『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

はじめまして。現在40歳で会社員をしております。
実は最近運動不足解消と精神修行を兼ねて、以前から興味のあった空手を習いたいと考えております。
インターネット等で調べて、現在の仕事の状況から通えそうな道場は極真会館、正道会館の2つに絞られてきています。私としては、サバキ技術に興味があり、本来は芦原道場かなとも思ったのですが、残念ながら通える範囲には芦原道場はありません。書籍などから上記2つの流派は元々同じで、なおかつ正道会館は芦原道場から分かれたと読んだことがあります。
そこで質問とは、正道会館でもサバキ技術を教えていただけるのでしょうか?(柔法コースと言うのを見かけましたが、これは柔術のことですか?)また極真会館ではそういった技術は教えていただけないのでしょうか?また、そもそもサバキという技術は護身の観点から有効なものなのでしょうか?
なにか欲張っていくつも質問してしまいましたが、自分としては入門する前に、事前に経験者の方から色々と情報をいただきたいと思った次第です。ちなみに、私自身は空手(武道全般)未経験で、全て書籍等から得た知識でしかありません。実際に道場見学も考えておりますが、ド素人の私が道場の方にいきなりこんなことを聞くのも大変失礼かと思いましたので、この場をお借りして質問させていただきました。
ご理解いただける方、どうか回答・アドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

サバキを学びたいのであれば、円心会館がいいと思い居ますよ。

    • good
    • 2

頭でっかちではおろか過ぎます。

大人なのでしょうから自分の目で確認してきては如何なものかと。
私は故芦原英幸門下では有りますが。
正道は・・・商売がうまいですね。バックは・・・893
インチキ柔術はやるだけ無駄!
    • good
    • 2

 流派としてその技を取り入れているとしても、道場主によって力の入れる技術が違うので、同じ流派であっても道場によって違うのが現実だと思いますので、流派だけでそれを調べるのは問題があると感じます。



 まず、自分が通える、続けられる道場をピックアップして、その中から興味ある技術など自分の求めるもので選んではどうでしょう。とにかく続けられることが最も重要なのだから。

 私の場合は稽古の安全性や理念、指導者の人格、道場の雰囲気などを重視しました。
 体験入門や見学関係のところには是非足を運んでみましょう。

 ちなみに、自分が通っている道場が好きだけど、そこではやらない技術に興味があるので、それを習得するために補習的に別の道場に通っている、という人もいます。双方の道場とも、それを認めています。
 中には自流派以外には悪口雑言で、認めないという流派もありますけれど。
    • good
    • 2

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。



極真会館から分かれざるを得なかった芦原会館から更に分裂したできた正道会館でも「さばき」は教える技の一つとして教えています.

また、芦原会館のコロラド支部から脱皮した二宮城光氏の円心会館もこの「裁き」をSabakiと英語にして重要性を追求した事は有名ですね. いまでもSabaki Tournamentは行われています(いるはずです)。

しかしながら、空手を使える物とするにはこの裁き(体裁き)なしには使い物になりません. よって、これを教える技・観念の一つとして教えない空手・武道は「モグリ」とも私はいいます.

相手をいかに不利な状況に持ち込む事がいかに他の技が生きてくるかと言う非常に「不公平な」技術が結局は武術の真髄ともいえるのです. きれい事で終えることのできない武道の陰の事実です.

これは、使える護身術でも同じ事ですね. 

この観念を汚い技と呼ぶこと自体が武道の武術たる物の本筋だと理解していない事にもなるわけです.

このきれい事に徹する姿勢では武道を教える事はできないと言う事は、刀で人間の体を真っ二つに切る動作を基本とする居合道においても同じ事ですね。 全ての居合の型は人間をいかに早く相手が自分を切り殺す前に殺すかを習う物なのですね.

空手でも同じ事です. 一撃必殺への道を歩む事が結局人の命を大切にする「悟り」を心底から感じる事ができるようになるわけです. 倫理的理由で「人を殺さない」のではなく、「殺す実力があるからこそいかに人を殺さないように自分を鍛える事ができるか」と言う非常に単純そのものをやっているわけです.

