロでも運任せになります。
アカヒレなんて丈夫過ぎる上、値段が安いので、ペットショップでも管理が雑なのです。だからこそ店頭での元気な個体選びが重要。
生物を飼う以上必ずいつか死ぬ訳で、何十匹も寿命の違う魚を同時に飼うアクアリウムでは、飼い始めの一定数の死亡は覚悟しなきゃいけません。できるだけ殺さないように延命するのが生物を飼うということ。

あと、アカヒレはヒーター無加温で飼える魚ですが、
近年の日本の夏は35度以上にまで達しますので、30度を超えると魚は、熱と溶存酸素の低下で煮え死にはじめます。
冷水や氷を入れたりするのは、水温の急変で風邪ひいて死んでしまいますので、
日中など水温が高くなりすぎていないか水温計でのチェックや冷却ファンなどの導入を考える必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
早速、フィルター、水質調整剤、冷却ファンを買いに走りたいと思います。
もっと勉強致します。ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/18 11:44

メダカ、アカヒレは強い個体であり、パッチテストと呼ばれる適合試験に用いる個体であり、逆に弱い個体でパッチテストに用いる個体がエビ、カニである。



 私の前の方が書かれている内容と重複するが、水合わせが短過ぎるし、水作りは直ぐにはできない。私は他にも金魚、川魚を飼育しており、メダカ、アカヒレの飼育の水を種水にしている。この様な環境でない限り、100時間以内での投入はできないし、するべきではない。カルキ抜きは重金属が含有する物を減少させるだけであるから完全な除去ではないし、それらは僅かであるが残る。水替えは個体を入れてから毎日交換すべきではないし、どんぶり金魚と同じ考え片ではできない。

 水草も傷害のある生物を撲滅する意味で数日は薬浴等をしないと除去はできないし、簡易のやり方で微温湯等で済む事はない。厳しい言い方かもしれないが、勉強しないで飼育をする事は拷問であり、例え丈夫な個体であっても直ぐに玉砕する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
毎日の水換えを中止し、フィルター等を購入したいと思います。
もっと勉強致します。ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/18 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアカヒレが次々死んでいきます。何故でしょうか。

アカヒレ、ゴールデンアカヒレ、白メダカ、ビーシュリンプを飼っていますが、アカヒレが次々に死んでいきます。

3年前からアカヒレを3匹小さい金魚鉢で飼っており、2週間前に、別の水槽で2年ほど飼っていたベタが死んだので、そのベタのいた水槽を洗って、水を丸取り替えし、水草と砂利を足してアカヒレを移動させました。(濾過器のフィルタは洗ってません )
その1週間後に、アカヒレをもう3匹、ゴールデンアカヒレを3匹、白メダカを2匹、ビーシュリンプを2匹、ホームセンターのペットコーナーで買ってきて入れました。
アカヒレに関しては、これまでもかなりアバウトにやっても大丈夫だったのでそこまで慎重ではありませんでしたが、メダカとシュリンプは割と慎重に水合わせをしたつもりです。
この時点で、新しく買ったアカヒレ2匹が尾ひれの色も薄く、かなり大きく、動きも緩慢で弱っている様に見えましたので、心配していましたが入れた数時間後、翌日に2匹とも死にました。
1日あけて、入れて3日後に白メダカが死にました。
ここからは残ったアカヒレ達は元気にしていましたが、元からいたアカヒレを異動させて2週間、新しく他のを買って入れて1週間目で、元いた、3年目のアカヒレ2匹が同時に死にました。
古参のアカヒレは残り1匹ですが、これも少し弱って見える為、隔離して塩浴させています。

いま水槽にいるのは、アカヒレ1匹、ゴールデンアカヒレ3匹、ビーシュリンプ2匹ですが、アカヒレが次々何匹も死んだ死因は何でしょうか?
病気であるなら、残りも塩浴をさせた方がいいでしょうか?
水質の変化によるショック死でしょうか?

