続きです。

(4)20代の女性が成人男性の人体をメスで解体する事は可能なんでしょうか?レジデントクラスの人でも知識があれば腕や胴体などの部分毎にばらばらにできるんでしょうか?所要時間はどれくらいかかりますか?(頭、両腕、両足、胸の6つのパートです)

(5)手術の際にドクターが手袋をつけますがあれの正式名称は何と言いますか?どんな素材ですか?それと仮に{軍手}で遺体をばらすとしたら手が血だらけで臭いとかつくんですよね?手術後にはドクターなどは何か専門の消臭薬品で手洗いするのですか?もしそうならどんな薬品がありますか?

(6)遺体をばらして出た血液を仮にゴミ袋に入れた場合、血液は凝固しないのでしょうか?人は死んだ後時間が一定経過すると凝固するそうですが、人体の外に出た大量の血液をゴミ袋に入れておいた場合凝固するのでしょうか?仮にするとしたら人体の全部の血液がゴミ袋の中で凝固するのに大体どれくらいの時間を要するのでしょうか?

繰り返しますがまじめな質問です。どれでも結構なのでご存知の方お答えお待ちしてます、全部ご存知なら全部教えてくださいm(._.)m 。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

気になった点だけ、追加で。

(あまり多くは語りたくないので)

(4)ですが、その解剖が何を意図して行われているかによります。解剖には、系統解剖(学生が解剖学の修得の為に行う実習の他に、医師が手術や治療等のために実施するもの。局所的なものが多い)、病理解剖、司法解剖があります。単にバラバラにするだけの解剖というのは、人体ではないと思われます。それぞれの目的に則し、所見を確認しながら実施するのが普通です。時間も執刀医によりけりです。丁寧すぎるほど丁寧な医師もいれば、要点のみに気を遣い、手早くこなしてしまう医師もいます。

(5)ですが、この質問での「手術」とは、「解剖」でしょうか?人それぞれですが、解剖の際でも手術用ゴム手袋を着用し、水分で滑らないように、さらに上から綿手袋を着用する人もいます。

(6)ですが、これについてが最も誤解が多いようです。人は死後、血液の凝固能も失われます。従って、解剖時に出た血液は凝固しません。もし勘違いされているとすれば、それは血液が付いた部分が乾燥したために、一見凝固したように見えたというだけでしょう。従って、死体血の保存に抗凝固剤は使いません。例外的に、凍死体の場合は、低温に長く保持されていたために、解剖後に血液が凝固してくることがあります。(凍死の確認の意味で、この所見も重要な所見になります)
 よって、大量の血液を体外に貯めていても、乾燥して容器の淵の血液が固まっても、凝固して全部固まるなんて事はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ありませんm(._.)m 。回答ありがとうございますm(__)mペコ。
え~この質問をした真意は質問Vol.1で補足事項で追加したのですが2000年11月に日本で上映された韓国映画「カル」での内容なので実際の現実世界でこんなことするつもりはありません、当たり前ですが( ;^^)ヘ..。

本当に詳細に関する回答ありがとうございます。人間が死後、血液が凝固するものではないのは始めて知りました(~Д~;)。とても参考になりましたm(._.)m 。

お礼日時:2001/07/11 14:27

続きがあったのですネ。


(4)メスだけで解体するのは大変でしょうが可能です。本来は関節部分の腱を切るのは大変なので、別の方法を用いるでしょうが‥四肢の切断が最も時間がかかるのではないでしょうか‥
解剖実習では何日もかけて一体を徹底的に刻んでいきますので、実習を受けた人であれば構造は頭の中に入っているでしょう。
(5)ゴム手と呼びますネ。逆性石鹸など色々な消毒剤がありますヨ。
(6)血液の凝固時間は通常の検査であれば、2.5mLで8~12分程度ですが、これは決められた量を決められた容器に入れて37℃に保温したときのものです。泡が入っていると凝固時間は短縮され、量が多くなると長くなり、低温でも時間は長くなります。
カルシウム剤などを血液に入れてやると凝固に要する時間は4~5倍早くなりますネ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

どうも、質問者jixyoji-ですm(__)mペコ。
え~やはり案の定管理人の方からクレームがありました(当たり前と言えば当たり前か・・・(-。-;)。一様タイトルの方にもまじめな質問だと書いてはありますが、どうやら説明不足のようでしたね。この質問のタイトルを見て不快だと告げ口された方がいるようなので、ま~私もこのタイトルで質問すべきではないと十分考慮はしたんですがあまり専門の回答者が見てすぐに質問に回答を寄せれないタイトルだとすぐに質問が2ページ目になって回答を早期にしてもらえないと考えたのであえてそうしました。なにせ医療関係の質問は法律と同じですぐに質問が集中するようなので不快な質問となってしまい、申し訳ないです`s(・'・;)。

