戦後直ぐの日本に二大保守(自由党)「民主党」これが合併して現在の自由民主党ですが、合併前の民主党と自由党の「理念」考えが解らない?

A 回答 (1件)

旧民主党は、自由党から離脱した鳩山一郎を首魁とする政党で、基本理念は保守、特に9条を破棄して、自主憲法の設置と再軍備を強く主張しました。



自由党は、元々翼賛体制に批判的だった人が集まった政党であり、その中には鳩山一郎もいましたが、彼らは軍国主義的な政治体制を嫌い、特に経済復興においては自由主義を標榜しました。

この二つが合併したのは「共産化の動きが強まった」からです。特に1955年の自由党総裁であった吉田茂による解散総選挙(第27回衆議院選挙)では社会党が大躍進し、自由党も民主党も過半数を取れなかったことから、危機感を抱いて、合併し、自由民主党として過半数を握ったものです。

自由党は自由経済を、民主党は憲法改正と再軍備を望んでいてこの二つの主張は折り合うことができたので、今の自民党は「自由経済体制を発展させ、また憲法改正を望む」政党になっているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

詳しいですね!しかし自由党(リベラルパーティー)民主党「デモクラシーパーティー」も今では欧州の自由党が保守主義、民主党は欧州では革新的
アメリカでは、民主党と共和党支持層が違えども保守主義
サンダース議員の社会党のみ革新
その前ヒトラーはオーストリアから逃げてドイツ極右政党に入り富裕層の傲慢から社会党に入党、社会党の党首になり党名を国家社会党に変更
国家社会主義ドイツ労働者党に変遷、ドイツ版大政翼賛会成立この時点で地獄への道を行きました。中国等も党は名ばかり一党独裁
はたして日本に合う政治体制はあるのでしょうか?
現在若者の回答者に天皇制が、無くても日本国と国民さえいれば、良いとの発言には言葉が無い。「自然削除」

お礼日時:2017/06/19 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報