推測で構いませんので、アドバイスをお願いします。

アカヒレ、ゴールデンアカヒレ、白メダカ、ビーシュリンプを飼っていますが、アカヒレが次々に死んでいきます。

3年前からアカヒレを3匹小さい金魚鉢で飼っており、2週間前に、別の水槽で2年ほど飼っていたベタが死んだので、そのベタのいた水槽を洗って、水を丸取り替えし、水草と砂利を足してアカヒレを移動させました。(濾過器のフィルタは洗ってません )
その1週間後に、アカヒレをもう3匹、ゴールデンアカヒレを3匹、白メダカを2匹、ビーシュリンプを2匹、ホームセンターのペットコーナーで買ってきて入れま...続きを読む

Aベストアンサー

追の質問に対して説明を兼ねて回答をします。

 アカヒレは私の住む中部、東海の10県(日本海側:福井、石川、富山、新潟、内陸側:長野、山梨、岐阜、太平洋側:愛知、三重、静岡)では飼育が楽な個体ですし、コイ科の中でも飼育は悪条件であっても育ちますが、今年の様な気候では水替えを1週間に最低でも1回、補水は2日に1回のペースで飼育をしないとヘタレを起こします。この場合は水の約4割を放棄し、汲み置きの水を入れます。補水(水を数日間溜置きした物)は温度を確認して行い、外での飼育の場合は浮かぶ水温計を入れ置き、浄水器での処置ができる家庭であれば冷却をさせて保存した水の転用も可能です。

 ゴールデン、シルバーの個体は暑さに比較的強いので夏に限定すれば屋外でも可能ですが、基本種は太平洋側だと年間を通じて屋外の飼育はできます。屋外での飼育は日本海側は補欠合格の条件が付きますが可能ですし、内陸側の場合は赤点に近い成績になりますが飼育はできます。

 メダカに関しては青水での場合は育ちが好くなりますがリスクがあり、餌の際に個体の観察をして疾病、疾患が見受けられない場合は問題がありません。これがある場合はリセットをし、水の交換のリカバリーをすると蔓延する要因になり、玉砕する事になります。これはアカヒレでも同様ですから管理を怠る事がなければ死にませんし、我が家のアカヒレは6年以上(平均は5年)の個体が何匹もいますので応用はできます。

追の質問に対して説明を兼ねて回答をします。

 アカヒレは私の住む中部、東海の10県(日本海側:福井、石川、富山、新潟、内陸側:長野、山梨、岐阜、太平洋側:愛知、三重、静岡)では飼育が楽な個体ですし、コイ科の中でも飼育は悪条件であっても育ちますが、今年の様な気候では水替えを1週間に最低でも1回、補水は2日に1回のペースで飼育をしないとヘタレを起こします。この場合は水の約4割を放棄し、汲み置きの水を入れます。補水(水を数日間溜置きした物)は温度を確認して行い、外での飼育の場合は浮かぶ...続きを読む

Q金魚ことについて

金魚の飼い方とゆうサイトで3日ほどこのまま温度変化の少ない場所に置いておきます。
この間、エサは与えないでください。ってなんで3日も餌をあげてはいけないんですか?

Aベストアンサー

購入直後の個体は病気をもっている可能性があるからしばらく休ませて(時には薬浴・塩水浴をして)、この時にはエサを与えないといっているのではないですか? それはより良い効果を得るためです。

Q2週間程前にアクアリウムを始めた初心者です。 道具を揃えて、販売店の人に1週間回してから生体を入れて

2週間程前にアクアリウムを始めた初心者です。
道具を揃えて、販売店の人に1週間回してから生体を入れて下さいと言われて、1週間後に生体を入れました。

入っている魚は
・ネオンテトラ
・モーリー
・グッピー
・コリドラス
・オトシンクルス
水草が3種類です。

生体を入れて、3日後からネオンテトラがネオン病になり、その後モーリー、グッピーが死んでいきました。
販売店の人に相談すると、グリーンFゴールドを水槽に入れて様子を見てみてと言われたのでやってみたのですが、現在でまたネオンテトラ1匹とグッピー2匹が死にました。

水質が安定していないのでしょうか?
何が原因なのか、よくわかりません。

安定させるためにはどうしたらいいでしょうか?
これ以上、死魚を出さないためにはどうしたらいいでしょうか?

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

病死した原因は水質の問題ではなく、購入した中に病原体をもった生体(個体)が入っていて他(弱い個体)に感染したことが原因です。
とりあえずは薬浴を続ける以外ないでしょう。
水質の問題は薬浴が終了したら改めて濾過が正常にできるように立ち上げ直しましょう。

Qアクアリウム

アクアリウムを作って魚を飼いたいと思ってるのですが、アクアリウムで飼える魚ってどんなのがいますか?
アカヒレとかですかね?
教えてください‼︎

Aベストアンサー

アクアは基本は小型の熱帯魚(テトラ類)、温帯魚(アカヒレ等)ですが、水槽の大きさでは川魚等も可能です。小型のアクアの場合はテトラの類であるネオン、カージナル等が代表ですが、標準水槽では川魚、メダカ、アカヒレ等も可能です。
 
