今見えている光は、主に太陽光であると思うのですが、もし目が太陽光を見えなくなり、今見えてない光(X線や電磁波)が見えるようになったら今の世界はどのように見えるようになると考えられるのでしょうか。その場合、色は存在するのでしょうか。できれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

またまたおじゃましますchaffです。


kuronosukeさんの回答で思いついたのですが...

夜空の星は我々には「光って」見えますが、これは星たちが「我々にとっての可視光線」を出しているからですね。
ところが、星の中には人間に気を利かせて可視光線を出してくれているモノばかりとは限りません。人間様を無視して人間に見えない他の波長の電磁波を出して平気でいるヤツらも大勢います(例えばX線とか)。そして、こういった連中は、我々が一生懸命 光学望遠鏡で観察しても見えない可能性があるわけです。

で、どこかの頭の良いやつが(アメリカ人だそうです)「可視光線以外にも他の電磁波で夜空を見ると、いままで見えない星が見えるんじゃないか」と思いつきました。←maribaさんと同じ発想?
これが、今でいう「電波望遠鏡」の始まりです。

すいません、何度も回答でもない回答ですが。

参考URL:http://spaceboy.nasda.go.jp/note/Tentai/J/ten113 …
    • good
    • 0

回答ではなくて恐縮ですが、写真フィルムの中に「赤外線フィルム」というモノがあります。


富士フィルムなど大手フィルムメーカーから普通に出ている製品で、ちょっと大きなカメラ屋さんなら容易に入手できます。数百円くらいのものです。普通のカメラでも使えます。
これは、可視光線以外にsesameさんの言う赤外線も可視光として映像にしてしまうフィルムです。
私が中学生の頃、「これで人の写真をとれば赤外線=熱源=人体だけが写るはずだ。ひょっとして、それって...ヌ・ヌ・ヌード??」という理解の下に、クラスいちかわいいと評判の由美子さんを「写真撮ってあげるよ♪」とかなんとか言って、写真を撮るのに成功したことがあります。
まあ、結果は敢えて書きませんが可視光以外の世界ならこんなこともできるという実例ですね。
一時期、SONYからもそんなビデオカメラが出ていましたね。あっという間に製造中止になりましたが。
あ、因みに「色」というのは、可視光の種類のことですから、可視光以外の世界では当然「色」はありません。赤外線フィルムも基本的にはモノクロでした。
    • good
    • 1

maribaさん。

ひとつだけ誤りがあります。可視光線は電磁波です。電磁波は長さ数千キロの電波から百憶万分の一ミリ以下のγ線まであり私たちが可視光線として感じられるのはそのわずか780nmから380nmの間距離にして千分の一ミリ以下なのです。もともと物体に色はありません。太陽の光と人間の眼の網膜により色として感じるのです。
私にもわかりませんが不可視光線の世界では、物体は存在するのでしょうからその物体が反応できる電磁波があると思いますのでその電磁波を感じ取れるとしたら物体の存在が形でなくてもわかると思います。色はないでしょう。
回答にならずごめんなさい。
    • good
    • 0

見る=感じる


が逆であれば人はまったく別の進化をとげるていたと思いますね。
生産されたものも現在と違っていたでしょうし.....
無理やり、ある日突然という仮説を立てるのであれば
記憶の中にある情報と、新しい触覚から推測するしかないですよね。
それでも適応はあるでしょうから、まったくちがうスタンスで
外界と接しながら行動はするのでしょうね。生物は.....
色は単に波長の差と考えれば、変色した程度にしか感じないんじゃないですか??
    • good
    • 0

まず太陽光は可視光域のほぼ中央(人間が黄色く感じるあたり)にピークを持っていて、それ以上の短波長も長波長もなだらかな山をえがいて少なくなっていますから、自然光だけが降りそそぐ野外ではかなり暗くなります。


短波長の紫外線やX線などは大気上層部で大部分がカットされてしまいますし。

白熱電球はかなり赤外域に偏った波長を出していますので、少しは暗くなってもあいかわらず照明の用は果たすでしょうね。
蛍光灯は単波長光源なので、おそらく点けても真っ暗。
あと病院のレントゲン撮影などでは、いちいち撮影するたびにビカッと光るので、3分間写真みたいで面白いかもしれません(^_^;)

他にも意外なものが光源として感じられるようになるでしょうね。
人体や動物、車のエンジンやボイラーなどの熱源、携帯電話や放送電波などのアンテナ、送電線などなど…。
昼間の熱をたくわえたアスファルト舗装などが夜になっても赤外線を出し続けるので、路面からの照り返しでほの明るいだろうし。

>>その場合、色は存在するのでしょうか。
「可視光線だけが見えなくなる」という仮定自体が純粋な思考実験なので、そういう世界の住人なら、X線や赤外線を色として認識できるように適応しているだろう、としか言えません。
X線と電磁波だけが見えて、可視光線だけが穴になるという仮定にちょっと無理があるかも。
短波長か長波長のどちらかに偏る、というなら説明がつきますが。
実際に赤外線が見える動物は多いですし、逆に昆虫には紫外線が見えますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可視光線の7色について