本題からそれてしまいましたが、これらをしっかりと理解した上で教えている空手の先生であれば、裁きも教えるはずです. よって、流派ではなく、近くの道場の指導員がいかにあなたの習いたい事を教えられるかを見学し、道主とはなすことが大切だと言う事なのです.

と言う事で、本題の「正道会館ではさばきを教えているのか」というご質問には「教えていることは知っているけど支部長・指導員がその理解とその技術をはっきり持っていて教えるのかということは聞いてみなくては分からない」と言う回答をさせてもらいました.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芦原と極真と新極真

自分は高校一年生の男です。
実は今フルコン空手を始めたいと思っているのですが、家の近くに芦原会館と極真会館と新極真会があり、どれにしようか悩んでいます
イマイチどの関係HPを見てもどれがどうなのかわかりません^^;
芦原会館と極真会館と新極真会の事を具体的に教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

実際の道場での練習はほとんど同じだと思います。
ただ、世界クラスで見ると大きな違いがあります。芦原会館はよくわかりませんが、極真会館には、ブラジルやロシアといった強豪支部があります。世界大会も彼らが中心になりつつあります。しかし、新極真会はまだまだ日本人が中心です。
世界のトップを目指すなら考えてもよいのではないでしょうか。一番知名度が高いのは、極真会館だと思いますよ。
あとは、極真だろうが、芦原だろうが、各々の道場でまったく雰囲気が違います。全ての道場に見学に行き、自分に合うところに入門したほうがいいと思いますよ。
組み手ばかりの道場や、基本ばかりの道場。雰囲気の悪い道場がたまにあるので。

Q「空手」牙城会館と円心会館で、入門に迷っています

これから空手を始めようと思うのですが、どちらにするか迷っています。牙城はフルコンタクト、円心もフルコンタクトですが、捌きや投げもあるみたいです。

私は、強さよりも体力の維持向上がメインだと思っています。ジョギングよりも格闘技系(打撃)の動きが好きだし、技術も身につけることができると思うので。

見学にいってみましたがやはり選び難いです。どちらも良い道場だと思うし、金額的にも時間的にも通いやすそうですし、どちらも楽しそうなんですよね。
なにか良い選び方があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず標題の前者についてお答えします。

昔は岩手にあるフルコン空手は、(多分質問者さんは岩手の方ではないかとお見受けしました。)
極真空手岩手支部の小野寺師範(故人)の道場だけでした。
その小野寺師範いわく、前者の館長は元々、「うちの道場を色帯でやめたやつだよ」と。
彼は極真会館退会後何か実績を築くこともなく、自流を起こされたようですね。 

今でこそ雨後のタケノコのように○○会や△△塾と、空手道場がたくさんできていますが、
そのさきがけ的存在のように思います。  例えば数年前にも素人同然の実力で自流を起こした
ある人がいます。 今まさに道場を広げています。 当初は疑問符の付いた彼の実力が、世間の
評判的に厳しく見られていたこともありましたが、それでも道場を広げ、師範代なり指導員を増やし、
地元の政治家や商工会にも根回ししてとやっていくと、いつのまにか世間でいっぱしの道場に
見られていくようです。 それがいいのかわるいのか分かりません。

一方円心会館の館長さんは本物です。 古き極真全日本大会の強豪でもありました。
指導員レベルでは各道場で個性が違うでしょう。 しかし習いに行く道場と同じくらい、いや
それ以上にその団体を起こされた元となる方の出自を考慮しないといけないのではないでしょうか? 
私が同じ立場なら習う所につき迷いません。

まず標題の前者についてお答えします。

昔は岩手にあるフルコン空手は、(多分質問者さんは岩手の方ではないかとお見受けしました。)
極真空手岩手支部の小野寺師範(故人)の道場だけでした。
その小野寺師範いわく、前者の館長は元々、「うちの道場を色帯でやめたやつだよ」と。
彼は極真会館退会後何か実績を築くこともなく、自流を起こされたようですね。 

