豊洲がニュースになるまで、卸売市場はなんとなく、民間企業が運営していると思っていました。
が、公共施設なんですね。
なぜ公共施設である必要があるのか教えてください。
東京証券取引所みたいに、民間じゃぁダメなんでしょうか?

A 回答 (3件)

農林水産省の説明によると、


生鮮食料品等を取扱う卸売市場は、多数の農林漁業者に対し安定的な販路を提供するとともに、都市の消費者にとっての日常食料品の配給機構の中核となるという重要な役割を果たしています。
とのこと。
こうしたことから、中央卸売市場を開設できるのは、都道府県、政令指定都市に限られています。
(卸売市場法8条)

金融商品取引所で取引される商品は、株などで、人の健康という
最優先確保事項でないことから、取引所業への参入障壁は、低めにして、
取引所間の自由な競争による淘汰等を経て、取引所の活動が、
より健全性増進が図られるだろうとの、政策的見地から、
差異が生じているものと思われます。

類例として、インフラ関係でも、電力等は民間、水道は公共機関という
住み分けがある(水道は人が直接口にする、健康問題を、
民間の自由競争下に置くのは、不適当との政策判断)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

判りやすい回答ありがとうございます。
なるほど!ですね。
他の回答者様も、個別の回答は控えますがありがとうございました。

お礼日時:2017/06/21 08:14

土地建物や設備を東京都のような都道府県や市などが整備管理して


実際の市場機能(運営)に関しては、民間が担っているケースが一般的かと思うが

市場にも色々あり、あのような大規模なモノは公設民営で
地方で近所の農家が出荷して、近所の小売店などが買い入れる
ごく小規模なものは、完全民営の場合が多い

卸売市場法という法律があって、大規模なものは許認可を受けないと設置できない
->公的な性質がある
->公設

という感じ
    • good
    • 0

民営の市場もたくさんありますよ?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング