本当に困っています。どなたか教えて下さい。
男子110Mのテレンス・トランメル選手(アメリカ)
ハンマー投げのカミラ・スコリモフスカ選手(ポーランド)
棒高跳びのニック・ハイソング選手、ローレンス・ジョンソン選手(アメリカ)
200m走のジョン・カペル選手(アメリカ)
3000m障害のルーベン・コスゲイ選手(ケニア)、ウィルソン・ボイド・キプケテール選手(ケニア)
三段跳びのタチアナ・レべデワ選手(ロシア)テレザ・マリノワ(ブルガリア)
200m走女子のスサンティカ・ジャヤシンゲ(スリランカ)
800m走女子のマリア・ムトラ選手(モザンビーク)
以上の選手のどんな情報(今までの成績、身長体重、やマニアック情報など)でもかまいません、一人だけでも全然よいのです!!
御存知の方がいれば教えて下さい。

A 回答 (1件)

陸上選手について知りたいのであれば、


陸上競技マガジン  や  月刊陸上競技  を
バックナンバーなども含めてお読みになるのが手っ取り早いのでは?
直接お答えできなくて申し訳ないのですが…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100m走の記録の高い国からしか、走り幅跳び、棒高跳び、走り高跳びの名選手は出ないですか

走り幅跳びや、棒高跳びは、足が速い選手しか良い記録は出せないでしょうか。
走り高跳びも同じでしょうか。
もしそうだとしたら、100m走の記録の高い国からしか、走り幅跳び、棒高跳び、走り高跳びの名選手は出ないでしょうか?

Aベストアンサー

幅跳びは、足が速くないとダメだね。
カールルイスが有名だけど、幅跳びのトップクラスはみんな100mもソートーに速い。もちろん100mが一番速いヤツが一番幅跳びも跳ぶってわけじゃないけど、この2種目は関連性が凄く高いと思う。名の知れたジャンパーで、100mのタイムで10秒台出ない選手なんて聞いたことない。
日本の選手でもそうだね。男子の藤川選手も女子の池田選手も、なかなか速いよ。仮に100mの日本選手権に出場するスプリンター達と競走したとしても、最下位になることはないね。

高跳びは足の速さとの関連は幅跳びよりは弱い気がするけど、代わりに体格の影響があるんじゃない?背が小さいと厳しいよね。だから身長の高い民族が、選手層が厚くて有利ではないかと思うな。

棒高跳びは、100mとの関連はあまり感じない。なんといっても、黒人選手が弱いからね。実際には選手の足はそれなりに速いけど、それよりもやっぱりテクニックなんじゃないの、カギは。

だから、100mの記録が低い国でも、棒高跳びの強豪は出るかも知れない。またデカい人が多い国なら、高跳びでいい選手が出る確率は高い。
幅跳びは…まあ100mで強い国が強いだろうね。

ただ1番の人が書いてる通り、昔の日本の幅跳びは強かった。ちなみにロサンゼルス五輪の南部選手は、三段跳び金以外にも、幅跳びの銅メダルも取ってる。現在となっては信じられないくらい強かった。
でも、100mでも名選手いたでしょ、五輪では勝ってないけど。吉岡隆徳は100m世界記録保持者だったよ。記録自体は今となってはアレだけど、とにかくその頃の世界記録を日本人が出したのは間違いないわけで。

率直なところ、現代に織田選手や南部選手がタイムスリップして来たとしたら、世界はともかく、日本ではすぐトップになると思う。当時のショボイ用具とグラウンドで、幅跳び8m近く、トリプルで15m後半跳んでたからね。ハッキリ言って、これ現代でも日本のトップクラスで十分通じるもんな。今のフィールドで最新のスパイク履いてやれば、まだ伸びるだろうし。あの頃から、日本の跳躍はあまり伸びてないってことでもあるけど。。。

日本は陸上のプロが少ないから、試合で勝負弱いのはしょうがないけど、せめて記録的な面だけでももう少し進歩して欲しいよね。

幅跳びは、足が速くないとダメだね。
カールルイスが有名だけど、幅跳びのトップクラスはみんな100mもソートーに速い。もちろん100mが一番速いヤツが一番幅跳びも跳ぶってわけじゃないけど、この2種目は関連性が凄く高いと思う。名の知れたジャンパーで、100mのタイムで10秒台出ない選手なんて聞いたことない。
日本の選手でもそうだね。男子の藤川選手も女子の池田選手も、なかなか速いよ。仮に100mの日本選手権に出場するスプリンター達と競走したとしても、最下位になることはないね。

