吹奏楽部の者です

ハーモニーについての質問です。
①例えば『ドミソ』の和音ならドは根音(1音)で、ミは3度で低め、ソは5度で高めですよね?

では7度や4度のピッチはどうしたらいいですか?


②曲中のハーモニーを確認してるときに、例えば『ドミソ』の次に『ドファラ』が来たとします。
そうすると部員は『CdurのつぎはFdurだね』といいます。これが意味がわかりません。

根音は両方ともドではないのですか?
ファを根音として考えるというのが理解できません。


③あと、例えば『ドミソ』のつぎに『シファソ』がでたらどういうピッチにしたらいいのですか?

勝手な仮定をしてみたら、『シレファソ』と考えて『シレソ』の和音+ファ(4度)となったのですが、おかしいですよね?笑






ピアノをかれこれ12年習っててカデンツやらドッペルドミナントなど習ってますが、なんだか吹奏楽は別物のように思えます。というか、ピアノと吹奏楽の和音は別物ですか?(平均律じゃないという違いから怪しい)


わけのわからない文章ですがこの謎を解きたいです誰か助けてくださいm(__)m

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (5件)

わぁ〜〜吹奏楽は、難しいですね


わたしもクラリネットをやっていましたが クラリネットは、ドと吹くとシ♭ですよね
解答になっているか どうかわかりませんが 面白いのは、真ん中の音です 長3度にすると 長調で 短3度を吹くと短調になりますよね
だから わたしは、セカンドが好きでした
ファースト セカンド サード ってありますよねぇ??
だったと 古い話しなので あしからず
    • good
    • 0

私の偏見かもしれませんが、とくに吹奏学部ってところには、馬鹿の一つ覚えみたいに、


「純正律の和音(うなりがない和音)」=「綺麗な和音」みたいに思っている人がたくさんいる気がするので、あえて書きますが、
純正律を勉強することは良いと思いますが、ちゃんと意味を考えて、使うべきところで使ってくださいね。

#2に書きましたが、単一の和音「だけ」に注目するなら純正律にするときれいに聞こえる(うなりが消える)のは事実ですが、
曲中では和音は単一ではなくて、和音やメロディーが進行していくことでできているんで。

実際のところ、バロック時代の曲を専門に演奏する楽団とかなら別でしょうが、
現在の普通の吹奏楽団で演奏されるような曲の中にでてくる和音で、純正律でとったほうが良い(きれいに聞える)和音、なんてものはほとんどありません。
平均律でちゃんとピッチをあわせるほうが、純正律もどきの変なピッチで吹くよりも100倍きれいに聞えると思いますよ。
    • good
    • 0

ちょっと難しいのですが、そこまで「理論」にこだわるなら、ハーモニー(和声)が美しく響く「純正率」を勉強してみてください。


ピアノなどの「あらかじめ調律された楽器」は、転調などを想定して「すべての調に対応する」ために「平均律」でチューニングされていますが、美しい和声のためには「純正率」というものが必要なのです。

「平均律」は「物理学的に均一にチューニング」、「純正率」は「ハーモニーを耳で聞いてチューニング」ということなのです。両者は一致しません。
ただし、大事なのは、あくまで「耳で聞いてわかる?」ということです。

平均律
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9D%87 …
http://stby.jp/heikinritu.html

純正率
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E6%AD%A3 …

平均律と純正率
http://makeo-blog.net/chord/onritsu1/

ついでに、「周波数測定器」のない時代に、耳でチューニングしていた「古典調律」についても、参考サイトを紹介しておきます。歴史的に、調律(各音のチューニング)がどのように行われてきたか、古代ギリシャのピタゴラスまでさかのぼってのお話です。

古典調律
http://gthmhk.webcrow.jp/agordo.html
http://music.geocities.jp/ashizuka_sensei/ktn-ch …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざサイトまで貼っていただいてありがたいです
どのように調べればいいかわからなかったのでこのサイトをみてまず学んでみますね
ありがとうございます

お礼日時:2017/06/21 22:07

>① 例えば『ドミソ』の和音ならドは根音(1音)で、ミは3度で低め、ソは5度で高めですよね?


「ドミソ」という単一の和音だけに注目して、それををきれいに響かせたい(うなりを消したい)というのことを目的にするならば、そうです。

ただ、「和音単体がきれいに響く(うなりが消える)こと」と、「きれいなハーモニー」は、必ずしもイコールではないです。
曲の中で出てきた和音で、どういう音程で吹けばいちばんよいかは、時と場合によります。
曲というのは、1個の和音だけでできているわけではなくて、和音やメロディーが進行していくことでできているわけで、
うなりを残しても平均律でとったほうが、きれいに聞こえることはよくあります。

また、単一の和音のみに注目した場合でも、あまりに完璧にピッチがあって完全にうなりが消えてしまうと、音の厚みが失われてしまって綺麗に聞こえない、という場合もあります。
(大人数のバンドで、そこまで完璧にピッチを合わせることは不可能でしょうから、現実的には、そんな心配は無用でしょうけど)

② ドミソの次のドファラは、多くの場合は根音Fのファラドの展開形でしょう。ただし、根音がドの可能性もゼロではないです。


「シファソ」という和音単体できれいに響かせたい(うなりを消したい)なら、
シの音を低く、ソの音は少しだけ高く、ファの音はものすごく低く(-31セント)とる必要があります。
でも、このようなとり方をすることは、よほど特殊な場合を除いてありえません。
Cdurで、シファソがでてきたら、基本的には、属七の和音です。
属七の和音は、それが不協和音であることによって、次のCに解決する効果を生み出すわけで、
属七の和音はきれいに響かせては「いけません」。(そんなことしたら、Cに解決できなくなってしまいます。)

なんで、Cdurの純正律にあわせて、シの音を低く、ソの音は少しだけ高く、ファは少しだけ低くとるか、
あるいは、全部の音を平均律でとるほうか、
いずれにせよ、「シファソ」の和音単体では、きれいに響かない(うなりを残す)ようにします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

属7の和音は不安定でも次のCdurで安定するからOKって納得できます!
不安定だからこその音楽もありですよね
ありがとうございます

お礼日時:2017/06/21 22:11

> ①…、ミは3度で低め、ソは5度で高めですよね?


そんなことはありません。
それは貴方か楽器の癖(或いは調律次第)ではないですか?

> ②
これはコードの流れでしょう。根音は「ファ」で、「Fdurだね」の「F」です。

> ファを根音として考えるというのが理解できません。
基本コード(3和音)を勉強(理解)してください。

> ③
ご質問の意味が不明です。「ピッチ」とはどういう意味で使っていますか?
『シファソ』であれば、G7ではないですか?

平均律とかは、ピアノのような固定音楽器の世界の話しではないですか?
吹奏楽器は音が自在なので、周囲の音に合う音を出すだけです。

理論ばっかり追及するよりは、耳や演奏テクニックを鍛えるべきでしょう。
ピアノが吹奏楽に溶け込めないとするならば、調律を疑うべきかとも思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも部員がこの度は低めでしょとか決めつけててなんとなく流してましたが、耳でやると確かに綺麗に感じることが多かったことを思い出しました
耳であわせてみますね
ありがとうございます

お礼日時:2017/06/21 22:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報