人生に正解はないのだが、宗教には正解が用意されている。何でも答えを欲しがる人間にとって、既に人生に答えがある宗教は安心を与える癒しの存在なのである。宗教とは、自分の人生を考えることを放棄した人たちの溜まり場なのかも知れない。この世の苦しみや心配事から少しでも逃れるために宗教は存在している。

自分の人生の意味を知るために、既存意味から意味を見出すとか皮肉なことである。

人生の意味が用意されている宗教から、自分の人生の意味を得ようとするとか皮肉なことである。

A 回答 (2件)

そうですね。

答えが示され、理屈が通っていれば、それがすべてだと考えてしまうのでしょう。

そして世の中の理にピンと気づく人が居て為政者となり、それを考えるのを放棄した人々に理解させるのが難しいから、宗教を利用してきたのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 16:28

皮肉ととるのか救いととるのか…ではないでしょうか?



「既存の意味」と、全く同じ状況の苦難があるわけではなく、自分が救われるよう噛み砕いて解釈する必要がありますし。

人生の正解はありませんが、自分らしく生きる必要はあると思います。
自分らしく生きる事を模索するのに、宗教や哲学を学ぶのは有効だと感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 16:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報