これからの季節に親子でハイキング! >>

太陽の周りには、地球などの惑星が公転していますが、太陽系は宇宙空間という立体の中で、1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の全てを捉えられるのでしょうか?それとも、本当は面で捉えられないで、太陽からみて、3次元空間の斜め上の方にあったりして下にあったりして、公転しているという方が正解なんでしょうか?どれも1つの面で捉えられるのは、何か不自然のような気がします。

それとも太陽系ができる際に、何か力が働いて、同じ面で、公転するようになっているのでしょうか?

A 回答 (10件)

>1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の全てを捉えられるのでしょうか?



はい、そのとおりです。

ちなみに、ほぼ同一面上に全ての惑星が存在しているだけでなく、惑星の公転の方向が全て同じと言う点から考えても、太陽系の惑星はバラバラに生まれたのではなく、太陽系ができる際に統合的に発生したと考えるのが自然だと思います。
    • good
    • 0

>太陽系は宇宙空間という立体の中で、1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の全てを捉えられるのでしょうか?



フツーに調べりゃ分かることですが「概ね同一平面上」であって「完全に同一平面上」では無いよ。
なんでンな程度のコトわざわざこんなトコで聞くのか理解しかねるが…

>どれも1つの面で捉えられるのは、何か不自然のような気がします。

「概ね同一平面上」になるのはそれが力学的に自然だからですよ。
但し「完全に同一平面上」になってたら不自然だけどな。そうなっていないんだから至って自然だろう?何を疑問に思う必要があるんだ?

>それとも太陽系ができる際に、何か力が働いて、同じ面で、公転するようになっているのでしょうか?

繰り返すが「同じ面」では無いよ。
んで「太陽系が出来る際に働いた力」ってのはそれこそ「この世界を支配している物理法則」に他ならないんだが?…ま、人類如きがこの世界の法則を完全に解明してるって訳でも無く、故にこそいまだに観測と研究が行われているという極めて当たり前な事実があるんですよ。
まー太陽系が比較的キレイな状態を維持してる理由としては「奇跡的に外部の影響が少なかった」ことが挙げられるんじゃね?但し他の回答者の言っている内容に関連するが「完全に外部の影響を受けなかった」訳では無いぞ?外部の影響でおかしな動きになってるトコもあるしな?

さて、同様な「回転系」としては小宇宙なんかを比較に出来ると思うんだが。
複数の小宇宙が衝突・干渉し合うことで摩訶不思議な形状になっている例は多数あるので是非検索して理解されたい。
    • good
    • 1

> 太陽系ができる際に、何か力が働いて


必ずしも軌道面が異なるというシミュレートの存在は知っておりますが、特に太陽系に限りますと「二重恒星がない」「木星型惑星が2個以内」と言う特殊な系であることから、各惑星の軌道が拡散せずに済んだと聞いております。
 ⇒仮に木星型惑星が3個以上存在すると、現在の形になる確率は非常に小さいそうです。


> 、たとえば天王星は自転軸が公転軸とかなりちかい
各惑星が大方出来上がる頃、ジャイアントインパクトが有り、自転軸はその都度変化したと言うのが最近の研究結果です[最近見た、Eテレの『サイエンスゼロ』]。
・天王星は2回のジャイアントインパクトによって現在の様になった。
 https://www.astroarts.co.jp/news/2011/10/12uranu …
・地球も確か5回ほどのジャイアントインパクトを経験。最後の衝突で月が出来上がったという説が有力。
    • good
    • 0

Why is the Solar System Flat



上の動画で惑星の生成過程がスパコンのシミュレートで現されています。
しかし、コンピューターのシミュレートは提示された条件&プログラマでいかようにも変わります。
条件&プログラマしだいで真逆も起こる。

星はいかように生成されたかは誰にも分かりません。
そもそも、質問文がおかしい。自己の疑問を自己が捉えられていない知能を示している。
    • good
    • 0

>太陽系ができる際に、何か力が働いて、同じ面で、公転するようになっている


こっちですね。太陽系は太陽の「おまけ」で太陽が出来るとき物理学的に一番安定な平面上に彗星からオーレルの海まで一度に出来たようです。ですが変なところがたくさんあり、たとえば天王星は自転軸が公転軸とかなりちかい、冥王星は衛星カロンを持っているが、どう見ても紛れ込んだ。NASAの詳細なHPなどを読まないと「大嘘」ばかりのブログや宣伝に当たります。
    • good
    • 0

