おとといぐらいから歯が痛く
少し歯が欠けていて虫歯だと思い歯医者に行きました
その時は歯周病と言われ少しクスリをぬってもらいましたが
激痛がとまりません
左の上奥歯なのですが以前にも虫歯になり治療してもらい治ったのですが

いま同じ場所です
とくにめだった膿も出ていません
ただ激痛で左あたまがとにかく痛いです
歯も痛いです
どうしたらいいでしょうか

A 回答 (4件)

他の回答者さんが書いておられますが、転院はとてもじゃないがお勧め出来ません。

新たに歯科医院へ行ったとしても 同じ事の繰り返しになる可能性がかなり高いケースでしょう・・・・・セカンドオピニオンも さすがに無理でしょう(ーー;)
このケースでは、まだ診断がはっきりと付いていない・場所や原因がわからないと言う事です。歯の痛みと言うのは千差万別でして 原因が無くても痛む事もあるんです。虫歯や腫れなどの明らかな症状が無ければ、ありとあらゆる疾患の可能性があるんです。
例えば 上顎の臼歯部ならば 上顎洞・鼻の疾患の可能性もあり その場合は耳鼻科の領域です。鼻の痛みを歯の痛みと勘違いしてしまう人もかなり多いのです。
さらに 神経痛や頭痛の可能性もあり、そうなると内科の出番です。顎関節症であれば 口腔外科になりますし・・・・・きりがありません。

もしも明らかな原因が見当たらず、かなりの痛みが有り、しかも以前に同じ事が起こっていたとすれば・・・・あなたの年齢にもよりますが、特殊な歯周病である可能性も有り そうなると現在の歯医者さんが正しいと言う事になります。私も それを疑いますねぇ~
歯が欠けたのはおそらくは無関係で、噛み合わせが関係している歯周病の可能性が大きいと言えます。この場合は あまりだいそれた治療をしない事もあります。
一過性の症状として そのまま治ってしまう事も多いのです。特に 痛み出す前に浸みてきたとか、第一大臼歯(6番)が選択的に4本とも痛みやすくなったりします。
なにか処置をするとすれば 噛み合わせの負担を取るタロに 少し削って噛みあわなくしておく程度でしょう。

逆に 明らかな原因がある場合・・・・以前にどんな治療をしたのかがわからないと・・・・・神経を取った・保護した・あるいは手つかずか等々
これは 以前にかかっていた歯医者さんにしかわかりません。むやみに転院してしまっては 全てが一からやり直しになり、治療が難しくなってしまうのです。

とは言え 痛みが強いようですから、まずは歯科医院へ連絡して 今後の処置を仰いでください。鎮痛剤や 抗生物質等の処方が必要かもしれません。
今のあなたの状態がわかるのは 今通っている歯医者さんだけです。必要に応じて 他の科への紹介もされるでしょう。
    • good
    • 1

もし、今の歯医者の治療に不安や不満を感じられているのであれば、早く別の歯医者さんを探したほうが良いですよ。


大切な歯を失わないためにも。もし、今治療してもらっている歯医者さんにセカンドオピニオンを受けたいと言って、嫌な顔をするような歯科医師であれば早く別の歯医者を探すべきです。

歯は知らない間に蝕まれていきます。
手遅れになる前に、大切な歯を守りましょう。

ご参考までにどうぞ
●日本初!360°院内が見える歯科予約サイト「歯医者view」
http://haisha-view.jp/

●日本最大の歯科予約サイト「epark歯科」
http://haisha-yoyaku.jp/

●歯科クチコミサイト「デンターネット」
http://www.denternet.jp/
    • good
    • 0

レントゲン撮ってもらうといいですよ。

一度治ったつもりの虫歯も再発してレントゲン写真で気付くこともあります。左奥歯が痛いのなら取り敢えず左頬から鼻の横辺りに掛けて冷やすといいですよ!その当たり左顎の神経が通っているので冷やし続けることで一時的に痛みを和らげてくれると思います。それかロキソニン。とにかく早く別の歯医者に行ったほうがいいです。お大事に。
    • good
    • 0

セカンド・オピニオンで別の歯医者に診察してもらったら? 


治療が古いと根の方がいたんでる可能性もあるよ 
問題は、本当にその歯かな? レントゲン撮ると解かるらしいよ。
    • good
    • 0
  • 歯周病(歯周疾患)<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    中高年の8割に歯周病が  歯周病は、歯のまわりにある組織(歯周組織という)のいずれか、あるいはすべてに起こる疾患の総称で、歯周疾患とも呼ばれます。  歯周組織は、歯肉(しにく)(歯の根と骨をおおっている部分で、通称歯ぐきという)、セメント質(歯の根の表面部分)、歯槽骨(しそうこつ)(歯を支えているあごの骨の一部)および歯根膜(しこんまく)(セメント質と歯槽骨とを連結している膜で、歯周靭帯(ししゅうじんた...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前歯の裏に穴を開けて神経を取った歯の治療について

1年半前に左上の前から2番目の歯の神経を取りました。

大きい虫歯では無かったため、歯の裏に穴を開けて神経を取り差し歯にはせず歯を残しました。

元々治療済みの歯でレジンを詰めてあったのですが、先日それが取れてしまいました。

歯医者で診てもらったところ、歯が変色しているし脆くなっているのでそろそろ差し歯にしないとダメかなと言われたのですが、この場合神経の治療からやり直しになるのでしょうか?
それとも歯を削って土台を入れればいいのでしょうか?