今でこそ雨後のタケノコのように○○会や△△塾と、空手道場がたくさんできていますが、
そのさきがけ的存在のように思います。  例えば数年前にも素...続きを読む

Q伝統空手 と フルコン空手 

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそうです。(友達談)けれどフルコンの間合いは伝統と比べると非常に狭いので、顔面への突きは「簡単にあたりそうな気がする・・。」そうです。どんなにがんばっても顔面を鍛えることはむずかしいですよね?フルコンの方は伝統空手をどう思われますか?実際に防具なしで伝統空手の人とやるとしたら、顔面への攻撃には簡単に対処できると思われますか?また伝統空手の顔面等への突きは脅威になりますか?どちらの空手を習えばいいか迷っています。フルコンの方、伝統の方、またどちらも経験のある方、ご意見をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそ...続きを読む

Aベストアンサー

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は不可能です。
一撃に渾身の力を込めますから体を鍛え込んでいるフルコンと言えども
まともに食らったら一瞬で勝負が決まります。
それと、伝統派は体で受ける事はしません。
伝統派は直接的な攻撃が多いという人がいましたがそれはただのレベルの低い試合を観ているに過ぎません。
伝統派にはすべて相手の力を無効化する技が沢山あります。
体重100キロの相手を簡単に転ばす技もありますから。

ま、大道塾の北斗旗やK1のようにパワ-を重視したようなグロ-ブル-ルになりますと、本来のスピ-ドが出せませんので極真が有利でしょうけどね。
歴史の背景から本来の空手(唐手)というのは
琉球(沖縄)から始まり、それが本土へと伝わって色んな流派が生まれたんです。

では何故極真が最強と言われるようになったのか。
それはまず極真空手創始者大山倍達氏の伝説が凄まじかったのが一つ、そして
寸止めは実戦的でないと、直接打撃制とかケンカ空手という謳い文句が雑誌や素人にうけたに過ぎません。

でも柔道に置き換えれば、伝統派が柔術で、フルコンが近代柔道と言えます。
昔の武道ほど恐ろしいものはないんです。

私は伝統派に勝てるかも知れないフルコン空手をあえて言うなら
大道塾だと思います。
スピ-ドまでは行かずとも伝統派に似たスタイルで極真のパワ-があり、
なおかつ寝技や関節技まであるという流派らしいですから。
どこまで本当か分かりませんが・・。
私個人の意見として総合的な怖さでは大道塾、驚異的破壊力の怖さで言えば
中村日出夫総帥(10段)率いる拳道会でしょうね。

本来、空手は4代流派に分かれていました。糸東流・和道流・剛柔流・松涛館です。故大山倍達館長は剛柔流の5段でした。そこから独立して極真会館を創始したんです。つまり4代流派は極真のル-ツといっても過言ではないのです。

それでも寸止めだから実戦に弱いとか、直接打撃だから強いとかいう
馬鹿げた妄想を抱いている輩が沢山いるから困ったものです。
パンチ力がいくらあってもそれをさばかれたら役立たずです。

本来の伝統派というのは恐ろしかったんです。
伝統派は昔から「一撃必殺」というように一撃に渾身の力を込めて
相手の急所に叩き込むという技を極めてきたんです。その修練も半端じゃありませんでした。だからこそそれを直接打撃にするとあまりにも危険過ぎるので寸止めにする必要があったんです。実戦では寸止めしなければいい事ですしね。
でも、伝統派もやはり時代の流れに沿って昔のようにル-ルが無かった血だらけの試合をしていた頃が失われつつあります。
そしてこれまでの血を流す空手ではなくこれからは汗を流し老若男女誰でもやれるスポ-ツ空手として、オリンピックを目指そうという事になったのです。昔の空手はもはや時代が必要としないのです。
ですから、今の伝統派は素人目から見れば府抜けていると思うかも知れません。
しかし、本来の武道というのは空手道・柔道・剣道というように「道」という
言葉の本質が分からねば強い・弱いと判断する資格はありません。
そういう人間は武道の本質を何も分かってないんですから。

現在の空手は喧嘩に勝つためにあるのではありません。テレビで芸能人化している空手家や今の極真のような見せ物の為にある訳でもありません。
人格完成・誠の道(社会的貢献)・努力の精神・礼儀・血気の勇を戒める心を養う為にあるのです。だからこそ社団法人や日本空手協会に所属しているのです。
これからの空手はどちらか強いかではないのです。以上。