さてなぜこの質問をしたかはある映画の内容で非常に気になったので質問しました。そのタイトルは韓国映画で日本では1999年11月に上映された「カル」です。見てくれればわかります。ただ質問した真意は謎解きのネタとして私ができれば最初に知りえたものにしたかったのであえてタイトルは先に伏せました。ま~管理人さんも私の質問に懐疑的だったのでその映画を見れば真意がわかります。それとクレームをつけた方も見ればわかります。

それではお騒がせしました(^^ゞ

補足日時:2001/07/02 18:18
    • good
    • 0

四肢というのは両手両足の事です


血液凝固に関しては、私は解剖医ではないので明るくないのですが、その時の外界の温度、放置状況にも左右されるでしょう 人体内の温度も置かれた状況により下がり方に差がでます 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(__)mペコ。
専門家の方でも分野によってわからないこともあるんですねm(._.)m 。参考になりました。

お礼日時:2001/07/02 02:03

私のせいで消されちゃったらごめんなさい



切り落とすのは、関節に包丁を入れると簡単に切れますので(片手、足)10秒か20秒

ある国では盗みを働いた者は手足を切断するという法律が現存しているそうです。
 処刑ビデオもニュースネットには流れているようです
 (そのパクリを見ましたが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございますm(._.)m 。
け・・消されてはとても困るのですが・・・これはあくまで映画の気になるシーンに関してのまじめな質問なので管理人さんお願いしますm(._.)m 。冷やかしの質問ではないので・・。

手、足共にそんなに簡単に切除できるんですか?(~Д~;) フゥエエエ。しかしこの場合は医療技術を使ったメスでどれくらいの時間かということなので、包丁ではちょっと・・(^_^;)。

処刑ビデオがネット上で出回ってるんですか?怖すぎる世の中です・・(-.-;)y-~~~ドキドキ。

お礼日時:2001/07/01 22:28

(4) 可能です ですが一般的に四肢を切断する解剖なんてあるんでしょうか?


(5) ゴム手袋(ゴム手)と呼んでましたが 軍手は用いないでしょう どんな感染力の強い菌があるかわかりませんから 手指消毒にはイソジンを用いています
(6) 凝固します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございますm(._.)m 。

“一般的に四肢を切断する解剖なんてあるんでしょうか?
”え~もう1つの質問の方に書いてあるのですがこの質問は映画の中での殺人のシーンに関してなので・・・現実には無いと思います;^_^A、ただ本物の殺人事件ではわかりませんが・・・。ちなみに四肢とは具体的になんでしょうか?教えていただければ幸いですm(._.)m 。

“凝固します”、ゴミ袋などに詰められてる大量の血液の凝固スピードはどれくらいの時間を要するのでしょう?やはり人体の中にある血液と外界の空気にさらされた血液では凝固スピードも違うんでしょうか?ご存知でしたらお願いしますm(__)mペコ。

お礼日時:2001/07/01 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q網膜光凝固術について

現在、糖尿病性網膜症にて光凝固術(レーザー)を受けています。
レーザーを受ける前に手術代は右目・左目と分かれており両方ならそれぞれに金額が発生し、数回に分けて行うが一連の手術の為、1回払えば手術出来ると医師に言われましたが期間が長くなったり、回数が多かったりで再度払うことになったりするのでしょうか?
医師が今回で終わりと言われればもし次にレーザーが必要な時には再度手術代を払わなければならないのでしょうか?

特に医師の方教えてください。

Aベストアンサー

医師ではありませんが経験者です。

私の場合、左右とも4回に分けて行いました。
料金は片目5万強でしたので、両方で10万オーバー。
質問者様同様に一連の手術として扱われ、計8回の合計金額として支払いました。
その2年後、経過観察の診察時にレーザー追加となり、左のみ1回行いました。その時の金額は約3万5千円。前回とは別モノとして支払っています。
また、その2回の間に眼底手術を行っています。その手術の経過観察時にも左目にレーザーを追加しましたが、それは眼底手術の一環としての処置ということで千円程度でした。
ちなみに照射数は、
最初:左右とも約3000発
眼底手術時:左のみ約200発
2年後:左のみ約400発
眼底手術の真っ最中にもレーザーを当てましたが、これは当然手術代に込みです。

経験上、感じたことをまとめますと。
>期間が長くなったり、回数が多かったりで再度払うことになったりするのでしょうか?
→一連の処置であれば追加はないと思います。
レーザーを打った回数が当初予定より大幅に変更になった場合はよくわかりません。