脆くなっているのにちゃんと差し歯にできるのか不安です。

Aベストアンサー

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
参考程度にしてください。



>神経部分の治療について

以前に神経を取られたなら神経を取ることはありませんが、
歯の神経と言われるものは本来は歯髄といい、
血管などその他の組織も含まれます。
神経を取るということはこれらを除去しているので
どうしても生体による自浄作用が悪くなります。
完全に治療してあったとしても、経時的にみれば
辺縁漏洩という隙間からの汚れがある場合があります。
もし、歯に金属などで基礎を作ると、不具合があった時
除去することが困難なので、そのようなことが無いよう
再度の清掃をすることがあります。
また、無自覚でも汚染が拡大して周囲に影響を与えていれば
その影がレントゲンに写っていることがあるので
それなりの治療が必要なことがあります。



>差し歯(補綴処置)の必要性について

結論から言うと、しっかりした治療をすれば
しっかりとした補綴処置が可能です。

歯は爪や毛などと違って一度削ると再生しません。
神経の処置された歯は、正常な歯と比べるとやや劣ります。
しかし、物理的性能の低下はそれほどではありません。
このため、神経を処置した歯でも正常の歯と同様に使えます。
むしろ、問題は歯を大きく削ることです。
特に、神経処置した歯は神経が通っていた部分を削っています。
むし歯の処置でレジンなどを詰める場合はその場所を削りますが、
かぶせになると歯の全周を削ることになります。
前歯の場合、白い部分を作るのでさらに厚く削ります。
つまり、外はかぶせの為、内は神経の処置の為に削るので
残った歯の部分は細くなります。
残った部分が少なくなるほど折れる危険が大きくなります。

しかし、すでに大きな欠損となった歯に無理に詰めると
残った部分に負担がかかり、壊れやすくなります。
(壊れても歯の根までは折れないので通常は差し歯が可能です)
このため、歯の補強として土台をつくることがあります。
歯が残っている部分が大きいうちに補強の意味で
かぶせに移行する方がしっかりかぶせられます。
金属の基礎は丈夫な反面、自分の歯とのしなり方の違いで
歯が折れることもあります。
(歯の根が割れると歯が残せないこともあります)
近年は歯の性質に近いファイバーコアといわれるものも
保険でできるようになりましたが、万能ではありません。



あくまでも残っている歯の状況や審美による考え方の違いで
補綴の必要性は異なります。
担当医とよく相談してください。

おだいじになさってください。

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
参考程度にしてください。



>神経部分の治療について

以前に神経を取られたなら神経を取ることはありませんが、
歯の神経と言われるものは本来は歯髄といい、
血管などその他の組織も含まれます。
神経を取るということはこれらを除去しているので
どうしても生体による自浄作用が悪くなります。
完全に治療してあったとしても、経時的にみれば
辺縁漏洩という隙間からの汚れがある場合があります。
もし、歯に金属などで基礎を作ると、不具合があ...続きを読む

Q上前歯に縦に亀裂があります・・・

上の前歯一本に、縦に亀裂が2本走っているのを見つけてしまいました。
しみはしないです。が・・・はっきりと線が見えます。

歯科医に診てもらったら、「今すぐどうのこうのという問題はないので、様子を見ましょう。」とだけ言われました。(いつも忙しい歯医者で、院長はパパッと診て、パパッと消えてしまい、目隠しを取ると、衛生士しかいません。)

どんなことに注意したらいいのか。
怖くて、お煎餅やフランスパンも前歯でかじれなくなりました。
ちぎって、奥歯で噛む感じです。


実際に亀裂があって、縦に歯が割れた方、いらっしゃいますか???
どんなことがきっかけで割れたのでしょうか?

Aベストアンサー

歯に入る縦の亀裂はものすごく多いですよ~まず無い人はいないでしょう。誰でも数本の亀裂・ヒビがあるのが普通です・・・・・・
ところが、それが目立つ人と全く目立たない人がいます。質問者さんは後者・・・・つまり かなり以前からあったヒビに 何らかの理由で着色したか あるいは我の角度によって光りの屈折率が変化して見えるようになったと推察されます。
もしも 外傷や噛み合わせが原因で急に割れたとなると、痛んだり浸みたり等の なんらかの症状がでてくるでしょう。
そういう症状がないのであれば まず気にする必要はありません。唾液の緩衝能・初期虫歯を修復する作用によって、そのヒビは完全に埋まっている状態のはずです。
あまり目立つようでしたら、歯と同じ色の材料で補填しますが それでも全く目だたなくなると言うわけにもいかず、多少の色違いが出るでしょう。問題が無いのであれば そのままにしておくのが無難でしょう。その歯医者さんの言うように、何も気にする必要はなく、そのまま普通に 何でも食べてくださって結構です。

Qスマイルデンチャーの部分入れ歯

上の歯の5-8の歯がないので10年前から部分入れ歯してます。二ヶ月前に入れ歯が割れたので作り直しました。3、4番に引っかかるタイプです。二ヶ月前に入れ歯入れても3番の歯茎が痛くて。5回調整。でもダメで。作り直してもらいました。でも痛くて。歯医者に行くと3、4番引っかかるタイプではなくて4番だけ引っかかるタイプにしますか?と言われました。普通4番だけ引っかかるタイプの入れ歯とかするもんですか?部分入れ歯付け外しの時歯科医おもいきり3番押されて激痛でした。今の歯茎の痛み関係ありますか?