> 1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の


> 全てを捉えられるのでしょうか?
他の方のご回答に出てきておりますように、太陽系の惑星はほぼ同一面上を公転しております。
その理由については2番さまや5番さまが書かれているので割愛いたします。

なお、最近見た科学系番組[NHKのEテレ]や過去に読み聞きした内容を荒っぽくまとめると、
1 太陽が出来上がった
2 降着円盤(原始惑星円盤)内に小さな塊が出来た来た
3 最初に「木星」と「土星」が出来た
  ⇒他の星系を観測すると、恒星の近くにガス惑星『ホットジュピター』が存在することからの推測と考えます。
4 「木星」と「土星」は相互の重力が影響し合い、現在の軌道に移動。
5 「木星」と「土星」が移動した際に取り込まなかった星間ガス等の残留物で「水星」「金星」「地球」「火星」等が出来た。
6 前後して「海王星」と「天王星」が、現在の「土星」の軌道の近くに出来た。
7 「海王星」と「天王星」は相互の重力が影響し合い、現在の軌道に移動。
  ⇒その過程で「天王星」と「海王星」の位置が逆転。
  ⇒また、周りの小惑星や準惑星「冥王星」の軌道を乱した。
    • good
    • 0

現在の太陽系進化論では、


塵が集まって太陽が形成される際に、塵が回転する原始惑星円盤を形成したとされます。
この円盤が惑星になり、円盤ですから公転運動の若干の傾きは生じています。
形成の過程の生き残りが現在太陽系の惑星が同一平面と考えられているというが今の学説の唱えられています。

太陽系の惑星系では今のところあまり存在しないのですが、海王星の衛星などでは、小惑星等を捕獲したと見られる衛星が通常とは逆の方向を動いています。
    • good
    • 1

「太陽」を中心とした『固まり』が回転しつつ、爆発して、徐々に


水星、金星、地球、火星、木星、土星等が『誕生』して行った筈・・・。
同じ方向に、回っていますよネ?
参考まで。
    • good
    • 0

ビッグバンから始まった宇宙は、最初は素粒子や原子=星間ガスでした。


そのガスが、重力で引き合って収縮する時に、ランダムな運動が
寄り集まって、回転運動を起こし(フィギュアの選手が回転中に
腕を縮めると回転速度が増すように)、その遠心力によって
重力収縮に抵抗し、回転する円盤状の星間ガス雲になりました。
自転しているうちに、そのガス雲の中でも重力収縮して、惑星に
なったのです。
公転軌道が同一面だったり、回転方向が同じだったりするのは、
そのためです。
    • good
    • 0

誰か調べれた人が居るのか?



実際に見る事が出来ないのだから 本当の事は誰にも解からないだけだが・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空で無重力空間の中での移動

気になったことがあります。
真空で無重力空間の中にいて完全に静止した状態で何も固定したものに掴まないで移動することはできるんでしょうか?
ただ足ヒレとかフィンとか使ってもいいです。
もし移動できるとしたら、何に対して・何の反動で移動できるんでしょうか?

Aベストアンサー

物理的には、運動の状態を変えるには「加速度」が必要です。加速度を生じさせるには、何らかの力を加える必要があります。ニュートンの運動方程式
 F = ma
(F:働く力、m:質量、a:加速度)
です。

(1)外から力を加える。
  「押す」「引っ張る」といった直接の力以外にも、「電気力(クーロン力)」「磁気力」「重力(万有引力)」なども含みます。
(2)物体が2つに割れる(重心位置は動かないが、2つの物体は重心を中心に反対方向に動く)
  =ロケットが燃料を燃焼させて吹き出すのはこれに相当。
 「2つ」は「いくつか(複数)」であっても同じ。
(3)外の物体に力を加える。その反動(反作用)で力が働きます。

などですかね。

Q惑星進化論: 重力と核融合反応の釣り合い?