よく、色彩系の書籍には、目に見える電磁波(可視光線=スペクトル)の図には、紫色~赤色のグラデーション化された図が掲載されています。そこには、7色の純色しか掲載されていないと思われますが、実際には、「白~7色の純色(といっても無限の色数の純色)~黒」のグラデーション化された図が正しいのではないのでしょうか(なぜ、図版では白や黒が無視されているのか?まさかとは思うのですが、書籍の印刷のインクコストを抑えるか上手く印刷出来ないため?!)。
また、スペクトルには赤紫色が存在していないように見受けられるのですが、現実に物理的に見えている赤紫色は錯覚なのでしょうか、笑。またはスペクトルで赤紫色が存在している場合は、7色のどの色(波長)に系統されているのでしょうか。色彩論の最も冒頭部分であるこの知識がどうしても気になってしまって…どうかご回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

7色の純色だけしか掲載されていないとしてもコストの問題ではないと思いますが…。

白色という色のスペクトルは存在しないからです。

人間にとって黒色は感じる光が存在しない状態です。これには2種類考えられます。全く電磁波が目に入ってこない状態。何らかの電磁波が入ってきてはいるものの、目が感じない場合。
http://www.sharp.co.jp/aquos/technology/color/index.html
を見ますと赤の右側、紫の左側は黒色になっています。赤外線や紫外線の領域は目に感じないから黒色になっています。決して黒色というスペクトルがある訳ではありません。

赤紫色もスペクトルが存在しないからでしょう。物体色と光源色というキーワードで調べてみてください。土色の物体色を光源色としてみると赤紫に見えるという話ではなかったかなという記憶があります。

Q太陽光、ナトリウムランプの光、レーザー光について

光学的な観点で、太陽光、ナトリウムランプの光、レーザー光の
類似点と相違点は、どのようなものが挙げられるでしょうか。

Aベストアンサー

ナトリウムランプは単色光で、レーザの干渉性には程遠いですが
わずかに干渉性が有ります。初期の干渉計はナトリウムランプを使って
実現されました。

太陽光は干渉性がありません。

レーザ光には高い干渉性があります。

Q可視光線が乱反射されると白に見える要因について

可視光線が乱反射すると白に見えるらしいが、それはどうしてでしょうか?
もしかして、可視光線の反射の仕方で見える色が変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

乱反射するから白に見えるのではありません。
白色光に含まれる光を全て乱反射するから白に見えるのです。

映画館のスクリーンは乱反射するように作られています。
そうでなければ特定の方向からしか映画が見られなくなっていしまいます。
乱反射したら全てが白色になってしまうのであれば、カラーの映画は成立しなくなります。

OHP のスクリーンにレーザーポインタの光を当てると赤色の点が見えますが、これもレーザーポインタの赤色光をスクリーンが乱反射するからです。

色が付いて見えるのは目に入る光の波長が偏っているからです。
元の光の波長が偏っていれば乱反射しても色が付いて見えます。
元の光の波長が偏っていなくとも、乱反射する物に色が付いていれば色が付いて見えます。

Q太陽の光は白色光ですか?

授業で太陽の光は白色光と習ったのですが良くわかりません。白色に見えないし、なぜ白色なのでしょうか?可視光線の赤から紫までの全部の色が混ざっているから白色に見えるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

実験開始!^_^

ウインドウズのアクセサリーの
ペイントソフトの色の編集で、白をクリック。

その後一番右の、

R255
G255
B255

この部分のBを、200にしてみて下さい。

な、何と!
おもいっきし、黄色の作成が完了しました。^○^;

今度は、R,Gを200にして下さい。空が出来ました。
スライドすると、夜になりました。

これは、試しに、
空気で吸収されて「正確な観測」を「阻害」するであろうと考えられる
「空の青さ(紫+紫外線領域)」を引いた物です。

一応、太陽は、スペクトルGタイプですので、
実際は黄色で分類されています。

但し、
結果がぐーぜん一致しているだけかもしれません。f^^;

それと、「変態扱いされねーよーに」
普通、太陽は白いと答えておきましょう。

では、がんばって下さい。
おやすみなさい。^_^

Q皮膚が可視光線に反応して、蕁麻疹が発生。可視光線って?

大学病院で日光蕁麻疹と診断されて、病院で光線テストを行った結果…450nm~550nmの可視光線に皮膚が反応して蕁麻疹が発生します。
そこで、疑問に思ったのが、
1.蛍光灯などから450nm~550nmの可視光線が発生する事があるのか?

2.市販のサンスクリーンで、450nm~550nmの可視光線を防御する力があるのか?


生活をするうえで、日光をさける事が出来ないので困っています。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

可視光で蕁麻疹は大変ですね…

1.あります。市販の蛍光灯メーカーに発生波長域が明示してあると思います。
光強度の問題については医者と相談されませんでしたか?