Aベストアンサー

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していないので
参考程度にしてください。
ちなみに、うちの先生による勉強会からの意見なので、
専門的なことも含みますから難しいかもしれません。
かなりまじめにそれなりの解説をしたので、
すごく長いけど堪忍してね。



・スマイルデンチャーについて

スマイルデンチャーは某技工所の登録商標で、
一般名称としてノンクラスプデンチャー、
フレキシブルデンチャー、ナイロンデンチャーなど
様々な呼ばれ方をしています。
担当医から説明があったと思いますが、
審美性に優れ、割れにくく、保険の入れ歯より軽い、
金属アレルギーでも使用できるなどの利点がある反面、
変色しやすい、修理が非常に困難、比較的寿命が短い
適応症が限定されるなどの欠点を有しています。
 注 修理や裏装と呼ばれる隙間を埋める術式は
   不可能ではありませんが、ほとんどが預かって
   技工所で作業するので、前歯は特に注意が必要です。
   また、修理不能の場合も非常に多くあります。

長いですが、(社)日本補綴学会の見解です。(一部略)
http://hotetsu.com/s/doc/non_denture.pdf(PDF版)
http://hotetsu.com/j0.html(日本補綴歯科学会サイト版)
(ちなみに下から2番目に掲載されています)

 部分床義歯の安定には支持、把持、維持の3要素が
 不可欠であり、これらは支台装置および義歯床によって
 確保される。残存組織の保全に不可欠なこれら3要素の
 中で最も重要なものは支持である。
 「鉤を有しない部分床義歯(いわゆるノンクラスプデンチャー)」
 には、この「支持」に関し、あるものは外見上の理由から
 金属製のレストを含む支台装置を割愛し、支持のほとんどを
 義歯床に依存している。ここが大きな問題である。
 いわゆるノンクラスプデンチャーについては外観の回復に
 ついての有効性という光の部分と、適応をあやまった
 場合に生じる顎堤の異常吸収、支台歯の移動という
 重大な障害を惹起するという影の部分があり、
 その適応については今後のさらなる科学的な検証が
 必要である。

この様に、審美性を重視するために歯の健康を犠牲にするような
無茶な設計をする歯科医もいます。
間違いとは言えませんが、歯を喪失して困るのは患者様本人で
歯が抜けてから安易にインプラントを勧める歯科医もいます。
もうけ主義の歯科医にはご注意ください。

スマイルデンチャーの特徴として、ウイング(歯を把持する部分、
フィンガーとも言います。場合によって経時的なウイングの
広がりを防止するため内側と外側がつなげるもの(ループ)に
なるものもあります)で歯に支持を求めます。
折れにくいとはいえ、修理が非常に困難なデリケートな部分で
調整が非常に困難と言えます。



・入れ歯の設計について

入れ歯の基本として、入れ歯にかかる圧力を分散させるには
歯に支持を求める(歯牙支持)と歯茎に支持を求める(粘膜支持)
があります。
入れ歯が小さければ歯牙支持が主体なので安定しやすいのですが、
大きければ粘膜支持が主体になります。
当然ですが、総入れ歯は粘膜支持だけになります。
可撤床義歯(部分入れ歯)の場合、残った歯を使えますが、
歯に無理な力がかかると歯の寿命を縮めます。
うちの先生は「三点支持」を重視しています。
支持が三脚のように三か所に分散すれば安定しますが、
1・2か所ならそのままでは安定しないので、
支持装置又は粘膜部への負担が大きくなります。

5~8の連続欠損は、片側遊離端義歯と言います。
この場合、片側処理といって片側だけの入れ歯にすると
3番・4番・歯茎という三点は確保できますが、
これらは1列に並ぶので回転に対する抑止力が不足します。
このため、審美性を重視して4番だけに支持を求めると
4番への負担が過重になります。
前述の日本補綴学会が指摘するように、4番だけの支持は
過負担になる危険もあり、簡単にはお勧めできません。
どうしても4番だけにする場合には、3歯配列(普通は8番に
配列しません)を2歯配列にするなど、咬合圧の負担を
軽減するなどの対策が必要だと思います。
入れ歯の支持から見ると、理想は反対側の歯に鉤をかける
べきですが、床部が大きくなると違和感が大きくなります。
これらの設計は、担当医とよく相談してください。



・痛みの原因について

まず、入れ歯で痛みがある部分の歯ぐきを触ってみます。
歯周病などでそもそも歯ぐきが痛みやすいとか、
むくみやすい場合には、歯ぐきの治療を優先します。
むしろ、押されて激痛だったのが歯ぐきに由来するなら
歯周病治療の徹底で改善が見込めます。
痛みが床本体部の場合、出し入れは平気でも
噛んだ時の沈み込みで痛い場合などは
普通に入れ歯の痛む部分を調整します。

問題はウイング部による痛みです。
通常の鉤の場合、平行性を確認して鉤を設計します。
このため、歯のかなり上部にかかることで審美性を
大きく損なうこともあります。
スマイルデンチャーの場合、歯の向き(歯軸)に依存せず
ウイングの弾力で平行性の異なる部分にも沿わせることが
可能です。このため、大きなアンダーカットがあっても
設定可能な反面、少しの浮き上がり・沈み込みで
ウィング部が食い込むことがあります。
しかし、この部分を調整すると維持力が激減するので、
非常に繊細な調整を必要とします。