質問させていただきます。
地学の参考書で惑星の誕生と進化を勉強しています。
星が「収縮する力」と「膨張する力」の釣り合い加減で星が大きくなったり小さくなったりするようです。
主系列星→巨星への進化について疑問があります。
中心核のヘリウムが収縮を続け、ヘリウムの核融合が始まると炭素や酸素が発生します。この時一時的に星の大きさは収縮して太陽の10倍程度になるそうです。そして炭素や酸素の核が大きくなってくると再び膨張を始めると書いてありました。
私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

参考書には『核融合反応が始まると重力が強まる』と書いてありました。核融合反応は「膨張する力」であって重力と関係あるのでしょうか。(そのため、一応「核融合反応で重い原子が発生するから重力が強まるのかな?」と考えてみました。しかしそれでは炭素や酸素の核が大きくなった後に巨星が膨張し続ける理由が分かりません)

質問よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

核融合の仕組みはご存じのとおりです。軽い原子核が融合して重い原子核になり、その際にエネルギーをだすというものですね。よく恒星は核融合エネルギーで輝いているといわれますが、星全体で核融合をしているわけではありません。水素の原子核(陽子)が最終的にヘリウム原子核(陽子2中性子2)に変わるのですが、陽子はご存じのとおりプラスの電荷をもっています。ですから陽子と陽子は反発するのでこれを核融合させるのは、陽子にスピードをもたすこと、陽子相互の距離をすくなくすること、いいかえれば高温・高圧の条件が必要です。ですから核融合は星の中心部でしかできません。そうして中心部にヘリウムがたまっていき、こんどはヘリウムが収縮します。

そうなるとどうなるか、高温・高圧にさらに圧力をかけることになりますので、さらに高温になります。すると星はご存じの通りガス体ですので温度が高くなれば中心核以外はむしろ膨張をして巨大化していきます。収縮するのはあくまで中心核のヘリウムだけなんです。そしてさらに高温になるので星は巨大化していきます。しかし中心部はどんどん高温になりますが星が巨大化するために表面温度はむしろ下がり赤色になります。それが主系列星から赤色巨星になるということなんです。さらにヘリウムが圧縮されるとヘリウムにも火がつき炭素がつくられます。太陽程度の質量では炭素までしかできませんが、よりも巨大な星では炭素がさらに核融合しさらにはどんどん巨大化していきます。

赤色巨星から白色矮星への進化ですが、赤色巨星の外層は恒星の中心からの距離が遠くて重力が弱いために、徐々にガスが周囲に流出し、恒星は外層を失っていきます。こうして外のガスを失って中心核だけになったものが白色矮星です。太陽よりももっと質量の多い星は、核融合がさらにすすみ、最後には中心核で鉄までつくりますが、最後にこの鉄が分解されて一挙にエネルギーが減るため外周部の物質が押しつぶされ、そしてそれがコアにあたって飛び散るという超新星になります。超新星の残骸が中性子星やブラックホールですね。

なにか不明な点があれば私の知っている範囲でお答えしますよ。

恒星進化論
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9819506.html

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

...続きを読む

Q2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。 これは まれで 大

2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。
これは まれで 大半は 木星の重力で 弾き飛ばされるらしいのですが。
木星の重力て何??
木星には 何か力があるの??

Aベストアンサー

簡単に書きます。
タオルを両手でもって、そのタオルの上にコップを乗せればタオルが沈みますよね。
それと同じ様に星にも重さがあってその重さによって空間が沈み込むと坂の様になりますので、その中心に向かって周りの物が
滑って行くように引き寄せられますので、超簡単に言えばそれが重力。
引き寄せられるのも真っ直ぐ落ちていくのではなく、縁を回る様に落ちていく時に加速する事で遠心力によって外へ飛ばされる。
これは全ての天体に言える事です。
これは天体の質量によって空間を沈める大きさもほぼ比例しますから、重い星ほど空間を沈めます。
それを利用して宇宙探査機を遠くへ早く飛ばそうとする方法がスイングバイ。

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Qもしこの宇宙が有限だと宇宙の果てを過ぎると、物質時間空間が無くなる。 これは間違いでしょうか?

もしこの宇宙が有限だと宇宙の果てを過ぎると、物質時間空間が無くなる。
これは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

測定の基準が無くなるので、計り様がありませんが、既に同じ時空から外れた事をどうやって知るのでしょう?

Q永久機関て、3つの惑星があって1つの惑星の周りに2つ速さの違う公転している星があれば、公転している2

永久機関て、3つの惑星があって1つの惑星の周りに2つ速さの違う公転している星があれば、公転している2つの星同士が近づく時に、星の周りに人工衛星の様なものを飛ばしておいて、近づき離れる星の引力を利用して加速して、その加速したエネルギーを電力等の力に変換していけば、半永久的に使えるのではないだろうか?
その内、その人工衛星の数を増やして絶えず加速出来る状況を作っていけば重力を利用した加速による電力を使えないだろうか?
イメージで書いていて分かりにくくてすみません。半永久的にエネルギーを使えるのではないでしょうか?