 川魚の例ではタナゴ、モロコ等は中層、メダカ、アカヒレ等は上層、ドジョウ等は下層と異なる生物を入れ、自然を再現する方法であり、これ等にエビ、貝類(シジミ、タニシ等)を入れると完成します。陸を設けるアクアテラリウムはカニ等の飼育も可能ですが、こちらは150㎝以上の水槽になります。

 野外でのアクアの場合は水生昆虫等も絡みますので弱肉強食が基本となり、入れる生物も異なります。この場合は金魚、錦鯉も対象になりますし、湖沼、河川等の再現となり、楽しみ方も異なります。

Qシラサエビに紛れ込んできた小魚の名前は。

シラサエビに小魚(幼魚?)が混じっていたのですが、種類が分かる方いらっしゃらないでしょうか!
わかりにくいですが、画像を添付致しました
ずんぐり丸い体型にシマのような模様、お腹にある赤と青のヒレが特徴です!


またこの小魚を飼育が可能なら飼育方法も教えて頂きたいです

よろしくお願いします(*・ω・)*_ _)

Aベストアンサー

釣り餌として購入した場合はシラサは淡水のエビですので河口付近まで住む個体に限定され、汽水までが限界となりますのでハゼの仲間だと思います。

 ハゼの仲間は汽水の個体が多く、どこで採取したかで異なり、棲むポジションで飼育は異なり、ゴマハゼですと汽水、ヨシノボリでしたら淡水、ムツゴロウならば海水が棲家です。

 シラサの飼育に関しては中国産であればキタヌマエビを指しますし、この場合ですと大陸産の個体で飼育に関しては国産のミナミヌマエビと同じ飼育で構いません。

 最初にエビの飼育ですが、水槽は最低でも25㎝は必要であり、濾過は外掛式で濾材は塵取りではなく、バクテリアの繁殖用ですので魚類とは内容が異なります。床材は大磯砂の中粒が好ましく、モ、コケがあるとエビ、カニは喜びますし、清掃用のネットかスポイドがあれば飼育はできます。

 ハゼの飼育内容はエビ、カニと同じで構いませんが、ゴマハゼはエビの大きさと同じであり、飼育は一緒にできますが、ヨシノボリの場合はエビ、カニの天敵ですので飼育はできません。

Qアカヒレ(コッピー)の飼育ついて教えてください。

こないだコッピー(アカヒレ)2匹を花屋で買いました。
http://www1.securehost.jp/coppie.shoppings.jp/shop.php?category_id=4&item01_id=14
↑このページの チビ角・2匹入(横5.5cm 高さ8cm 180cc)というものの付属品無しのだと思います。

今回質問したいのは、

(1)大きな瓶を買ってきて引越しをしようと思っているのですが、
 引越し方法・注意点を教えてください。

(2)今入ってる底砂が小さい底砂で掃除がしにくそうなので、
 http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=18&catId=6070000000&itemId=15271
 ↑このくらいの大きさのを買おうと思っています。
 アカヒレにはどのようなタイプ(種類)の底砂がいいのでしょうか?
 水をきれいにする?ゼオライトでも大丈夫なのでしょうか?

(3)瓶を大きくするにあたって水草を買って来てたそうと思います。
 もともと入ってるのはウィローモスだと思うのですが、入れる際はそのままでいいのでしょうか?
 野菜みたいに軽く洗った方がいいですか?

(4)餌は浮上性のパウダー状のメダカか、金魚か、グッピーの餌で大丈夫でしょうか?

(5)ちょっとした疑問なのですが 、
 スーパーやコンビニで売っている2Lの水(軟水)でもいいのでしょうか?

回答、よろしくお願いします。

こないだコッピー(アカヒレ)2匹を花屋で買いました。
http://www1.securehost.jp/coppie.shoppings.jp/shop.php?category_id=4&item01_id=14
↑このページの チビ角・2匹入(横5.5cm 高さ8cm 180cc)というものの付属品無しのだと思います。

今回質問したいのは、

(1)大きな瓶を買ってきて引越しをしようと思っているのですが、
 引越し方法・注意点を教えてください。

(2)今入ってる底砂が小さい底砂で掃除がしにくそうなので、
 http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=18&catId=60700...続きを読む