高跳びは足の速...続きを読む

Q100m走タイムについて、世界のトップ選手の場合(タイム10秒以下)、最初の50mと後の50mとではどちらが速いのでしょうか。

100m走タイムについて、世界のトップ選手の場合(タイム10秒以下)、最初の50mと後の50mとではどちらが速いのでしょうか。この質問をするきっかけがWikipediaの100メートル走の項目にかいてあった「一般的には30m~40mの間にトップスピードに達する。そしてそのスピードを何とか維持しながらも速度はだんだんと落ちていく。このときトップスピードに達するのが早ければ早いほどゴールでは失速する。」という記述なんですね。私はトップスピードを維持したままゴールするもんだと思っていたので、目からうろこでした。で、とある場で、掲題の件が議論になりまして。

Aベストアンサー

確かにトップスピードは30~40m付近かも知れませんね
あなたの質問を厳密に捉えるとすると、最初の50mと後半の50mの速さと言う事になりますよね
当然、スタートを含む最初の50mは、速度ゼロから加速して30~40m付近でようやくトップスピードになる訳です
後半の50mはトップスピードから落ちている可能性はありますが、それに近い速さで50mを走ります
平均速度として見た場合、後半の方が速い事になりますよね

ちなみに、200mの世界記録は100mの世界記録×2よりも時間が短いんですよ
100mには先ほど言った加速の時間が含まれるので、記録が伸びないんです
世界レベルの選手は100mどころか200mでも速度をあまり落とさず走れると言えるでしょう

Q50M走、100M走をもっと速くしたいです。練習方法を教えて下さい

僕は50M走、100M走を中心に練習しています。

陸上部へ入ったのが3ヶ月前で、それまでは足がかなり遅かったのですが、
50M走:6秒5
100M走:12秒98
が最高記録です。
また先生に3ヶ月で大分進歩したと言われましたが・・・最近練習不足なのかタイムが伸びようともしません。
これからの目標は・・・
50M走:5秒8~6秒2
100M走:11秒98~12秒20

今日も大会ありましたが、スタート遅れで100Mが13秒12という最悪なタイムになってしまいました。
陸上部入部前の100Mタイムは確か14秒後半から15秒台だったと思います。

何かいい練習メニューがありましたら是非教えて欲しいです。他にはスタート遅れ(ピストルタイミング遅れ)がよくあるので改善方法を教えて頂きたいです。また練習は部活だけではいけないですよね?
最後の大会が7月夏休み前です。

Aベストアンサー

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするような感じ。
腕の振りや上半身の力は重要です、足だけで走るのはばらつきがありからだのバランスやタイミングがずれたり波が大きいです。 有名選手の走りに力強さを感じるのは上半身が下半身を引っ張って動かしているような運動をしているからです。
手の動きと足の動き一連の動作なので腕のフォームは重要です。
3
2を実行するため上半身の筋トレは自宅でするなど心がけてください、ただ成長期ですので無理な運動は骨などに悪いですからあくまで無理のない毎日つづけられる回数で。
4.一番効果的なのは自分の走りを見ることです。
人のフォームは目で確認できますが自分はどのような走りをしているかまったくわかりません。
記録会や練習でビデオカメラなどで撮影し自分で自分の走りを見ることはかなりの進歩につながります。
5.自分より実力がはるかに上の先輩などの練習メニューについていったりまたアドバイスをもらうことです。 弟子のような形になれば一番理想です。
私の中学の時のそういう存在だった人は今も実業団で現役です。

短距離走はスタートが肝心ですね、ただ現役時代スタートが苦手でした、だから変にスタートを意識せず集中して音を確認してからなるべく瞬時にスタートができるようこころがけていました、あまりよくばりますと失敗も多いしタイムもばらつくので。

コツはよ~い!で一番安定してかつスタートしやすいスターティングブロックの調整をお勧めします、ふらつかないようにいっぱいいっぱいの姿勢ではちょっと。

能力や適正に個人差がありますし長所や短所も違いますのであまり技術的なことやふみこんだことはかけませんが効率的に一人で出来る基礎トレーニングの積み重ねが一番の練習だと思います。

