ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

仏陀と釈迦の違いを教えてください。

A 回答 (2件)

仏陀は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。


Buddha はサンスクリットで「真理に目覚めた人」「悟った者」などの意味である。

シャーキャ(サンスクリット語)は元来、釈迦の属している種族である釈迦族(シャーキャ族)またはその領国であるシャーキャ国を指す名称である。
「釈迦」はシャーキャを音写(漢訳)したものであり、旧字体では釋迦である。
シャーキャムニ(サンスクリット語i)はサンスクリット語で
「釈迦族(シャーキャ族)出身の聖者たる仏陀」という意味。
ムニはインド宗教界で聖者・賢者の尊称として用いられた。
これを音写(漢訳)した釈迦牟尼(しゃかむに)となる。その略称が「釈迦」である。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/20 22:03

まぁ同一人物です。



簡単に言えば・・(簡単にしかわかりませんが)


釈迦族の「ゴーダマ・シッダルダ」という名の
王子が悟りを開くために苦行を始め・・

悟りを開いてから「ブッダ」と名乗る
ようになったということです。


おシャカ様の「シャカ」は釈迦族という
部族の名前に由来します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/20 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聖徳太子は存在していなかったかもという頓珍漢な話が出てきたのはなぜですか? 聖徳太子が存在しなかった

聖徳太子は存在していなかったかもという頓珍漢な話が出てきたのはなぜですか?

聖徳太子が存在しなかったら17条の憲法も存在しないはずなのに存在してるし、中国の方も聖徳太子を認識してたわけで中国の方も聖徳太子に仏教の書を送ったのに聖徳太子がいなかったら受け取れてないし聖徳太子がいなかったというのはさすがに無理があるのでは?

Aベストアンサー

歴史は、事実が明らかになることで
常に進化しています。


厩戸王(うまやとおう)が
聖徳太子の本当の名前です。


「伝説の学習参考書」と呼ばれた『大学への日本史』では
人物名は「聖徳太子」とせず、本来の名である

「厩戸王(聖徳太子)」

としています。

次第に「聖徳太子」の名前が消えて行くので
「存在しなかった」となるんでしょうかね。


そして

・冠位十二階などは「多くの人物」の手による合作
・憲法十七条は彼よりも「後の時代」に完成した
・遣隋使は小野妹子より「以前から」派遣されていた


・・など新事実も明らかになってきています。

Qなぜ昔の都?が置かれた場所に、港町が少ないのでしょうか? 京都も奈良も、九州の大宰府も安芸国の西条も

なぜ昔の都?が置かれた場所に、港町が少ないのでしょうか? 京都も奈良も、九州の大宰府も安芸国の西条も、海と接していません 貿易や輸送の観点からいくと海辺が有利で発展しやすいと思うのですが… 古代の日本人はなぜあえて山の中に中心部を置いたのでしょうか??

Aベストアンサー

治水や排水の能力がない時代には、川の下流域は沼地として放置されていたか、そうでなくても、たびたび洪水になって多数の人が住んだり大規模に耕作するのにむいていないからです。
排水能力がなければ、ひとたび洪水になれば、自然に水がひくまで待つことしかできませんから、多人数が定住するような「都」は作れないです。

耕作したり人が住んだりするには、水を供給する(灌漑)と、多すぎる水を排出する(排水)、の2つがセットで必要です。
このうち、排水は灌漑に比べて技術的に圧倒的に難しいです。
灌漑は、つまり、高所にある水源から、低地にある畑にむけて水路を作れば、勝手に流れていくわけですが、
排水は、低地の畑から水をくみ上げないといけません。
また、灌漑は、1ヶ所にある水源から、多数にある畑に水を配るものですが、
排水は、多数の畑から余分な水を集めてきて、1ヶ所にまとめて捨てなければいけません。
いずれにせよ、排水は灌漑に比べて大変です。

歴史上、大規模な灌漑システムは古代文明の時代からありますが、
大規模な排水システムができたのは、16世紀くらいのオランダ(風車を利用したシステム)が最初です。それまで、大規模な排水システムというのは、世界中どこにもありませんでした。

四大文明(エジプト、メソポタミア、中国、インダス)は、みな、
基本的には乾燥している(排水の心配をする必要がない)土地で、水の供給(灌漑)のみを考えればよい、という土地で発展しています。

日本でも同様で、例えば、各地の府中と呼ばれる町の多くは、排水の心配をあまりしなくてよい、川の中流域の扇状地が多いです。
また、耕作が大変そうな山奥に棚田があったりするのも、棚田であれば排水が簡単(弁を開ければ余分な水は勝手に流れていく)だからです。

