禿は治らないのでしょうか。
前から不思議に思っております。
ガンですら治る時代になったというのに,なぜ禿は治らないのでしょうか。
しかも,禿げる人とそうでない人がいるというのはどういうこのとのでしょうか。
遺伝が大きいのかな。
白人は日本人より禿が多いと聞きますが,アメリカンインディアンでは禿が非常に少ないという話を聞いたことがあります。
また,最近は若禿の人が日本人にも目立つような気がします。
うちの祖母がいっておりましたが,昔は,若禿の人はあまりいなかったような気がするともいっておりました。
とすれば,食生活も影響しているのかな。
なぜなのでしょうか。
ウーン,これらの原因が分かれば禿の原因が分かるかもしれませんが・・・

A 回答 (2件)

大気の汚染とシャンプーにも原因があります。


もちろん食生活にも原因はありますが
大気汚染は言うに及ばず昔に比べかなり大気中の排気ガスも年々増加しております。それで髪の毛根には油脂はたまっていく一方で洗浄力のないシャンプーが大変よく売られている現状です。
市場に出ているシャンプーの8~9割はその危険性を持っているシャンプーです。
それらを皆が使い宣伝に踊らされているようでは、50年後には国民総禿げになることでしょう。某かつら屋も儲かってしょうがないと思います。
自分は美容師をしていますが、最近の若い子特に10代は大変危険ですね。
この子は将来なにもしなければ禿げになるという女の子が大変多く感じます。
本人のことなのでお客様でもなければそんなアドバイスをする必要もないのでしませんが、悩んでいる。疑問に思っているということでしたらなんでもお答えします。
治る禿げもあります。それらは病気なので治るのですが
それ意外のものは慢性的なものはなってからでは、まあまず遅いでしょう。
今現在あるものを維持するのは比較的楽なのですがこれから発毛というのは厳しいです。
リ○ップという商品もありますが効果が少ないし使うのをやめると抜けてしまうというアメリカでの論文もあります。アメリカにも似た商品があるのですが効果が強い変わりにやめた時の抜け毛もひどいそうです。日本のは効果が少ない変わりに抜け毛が少なくなっているそうですが…
結局それを一生使いつづけなくてはいけないということですね。寂しいねそんなの。。
禿げは誰の責任かはっきりわからないので、シャンプーや育毛剤を作っているところは適当にいい言葉をならべ宣伝しているのです。
もし本当に発毛効果があれば宣伝しなくても値段が高くても売れるでしょう。
宣伝しているのは宣伝しないと売れない商品だから宣伝しているんですよ。

話はすこしそれましたが「治す?!」のは現在の科学では無理です。
完全な自己管理のみ予防できます。遺伝によるものは4割ほどしか影響しませんから本人の問題だと思います。
ちなみに私は触診で危険度がわかります。

御質問のお答えになったでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか、遺伝は4割程度ですか。
やはり生活環境の変化が大きいのですね。
私は今のところ禿げてはおりませんが、もし、禿げても育毛剤とか、育毛サロンなんかには行きたくないですね。
禿は罪でも恥でもありません。
禿を受け入れるつもりです。

お礼日時:2001/07/03 05:15

このサイトに少し関連がありそうなことが載っていたのでURLを付けておきます。



表現のあやかもしれませんが、禿は病気ではないので「治る・治らない」という表現はちょっと誤解を招くかもしれませんね。

参考URL:http://www.faf.presen.to/cause/sebaceous.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/07/03 05:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報