長くなってすいませんでした。
空手を習うなら社会的貢献を目指し、驚異的なスピ-ドを得たいなら伝統派。
格闘技として単純に強くなり、観客を興奮させたいならフルコンをお薦めします。

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は...続きを読む

Q40代男ですが強くなりたいです。

40代男です。
ずばり強くなりたいのと体を大きくしたいです。
今はキックボクシングのジムなどを
探しているのですが、なにか良いスポーツはあるでしょうか?
池袋近辺のジムが理想です。

高校で柔道を授業で受けた程度で経験は何もありません。
ケンカをしたこともありません。

現在は3年くらい週1でジムに通ってウェイトをしているので
そこそこ体力はあるつもりでいます。

Aベストアンサー

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと
武器を持った相手と生きるか死ぬかの戦いを実戦といっているのか
リングの上で戦うことを実戦といっているのか

普通に暮らす人が極端な場面に遭遇する確率は高くはありません。
護身、強さといっている場合はまさにkimsunaさんの言われている心の余裕を
指している場合が多いのではないかと思うのです。
別にケンカや武器を持った相手を常に想定した強さを求める必要はなく、
心と体の平静を保てる強さを求めてもいいと思うのです。

私も40代になってから合気会系の合気道を始めました。
実戦だとか、護身だとか関係ないです。
心身の鍛錬になると思ったしなにより、それでも何かのっぴきならない状況に
陥ったときに、落ち着け、体が動かせるようになっていればいい
そう思ってです。それで十分だと思ってのことです。

合気道は役に立たないとか、型稽古ばかりなので意味がないと言われます。
それは、恐らく知らないからです。
私はまだまだですが高段位の方々は、それこそ力まず、ぶれず、常に安定して相手をさばけます。
力は要りません。
昔よくジムに通っていて筋肉量の多い私は逆にいつも「力を抜きなさい」と指導されます。
合気道は、どこをどうすれば相手を制圧できるか非常によく練られた武道です。
そういう意味ではお勧めです。
どんな状況でも相手を簡単に転がせる術を心得ている、それだけでも違うと思いますよ。
ですが、必ず相手との接触があってから始まる武道なので能動的ではありません。
空手その他攻撃を仕掛ける面での強さを求められるならそちらでいいと思います。

お互い40代、がんばりましょう。体力的には何の問題もありません

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと...続きを読む

Aベストアンサー

まだ高校生で実家に住んでいて、近くにいいジムがないのでしたら
その選択がベストだと思いますよ。

いい体格ですね。あと体重を10キロ~20キロ増やせばヘビー級に
逆に10キロちょっと減量すれば70キロ級に出れますよ。

身長はもう少し伸びると思います。俺は高校の時に177センチだったけど
毎日牛乳を500ミリリットル~1リットル飲んで、朝晩、背伸ばし(普通の背伸びと同じ)と
足伸ばし(力を抜いた、リラックスしたスクワットみたいなもの)を
ゆっくり50回~100回くらいやってたら、20歳の時には183センチになってました。
20歳前後はまだまだ身長が伸びますよ。ヘビー級でやりたいんだったら180以上は必要です。

あと、もしボクシングジムが近くにあったら一度見てみるといいですよ。

K-1で勝つ鍵はボクシングです。
魔裂斗もバタ・ハリもボクシングができるから勝っている。
魔裂斗はボクシングのトレーナーから専門的に習っています。

その魔裂斗でさえ、ボクシングの現役ランカーとボクシングをやったら
勝てないでしょう。

K-1の70キロ級JAPANの大会で、30代の元ボクサー前田宏行(角海老宝石ジム)が
準優勝者のTATSUJIやHAYATOをあっという間にダウンさせましたが
ボクシングはそれ程奥が深い競技です。
ディフェンス、カウンターも優れている。キックの選手の知らない技術がたくさんある。

