慶安3年に中国の書に日本の僧は髪を剃り落とし、入れ墨を入れていると記されていましたが、昔の日本の僧はどこにどういう入れ墨を入れていたんですか?

A 回答 (1件)

一度人を殺めて罪人となり、罪人の証として二の腕に黒い線の刺青を入れられた者が、後に出家して髪を剃り僧になったのであれば成り立ちます。

例えば豪商ならば罪を犯しながらも私財一切を仏教に喜捨することで功徳を積んだと見なされて、僧侶になれたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 16:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング