赤い葉のカエデで、45年近くなる木が、ここ数年で一部葉が出なくなりました。枯れた2本の大枝は美しくないので最近切りましたが、その際、押すと木全体がぐらつくことに気付きました。
数年前には、根元近くに大きなキノコが生えたり、アリが巣を作っていたりしたこともあります。
その後、塀やアプローチを新しくしたので、根が切れたかもしれません。根元は、ツツジが囲んでいます。
今までは、年に1度剪定するだけで特に水やりもしませんでしたが、美しい赤い葉を見せてくれていました。真夏には、葉は緑がかってきます。木全体の半分以上は、まだ赤い葉をつけて元気そうにしています。
根が弱っているのだと思いますが、元気にする方法はあるでしょうか。ネットで見付けたメネデールを根元に散布しようとは思っています。よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • つらい・・・

    根元の洞の中に殺虫剤を噴霧し、その後バーミキュライトを詰めました。洞のままだと何となく心配だったので。木の半周は別の木が取り巻いているので、残り半周に、腐葉土を敷いてメネデールを撒くつもりです。
    あとは、長生きできるよう祈るだけでしょうか。

      補足日時:2017/06/20 09:32

A 回答 (1件)

根元近くに大きなキノコが生え、蟻が巣を作った。


これは根元の一部が枯れた証拠で、それによって根が腐っています。
正直、この状態からの再生はかなり厳しいです。
これ以上悪化させないようにしたいところだろうが、これは専門の樹木医にでも頼まないと無理かも。
下手をすると、強風で倒れる可能性もあるよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

そうですか。やはり難しいのですね。根元から枝分かれしている、その1/2が弱っています。重みのバランスが取れなくなると、倒れるかもしれませんよね。ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/21 10:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A