11秒台への突入はそこが一番の壁ですから、あせらずくじけずじっくり経験をつんでいくように心がけてください。

最後になりましたが絶対に体を完全に休める日を週に一日は絶対とってください、オーバーワークはなんの意味もないし逆効果なので。
柔軟体操やアップラン、ダウンランは丁寧にもこころがけてください。

最後の大会迫ってますがあせってどうなるものでもないので2ヶ月とちょっと集中してくいのないような練習をしてがんばってください。

補足などで追記していただけたら何度でも私なりなアドバイスは出来る範囲でいたしますので遠慮せずにいってくださいね、もちろん回答の意味がわかりにくい場合も遠慮なく補足してくださいね!

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするよう...続きを読む

Qもぉすぐ体育祭!!!200M走って???

 中学校3年の女子のhanpen-soft5_5です!!!
 もぉすぐ私の学校でゎ体育祭です。
 私は200M走を走るのですが、200Mを少しでも速く走る方法などアドバイスがあったら教えてくださいm(__)m
 私は文科系の部活で運動は得意な方でゎないのですが、最後の体育祭なので頑張ろうと思っています☆☆
 200ともなると、長そうだし、短そうだし…
 回答お待ちしております!!!!!!
 

Aベストアンサー

200M走はけっこう大変です。
100M走のように全力疾走すればいいのか、
それとも自分のペースで考えて走ればいいのか‥

たいていの人は最初から最後まで全力ですね。
走り終わると心臓バクバクで足ガクガクだと思います
(あまり運動していない方ですと)
当然走ってる最中もかなりキツイです。

簡単に言えば根性で勝負なら、何も考えず全力で走ってください。
逆にちょっとでも「体力温存しとこう‥」とか思ってると
スタートで完全に置いていかれます。挽回も恐らく無理。

ですから、頑張ろうと思っているのであれば
何も考えずただガムシャラに頑張ってください。
走ってる間は本当にキツイですが、ゴールでの達成感も大きいです。
とにかく迷うことなく、気持ちは100M走のつもりで
最初から最後まで全力疾走で頑張ってください。

と、メンタル面でのアドバイスは長くなりましたが以上です。
あとは、肺活量に自信があるのであれば、息は止めておいたほうが
集中して、速く走ることができます。
一度、本番前に練習してみてはどうでしょうか。
無理だと思ったら息はしてください。死んじゃいますから。

200M走はけっこう大変です。
100M走のように全力疾走すればいいのか、
それとも自分のペースで考えて走ればいいのか‥

たいていの人は最初から最後まで全力ですね。
走り終わると心臓バクバクで足ガクガクだと思います
(あまり運動していない方ですと)
当然走ってる最中もかなりキツイです。

簡単に言えば根性で勝負なら、何も考えず全力で走ってください。
逆にちょっとでも「体力温存しとこう‥」とか思ってると
スタートで完全に置いていかれます。挽回も恐らく無理。

ですから、頑張ろうと思っ...続きを読む

Q新体操選手のオルガ・ぺスキシェバ選手とイリーナ・チャシナ選手

こんばんは。
最近新体操選手で気になる選手がいます。
オルガ・ぺスキシェバさんとイリーナ・チャシナさんです。
この2人について知っている事を教えて頂けませんか?(年齢も分からなくて知っているのは国だけです。)

Aベストアンサー

はじめまして。私も去年から新体操のファンになったので、まだまだ初心者なんですが、チャシナ選手は今
たぶん21歳だと思います。2002年イオンカップではシニアで2位でした。とても強くてきれいな選手
ですよね。ペスキチェバ選手は2002年イオンカップのジュニアで優勝しているので、まだ14歳ぐらいだとおもいます。二人ともロシアのガスプロムと言うチームの選手で、このガスプロムには今ほとんどの大会で優勝している、アリーナ・カバエバ選手もいて、チームでの戦いになると、ガスプロムが一番強いと思います。上手く説明
できなくてごめんなさい。こうゆう場所で調べるとなると
新体操について知っている人は少ないと思うので、
スポーツアイという雑誌を買われてみてはいかがでしょう
?この雑誌は新体操の記事をよくのせてくれていますよ。

参考URL:http://www.sportseye.co.jp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報