個人的な意見ですが、複数回の調整と再製でも改善しないなら
ノンクラスプデンチャーの適応症でないかもしれません。
ウィング部を減らすより、反対側に鉤を設定するほうが
入れ歯が安定するかもしれません。
担当医とよく相談してください。

たいへん長くなりましたが、おだいじになさってください

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していないので
参考程度にしてください。
ちなみに、うちの先生による勉強会からの意見なので、
専門的なことも含みますから難しいかもしれません。
かなりまじめにそれなりの解説をしたので、
すごく長いけど堪忍してね。



・スマイルデンチャーについて

スマイルデンチャーは某技工所の登録商標で、
一般名称としてノンクラスプデンチャー、
フレキシブルデンチャー、ナイロンデンチャーなど
様々な呼ばれ方をしています。
担当医から説明があったと思いますが、
審...続きを読む

Q歯の型とるときに

歯の型をとるときに右上の3番歯茎に思い切り力を加えられてその押された歯茎だけ一ヶ月経っても痛いです。力加えられて押された歯茎が痛い場合はどのような治療なんですか?

Aベストアンサー

詳しい事は歯科医師さんにお聞きになった方が良いと思います。
歯茎が痛いのは「思い切り力を加えられてその押された」のが原因で炎症を起こしているかもしれませんし、その時は痛くなかった虫歯が悪化したのかもしれません。
いずれにせよプロ(歯科医師さん)に行かれた方が良いと思います。

Qブリッジの破損に関して

上の前歯4本を抜歯して、その両隣の歯を削って、合計6本でブリッジにしてもらいました。
最初の治療の日が、H27年1月24日です。
計7回通院し、合計でかかった費用が72,400円。最終治療日は、3月28日です。
特にかみ合わせ等が悪いということもなかったのですが、H29年の1月に歯がかなり欠けてしまって、金属がむき出しになってしまいました。
2年以内であれば、無料で治してもらえるとネットで見たので、慌てて、治療した医院に行って、その旨伝えました。
私としては、きちんとかぶせたものを外して、新品の状態にしてもらえると思っていったのですが、その際、医院でしてくれた処置は、ブリッジを外すこともなく、粘土状のものをべたべたとくっつけて、2,500円請求されてお終いでした。
子供の粘土遊びの接ぎ木のような処置で、見た目も悪く、これが、2年以内であれば無料の処置方法なのかと不審に思いましたが、本日、H29年7月4日に、べたべたと固めた粘土状の物が綺麗に剥がれ落ちて、半年前の欠損状態になってしまいました。
こちらの歯医者さんは、平日が17時までであり、私は働いているため、土曜日で予約が取れる時しか行くことが出来ません。
かなりしつこく保険外診療を勧められたことと、保険診療の処置が随分すぐにダメになったこともあり、今回、料金が同じくらいかかるのであれば他の医院に変更したいのですが、他の医院に行くと、また8万くらいかかるのでしょうか?
同じ医院に行っても、今回は、新規でやり直すので、同じだけ費用が掛かるのでしょうか?
ネットで調べたよりも高額であったこと、見た目が大事だと保険外診療をしつこく勧めた割に、2年以内で欠損した場合は、かなり見た目の悪い粘土状のものをべたべた貼り付けるだけの処置しかしてくれず、しかも半年後には、それがはがれたことで、この医院にはかなり不信感を抱いています。
これは、特に不誠実な処理ではなく、一般的な対応なのでしょうか?
こういった件に、お詳しい方、お教えいただけませんか?

上の前歯4本を抜歯して、その両隣の歯を削って、合計6本でブリッジにしてもらいました。
最初の治療の日が、H27年1月24日です。
計7回通院し、合計でかかった費用が72,400円。最終治療日は、3月28日です。
特にかみ合わせ等が悪いということもなかったのですが、H29年の1月に歯がかなり欠けてしまって、金属がむき出しになってしまいました。
2年以内であれば、無料で治してもらえるとネットで見たので、慌てて、治療した医院に行って、その旨伝えました。
私としては、きちんとかぶせたものを外して、新品の...続きを読む

Aベストアンサー

お礼、ありがとうございました。
補足コメント拝見しました。
あくまでもお話を伺ううえでの推測で申し訳ありませんが、
その歯科医は保険診療についてかなり誤って解釈しています。
できるだけの説明をしますので、長文になります。



・ブリッジの設計について

保険ではブリッジの設計について基準になる計算式があります。
一般の方には非常に難しいのですが、例示しておきます。

https://www.ha-channel-88.com/bridge/bridge-hokenn-keisann.html
(歯チャンネル88 ブリッジの保険適応の計算式)

上顎③2112③の場合、
   R =5+5
   F =1+2+2+1
   FS=1+2+2+1
  (r)=R-(F+FS)
     =-2
この様に(r)が0以下なので保険適用外になります。
下顎の場合、R=10 F=4 FS=6で(r)=0となり
保険適用になります。