2.あるものもあります。しかし市販のサンスクリーン剤はUV特化している物が多く、可視光は特殊なものになるので選択して購入するのは難しいと思います。
処方されたクリームを使うのがベストかと。

Qこの文章の続きに 「暗線が入れ替わって見える。エネルギー保存則の観点からも反射光が明るく見える時、透

この文章の続きに
「暗線が入れ替わって見える。エネルギー保存則の観点からも反射光が明るく見える時、透過光は暗くなるはずである。」とあったのですが、
反射光とエネルギー保存則との間にはどのような関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ガラスでの吸収を無視します。
反射率をR,透過率をTとすると
R+T=1
となります。
反射した光のエネルギー + 透過した光のエネルギー = 入射した光のエネルギー
の関係が成り立ちます。

反射した光が干渉で強めあう場合、透過した光は弱め合い暗くなります。

Q夏と冬の可視光線のエネルギーの違いについてわかる方宜しくお願いします

夏と冬の可視光線のエネルギーの違いについてわかる方宜しくお願いします

Aベストアンサー

地球の自転軸が公転面に対して傾いている為、北半球の日本には、冬は夏の30%の量しか太陽光(可視光線のエネルギー)が注がない。

夏を1とすると冬は
(sin32°)² / (sin78°)²=0.5299²/0.978²=0.28/0.956=0.29

つまり、冬は夏の30%しか日本には可視光線のエネルギーが注がない。

Qもしムチを光の速さで振ったらムチの先端は光の速さを超えますか?

もしムチを光の速さで振ったらムチの先端は光の速さを超えますか?

Aベストアンサー

事態を簡略化するために少し設問を変更します。

いま、長さ1光年の棒があります。その両端にAliceとBobがいます。この時点の棒の両端の位置を基準とします。Aliceからみて1cm手前に引くと「あ」、2cm手前に引くと「い」と前もって約束しています。

Aliceが「あ」「し」「た」と棒を動かすとBobにそれが伝わるのはいつでしょうか。もし、動かすと同時(ここで言う同時とはAliceのいる慣性系で同時刻の意です)にBobに伝わるのであれば超光速通信の完成です。しかし相対論はこれを否定します。

どういうことでしょうか。

簡略のため棒は一様な金属で各原子は金属結合していると仮定します。Aliceがある原子を動かすと隣の原子は電磁場の変化としてそれを関知します。そしてポテンシャルエネルギーを最低にするように変位します。これが次々と続いていきます。電磁場の変化は光速で伝搬しますからAliceの動かした原子の変位は早くてもBobの手元の原子には(Aliceから見て)1年後に伝搬します。

従って設問に戻りますと、回答は「ムチの先端はムチがちぎれない限りムチの手元と同じ速度で動きます。」になります。当然ながらこの回答は相対論が意味のある範囲でのみ有効です。

事態を簡略化するために少し設問を変更します。

いま、長さ1光年の棒があります。その両端にAliceとBobがいます。この時点の棒の両端の位置を基準とします。Aliceからみて1cm手前に引くと「あ」、2cm手前に引くと「い」と前もって約束しています。

Aliceが「あ」「し」「た」と棒を動かすとBobにそれが伝わるのはいつでしょうか。もし、動かすと同時(ここで言う同時とはAliceのいる慣性系で同時刻の意です)にBobに伝わるのであれば超光速通信の完成です。しかし相対論はこれを否定します。

どういうこ...続きを読む

Q植物が緑の可視光線を吸収しないのはなぜ?(光合成)

葉が緑なのは、緑の可視光線を反射しているせいだとききました。
植物はどうして緑の可視光線を光合成で使用しないのでしょうか?
もったいない気がします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

必要ないからです。

植物が光合成をするにあたって必要なのは光よりむしろ二酸化炭素のほうです。光は有り余っています。
この無駄な光をいかにして受け流すかを考えたとき、もっとも強度の高い緑の光を選択的に反射するのが効率が良いのでしょう。
地球の二酸化炭素濃度がもっと高ければ、あるいは太陽光がもっと弱ければ、違った色の植物が進化していたかもしれません。

Q電球から右に出た光から、左に出た光は見えますか?

電球が光っています。
電球のソケット方向以外の方向には光が満遍なく伝わっています。
電球から右に出た光から、左に出た光は見えますか?

Aベストアンサー

 (可視)光は、目に入った光しか見えません。目を外れて進む光は見えません。
 まあ、だから理科の実験は苦労してるようです。薄い煙の中をレーザーポインタの光のように細い平行光線を、乱反射させて目に届くようにしたり。

 しかし物理学では、「神の目」視点でも考えます。ランプが光ったら、どうなるかを数学(幾何学を含む)的なモデルで考えて、現象を説明したり。時間を止めて、「時刻tでは」云々と言ってみたりします。その説明通りのことを、見ることはできませんけどね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報