Aベストアンサー

> (1)大きな瓶を買ってきて引越しをしようと思っているのですが、
>  引越し方法・注意点を教えてください。

・受け入れ側水槽の準備。
1・軽く水洗いした底砂を敷く。
2・水草やアクセサリを投入。
3・水道水を水槽に張り48時間以上放置するか、または、塩素抜きした水を張る。

・水合わせ作業
4・コッピーの入った瓶の水を1/4ほど水槽へ入れる。
5・代わりに水槽の水を1/4ほど瓶に入れる。
6・15分ほど放置(水慣らし)
7・手順4~手順6を4回以上繰り返し。

・引っ越し
8・瓶の中のアカヒレを本水槽へリリース。
9・おわり。

・小瓶の中に入っている底砂や飼育水には濾過バクテリアが繁殖しています。
コッピーに限り、底砂や飼育水も、新水槽へ移した方が良い。(熱帯魚飼育の場合は、極力、水は本水槽へ入れない)
濾過バクテリアが円滑に底砂に繁殖出来るか、否か、が飼育の鍵です。

> (2)今入ってる底砂が小さい底砂で掃除がしにくそうなので、
>  http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …
>  ↑このくらいの大きさのを買おうと思っています。
>  アカヒレにはどのようなタイプ(種類)の底砂がいいのでしょうか?
>  水をきれいにする?ゼオライトでも大丈夫なのでしょうか?

・アカヒレは弱酸性~弱アルカリ性まで、広い環境適応性があります。
従って、どんな底砂でも構いません。
ただし、残り餌や排泄物が腐敗することにより水槽内では猛毒のアンモニアが発生します。
アンモニアは、酸性よりもアルカリ性の方が毒性が強くなります。
従って、飼育水は弱酸性~中性で維持した方が、魚にとって安全ですし管理が楽になります。
ゼオライトは飼育水をアルカリ性に引っ張る物質ですから、水槽へ入れる場合は「少なめ」が良いでしょう。

アカヒレ飼育にオススメの底砂は大磯砂です。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=18&catId=6070000000&itemId=18471

> (3)瓶を大きくするにあたって水草を買って来てたそうと思います。
>  もともと入ってるのはウィローモスだと思うのですが、入れる際はそのままでいいのでしょうか?
>  野菜みたいに軽く洗った方がいいですか?

・水道水の流水で水洗いし、不快生物(ヒル、プラナリア、ミズミミズ、スネール)の進入を出来るだけ阻止した方が良いでしょう。
なお、室内照明だけで育つ水草は少なく「アヌビアスナナ、ミクロソリウム、ウイローモス」などに限られます。
これらの水草は、水道水で濯いでも枯れることはありません。

> (4)餌は浮上性のパウダー状のメダカか、金魚か、グッピーの餌で大丈夫でしょうか?

・大丈夫です。
餌の量は、一日あたり米粒1~2個分で充分です。

> (5)ちょっとした疑問なのですが 、
>  スーパーやコンビニで売っている2Lの水(軟水)でもいいのでしょうか?

・水道水で充分です。
水道水は、開放容器に汲み置きすれば夏場24時間、冬場48時間で魚が安全に暮らせるレベルまで、塩素は自然抜気します。
市販の塩素抜き剤を使用すれば、瞬間で塩素除去が可能です。

> (1)大きな瓶を買ってきて引越しをしようと思っているのですが、
>  引越し方法・注意点を教えてください。

・受け入れ側水槽の準備。
1・軽く水洗いした底砂を敷く。
2・水草やアクセサリを投入。
3・水道水を水槽に張り48時間以上放置するか、または、塩素抜きした水を張る。

・水合わせ作業
4・コッピーの入った瓶の水を1/4ほど水槽へ入れる。
5・代わりに水槽の水を1/4ほど瓶に入れる。
6・15分ほど放置(水慣らし)
7・手順4~手順6を4回以上繰り返し。

・引っ越し
8・瓶の中のア...続きを読む

Q文鳥の危険物について

現在文鳥のヒナを飼育しているのですが
ふと思い立って文鳥にとって危険なものを調べてみました。

芳香剤、テフロン加工製品、新品の家具の匂いなど
調べたらきりがなさそうな危険物。
文鳥飼育経験のある方、皆さんどんな配慮をされていますか?