この4歯欠損を補綴する方法として以下のものがあります。

 ・4歯欠損3歯補綴にする
   指数では満たされますが、適用外の歯式なので
   厚生局に資料を提出して承認を受ける必要があります。
 ・支台歯を増やす
   ③2112③④のように、1歯増やすと適応可能です。
   一般的な対応ですが、今回は違うようです。
   転院された場合はおそらくこの対応です。
 ・説明スミブリッジ
   これも難しいですが、ブリッジの計算式が導入された時、
   それまで可能であったブリッジが保険でできなくなり、
   患者様に多大な不利益となるため、このような
   ブリッジを事前に入れていた方や説明されていた方には
   「説明スミ」として保険で算定することが可能でした。
   ③2112③もその一つで、「支台歯と骨に問題なければ
   算定可能」という条件付きですが移行期間中は可能でした。
   ただし、すでに導入されて長期が経過しており、
   今回のような抜歯による新規の場合は困難です。
   (地域によって異なり、うちは移行期間が終了しました)
 ・実は4歯抜歯の1本は過剰歯でした
   この場合は患者様への説明不足ですがありえます。
   この場合も、支台歯は両犬歯を含め3本必要です。
 ・抜歯は錯誤で何本か残っていました
   これも説明不足です。
   (質問者様を疑う回答で申し訳ありません)

これらの対応以外はおそらく不正請求か説明不備です。
転院した場合も、そのままでは保険では無理で、
上記のいずれかの対応になります。 



・仮の歯について

これは非常に説明しづらいのですが、
現在の保険診療では、ブリッジの場合はリテイナー、
前歯の単冠はTeCという仮の歯が保険で算定できます。

http://shirobon.net/28/shika_2_12_1_1/shika_m004.html
(しろぼんねっと 初回に職業を問われます)

M004 リテイナー
1 支台歯とポンティックの数の合計が5歯以下の場合100点
2 支台歯とポンティックの数の合計が6歯以上の場合300点

患者様には判りにくいのですが、通常はそれなりのもので、
審美性や治療中の一部分だけ先行で行う仮の歯などを理由に、
歯科医の説明による患者様の意向で自費の仮の歯を造ることも
あります。(保険の解釈ではグレーゾーンです)
説明なしでの自費の仮の歯は非常に悪質な対応です。



・費用(一部負担金)について

よく患者様に不審を抱かせますが、歯を削ってみると深くて
歯髄保護が必要などの理由で次回の請求金額の予定が変わったり、
記載もれで前回未請求分を違う次回に請求することはあります。
あまり望ましいことではありませんが、ご理解ください。



・前装部の修理について

白い部分の破損の場合、補綴物をやり変える時間と歯への負担を
考慮して補修で対応することがあります。
ただし、口腔内での限定された手技なので限界があるので、
審美や短期間での破損はありえることです。
うちの先生は、オペーカーで金属部をマスキングして
最低でも2層で歯冠部と歯頚部の色を調整しますが、
それでも強度はあまりよくありません。
(手前みそですが、審美で不満をいわれたことはありません)
短期の破損は不審を抱く要因ですが、この点はしかたのないことで
保険での手技としては問題ありませんのでご理解ください。
ただし、それらを含めて補管期間中の破損時に
説明がされるべきことです。

ちなみに、保険算定では以下のようになります。
 形成  60点
 充填 102点
 材料料 11点  (大きさにかかわらず、1歯につき)
何か所(何歯相当分)が壊れたのか判りませんが、
以前にも述べたように補管算定中は保険請求できません。
ただし、初診料や他の処置、一部の検査などは算定できます。



・補管について

よく、歯科医の説明で歯科医院が不利にならないように
補管を誤って説明することがあります。
前装部の破損は比較的頻繁に見られることですが、
「歯科医側にはなんの責任も無い」から「患者様の責任」
というのは非常に自己中心的な解釈です。
前装部に限らず、補綴物の破損は
 技工上のミス
 歯科医の設計や施術のミス、調整不足など
 患者様による故意
このいずれに責があるか、患者様に立証することは困難です。
これを全て患者様に押し付けるのは歯科医の傲慢です。

ちなみに、私が説明で聞いた制度の経緯は
短期間で補綴物の再製を行う保険の支払いが後を絶たず、
2年間という期限で再製に制約をかけることになり、
その代償として補管を導入しました。
しかし、導入当初は「脱離補綴物紛失のため」という理由でも
ある程度は認められました(地域で解釈が異なります)が、
現在は理由の如何を問わずに2年間の制約になりました。
前述のように、やり変える費用の前払いも含まれるので、
単純に管理するための費用というものではありません。

余談ですが、補管は届け出制のため算定していない医院も
確かにあります。(届け出が無くても初診期間の再製はだめです)
しかし、補管を算定しないと加圧根充などの制約があるので、
うちの地域では99%が届け出ているそうです。

補管中の破損については、本来ならば以下の対応です。
 ・歯科医院の負担で再製する(歯への負担があります)
 ・修理で対応する(修理なのでそれなりの歯になります)
 ・自費で再製する(患者様の理解と承認が必要)
いずれも利点・欠点がありますが、患者様が選択するもので
歯科医が決めるものではありません。
ちなみに、ブリッジは負担がありませんが初・再診料や
歯の根の処置などで負担が必要になるものもあります。



かなり長くなりましたが、お話を伺う範囲で
その歯科医院は保険ではあまりよい対応と言えません。
しかし、上記の理由を説明しても反発するだけです。
個人的には、負担が増えますが転院を強く推奨します。
おだいじになさってください。

お礼、ありがとうございました。
補足コメント拝見しました。
あくまでもお話を伺ううえでの推測で申し訳ありませんが、
その歯科医は保険診療についてかなり誤って解釈しています。
できるだけの説明をしますので、長文になります。



・ブリッジの設計について

保険ではブリッジの設計について基準になる計算式があります。
一般の方には非常に難しいのですが、例示しておきます。

https://www.ha-channel-88.com/bridge/bridge-hokenn-keisann.html
(歯チャンネル88 ブリッジの保険適応の計算式)

上顎③...続きを読む

Q知覚過敏って治せるんですか?

知覚過敏って治せるんですか?

Aベストアンサー

治せると言えば治せるんだけど まぁ治しても仕方が無いような そうでも無いような まぁ なんと言うか ムニャムニャ・・・・・・・ヽ(;^^)/

健康な歯でも知覚過敏は起こります。どんな歯でも そりゃあ~氷を噛んでいれば浸みますし。そういう意味では 知覚過敏は神経が生きている・健康な証拠でもあるわけです。
虫歯での神経の露出や 歯周病での歯根面の露出、歯を削った事による知覚過敏 や 歯石除去後、ホワイトニングの薬剤による刺激、噛み合わせ等による歯頚部の楔状欠損、外傷や歯の破折、その他・・・・知覚過敏の原因は数限りなくあります。単に歯が浸みると行っても その症状は様々です。冷たい物 熱い物 物理的な刺激などが多いのですが、甘い物などの化学的刺激、気圧による刺激(口を開けただけで浸みる)など、その症状も千差万別。それぞれの症状や原因によっても 処置法も考え方も変わりますし、一概にこうだとは言え無いのが知覚過敏なんです。

基本的な場合のみ解説すれば、基本的には歯に各種の薬剤を塗布するか 物理的に歯の浸みる部分を塞いでしまう処置が良く用いられます。塗布する薬も各種有りますが、多くはフッ素を応用した物や 象牙質の細かい穴(象牙細管)を塞ぐ事により浸みなくする薬が多いです。物理的に塞ぐ物も セメントやレジンが多いでしょう。まぁ ほとんどが対症療法に過ぎません。
根本的に治すとしたら 意外に簡単で、神経を取ってしまえば 歯の知覚組織が無くなりますので一応は知覚過敏は治ります。しかしながら 健康な歯の場合 わざわざ削って神経を取ってしまうのは非常に問題も多く 簡単には選択できません。また 神経を取ったとしても 歯を囲む歯周組織である歯根膜が浸みる場合も有り なかなかに厄介な事なんです。
最近では レーザー光線の照射により知覚過敏を治す場合も多いです。ところが このレーザーがなぜ知覚過敏に効果があるか正確には判明しておりません。おそらくは 周囲の組織の活性を高め 神経の刺激を感じるレセプターの反応を鈍らせるのでは無いかと言われています。

また、知覚過敏は 治ったと感じることが難しいという側面があります。冷たい物を長時間食べれば歯が浸みるように 全く浸みなくなると言う事も無いのです。浸みると言う感覚は 例えば急に冷たい物を入れた際に突然現れますが、その程度が低くなると言うわけではなく、回数が減ると言う事です。1日に何十回も浸みていた物が 気がつくと1日数回に・・・それが数日で1買いになると言うように治りますので、患者さん自身がなかなか治ったことを自覚しにくいのですよ~塞いだ薬剤を採ったり剥がれたりすれば また回数も増えてしまいますから なんとも判断が難しい。

とは言え、知覚過敏の本当の治癒は 実は自然治癒なんです。歯の内部の神経は生きた組織ですので、何度も外部から刺激が加わる・浸みる刺激が繰り返されると それに反応して対抗処置をしてくれます。歯の内部に新たな象牙質を作り、神経が細くなり象牙質が熱くなる分 刺激を遠ざけてしまい この作用が結果的に知覚過敏を直す事になります。これを専門的には「補綴象牙質」と呼びます。この作用が知覚過敏を根本的に治してくれるのですが、虫歯などの場合 歯を削る・穴を空けていく作用が この補綴象牙質を作る作用より何倍も早く、なかなか治らないと言う事になります。

治せると言えば治せるんだけど まぁ治しても仕方が無いような そうでも無いような まぁ なんと言うか ムニャムニャ・・・・・・・ヽ(;^^)/

健康な歯でも知覚過敏は起こります。どんな歯でも そりゃあ~氷を噛んでいれば浸みますし。そういう意味では 知覚過敏は神経が生きている・健康な証拠でもあるわけです。
虫歯での神経の露出や 歯周病での歯根面の露出、歯を削った事による知覚過敏 や 歯石除去後、ホワイトニングの薬剤による刺激、噛み合わせ等による歯頚部の楔状欠損、外傷や歯の破折、その...続きを読む

Qたまに歯がこのような方がいますがこれはなんという器具ですか? どのような効果があるんですか?

たまに歯がこのような方がいますがこれはなんという器具ですか?
どのような効果があるんですか?

Aベストアンサー

メタルブラケットとワイヤーで、歯列矯正に使います。

歯を動かすのに使いますが、普通に押すだけでは斜めになるので
歯を横滑りさせるような移動(歯体移動といいます)など
多くの矯正で使われます。
最近では、透明や白、裏側につけて見えにくくしたものなど
様々な種類のものがあります。

Q同一歯のクラウン治療を2年以内に再治療する場合は健康保険適用外でしょうか

昨年9月に虫歯治療(銀色のクラウンを被せました)が同一歯の歯茎部が化膿してしまいクラウン部を外して前回と同一部位を同じ方法で治療中ですが前回の治療後2年経過していなので健康保険の適用が出来ず前回と同じクラウンを被せる場合でも費用の全額を負担して下さい言われましたがこのケースでは全額負担せざるを得ないのでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ、保険でやり直しが可能で、その費用を払う必要はありません。
(注 補綴物(かぶせ)以外の歯の根の治療は支払います)
よく聞かれる事例ですが、その歯科医院の説明は間違っています。



現在、多くの歯科医院では保険で「クラウン・ブリッジ維持管理料」
(通称 補管)を算定しています。
ちなみに、難しいけど規定は以下のものです。
 M000-2 クラウン・ブリッジ維持管理料(1装置につき)
 注1 (略)
 注2 当該所定点数には、注1の歯冠補綴物又はブリッジを
    保険医療機関において装着した日から起算して2年以内に
    当該保険医療機関が当該補綴部位に係る新たな歯冠補綴物
    又はブリッジを製作し、当該補綴物を装着した場合の
    補綴関連検査並びに歯冠修復及び欠損補綴の費用が含まれる。
つまり、やり変えるための費用はすでに算定されている補管に
含まれているので、やり変える場合は費用を請求できません。

ごく一部に、補管を届け出ていない歯科医院がありますが、
この場合は7割の負担になりますので、全額負担ではありません。
また、補管を届け出た医院で補管を算定していない場合も、
補管の対象になりますので、2年以内は請求できません。
乳歯や訪問診療などは補管の対象外ですが、
それ以外は、たとえ外傷でも厚生局に届け出が必要です。

自費で請求するのは非常に悪質と言えます。

いいえ、保険でやり直しが可能で、その費用を払う必要はありません。
(注 補綴物(かぶせ)以外の歯の根の治療は支払います)
よく聞かれる事例ですが、その歯科医院の説明は間違っています。



現在、多くの歯科医院では保険で「クラウン・ブリッジ維持管理料」
(通称 補管)を算定しています。
ちなみに、難しいけど規定は以下のものです。
 M000-2 クラウン・ブリッジ維持管理料(1装置につき)
 注1 (略)
 注2 当該所定点数には、注1の歯冠補綴物又はブリッジを
    保険医療機関に...続きを読む

Q液体歯磨きについて、ご教示頂きたい。効果。

液体歯磨きについて、ご教示頂きたい。効果。

Aベストアンサー

う~~~ん(ーー;)あまりにも漠然として答え様も無いですが・・・・・
液体歯磨きと言っても種類は多いです。いわゆるペースト状の歯磨き粉の代用品から、リステリンのような洗口剤、あるいはフッ素の虫歯予防を期待した物、特定の効果(知覚過敏 ホワイトニング等)を期待した薬剤 歯周病予防に特化した物 口臭予防目的 口腔乾燥症を和らげる物 その他・・・・・・範囲が広すぎます(^o^;...

まぁ、一般論・総論で答えると、歯磨き粉・液体歯磨き等は 本来ならば取り立てて使う必要の無い物です。
最も大切なことは正しい歯磨きで正しく汚れを落とすことです。 つまり歯ブラシの方がより重要と言う事になります。

特に強い清涼感やアルコール等を含む物は、その刺激で歯を磨けたと勘違いする人も多く、かつ粘膜に対して強い刺激があります。
歯を磨けないときの代用品としての目的が強く、特に口臭予防に関しては逆効果であると言う意見もあるのです。
とは言え、歯磨きの補助としての効果は期待はできます。 特に使い方のタイミング等はありません。前後どちらでも結構です。
歯を磨いてから2時間程度で使うと言う人もいます。

唯一 フッ素の効果を期待した物は それなりの価値はあると考えられています。歯磨き粉等に含まれているフッ素が 日本の小児の虫歯数減少に大きく寄与した事は確かです。欧米のように水道水にフッ素を添加した以上の効果であったと 最近の研究では報告されているようです。

う~~~ん(ーー;)あまりにも漠然として答え様も無いですが・・・・・
液体歯磨きと言っても種類は多いです。いわゆるペースト状の歯磨き粉の代用品から、リステリンのような洗口剤、あるいはフッ素の虫歯予防を期待した物、特定の効果(知覚過敏 ホワイトニング等)を期待した薬剤 歯周病予防に特化した物 口臭予防目的 口腔乾燥症を和らげる物 その他・・・・・・範囲が広すぎます(^o^;...