ボクシングのことはいつも意識していたほうがいいですよ。
本当にできればだけど、ボクシングを最初に習ったほうがいいとさえ言えます。

まだ高校生で実家に住んでいて、近くにいいジムがないのでしたら
その選択がベストだと思いますよ。

いい体格ですね。あと体重を10キロ~20キロ増やせばヘビー級に
逆に10キロちょっと減量すれば70キロ級に出れますよ。

身長はもう少し伸びると思います。俺は高校の時に177センチだったけど
毎日牛乳を500ミリリットル~1リットル飲んで、朝晩、背伸ばし(普通の背伸びと同じ)と
足伸ばし(力を抜いた、リラックスしたスクワットみたいなもの)を
ゆっくり50回~100回くらいやってた...続きを読む

Q40才から始められる武道

平凡なサラリーマンですが、自分に自信をつけるため武道を始めたく思っています。中年の素人がのこのこと加わっても、他の皆の迷惑だろうという気が強くありますが、しかし思い立った今始めたいです。近くのカルチャーセンターでは週1の合気道と月2の琉球空手があります。その他も探せばそれなりにあるとは思います。お勧めの武道や中年で始める加わる場合の注意点などありましたら教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは40歳からはじめれる格闘技ですが。それは少林寺拳法か剣道です!少林寺拳法は僕と一緒に父が42歳からはじめました。今4年間続けているのですが3段です。はじめる前はビールバラで腹もたるんでいたりしてのですが、今ではムキムキです。(笑)フルコンタクトや乱取りは基本的にないので怪我をすることもほかの格闘技に比べたら少ないと思います。少林寺では打撃の『剛法』関節の『柔法』整体の『制法』からなります。護身術としてもいいですし、人間的にも鍛えれると思います最近は結構いろんなとこに道場ができてきています。一度見学にいってみたらどうですか?
剣道は弟の剣道道場の先生は50過ぎから初めてという話を聞いたからです!
僕は柔道もやっているのですが、今からするのにはお進めできないです!

Q極真空手の興業色について

極真会館の某道場に通っている学生です。
前からずっと気になっていたことなのですが、極真はなぜこんなにも金儲けをするのでしょうか?お金の徴収について例を挙げると
・入会金 15000
・月謝  10000/月
・総本部登録料10000/年
・審査料 8000/回
など。あれこれと名目をつけてお金を取ります。自ら興す大会などでは
・プログラム代 2500
に始まり体育館の入り口で自社グッズの叩き売りを行っています。はっきり言ってプログラムすらこんなに高い金額で売る所なんて聞いたことがありません。オリンピック種目にあるような一般の競技でも、大会のプログラムぐらい無料で配布しているのが殆どです。
"道"を習うには費用かかると言いもしますが、一方では300円/回で習える弓道があるなど一概にそうとも言い切れません。一流の有段者が質素な生活の中で弟子を育てる事等も少なくは無い話です。

とするならば、極真会館は商売で空手を教えているのでしょうか?大山総裁のこの辺りについての教えとはどのようなものだったのでしょうか?
また分裂した流派の中で、興業色が薄く質素に道場運営が営まれ、人の道について(比較的)厳格な指導が行われている流派はどこになるのでしょうか?

極真会館の某道場に通っている学生です。
前からずっと気になっていたことなのですが、極真はなぜこんなにも金儲けをするのでしょうか?お金の徴収について例を挙げると
・入会金 15000
・月謝  10000/月
・総本部登録料10000/年
・審査料 8000/回
など。あれこれと名目をつけてお金を取ります。自ら興す大会などでは
・プログラム代 2500
に始まり体育館の入り口で自社グッズの叩き売りを行っています。はっきり言ってプログラムすらこんなに高い金額で売る所なんて聞いたこ...続きを読む

Aベストアンサー

nakedking007さん、こんにちは。
ボクも極真習ってます。ちなみに修行歴17年の3級です。
途中、仕事の事情で長く休会していました。
確かに何かとお金がかかりますね。
少しボクの思うところを書いてみたいと思います。

まず、道場経営と大会運営はちょっと視点が違う面もあります。
道場経営自体は決して楽ではないと思います。
本職を別に持った上で指導されている方も少なくありません。
空手の指導だけで食べていける方はごく僅かなのが現実です。
我々一人一人にとっては決して安くない月謝も、
道場経営という視点から見れば、逆に高くないし楽なものではないと思います。