治水や排水の能力がない時代には、川の下流域は沼地として放置されていたか、そうでなくても、たびたび洪水になって多数の人が住んだり大規模に耕作するのにむいていないからです。
排水能力がなければ、ひとたび洪水になれば、自然に水がひくまで待つことしかできませんから、多人数が定住するような「都」は作れないです。

耕作したり人が住んだりするには、水を供給する(灌漑)と、多すぎる水を排出する(排水)、の2つがセットで必要です。
このうち、排水は灌漑に比べて技術的に圧倒的に難しいです。
灌漑...続きを読む

Q四国88ヶ所巡りは空海もやったって言ってるけど、空海は中国の天台に2年間修行に行った後は高野山の寺作

四国88ヶ所巡りは空海もやったって言ってるけど、空海は中国の天台に2年間修行に行った後は高野山の寺作りで忙しかったはずなので四国88ヶ所巡りなんてやる暇はなかったのでは?

いつやったんですか?

高野山の寺作りのときに1人抜け出して四国88ヶ所巡りしたんですか?

あり得なくないですか?

Aベストアンサー

空海は四国88か所どころか日本中を遍歴して多くの足跡を残しています。 齢1244歳にしていまだに高野山で生き続けておられる超人空海なら、何の不思議もありません。

Qこれ何か分かりますか? ※分からないのに聞いたらいけない理由何ですか?

これ何か分かりますか?
※分からないのに聞いたらいけない理由何ですか?

Aベストアンサー

コニカ

Q聖徳太子が言った二乗の人びとの二乗ってどういう意味ですか?

聖徳太子が言った二乗の人びとの二乗ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

声聞(しょうもん)と縁覚(えんかく)

声聞:縁覚の1つ下。人士、天才を指す。
縁覚:菩薩の1つ下。聖者、高僧を指す。

声聞 < 縁覚 < 菩薩 < 仏

Q日本史で南北朝文化が出てきたのですが、どこを境目に南と北ですか?

日本史で南北朝文化が出てきたのですが、どこを境目に南と北ですか?

Aベストアンサー

えーと、境界線があるような話ではなく、
それぞれの勢力の本拠地の位置関係だけです。

習ったかと思いますが、南北朝時代は後醍醐天皇と足利尊氏の争いで始まりました。
足利尊氏が京都に攻め上って占拠したため、後醍醐天皇は京都を離れて吉野(奈良)に逃亡し、そこで新たに都を作りました。
これが京都から見て南にあるので通称「南朝」と呼ばれ、逆に京都は「北朝」と呼ばれたわけです。

Q慶安3年に中国の書に日本の僧は髪を剃り落とし、入れ墨を入れていると記されていましたが、昔の日本の僧は

慶安3年に中国の書に日本の僧は髪を剃り落とし、入れ墨を入れていると記されていましたが、昔の日本の僧はどこにどういう入れ墨を入れていたんですか?

Aベストアンサー

一度人を殺めて罪人となり、罪人の証として二の腕に黒い線の刺青を入れられた者が、後に出家して髪を剃り僧になったのであれば成り立ちます。例えば豪商ならば罪を犯しながらも私財一切を仏教に喜捨することで功徳を積んだと見なされて、僧侶になれたと思います。

Q以前から歯科で、歯石取りをする際に上下一緒に出来なくなり、それは法改正があったからだと説明されました

以前から歯科で、歯石取りをする際に上下一緒に出来なくなり、それは法改正があったからだと説明されました。本当ですか?

Aベストアンサー

法改正は余り関係有りません。
健康保険の無い国ならこういう問題は起きません。
健康保険から診療報酬を受取る仕組みの問題です。

歯石取りの場合、一度でやってしまうと健康保険を使って治療をうけた患者に対しての診療報酬は満額にはならない、こういう制度です。

同じ2回でも月をまたいだ2回と、同一月内の2回では異なるとか。
月毎にベースが有って診療毎にプラスがあるから、ベース1回分が月をまたぐと多くなる。

とか、色々あります。

Qこの植物の名前を教えて下さい。

この植物の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

ブーゲンビレア
http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/40/41

Q「~損」の表現

「払い損」のように
「~損」という言葉には何がありますか。
思いつかないのですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

直接の回答ではありません。「動詞の連用形」か「名詞」かという議論にはたいして意味がありません。「払い損」という複合名詞がどのようにしてできたか、と言う点で問題になるだけです。「働き番」と「休み番」の場合に「番」は接尾語ではないかという話も出てくるかも知れません。要するに出来上がった「複合名詞」が使われればいいわけです。
 中には「取られ損」「殴られ損」のように、助動詞まで入り込んで来ることもありますから。


人気Q&Aランキング