>医師が今回で終わりと言われればもし次にレーザーが必要な時には再度手術代を払わなければならないのでしょうか?
→支払う必要が生じると思います。

ちなみにですが、私の場合は成人病特約の保険に入っていましたし、高額医療費の扱いにもなるのでトータルとしては儲かってしまいました。

色々とご不安、ご心配も多いと思いますが頑張ってください。

医師ではありませんが経験者です。

私の場合、左右とも4回に分けて行いました。
料金は片目5万強でしたので、両方で10万オーバー。
質問者様同様に一連の手術として扱われ、計8回の合計金額として支払いました。
その2年後、経過観察の診察時にレーザー追加となり、左のみ1回行いました。その時の金額は約3万5千円。前回とは別モノとして支払っています。
また、その2回の間に眼底手術を行っています。その手術の経過観察時にも左目にレーザーを追加しましたが、それは眼底手術の一環としての処...続きを読む

Qドクターカー費用について

昨年末に二女を出産した折り、子供のみドクターカーで別の総合病院へ、搬送されました。無事、退院も出来、清算時に、その総合病院で、『ドクターカーは、実費になりますが、社会保険の手続きをすると、お金は帰ってきますので、会社で社会保険担当者に、手続きしてもらって下さい』と言われました。
主人の職場で、聞いてもらってたのですが、『今までドクターカーを利用した前例がないので、調べているが、解らない』との返答。私の職場でも、調べてもらってますが、『よく解らない』と言われました。
どなたか、手続き方法教えて下さい!

Aベストアンサー

移送費支給申請書を健康保険組合(健康保険協会)に提出します。

移送費の解説 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/sbb31708/1942-20869
申請書 http://www.tojitsu-kenpo.or.jp/member/sinsei/pdf/K04_1.pdf

Qゼネリック薬品の活用

ゼネリック薬品を使用すると、薬剤費を節約できそうですけど、どのような方法でどのくらい安くやすなるのか参考になることを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品の事で、例えば他の製薬メーカーが新しい薬を開発し、その薬が承認されますと、その製薬メーカーは特許という形で10年間の独占販売権が貰えます。
10年を経過致しますと、独占販売権が消えるため、他のメーカーでもその成分を含む薬を販売しても良い個とになります。
特許が切れて、さらに開発元以外のメーカーが販売している薬をジェネリックと言います。

医薬品は新しく開発をする際に膨大な研究開発費用がかかります。非臨床試験、臨床試験...それぞれ段階もあるため、一つの医薬品開発には数十~数百億円もかかります。
ジェネリックは特許切れの医薬品と同じ薬効成分を有しており、その成分は承認済みのため、臨床試験を行わくても良いことになります。
これで開発費用などがカットされます。
これによってジェネリックは非常に安価な場合が多いです。
後発医薬品は現代の国家政策によって優遇されています。なぜなら、ジェネリックを使用しれば国全体の医療費用が削減されるからです。
医師もジェネリックを処方箋に書くと、医療報酬が2点上乗せされます。
ここまではジェネリック医薬品のいいところばかり書きました。
もちろんその反面もあります。これは私の私見ですので、どう評価されるかは貴方自身でお決めになって下さい。

ジェネリック医薬品には使用上難点があります。
薬というのはその成分だけで出来ている訳ではないからです。

有効成分の他に、錠剤の形で固めるための成分、カプセル剤であれば、カプセルの殻の成分は完全に薬効成分とは異なる物です。
新薬は完全なる剤形を実験動物や患者さんに投与してデータをとりますが、ジェネリックは有効成分は同じでしょうが、その他の物質は新薬とは大きく異なる可能性があります。
もし、その成分が万が一にも人体に悪影響を及ぼした場合(それが初めての服用後なのか、ある程度体内に蓄積した後なのかは分かりませんが)、それについては極論すれば何もデータを取っていないのと同じなので、正直分からない所があります。

また、新薬に比べてジェネリックはほとんどの薬局は在庫しておりません。処方される回数が極端に少ないのが原因でしょうが、それでもこれを処方する医師はその医院の周りに癒着している薬局を抱えていると思います。
つまり、患者さんをそこの薬局でしか調剤できないようにさせ、薬局は処方箋枚数に対してインセンティブを支払っているとんでもない薬局もあります。
それに、もしジェネリックが主流になってしまったら、真面目に新薬を開発しているメーカーは馬鹿らしいと考え始める可能性もあります。

結論としては一長一短です。
目先の事だけを考えての事でしたら、これも良いかと思いますが、新薬は人のためにも成り得るでしょうが、ジェネリックは何も生み出しません。

長期的に考えた場合、どちらが良いのでしょうね。
薬剤師の私は現在のジェネリックの使用に疑問を持ちます。

こんにちは。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品の事で、例えば他の製薬メーカーが新しい薬を開発し、その薬が承認されますと、その製薬メーカーは特許という形で10年間の独占販売権が貰えます。
10年を経過致しますと、独占販売権が消えるため、他のメーカーでもその成分を含む薬を販売しても良い個とになります。
特許が切れて、さらに開発元以外のメーカーが販売している薬をジェネリックと言います。