Aベストアンサー

チョコはダメ、と書いてありました
・放鳥中は窓を開けない
 網戸にするなら放鳥前で
・バルサンは焚かない

あと、我が家のヒヤリ経験を言いますと

・家族が電子レンジとオーブンの使用を間違えて煙が出た時、いち早く
 小屋ごと1番遠い部屋に連れていく間に家族が家の換気をした
・放鳥中は姿が見える範囲で
 うっかり他の部屋を開けていると、文鳥は小さいので他の部屋の隙間
 や物の間に隠れてしまうと捜すのが大変
 我が家は呼んでも鳴いてくれなかったので、衝突事故!??と不安に
 なりながら必死で捜し回りました(無事救出)

文鳥はかわいいですね(*^-^*)
子育て、頑張って下さいね

Q最近メダカを飼いました。懐いてきたのかな?近寄ると、寄って来て、可愛くなって!餌あげちゃいます。1日

最近メダカを飼いました。懐いてきたのかな?近寄ると、寄って来て、可愛くなって!餌あげちゃいます。1日何回あげればいいですか?

Aベストアンサー

一日2~3回(朝~昼~午後3時頃)が標準です。
5分(~10分)ぐらいで食べきる量を与え、食べ残したエサが底にあればスポイドで吸い取ります。
食べる量は、日照(照明)時間と水温で変わります。
<注意すること>
食べ残しで水質を汚染しないこと。

Q鷲などの猛禽類について

大きな鳥だとウサギを捕食したりすると思いますが、骨は食べるのでしょうか?
頭の骨って大きいかと思うのですがどうなのでしょう?

Aベストアンサー

日本にいる猛禽類の糞を分解すると小骨なんかが出てきますが、
頭蓋骨や大きい骨は食べずに残しているようです。

Qドイツと日本は、どちらが生体販売のペットショップが多いですか。

ドイツの生体販売ペットショップの数に関する資料(ドイツの文献で、商業統計や業界団体の統計など信頼性が高いもの)を求めています。
日本では、総務省統計では、生体販売を行う小売業者(ペットショップ)は3,800店ほどあります。
その数と比較して多いでしょうか少ないでしょうか。
具体的な数を教えてください。

Aベストアンサー

ウィキペディアなので確実に正確かどうかまではわかりませんが、
https://de.wikipedia.org/wiki/Zoofachgesch%C3%A4ft
(ドイツ版ウィキ)こちらによるとドイツのペットショップの数は4100となっています。
数で言えば、日本より多いという話はほかでも時々見聞きしますね。

Zentralverband Zoologischer Fachbetriebe Deutschlands e.V. (ZZF)に所属しているペットショップが多く、
その場合は犬は販売せずに猫は純血種のみとか、(私が見聞きした時点でですが)
いろいろな条件があって日本のペットショップとはまた違う感じなのかも。
しかし、ZZFに所属してない世界でも有数の大きな店舗では、ワニなどのエキゾチックアニマルをはじめ
犬猫なども売られているという話も聞きました。
ほかにも、小規模のところも含め、電話帳(イエローページhttp://www.gelbeseiten.de )で
調べると、犬猫の生体販売を行うところは意外と多いとも聞いています。

あと、個人が避妊去勢をせずに産ませた子猫を有料で販売したりという
話は(いつの時期、時代なのかはわからないので、今現在それがされているかまではわかりません)
イギリス、ドイツなどヨーロッパに在住のひとから聞いたことはあります。
それは雑種がメインだったかも(たまたまその人達が購入したのが雑種だったので、
雑種がメインとおっしゃったのかもしれませんが)。お小遣い稼ぎをしている個人もいるということなのでしょうか。
少なくとも、現時点で在住しているかたの近所で避妊去勢をせずにフリーで
(ヨーロッパでは外に出入り自由なほうがメインなようなので。)
出入りさせては発情を繰り返して出産もさせているひとや、
子猫を産ませては販売をしているというご近所がいるという話は聞いています。
(それが法律的にオッケーかどうかまでは不明)
ブリーダーではなく、ショップでもないけれど販売をしているという数をカウントするのは
無理なほど多い可能性もあるのかも...。

ウィキペディアなので確実に正確かどうかまではわかりませんが、
https://de.wikipedia.org/wiki/Zoofachgesch%C3%A4ft
(ドイツ版ウィキ)こちらによるとドイツのペットショップの数は4100となっています。
数で言えば、日本より多いという話はほかでも時々見聞きしますね。

Zentralverband Zoologischer Fachbetriebe Deutschlands e.V. (ZZF)に所属しているペットショップが多く、
その場合は犬は販売せずに猫は純血種のみとか、(私が見聞きした時点でですが)
いろいろな条件があって日本のペットショップと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報