次に大会運営についてです。
ボクも大会を見に行きますが、やはりグッズやパンフレットの
価格の高さに驚きます。もうパンフは何年も買っていません。
でも、大会は会場費の他に、企画運営会社を始めとする様々な
見えにくい経費がかなりかかっていると思います。
道場生の手伝いなどを動員して運営していますが、
プロの興行に比べれば稚拙な面があるのは否めません。

道場経営と大会運営の両方でネックになるのが、
やはりアマチュアの団体であるということだと思います。
つまり、プロの興行ほどスポンサーや協賛金が得られにくく、
大掛かりな後援会などができないということだと思います。
他にもボクらが計り知れないことがたくさんあるだろうし、
金回りに関しては、楽ではないだろうなぁと推測します。

ボクもnakedking007さんと同じ感覚を長らく持っていました。
でも、小さな会社を経営するようになった今の自分の目から見ると、
こんなものではないかなぁ?と思うようになりました。

私見ですが、大山総裁の存命中は、まだまだ若い人の人数も多く、
格闘技も今ほど「総合」やら「柔術」やら「K-1」などが
盛んではなかったので、常に相当な人数の入門者がありました。
また、当時は支部・分支部などもとても少なくて、身近な道場が
あまり無かった代わりに、一つの道場の人数は多かった時代だと思います。
なので、丼勘定での道場経営もできていたし、道場を出せる
くらいの方であれば、かなりの指導者だったと思うので、
それなりに繁盛していた時代だったと思います。

と言うことで、私は高いか安いかと聞かれれば高いと思います。実際。
でも、その分大山総裁の築いた極真空手を学べる幸福を実感しています。
若い人にはちょっと実感しにくいかもしれませんが、
大山総裁は本当にすごい人だったと思います。
ただ単に強くなりたいということであれば、前述したような
格闘技の他にも、ボクシングや合気道もあります。
でもボクは、「心身を練磨し克己不抜の心技を極められる」
のは極真だけだと思っています。あくまでもボクはです。

最後に付け加えれば、一番安く習える格闘技は、
警察署などで教えている剣道や柔道ではないかなぁと思います。

いろいろと悩みや懐事情もありますが、ボクは極真が大好きです。
7月に交流試合に出ましたが、これからもずっと向上したいです。
nakedking007さんも、どこの道場でも、どんな流派でも、
どんな格闘技だったとしても、頑張って心と体を強くしましょうね!

nakedking007さん、こんにちは。
ボクも極真習ってます。ちなみに修行歴17年の3級です。
途中、仕事の事情で長く休会していました。
確かに何かとお金がかかりますね。
少しボクの思うところを書いてみたいと思います。

まず、道場経営と大会運営はちょっと視点が違う面もあります。
道場経営自体は決して楽ではないと思います。
本職を別に持った上で指導されている方も少なくありません。
空手の指導だけで食べていける方はごく僅かなのが現実です。
我々一人一人にとっては決して安くない月謝も、
...続きを読む

Q大道塾に入門したいのですが

大道塾に入門したいのですが
大道塾本部に入門を考えているのですが、極真、柔道ともに段持ちです。
それでも、始めは極真ルールのみでのクラスしか参加できないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も似たような経歴の持ち主ですが、
先生によって指導の仕方が違うと思います。
毎回の練習では上級者に混じって総合で軽く練習はさせてくれると
思います。ただ毎回の練習は基本稽古に条件組手なんで
そんなに違和感はないと思いますよ。

ただ、白帯スタートだから試合では顔面無しルールですけどね。
空道では昇段試験の他に大会で優勝しても昇級できます。
ある程度自信があると思うので頑張って優勝されるとよいと思います。
あなたの経歴から見たら確かにいきなり総合でやりたい理由は分かりますが、仮にあなたがレスリング経験者だった場合、いきなり総合で練習させろと言っても無理な話だと分かると思います。

私も入りたての頃白帯が無くて黒帯を着けて練習しようとしたら
さすがに怒られました。空道では初心者ということを忘れずに。
空道ではあなたと同じく他流派経験者がとても多いので楽しく練習できると思います。
また、無駄な型は無いし、極真とは違った練習なので初心者でも教わることは多いと思います。

Q体格、性別などをカバーできる格闘技、武道を教えてください。

以前少林寺拳法を習っていました。
師範が、少林寺の技は、体格や性別、力のハンデがあっても技でカバーできるとおっしゃっていました。

大学に入って、新しく武道や護身術、格闘技のどれかを始めようと思います。

自分は背が低いほうですし、力任せはあまり好きじゃありません。(もちろん筋力トレーニングなどで自分なりに鍛えています。)

そこで、体格・力を技の鍛練でカバーできる武道、護身術、格闘技を知っている方、習っている方がいらっしゃったら教えてください。
マイナーなものでもいいです。
というより、空手・柔道・合気道などより、マイナーな方が良いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

意外と思われるかもしれませんがブラジリアン柔術はさほど性別、体格は関係ありません。
私が20代後半の頃、170cm、85kgで青帯になりたてのとき148cm、45kg位の30代の紫帯の女性にスパーで何回もタップを奪われました。
あのときの恥ずかしさといったら…それくらいブラジリアン柔術は関係ないということです。

Q空手とムエタイのどちらがお勧め?

空手とムエタイのどちらがお勧め?

私は29歳の結婚している会社員です。
武道を今までやったことがないのでやってみたいのと、もし自分がからまれた時などの護身のために、空手かムエタイのどちらかをやろうと迷っていました。
片道ですが、空手道場には家から自転車で5分、ムエタイのジムには自転車と徒歩で30分くらい(結構街中を通る)で着きます。
空手道場にスポーツジムがくっついているので、そのスポーツジムを使用させていただくという特別に優遇措置をしていただいて、運動したいですし、家から近いということで、空手を選び道場に通っています。しかも、2時間ある内の前半1時間はジムをつかって、途中から道場に入って参加させていただいています。

そして、かれこれ3ヶ月くらい通ったのですが、周りの習っている人はほとんどが小学生ばかり(中学生が4,5人)で、白帯から始めています。内容のほとんどが、形(かた)が多く、組み手は小手をはめて正拳突きを軽くするくらいです。
正直な感想はあまり喧嘩などに実戦的ではなく、芸術のようなかんじです。達成感があまりないのが悩みです。

そこで、質問なのですが、少々遠いですがムエタイに行くべきでしょうか?目的は護身をマスターすることと運動をすることなのですが、社会人になって片道30分もかけてムエタイのジムに行くのもどうかなと思ってしまい、時間がもったいないかなと。。。
あと、お金はムエタイは1万円、空手は7千円で、1万円貯蓄するのが賢明なのかなと。
ちなみに、会社は残業はなくて、規定時間に帰っていますので、普通の人よりは時間があるかと。

空手とムエタイのどちらがお勧め?

私は29歳の結婚している会社員です。
武道を今までやったことがないのでやってみたいのと、もし自分がからまれた時などの護身のために、空手かムエタイのどちらかをやろうと迷っていました。
片道ですが、空手道場には家から自転車で5分、ムエタイのジムには自転車と徒歩で30分くらい(結構街中を通る)で着きます。
空手道場にスポーツジムがくっついているので、そのスポーツジムを使用させていただくという特別に優遇措置をしていただいて、運動したいですし、家から近...続きを読む

Aベストアンサー

素人の個人的な意見ですので、聞き流してください。

自分一人を護れればいいのであれば、格闘技でなく、短距離走とかフルマラソンとか陸上競技がお勧めだと思います。
空手でグローブもつけずに、相手の胸部めがけて正拳を打てば、相手にもよりますが あっさり肋骨が折れます。
ムエタイの肘や膝も大概 危険です。
下手に格闘技をやっていて、相手に怪我をさせた場合、武器所持と同等と扱われることがあります。
なので、手を出さずに走って逃げるのが、護身としては最も無難と考えます。

空手もムエタイも護身というよりかは、相手を完全にねじ伏せる感じになるので、護身としては どちらも不向きかとは思います。
相手を地面に落とさずに投げれるのであれば、相手を怯ませる事ができるのは、柔道が 一番だと思います。
ただ、放り投げてしまった場合、打撃系の格闘技より はるかに危険です。


人気Q&Aランキング