医薬品は新しく開発をする際に膨大な研究開発費用がかかります。非臨床試験、臨床試験...それぞれ段階...続きを読む

Qドクターフィッシュ全身

ドイツなどでは、アトピーなどの治療として、ドクターフィッシュの全身浴が認められていると聞いたのですが、日本では足湯・手湯のみで、全身浴はないようです。

どうして日本では全身浴はないのですか?
国から承認されていないなどの理由があるのでしょうか?
もし承認されていないとすれば、どういった理由の為ですか?

もし効果がある可能性があるのであれば、アトピーの患者さんはすぐにでも試していたいと思っていると思うのですが。

Aベストアンサー

> 日本では足湯・手湯のみで、全身浴はない

それは単なる入浴施設の都合でしょう。客単価と占有スペース占有
時間、衛生管理、理由はいろいろと想像出来ます。あくまでも珍し
い魚の習性を体験するイベントであることに注意して下さい。

> 承認されていないとすれば、どういった理由

「魚に皮膚を食べさせる」こと全体が医療行為として認められてい
ません。効果も証明されていないし、安全性も確認されていませ
ん。信用出来る試験結果を揃えて認定申請をする業者がいないとい
うことは、利益が見込めるほどの効果がないのかもしれません。現
時点で効果効能を謳えば摘発可能です。

自分で飼育して試してみる分には違法でもなんでもないので、購入
してみるのも一興でしょう。

Qレジデントのドクターって

昨年と今年、生まれて初めての入院・手術をしました。
 昨年の入院時には主治医以外にレジデントの担当医という方にもお世話になり、医療について全く知識のない私は、その担当医にもまたいつでもお会いできると思い、軽い挨拶だけで退院してしまいました。
 けれど今年度に入り2度目の入院をした今回は、レジデントの担当医は変わっており、前回の先生はよその病院に行かれたと聞いて、ろくに感謝の気持ちも伝えられず、とても後悔しております。
 
 質問したいのはレジデントの先生と言うのは年度毎にあちらこちらの病院へと移っていくものなのか?と言うことです。
 入院中は忙しい主治医よりもむしろ担当医の方に精神的にも支えてもらう機会が多く、こんなことならもっと感謝の気持ちをきちんと伝えるべきだったなぁ・・・と反省の毎日です。
 今後、こんな後悔をしたくない為、研修医・レジデントなど、外来ではお会いできない先生達への対応のヒントとして、ご存知の方、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

医大の6年課程を卒業して医師国家試験に合格した後、2年間の臨床研修制度で研修医として各科をローテーションします
例えば最初に内科で6ヶ月、外科で3ヶ月、救急で3ヶ月小児科で2ヶ月、産婦人科1ヶ月,精神科1ヶ月みたいな感じです

このローテーション時期や期間は病院によって多少替わってきます
ですから研修医はローテーションしてますので退院した頃にはもういないという事もあります

レジデントは上記の初期臨床研修二年間を修了した後の3年間の医師の事です
(病院によっては昔風に研修医の事をレジデントと呼ぶところもあります)
研修医時代にローテーションで色々な診療科を経験して最終的に自分の進む専門課程を決めてレジデントとして働きます
レジデントは色々な患者さんや症例をたくさん経験して自分の腕を磨く大事な時期です
ですから一つの病院にずっと居るわけではなく色々な症例・患者さん・治療法を学ぶために大学病院で1年、都市部の公立病院で1年、次の1年は私立病院で・・・というのは良くあることです
一つの病院に長くいるとどうしても診察する症例に偏りがでます
そうなると希な病気を見落としてしまったりしかねません

ですから研修医・レジデントの先生は常に動いていると考えていただいてもいいと思います

もし可能でしたら病院に問い合わせてお礼の手紙を書きたいからという事で次の勤務先を訪ねてお手紙を書いて下さるとそのレジデントの励みになると思います

医大の6年課程を卒業して医師国家試験に合格した後、2年間の臨床研修制度で研修医として各科をローテーションします
例えば最初に内科で6ヶ月、外科で3ヶ月、救急で3ヶ月小児科で2ヶ月、産婦人科1ヶ月,精神科1ヶ月みたいな感じです

このローテーション時期や期間は病院によって多少替わってきます
ですから研修医はローテーションしてますので退院した頃にはもういないという事もあります

レジデントは上記の初期臨床研修二年間を修了した後の3年間の医師の事です
(病院によっては昔風に研修医の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報