最近流行りの電力発電装置で潮力発電が近いと思いますが。電力発電装置として考えられないしょうか?

Aベストアンサー

スイングバイという方法で1974年に惑星探査ですでに使われています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%82%A4

宇宙探査機が惑星を使って加速する時に、惑星の公転速度が低下するので、この方法は永久機関ではありません。
宇宙探査機の質量は惑星の質量と比べると極僅かにもならないので、一度のスイングバイによる惑星の公転速度の低下が現在の技術で観測できるかどうかは判りませんが…。
でもしつこつ繰り返すと惑星は公転している恒星に落下していきます。

Q日本の今の技術で夏だけ存在消せないんですか? 夏の存在を消して三季だけにすりゃいいのになぜ夏が存在す

日本の今の技術で夏だけ存在消せないんですか?
夏の存在を消して三季だけにすりゃいいのになぜ夏が存在する?
夏来なくすればいいのに夏なんて一生来なくていいです。邪魔です

Aベストアンサー

エアコンを使って、あなたの暮らす部屋の中を1年中同じ気温にすればよい。

外を出歩くときにもそれを維持したいのなら、エアコン付きの「宇宙服」を着て暮らせばよい。

今の技術で十分可能ですよ。エネルギーはそれなりに食いますが。

Q【科学者に聞きたい】なぜ太陽は青くないのか?

空が、大気のちりに反射して青いなら、太陽も青く見えないのはなぜでしょうか?
夕日は赤く、夕焼けも赤いように。

Aベストアンサー

科学者ではなく、私も受け売りで完全に理解できているか謎ですが
とりあえず解説を

まず前提として、太陽光には様々な色が含まれており
これが均一に混ざることで白色の光になる
これが基本ですね

そして、次の前提
空が青いのは、青い光が拡散して
その拡散した光が直進してくる太陽光とは別に
眼に入ってくるから、空は青く見える
質問者さんが言っていることですね

でも、拡散しているといっても
太陽光の中の青色がすべて拡散しているわけではないのです
日中は人の目にはいるまでの距離が短いため
青が完全に拡散する前に太陽光が眼に入る
なので、直進してくる太陽光はまだ白く見えるわけです

じゃあ、なぜ夕日は赤いのか
単純なことで、赤が一番まっすぐ遠くまで飛ぶんです
夕方になると日中と比べて、人の目に入るまでの距離が長くなります
そのため、青い光は遥か遠くで拡散しきってしまい
人の目に届く前に消えてしまいます

なので残った赤色が最後まで届くため夕日は赤色になるのです


文章の解説では限界があるため
かなり分かりにくいとは思うので
分からないところがあったら聞いてくださいw

科学者ではなく、私も受け売りで完全に理解できているか謎ですが
とりあえず解説を

まず前提として、太陽光には様々な色が含まれており
これが均一に混ざることで白色の光になる
これが基本ですね

そして、次の前提
空が青いのは、青い光が拡散して
その拡散した光が直進してくる太陽光とは別に
眼に入ってくるから、空は青く見える
質問者さんが言っていることですね

でも、拡散しているといっても
太陽光の中の青色がすべて拡散しているわけではないのです
日中は人の目にはいるまでの距離が短いため
青が完...続きを読む

Q日周視差、年周視差による天体距離の測定について。

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動いているというから、その移動距離も入れて計算すべきと思います。
半日(約12時間=43200秒)ずれると、太陽の周りを1287360 km動く。これは地球の赤道直径よりもはるかに大きい。
銀河系での動きは半日で、937.44万kmになるから、これらの移動距離をベクトル合成した距離が、
3角形の基線の長さになると思います。
半年ずれるとすごい距離になります。半年間に目標の星も動けば更にややこしくなります。

しかし、WIKI等のInt-Netの「視差、日周視差、年周視差」での説明では、これらの事は一切記載が無く、地球の赤道直径、地球の公転軌道円の直径を基線とする3角形の説明をしてます。

時間差で、日周視差、年周視差を測定する場合、地球のこれらの移動距離を考慮していない記載をしているのはどうしてでしょうか? 本当はこれらの移動も考慮して計算すべきではないのでしょうか?

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動い...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん

http://d.hatena.ne.jp/Lansen/touch/20070920/1190312492
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1987122/1994983/97502282

かな。

近隣の恒星だと、固有運動が千分のー秒/年 以下であることが
多いので無視しても全然構わないけど、そうでない変わり種の星や
遠距離の星は考慮しないとだめですね。


人気Q&Aランキング