まぁ、一般論・総論で答えると、歯磨き粉・液体歯磨き等は 本来ならば取り立てて使う必要の無い物です。
最も大切...続きを読む

Q子供の虫歯

先程ショックな事があったので相談させてください。
1歳10ヶ月の娘の歯磨きに歯が生えて来た頃からしっかり取り組んで来ました。
歯医者にも通い3ヶ月置きにフッ素も塗ってもらってきてました。
しかし、一昨日くらいに前歯と八重歯の所に白い斑点みたいなのがあり、今日歯医者に連れて行きました。
そこで虫歯になりかけてるので、歯が黒くなる薬を塗りますと言われてフッ素とその薬を塗ってもらいました。
これからもしっかり歯磨きをしてもこのまま一生黒いのがついてるのでしょうか?
歯科医院でその説明がきちんとされませんでした。すごくショックを受けているし、私が悪いのはよく分かってるので批判などはやめてください。

Aベストアンサー

まぁ、一生と言う事はあり得ませんが・・・・何らかの理由で永久歯が生えてこない場合は ずっとそのままと言う事も可能性としてはある事ですヽ(;^^)/
黒くなる薬剤は「サホライド」と呼ばれる物で 齲蝕抑制剤とも呼ばれています。主成分が「フッ化ジアミン銀」ですので、幅広い意味ではフッ素・フッ化物にされてしまう事もありますが 本来は別の薬です。
初期虫歯の場合に使われ 虫歯の進行を抑制する効果が高く ただ塗るだけで効果が見込めますねぇ~ですから 小さなお子様など普通の治療が困難な場合に とりあえず虫歯を大きくしないために使われます。メリットはなんと言っても痛みが無く簡単な処置で治療できる事ですが・・・・デメリットは歯を黒く変色させ しかも磨いた程度では色がとれません。そのために 最近ではあまり使われなくなりました・・・・・・・
が!!他に処置法が無い場合は とても良い処置とも言えます。1歳児では普通の治療・削って詰める等はまず不可能。治療ができる3歳以降までそのまま放置するのと 多少黒くても進行させない事と どちらが大切なことでしょうか??
小児歯科などで こういう場合に良く使われる言葉は、「お子様は歯の黒いことなんて全然気にもしていません。それを嫌がっているのは お母さん(保護者)自身の方じゃないんですか??」と・・・・・・
小学生以上ならば 確かに歯が友達よりも汚い場合は ちょいと問題も出てくるかもしれません。でも 1歳児のお子様にとって どちらが大切な事か よくよく考えて下さい。見た目や世間体を気にしているのは大人だけです。お子様が大きくなった時に その黒い歯の事を聞かれた時に どう答えますか?お母様が それを否定してしまったら お子様があまりに可哀想だとは思いませんか??
とあるお母さん・・・・「その黒いのが 今まで○○ちゃんの歯を虫歯から護ってくれてたんだよ。ありがとうって 言わなきゃね!」と答えたそうです。
良いか悪いかの判断は お任せします。

さて・・・・・本題をヽ(;^^)/
黒くなるとは言え 恐らくはエナメル質に限局した初期虫歯だと思われます。その歯科医師は 進行性のある虫歯だと判断したのでしょう。
単なる白い点(ホワイトスポット)でも プロが見ると 危ないと感じる事が多々あります。削って詰めることが無理なので まずはサホライドで抑制を考えたのだと容易に推察されます。サホライドは エナメル質だけの場合 意外に色落ちしてくれます。象牙質にまで達した虫歯に塗ると 黒色はまず取れません。従って エナメル質に虫歯が留まっている内に 早急に手を打ったと言うのが本筋でしょう。もう少し年齢が上がれば・歯磨きが進めば ある程度は自然と黒色が薄くなり ほとんど目立たなくなります。むしろ 色が薄くならないとすると象牙質まで虫歯が進行したと言う判断基準になり得ますねぇ~ つまりその部分の歯磨きを徹底するための指標とも言えます。さらに通常の治療が可能な年齢になれば その黒い部分を削り 歯と同じ色のCR・ブラスチックを詰めて 全く目立たなくさせる事も充分に可能です。
不幸にして 虫歯がかなり進行してしまったとしても、神経が無事・痛みが無い場合(つまりサホライドの効果が反映された場合) 乳歯の被せ物である クラウンフォームと呼ばれる処置で ほぼ完全に元通りの綺麗な歯に戻せます。もしもサホライドを使用せずに 普通の虫歯のように神経まで侵されて痛みが強く出てくると 様々な障害がでてきて 最悪は抜歯になりかねません・・・・そうなると将来の永久歯の歯並びに大きな悪影響を与え それこそ一生悔やむ尊に・・・・・
本当に その黒くしたサホライドが その子の一生を守ったり・・・・・まぁ すると言う事も想像はできます(飛躍しすぎだけど(^o^;...)

と言うわけで お子様が普通の治療ができるようになるまでは 長い目で見て上げて下さい。くれぐれも他人との比較はしちゃいけませんよ~
近所のママ友に なんで黒いのと聞かれたとかで泣き付いてくる若いママさんには ならないで下さい。その黒いのが虫歯から守ってくれていると どうどうと信じてあげる事が大切だと思います。

まぁ、一生と言う事はあり得ませんが・・・・何らかの理由で永久歯が生えてこない場合は ずっとそのままと言う事も可能性としてはある事ですヽ(;^^)/
黒くなる薬剤は「サホライド」と呼ばれる物で 齲蝕抑制剤とも呼ばれています。主成分が「フッ化ジアミン銀」ですので、幅広い意味ではフッ素・フッ化物にされてしまう事もありますが 本来は別の薬です。
初期虫歯の場合に使われ 虫歯の進行を抑制する効果が高く ただ塗るだけで効果が見込めますねぇ~ですから 小さなお子様など普通の治療が困難な場合に ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング